ノベルゲームアンソロジー「冬」

こたつワークス

「冬」をお題にした掌編ノベルアンソロジー

蒼龍

四つの冬の物語

別作者四人で冬をテーマに描いた掌編ノベル詰め。どの作品も冬がテーマながら温かく、ほんのり切ない作品もあったりして楽しめました。以下個別ネタバレ感想↓





【Tのマリーゴールド】
女の子二人の友情の話。ド根性~ネタがなつかしいww途中の選択肢の使い方はややダレる感じもしますが、途中分岐後の演出には心境が現れていて上手い。ハッピーな方のエンディングの、親友言われた時のトモエの反応が可愛くて、何故が涙が出ました。個人的にはこっちのエンドのが好きかなー。友達同士の微妙な空気も出てて不思議とほんのり泣けて、一番琴線に引っかかる作品だったかも。


【冬、駄弁る。】
家に遊びに来た先輩と後輩の冬の話。二人の意外な関係と雪だるまのくだりなどは萌えツボにハマった。タイトル通りの駄弁りはもっと見たかったかも。帰り見送る時に見ればいいやというセリフがサラリとイチャイチャしてて良いです。

【ある特別な冬の日】
ケモケモほのぼのクリスマス。途中の選択肢が反映されるのがさりげなく細かくて嬉しいです。リスの子をさりげなく気づかうクマのおっちゃんが優しそう&ネコの子がツンツンだけど可愛い・リスの子がいい子でした。

【蚕の緞帳】
冬の山登りの話。文章的には一番好きな空気の作品。冷蔵庫丸ごと弁当ってのがまずそーに描写されてるのにおいしそーでいいなーって思います。あんくらいのが逆に食べたくなるのって私だけ?選択肢でどちらを選ぶかで若干エンディングが変わりますが、妹寄りのエンドの方が星の描写が綺麗で個人的には好きです。雲雀の気持ちの描き方はお父さん寄りエンドのが好き。

サクサク読めていい話が詰まってるので、冬に遊ぶのにぴったりな作品だと思います。

12345
No.33198 - 2017-01-24 11:56:11
さつきち

冬のお話4つ。

4つの物語がありますが、どのお話もまったく違う形で冬を演出していて面白かったです。
個人的にはT字路のマリーゴールドと冬だべが好きでした。
今の季節にぴったりです!

12345
No.28046 - 2016-02-21 17:41:06
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games