• 扉 Game Screen Shot1
  • 扉 Game Screen Shots
  • 扉 Game Screen Shot2
  • 扉 Game Screen Shot3
  • 扉 Game Screen Shot4
  • 扉 Game Screen Shot5

  • 扉 Game Screen Shot1
  • 扉 Game Screen Shots
  • 扉 Game Screen Shot2
  • 扉 Game Screen Shot3
  • 扉 Game Screen Shot4
  • 扉 Game Screen Shot5

深まる謎と迫りくる悪夢。ミステリーホラーADV。

 「空を穿つ」に続く、ぬんぬ製作所のホラーゲーム第二弾!!

☆バグ修正☆
論戦パート(大家)で進めなくなるバグ修正
論戦ヒントの修正
立ち絵の修正
誤植修正
編集後記の追加
千春との会話の修正 ← NEW!


☆ストーリー☆


ある小さなアパートでの不可解な事件に関する物語。


友人の部屋に空き巣が入ったが、しかし何も盗られていなかった。

友人を心配した加奈子は、(グルメ)雑誌記者の瑞樹に調査を依頼する。

しかしそんな彼女たちを嘲笑するかのように、

男友達の西藤は失踪し、アパートの住人には嫌がらせが。

そして加奈子は夜な夜な「悪夢」にうなされ……。

最後には――。


☆システム☆

 三つのパートに分かれています。

 ○取材パート

 アパートのなかを歩き、住人から「情報」を入手します。

 「情報」は物語を読み解くうえで重要なものになります。

 得た「手がかり」は論戦パートで使用します。


 ○論戦パート

 アパートの住人は邪魔をしたり、知っていることを隠したりします。

 情報を提示することで、矛盾や欺瞞を打ち破りましょう!


 ○悪夢パート

 加奈子が夢のなかを歩きます。

 夢は加奈子が聞いてきた怖い話とリンクしながら、

 悪夢はより深くなっていきます。

 追いかけ要素、驚かせ要素があるので注意!



☆エンディング☆

エンディングは全部で3種類。
Happy End
True End
Bad End

※1 Bad End はある日にちまでに情報を集め損ねた場合のEndです。
  103号室が鬼門。「沼田沙希の不審な質問」「引き込まれる男性」の情報を手に入れなければ。
※2 ただしTrue End はHappy End の派生Endです。
  選択肢や集めた情報で分岐ではなく、論戦でミスをしなければ分岐します。
  よって周回プレイの必要はありません。

☆素材☆
魔王魂 様(http://maoudamashii.jokersounds.com)
RPGツクールvx Material CLOSET 様(http://eurs.blog65.fc2.com/)
びたちー素材館 様(http://www.vita-chi.net/sozai1.html)
ありがとうございました!!

☆難易度☆

取材 ★★★☆☆
論戦 ★★☆☆☆
悪夢 ★★☆☆☆

ホラーゲームとしてはあまり怖くないです。
ホラーゲーム入門にどうぞ!

[File name] tobira.exe
[Current Version] 1.1
[Size] 237,937 KByte
[Runtime] RPGツクールVX Ace RTP
[OS] Win 7 32bit/7 64bit/8 32bit/8 64bit
[Registered] 2014-10-05
[File Updated] 2014-10-28
[Updated] 2014-10-28

Reviews of this freegame(100)

Add your comment
k-ash 2017-06-17 23:07:57

最後の犯人当てで「なるほど!」と、これまでのモヤモヤとした違和感が全て繋がるところはお見事で、ストーリー・システム共によく練り込まれていると感心しました。
特に聞き込みや論戦部分は、市販の推...(More)

Fanart of this freegamePost a fun art on this free game? >>

Fan art has not been posted to this game yet. Why do not you draw illustrations first?
Post a fun art on this free game? >>

Similar free games

Download

Recommended free game for those who like this free game

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2