• RaNuBui.exe Game Screen Shot1
  • RaNuBui.exe Game Screen Shots
  • RaNuBui.exe Game Screen Shot2
  • RaNuBui.exe Game Screen Shot3

RaNuBui.exe

  • RaNuBui.exe Game Screen Shot1
  • RaNuBui.exe Game Screen Shots
  • RaNuBui.exe Game Screen Shot2
  • RaNuBui.exe Game Screen Shot3

10分で呪いを体感できる超短編リアル系ガチサイコホラー

 RaNuBui.exe(らぬびえくぜ)は
RandomNumberBuildの略です。
乱数生成と言う意味です

このゲームは画面上のpush!をマウスで押すと
0から100までの数字をランダムで生成します。
生成された数値は「生成結果.txt」に出力されます。
何度も数字を生成していると、画面の背景が変わります。
それだけのゲームです。

ただし、このゲームは呪われています。

グロテスクな表現、驚かし表現、不謹慎な表現が含まれてるかもです


レビューには怖くないと書かれてしまいましたが、
実況では阿鼻叫喚で盛り上がってました。

自分のホラー耐性を調べるくらいの気持ちで、
気軽に遊んでもらえたら嬉しいです
呪いのゲームを体感してください

バージョンあげました
1.01
・クリック数を軽減
・ラストの重くなる動作を軽減
・演出追加、変更

1.02
・クリック数をさらに軽減
・演出の変更(あれがなんだかわからないって言われたからわかりやすくした)
・死にたくないとか言いながら死んでないバグ修正(黙らせました)
・ラスト、0から100まで集めると強制終了する仕組みに変更


スクショだと画面いっぱい数字が出てるけど、
1.01からは3分の2くらいに減ってるよ
だから少し楽になったと思う
ラストもちょっと画面見やすくなったかもね
だから画面とBGMが騒がしくなってもpushは押し続けようね
ラストシーンで0から100の数値を集めると完全クリアでゲームが終了するよ


【バグ報告】
ページ切り替え10~11回目辺りで
ゲームを終了して再開すると
緑帯のエラーが出るそうです
ゲーム進行には全く問題ないので気にしないでください

あと最後のシーンでゲームを終了すると
人によっては再起動したとき緑帯から動かなくなるそうです

このゲームは一回起動したら
最後まで一気に遊ぶことをオススメします
最後とはゲームが強制終了することだよ

それから再起動して≪ERROR≫の文字が出るのは仕様だよ

セーブ消したかったらSaveフォルダまるごと消去してね

ゲームが終了したらゲームのあるフォルダを確認してみよう!

たまには生成結果.txtを見返すのもいいんじゃないかな



※現在のツイッターのアカウントは@tototoP210です


シャケラケにてカンパ募集はじめました。
支援よろしくお願いします!
https://www.syakerake.jp/67

[File name] RaNuBui.exe1.02.zip
[Current Version] 1.02
[Size] 35,577 KByte
[Runtime]
[OS] Win XP/VISTA 32bit/VISTA 64bit/7 32bit/8 64bit
[Registered] 2016-07-08
[File Updated] 2018-01-05
[Updated] 2018-09-15

Reviews of this freegame(100)

Add your review
2424 2017-07-18 00:28:14


以前のバージョンではクリック回数が半端では無かったので
新バージョンでプレイさせて頂きました。

個人的に演出及びフォルダのアレは最高ですねw
ちょっと出勤前にJR止めてきそうになります^^
...(More)

Fanart of this freegamePost a fun art on this free game? >>

Fan art has not been posted to this game yet. Why do not you draw illustrations first?
Post a fun art on this free game? >>

Similar free games

Download

Recommended free game for those who like this free game

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2