銀色ペンダント

にの屋

ペンダントには願いを叶えてくれるという噂があり……

つめきり

友達以上の関係

池沢さんと主人公の友達以上恋人未満の関係がかわいいですね。
二人の冷めた感じや仲の良さが等身大の高校生らしくて好印象でした。

タイトルにもなっている銀色のペンダントの要素は少々薄い気がしましたが、
全編を通して製作者さんが伝えたいテーマを軸に進めているので
読みやすかったです。最初の星座の話も伏線に繋がっており、
なるほどと思いました。すっきりとした物語で面白かったです。

12345
No.45309 - 2018-12-22 22:27:50
カミーネ

良作だと思います(^^)

ただ、話が進むにつれて、主人公にどんな「副作用」が起こるかちょっとハラハラしながらプレイしていたのですが、転結は、案外あっさりとしてしまっていた感は否めません。もう少し意外性があると良くなるのでは、と思いました。
それから、これは批評というよりアドバイス? 的なのですが、立ち絵がない場合、台詞よりも地の文を充実させるといいのではと思います。例を挙げると、登場人物の外見とか、立ち絵がないと伝わりにくいでしょうし。そこを地の文で補うと、プレイヤーさんも、にの屋さんが考えている「銀色ペンダント」に入り込めるのではないかと思いました。

辛口でしたらすみません。

次回作も楽しみにしています!

12345
No.16653 - 2013-09-28 12:57:42
ヒビキソラ

夢がある!

『にの屋』さんの『銀色ペンダント』プレイさせていただきました。

現実の中で手に入れた非現実的なアイテムによって、幸運を手に入れた主人公の物語。
こういう話、私は好きです。なんだか昔読んだ童話とかを思い出させてくれるような懐かしい感じがして。
幸運を手に入れた人間は不幸も手にする。
哲学というか、真理というか、なんかいいですよね。

ただ、個人的な好みを言うと――
・本作品は、起承転結の"承"がすっぽり抜け落ちてしまっているので、唐突にラストイベント始まって、ぽかーんとしているうちに終わった感じ。"序盤"と"終盤"だけで、"中盤"がない。
もっと、ペンダントの効果を得た主人公の変化を描いたり、ヒロインの心情を描いたり、"転"に入る準備をしっかりしてほしかった。

・また、"転"に入る時のBGMがさすがにおかしい。危機感が無さ過ぎて、ギャグイベントかと思ってしまう。もったいない。

・それから、ペンダントを手に入れた時に挿絵を入れたほうが物語が引き立つと思う。

と、まぁ色々書きましたが、短編製作はとても難しいので、完璧なものってなかなか作れないんですよねww
応援していますので、これからも頑張ってください!

12345
No.16623 - 2013-09-24 14:55:31
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games