• 魔道士の城 Game Screen Shot1
  • 魔道士の城 Game Screen Shots
  • 魔道士の城 Game Screen Shot2
  • 魔道士の城 Game Screen Shot3
  • 魔道士の城 Game Screen Shot4
  • 魔道士の城 Game Screen Shot5

魔道士の城

  • 魔道士の城 Game Screen Shot1
  • 魔道士の城 Game Screen Shots
  • 魔道士の城 Game Screen Shot2
  • 魔道士の城 Game Screen Shot3
  • 魔道士の城 Game Screen Shot4
  • 魔道士の城 Game Screen Shot5

城を探索する短編RPG

 ■更新情報
Ver1.0.1 不具合や一部表記の修正を行いました。


■制作ツール
 ウディタ


■プレイ時間
 3~6時間


■ゲーム紹介文

魔道士見習いのエルナは幼いころに魔道士グザヴィエに引き取られ、彼の城で弟子として育てられてきた。
師匠であるグザヴィエはかつては世界中を旅し、人々を苦しめる魔物を数多く倒したとして知られる名のある魔道士である。そして、エルナにとっては父のような存在でもあった。

しかし、ここ最近になってグザヴィエは町や村から人をさらってきては、魔法の実験のためと言ってその人間を生け贄として殺すようになった。
エルナが何のためにそのようなことをするのか訪ねても、彼は何も教えてくれない。

エルナは自らの師をこの手で倒すことを決意する。これ以上罪を犯させないために…。

武器や魔法を集め、魔道士グザヴィエに挑め!
城を探索する短編RPG!


■ゲームの特徴

1.いくつもの部屋がある広大な城を探索
城にはホールや研究室、地下水路など数多くの部屋があります。
プレイヤーは自由に城を探索しボス敵や装備品を探していくことになります。

2.豊富な魔法やアイテム
城を探索したりボスを倒すことで新しい武器や魔法が手に入ります。
攻撃魔法や回復魔法のほかにも、結界を張り敵の攻撃を防ぐ魔法や敵全体に大ダメージを与える大魔法など、様々な魔法が登場します。
武器も多くの種類があり、装備の組み合わせによって多彩な戦術を取ることができます。

3.使い魔システム
ボスを倒すと、以後使い魔となり仲間として使用できるようになります。
使い魔は自動的に行動しますが、強力な攻撃を持つもの、味方を援護してくれるものなどそれぞれ特徴を持っています。
うまく使いこなせば、大きな戦力となるでしょう。


■ふりーむ!へのレビュー投稿について

ぜひともお願いします。今後の参考にさせていただきます。


■ふりーむ!へのファンイラスト投稿について

歓迎します!


■実況・生放送について

歓迎します!
動画のタイトルには「ゲーム名」を入れて、説明文にはこのゲームページURLか作者サイトURLを入れておいてください。



※誹謗中傷や作品の世界観を壊すものはお控えください。マナーを守ってお願いします

[File name] madoushi_ver101.zip
[Current Version] 1.0.1
[Size] 39,543 KByte
[Runtime]
[OS] Win XP/VISTA 32bit/VISTA 64bit/7 32bit/7 64bit/8 32bit/8 64bit/10 32bit/10 64bit
[Characteristics]
[Content Rating] EVERYONE
[Registered] 2016-02-29
[File Updated] 2016-03-15
[Updated] 2016-03-15

Reviews of this freegame

Add your comment
めフめフ 2019-02-11 09:59:59

途中で辞めてしまったのでレビューは控えてたんですが
(ゲームのせいじゃなくて私事で)
とても面白い作品だったので記憶に凄く残っています
箱庭を探索してる感が結構あって良かったです
倒したボス...(More)

Fanart of this freegameUpload your fanart >>

Fan art has not been posted to this game yet. Why do not you draw illustrations first?
Upload your fanart >>

Similar free games

Download

Recommended free game for those who like this free game

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2