• BLOOD SUGAR Game Screen Shot1
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shots
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot2
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot3
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot4
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot5

BLOOD SUGAR

  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot1
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shots
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot2
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot3
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot4
  • BLOOD SUGAR Game Screen Shot5

殺し合わなければ生き残れない。

 ・あらすじ
「砂糖と同じくらい甘い甘い鮮血をご賞味あれ」
主人公・千智(ちさと)は、数少ない友達であり、姉のアリサと共に深夜の学校に忍び込み、友達であり生徒会役員である愛音(あやね)を驚かそうと画作する。

作戦は見事に失敗するが、千智達は生徒会の役員達と友達になり、お茶会を開いて時間を忘れて楽しんだ。

そう……本当に時間が忘れ去られていたのにも気づかずに。

千智達は生徒会役員の一人が無残な姿で死んでいる現場に遭遇してしまう。
そしてそれは、これから始まる惨劇の始まりを意味していた。

学校からは逃げることができず、千智達は完全に閉じ込められてしまう。

実は、この学校には古くから伝わる呪いがあり、千智達はその呪いに囚われてしまっていた。
その呪いとは、人間を使い蠱毒(こどく)をするというものだった。
蠱毒とは、壺の中に閉じ込めた複数の毒虫を中で殺し合わせ、最後に生き残った一匹を呪術に使うというもの。
……千智達は、学校という壺に閉じ込められた毒虫に選ばれてしまったのだ。
学校から出るためには、自分以外の全員を殺さなければならない。
……例えそれが、何よりも大切な友達同士であっても。

最後に生き残るのは一体誰なのか? 涙と悲鳴と鮮血に彩られた衝撃のホラーADVがここにある!

・作品の特徴
約三十分ほどで終わります。どうぞお気軽にプレイしてみてください。

選択肢なしのエンディングは一つとなっております。

視点が主人公と犯人に何度も切り替わります。二つの視点から作品を楽しめます。

出てくるキャラは女の子だらけ! 可愛らしいシーンもあれば、極限状態で疑心暗鬼に陥ってしまうシーンもあります! 激しく揺れ動く乙女心に萌えてしまいませんか?

二週目でも違った楽しみ方ができるような作品にしました。考察してみるのも面白いかもしれません。短い中に多くの楽しみ方が詰まってます。

実況やファンイラストは歓迎します。
動画のタイトルには「ゲーム名」を入れて、説明文にはこのゲームページURLを入れておいてください。
動画サイトに会員登録してなくても動画・生放送が閲覧できると助かります。


※ 誹謗中傷や作品の世界観を壊すものはお控えください。マナーを守ってお願いします。
(何かあれば削除をお願いすることがあるかもしれませんが、ご協力お願いいたします)


[File name] bloodsugar.zip
[Current Version] 1.00
[Size] 51,690 KByte
[Runtime]
[OS] Win VISTA 32bit/VISTA 64bit/7 32bit/7 64bit/8 32bit/8 64bit/10 32bit/10 64bit
[Characteristics] Violence
[Content Rating] AGE 12+
[Registered] 2017-08-27
[File Updated] 2017-08-27
[Updated] 2017-08-28

Reviews of this freegame

Add your comment
ザワークラウド 2019-04-06 14:04:36

よかった点
・掴みがしっかりしている
・序盤で犯人を明確にしておきながら、
 最後でどんでん返しがある

気になった点
・立ち絵はもうちょっと頑張ってほしい

Fanart of this freegameUpload your fanart >>

Upload your fanart >>

Similar free games

Download

Recommended free game for those who like this free game

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2