• ペグと魔塔 Game Screen Shot1
  • ペグと魔塔 Game Screen Shots
  • ペグと魔塔 Game Screen Shot2
  • ペグと魔塔 Game Screen Shot3
  • ペグと魔塔 Game Screen Shot4
  • ペグと魔塔 Game Screen Shot5

ペグと魔塔

  • ペグと魔塔 Game Screen Shot1
  • ペグと魔塔 Game Screen Shots
  • ペグと魔塔 Game Screen Shot2
  • ペグと魔塔 Game Screen Shot3
  • ペグと魔塔 Game Screen Shot4
  • ペグと魔塔 Game Screen Shot5

「ながらゲー」なRPG

 ■ジャンル
自動戦闘型RPG

■ゲーム紹介文
ひたすら塔をのぼり、その先に隠された謎を解き明かそう。
一度通ったことのある階はオートで勝手進めることが出来ます。
何か他のことをやりながらゲームするのにピッタリな「ながらゲー」です!

仲間を増やしたかったら「雇用」!
お気に入りキャラを強化できる「強化アイテム」!
勝ち進むとレアなアイテムが手に入る「闘技場」!
使用可能キャラクターは100人以上!
そんな感じで、塔を進んでいきましょう!

■操作方法
マウスでの操作となります。
右クリックはキャンセルになります。

■使用ライブラリ
DXライブラリ

■バージョンアップ履歴
2015/1/12 1.00 公開
2015/1/15 1.01 更新
2015/1/23 1.02 更新
2015/2/20 1.03 更新
2015/2/22 1.04 更新
2015/4/18 1.05 更新

■更新履歴
・1.01
追加
・キャラクター、装備、ワープ券画面にソート機能を追加しました。
・25階クリア時のデモ(支援隊説明)を追加しました。
バグ修正
・塔で支援隊のメンバーと本隊のメンバーを入れ替えた時に起きるバグを修正しました。
・給料が0に設定されていたキャラクターがいたので修正しました。

・1.02
変更
・ESCキーで終了しないようにしました。
・最大Lvと強化Lv限界値を1000に変更しました。
・集中力(命中率)が成長するようにしました。
・強化Lvと強化ポイントがリセットされるアイテムを追加しました。
修正
・状態異常攻撃がミスしたときは状態異常にならないようにしました。

・1.03
変更
・100階まで到達した後、ワープ券:101階が購入できるようになりました。
修正
・最大Lv100を超えているキャラが雇用で出た場合、最大Lvが100に上書きされてしまう不具合を修正しました。
・ワープ券購入後にワープ券選択に行った場合、表示がおかしくなる不具合を修正しました。

・1.04
変更
・100階以降、ワープ券が低確率で取得するようになりました。
修正
・ワープ券が取得できないようになっていたのを修正しました。

・1.05
変更
・アイテムドロップの確率を調整しました。
・アイテム屋の装備が出現するタイミングを調整しました。

・1.06
変更
・DXライブラリをVer 3.16に更新しました。

[File name] tower.zip
[Current Version] 1.06
[Size] 31,270 KByte
[Runtime] DirectX9.0以降
[OS] Win 7 64bit/8 64bit
[Registered] 2015-01-12
[File Updated] 2016-01-11
[Updated] 2016-01-11

Reviews of this freegame(100)

Add your comment
ryota 2017-02-10 17:33:14

こういうゲームをやりたかったのに、これほどの秀作の存在を2年間も知らなかったとは不覚。
「まほでんわーるど」や「とつげき!ダンジョン」のような「ながらゲー」好きにはたまりません。
ツイッターを...(More)

Fanart of this freegamePost a fun art on this free game? >>

Fan art has not been posted to this game yet. Why do not you draw illustrations first?
Post a fun art on this free game? >>

Similar free games

Download

Recommended free game for those who like this free game

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2