永久の白百合~閃光の生命~

夢幻飛翔

一途な愛を描く伝奇百合ノベルゲーム

眼鏡侍

母さんとお母さんとアリウムさん

夢幻飛翔様の制作された、伝奇百合ノベルADV、“永久の白百合~閃光の生命~”の感想を書かせて頂きますね。
ネタバレを含みますのでご注意を。

【気になった点】
・多めの誤字脱字。出来る事なら作品の完成度や評判を上げる為にも、修正した方が良いかも知れない(かと言って次回作公開が遅くなるのは……)。

【良かった点】
・家族、仲間、恋人同士の絆を感じられる温かいストーリー。様々なテーマが盛り込まれていて素晴らしい。障害を乗り越える為のバトルシーンは今回も必見。
・新規参入プレイヤー、過去作のストーリーを忘れたプレイヤーにも優しい、分かり易い解説が作中で多々見られる。ここまでプレイヤーに配慮した作りの作品は滅多に見ない。
・長過ぎず且つ短過ぎない絶妙的なバランス。今回はシリーズでも長い部類に入るが、個人的にはもっと長い長編も見てみたい。
・イベントCGや立絵のクオリティの高さ。キャラの表情の変化があって楽しい。これがあっての永久の白百合と言える。
・相変わらずのゲストキャラの大活躍。過去作のキャラが助けてくれたり、助言してくれるのは胸熱。このシリーズは出来れば公開順にプレイしてもらいたい。

回を増す毎にぐんぐんクオリティがアップして行く永久の白百合シリーズですが、今回は遂に6作目、今までの集大成的な作品となっているように感じられました。
いやー、作者様の制作スピードは凄く早いとは思いますけれども、待ちに待った甲斐がありましたよ。
最初から最後まで、全力投球で最高の百合を楽しませて頂きました(笑)。
本作は3作目の螺旋の彼方のアフターストーリーで、めでたく結ばれた巫月とアリスの間に生まれた娘、ルナリスとその家族に焦点を当てた物語です。
今回も家族としての在り方、子育て(両親と子供の関係)の難しさ、子供の成長、百合(女性同士の恋愛)等々、様々なテーマが作中に盛り込まれていて、クリア後に色々深く考えさせられましたし、人生に対しての勉強もさせて頂きました。

1、2、3作目は、簡単に言ってしまえば特定の女性同士のカップルの恋愛物語といったところですが、4、5、6作目は、過去作のカップルとその間に生まれた娘の、言うなれば家族の絆を描いた物語と言えまして、各作品が少なからず関連性があるお話なんですよね。
ですが、シリーズ通して言える事なのですが、例え過去作を未プレイの状態であっても、作中で過去作のあらすじを上手く纏めて補足説明として入れて下さっているので、とても理解し易い作りになっているんです。
勿論、毎回過去作のキャラがゲスト出演して大活躍してくれるので、公開順からプレイされて行く方がベストと言えばベストではあるのですが、急に本作からプレイを始めたとしても、十分に楽しめるようになっているのが、このシリーズの凄いところだと思うんですよね。
このように、プレイヤーに配慮した丁寧な作りになっているのですが、残念な事に誤字脱字がところどころに見られ、そこが非常に勿体なく感じてしまいます。
物語自体は文句なしに面白いですし、適度に異能力系のバトルシーンもあって、良いアクセントになっていますし、キャラの照れ顔、泣き顔も可愛いですし、CGは綺麗で数も多くて最高なんですけどね……。

家族と言えば、普通は大体両親とその子供と考える事が多いのだと思いますが、本作の主役となる家族の中には、親の巫月、アリス、娘のルナリスの他に、アリスの姉のアリウムも含まれているのが面白いところです。
規格外の強さを持つアリウムですが、家族の中ではきちんと良い叔母さんをしていて、いざと言う時には凄く頼りになったり、かと思えばそんな彼女でも自分の生き方に悩み、苦しんでいる姿が描かれていたりと、色々と見せ場が沢山用意されていて、ある意味、裏の主人公のような存在でした。
巫月とアリスが娘を思うが故に再び激しく対立したり、前作からのゲストキャラが、同じ親として巫月とアリスに助言したり、同じ娘としてルナリスに力を貸そうとしてくれたりと、今回も見どころは満載といったところです。
4、5作目の家族は近親恋愛をしている姿が描かれていて、個人的には中々その気持ちが理解出来なかったところはありましたが、今回の娘は女性、しかも敵に対してではありますが、近親外恋愛感情を抱いていたので、一番理解し易い感じではありました。
まあ、何故そんなにネロの事を直ぐに好きになってしまったのか、そこは正直分からなかったのですが、恋とは唐突なものですから、作中の通りの一目惚れで説明は付くのかも知れませんね。

私が家族ネタというか、両親からの子供への深い愛情を見るのが弱いというのもあるのですが、ルナリスの誕生日パーティーだったり、終盤のネロを助ける前の親子の会話だったり、後はルナリスがネロと結ばれて(?)、両親にお礼を言ったところ等を見て、私もアリスやアリウムのように大泣きしてしまいました(笑)。
女性同士ではありますが、やっぱり娘の事を思う両親ってのは、本当に強くて優しくて、素敵過ぎる位に素敵なものですね。
巫月はラストの方で良い見せ場がありましたし、想像だにしなかった行動に出たりと驚かされましたが、アリスも娘からお母さんと呼ばれるだけあって、凄く良い母親だと思いました。
遥もロリから成長して良い女性になりましたし、双子ちゃんもお節介焼きですし、アリウムの人生も始まったばかりですし、アリスも心からはエデンドヘルやネロを許せてはいないかも知れませんが、最後は一応大団円って雰囲気で良かったです。
姿が変わっても、アリスの太い眉毛は健在で、私大狂喜(笑)。

これで遂に1、2、3作目のアフターストーリーが全て描かれた事になりましたが、この後はどうなるのか、それが気になって気になってしょうがありません。
まさか永久の白百合シリーズはここで終わってしまうのか、それとも、今後も続きのシリーズは作られて行くのか。
キャラも魅力的ですし、設定的にも未だ未だ十分に続けられそうな気もしますが、もしやるとしたらアリウム主役の線が濃厚ってところなんでしょうかね。
彼女は今正に動き出したばかりですし、そもそもこのシリーズ自体、全体的に考えた場合の主役が彼女っぽい気がしますから。
何れにしても、今後も注目しておきたいところです。

女性の両親という形ではありますが、このシリーズでは不思議と違和感を感じられず、当たり前のように一つの家族だと思えるのが凄いと思います。
百合ゲーではありますが、それ以上に家族や周囲の人々との絆を描いた、心温まる優しい作品だと思いますので、百合好きな人は勿論の事、百合が嫌いな女性にも、騙されたと思ってプレイして頂きたいと思います。
久々にこんな素晴らしい百合ゲーで遊ぶ事が出来、私としては心から大満足です。

それでは、これにて失礼致します。

12345
No.23268 - 2015-03-21 21:01:59
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games