• ウメダンジョン! Game Screen Shot1
  • ウメダンジョン! Game Screen Shots
  • ウメダンジョン! Game Screen Shot2
  • ウメダンジョン! Game Screen Shot3
  • ウメダンジョン! Game Screen Shot4
  • ウメダンジョン! Game Screen Shot5

ウメダンジョン!

  • ウメダンジョン! Game Screen Shot1
  • ウメダンジョン! Game Screen Shots
  • ウメダンジョン! Game Screen Shot2
  • ウメダンジョン! Game Screen Shot3
  • ウメダンジョン! Game Screen Shot4
  • ウメダンジョン! Game Screen Shot5

ナニワ原人と会話せよ! 大阪が舞台の疑似3DダンジョンRPG

 ■概要
絶海の孤島オーサカ島。
その地下には人を寄せ付けない迷宮「ウメダンジョン」が広がっている。
そこには旧文明の遺物すなわちお宝が眠っていた。
しかしお宝目当ての冒険者達は人間を超えた存在「ナニワ原人」に蹂躙されるだろう。
彼らの使うナニワ語――関西弁がわかる者を除けば。
君は対話することで彼らを仲間にすることもできるはずだ。
それでは彼らとのゲームをお楽しみください。

■プレイ時間
1~2時間程度

■制作ツール
RPGツクールVX Ace

■ゲームの特徴
所謂疑似3DダンジョンRPGです。ランダムエンカウント・オートマッピング。
ATB戦闘を採用。ATBゲージが溜まった順に行動できます。
「ノックバック」といって攻撃によりゲージが減ることがあります。
相手の弱点を突くと確実にノックバックして大きくゲージを減らすことができます。
また主人公のみの技能として「会話」をモンスターと行えます。
会話することでモンスターを仲間にしたりアイテムを手に入れたりできます。
モンスターを倒すことで得られる「ナニワ細胞」を使って主人公と相棒のレベルを上げることもできます。
主人公のレベルによって若干のエンディング分岐があります。
そんな大阪梅田の地下を題材としたメガ●ンライクなゲームとなっています。

■注意事項
プレイにはRPGツクールVX Ace RTPが別途必要となります
https://tkool.jp/support/download/rpgvxace/rtp

■ふりーむ!へのレビュー投稿について
個人の趣味で制作したものですので、お手柔らかにお願いします。

■ふりーむ!へのファンイラスト投稿について
ご自由にどうぞ。二次創作OKです。

■実況・生放送について
ご自由にどうぞ。ただし誹謗中傷目的はご遠慮ください。
概要欄にゲームタイトルが書かれているとわかりやすいと思います。

■免責事項
個人の趣味活動のため、動作や内容について保証はありません。ご自身の責任にてご利用ください。

[File name] umedungeon.zip
[Current Version] 1.00
[Size] 29,518 KByte
[Runtime] RPGツクールVX Ace RTP
[OS] Win VISTA 32bit/VISTA 64bit/7 32bit/7 64bit/8 32bit/8 64bit/10 32bit/10 64bit
[Registered] 2019-05-23
[File Updated] 2019-05-23
[Updated] 2019-05-23

Reviews of this freegame(100)

Add your review
Waiting for your review...

Reviews have not been posted yet in this game. Why do not you write at the very beginning?
Review will be a power for next game for free game creators!

Fanart of this freegamePost a fun art on this free game? >>

Fan art has not been posted to this game yet. Why do not you draw illustrations first?
Post a fun art on this free game? >>

Similar free games

Download

Recommended free game for those who like this free game

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2