Vampire Night Ver2

柴犬

ホラー風の探索型RPG

鰹のたたき

ずっと熱中し続けられる戦闘も探索も楽しいRPG

以前、停電でセーブデータが消えたため途中で中断したのですがバージョン2.0になったということなので再度トライさせて頂きました。
難易度ノーマル、トルゥーエンドクリアまで約16時間半、ノーマルまではたぶん9時間ぐらい

モンスターや悪魔が発生するようになって隔離された地域で「メグ」「ガブリエル」「レイブン」という3人のハンターが、各地に発生したモンスターたちを活性化させるクリスタルを壊して回るというのがメインストーリーとなります。
ある程度、攻略順番は好きに行けるので自由度もあり、雑魚戦は大体1~2ターン。ボスは状態異常の対策さえすれば問題なしの範囲でサクサクでした(ただ終盤は雑魚でも少し歯応えが出てきます)
また特徴的なシステムとして、レベル制を廃止し「戦闘中の行動によってステータスが上がる」のが非常に飽きが来なく雑魚戦が楽しくなる要素でした。序盤の敵でも終盤の敵でも変わらずそこがとても良かったですね。戦闘速度アップやダッシュ速度がシステムで簡単に変更出来るので快適さの相乗効果も抜群。
ドロップ品も回復アイテムや装備品など良いのが取れますし、たまに隠し宝箱もあるので探索も含めて最後までモチベーションが落ちないのが素晴らしかったです。

それとバージョン2.0から追加された要素についてですが、「魔魂」「装備品でのスキル取得」があります。
魔魂は各地にある魂を見つけると最大HPが+100されるもので、これはぶっちゃけあっても無くてもどっちでもという感じました。ただこの分のHP補正が無いと後半からは相当辛いと思うのでたぶんバランス調整的な意味も込めているのかな。(井戸の中のやつだけは見つかり辛いかも)
装備品でのスキルやパッシブ取得はこのゲームの戦闘でステータスが上がるシステムと非常にマッチしておりさらに戦闘が楽しくなりました。
新しいスキルを覚えるために装備を変更してステータスが下がったり状態異常に穴が空いたりすることもありましたが、心地良い痒さだったと思います。
欲を言えば後半は取得スキルがある装備品が少なくなってきたのでもう少しだけ欲しかったなと感じたので、50%ぐらいの状態異常耐性のパッシブで水増しがあれば嬉しかったです。今だと耐性用の装備をしないと後半以降辛いですが、50%あるならボス戦ごとに装備品を揃えて対策しなくても無理やり戦えなくはないですし。

あと2.0になってからだと思いますが、宝箱にお金や回復アイテムが多く入っていてドロップも多いので金欠で悩むことはありませんでした。

ここまで最初から最後までずっと熱中度が下がない作品は本当に数えるほどです。
それにまさかトルゥールートがこんなに長くなるものだとは予想外で、初めからでもやり直して良かったと感じました。
戦闘時の派手なエフェクトも見ていて楽しめましたし、ハクスラ系が好きな人なら是非ともやってみて頂きたい作品です。
※ちなみにスクリーンショットに4人PTの紹介画像がありますが、4人になるのは終盤のトゥルーエンド条件を取得してからなのでそこは勘違いされるかもしれません。(私はてっきり2.0になってから4人がデフォルトになったのかと思いました)

気になったこと

・敵が毒の状態異常になった時の表示カウントが0しか表示されませんでした。
毒ダメージは毎ターン入っていたので表示だけがおかしいのだと思います。
それと麻痺にこちらがなった時にエフェクト表示がないので下のステータス表示のバフとかデバフとかのアイコンでしか確認出来ませんが、バフなどでアイコンの種類が多くなると見逃してしまいがち。
麻痺も毒みたいにエフェクトが欲しいです。トゥルーのラスボス戦で見逃した時はぞっとしました。

・エレナの回復阻害のスキルが効いていないことがある
リリスの禁断の果実など99999回復されて使わないと勝てないようなものは防いでいたと思いますが、他の4大悪魔のリジェネ的なものは回復されて限定的にしか使わないスキルになってるし、逆に切らさないようにしないといけないのでエレナはあまり奥義が打てず残念でした。
あとエレナはLv2までのパッシブは最初から覚えて欲しかったです。ドロップ求めての戦闘が苦にならなかったのでついでに覚えさせましたが。

・防具の最強専用装備が地雷
状態異常耐性があまり付いてないのでボス戦ではたいてい使いません。
トゥルーのラスボス戦は交換までして手に入れた専用装備だしと思って装備したら罠でした。
そのせいで3連続ボス戦は状態異常に悩まされ50分間も戦闘していて、もし途中で全滅したら心折られる寸前までいっていたと思います。
もう少し耐性を付けた方がいいのでは?もしくは耐性パッシブの追加か。

・特技とパッシブの順番を統一して欲しい
細かいですがメニューの「特技」で他の3人は上が特技、その下にパッシブという順番なのにエレナだけ逆でした。

12345
No.53997 - 2020-08-20 23:48:49
桃隆

ホラー要素が苦手な方でも楽しめるRPG

プレイ時間はノーマルエンドまで7時間半、トゥルーエンドまで11時間ほどでした。
ストーリーはあっさりめとのことですが、世界観描写がしっかりしており、
中盤辺りの展開で各メインキャラの背景描写が用意されているので、
そういった方面重視のプレイヤー様も十分に楽しめるかと思います。
とはいえ、ゲーム性としては戦闘&探索重視の内容で、
そちら方面ももちろん、面白さが際立っておりました。
特に、ステータスアップのシステムが個人的に好みだったので、
ザコ敵との戦闘も単調に感じることはありませんでした。

ゲームのカテゴリーはホラーゲームとなっておりますが、
二次元のグロや血飛沫といったものに抵抗がなければ、
そんなに身構えるほどのものではないという感じでした。
強いて言えば、私のプレイでは、作中の追いかけイベントに若干苦労した程度です。

個人的には非常に良作の部類に入る作品だと思いました。
面白いゲームをありがとうございました!

12345
No.49210 - 2019-09-15 20:07:57
たこ

一作目より作りが荒いが良中編ゲー

雑魚敵から逃げる成功率100%+動きの遅いシンボルエンカウントなのでMAPを探索したい人向けです
一応雑魚敵を倒そうと思えば全体攻撃で1ターンキルも楽々できますが
回復ポイントは結構間隔広めなので回復ポイント前後で狩って後は逃げ推奨
ステータスアップが経験値によるレベルアップではなく特殊ですが装備の比重が大きいので気にしないで大丈夫です
そのため戦闘面は行けない場所をメモったりあやしい場所をしっかり探索して装備を充実させれば難易度は高くないです
あと異常耐性が最初から丸わかりなのでボスにはかけれる異常をずっとかかりっぱなしにすればヌルゲーです

ストーリーは大雑把に言えば勧善懲悪で普通に楽しめます

ver1.04では遭遇する敵の順番と魔物図鑑の番号が適当なので図鑑埋めする人は注意です(次verで修正するそうです)
下の方のNo.18は下水道入り口左map 70は悪魔崇拝教団での時限イベントなので取り逃すと埋められないですね

以下ネタバレ注意






吸血鬼の真祖が原初という意味ではなく一番強いという使われ方をしている意味や
リリスとかエレナの操り方とかゼオニウム関連とかミリアルド封印とかあっさりと簡潔に説明していてもっと掘り下げて欲しかった
あとトゥルーエンドでおこづかいせびって欲しかった

12345
No.49192 - 2019-09-14 02:15:26
ぴく

Ver1.04のハンターでTrueEndまで26時間面白かったです


ノーマルエンドになって何回収してないのか?そこからのほうが長かった気がする^^;

『図鑑』埋めたくて時間がかかっています
ドロップアイテムが人数分欲しかったり・・・これは後で店にあると・・ショックでしたが

最終的に図鑑も面倒になってラスボス前の奴らは戦ってないし、No.18と70も結局わからず
また時間があるとき埋めようかなと。


広いマップと金欠は皆さんと同じく、最後の合成でマジカっ!ってなりましたw
シンボルエンカウントで追いかけてこないのもこのゲームのステアップに合っていていいと思いました

ごちゃごちゃ書きましたが楽しく遊ばせてくれてありがとー、他のゲームもやってみますね!

最後にバグっぽいのは頭装備で沈黙無効が効いていないものがありました
パッシブ付けたので今では分からないですが

12345
No.49092 - 2019-09-04 14:12:31
プハリコ

ホラー苦手でも大丈夫

TrueEndでクリア(さすがにヒント見ました…)。
マップが広大かつたくさんあるため、探索のしがいがあります。それだけにネームドモンスター、開かない扉の位置とかはよくチェックしておかないと、再度探す際に大変です。
他の方も言われていますが、世界観は暗めですがホラー苦手でも大丈夫でした。追いかけ要素もありましたが、普通にやっていればあまり捕まることもないと思います。

終盤まで金欠と戦うことになると思いますが、とにかく雑魚戦を回避し、先のダンジョンの宝箱をどんどん回収していきました。お金はダンジョン探索が一番貯めやすいと思います。

7時間ほどで終わりましたが、非常に濃密なゲームでした。
各キャラの背景にもきちんと触れられており、世界観も十分練られていたと思います。
ゲーム設計も親切で、非常にプレイしやすかったです。

バトルはある程度RPGに慣れていないとノービスでも辛いかもしれません。
状態異常も耐性を整えておかないとほぼ素通りのため、連発されてかなり不利になります。
ボスのHPは高めに設定されているように感じましたので、属性と各キャラの特性をつかんでいないとジリ貧になりがちかなと感じました。
雑魚戦は基本回避したためにそのように感じるだけで、コツコツ進めて強化していけばそうでないのかもしれません。

これはバグなのか分からないのですが、状態異常にかかった際に、装備変更でその状態異常を無効にする装備に変更すると、状態異常が解除されます。行動不能系以外の状態異常はこの方法ですぐに解除できてしまうため、麻痺、混乱、魅了、凍結といった行動不能を防止するアクセを優先的に付けていました。

最後に素晴らしい作品をありがとうございました。

12345
No.48827 - 2019-08-16 18:27:26
orchid

ホラー耐性低めでも大丈夫(多分・・・)

若干のネタバレ?ありです。


探索系が好きなのでプレイさせていただきました。
いつもレベルを上げてごり押しタイプなのですが、こう言う強化方法も楽しいです。戦った分だけ見返りあるのは好きです。

ホラー系は苦手ではあったんですが、実際プレイすると血やらの演出が多いですがそこまでホラーって感じではなかったです(個人的には)
ただ、敵のグラフィックが結構グロかったり油断するとびっくり演出が来るのでそこは要注意。でもだいたい事前に警告があったり明らかに何かあるなと思えたりするので心の準備はできます(笑)

シンボルエンカウントで近くを通っても敵は追いかけてくるわけでもないので、上手くやれば一回も戦闘せずにダンジョン通過できたりします。ただその場合は次のダンジョンやボスでほぼ確実に戦力足りなくて結局戻らないといけなくなりますが・・・隠しアイテムが結構強い装備や技だったりするので、あえて先に進んで装備や技をそろえてから戻るのもありだと思います。というか、私はそうでした。

ストーリーはシンプルですが、その分探索に集中できたかなと思います。
ただ、やりこみせずにノーマル?ルートの時に最終戦直前のセーブができないまま負けて、その一個手前からやりなおさなきゃいけなくなるのはちょっときつかったです。
詰み防止のためだとは思うんですが、ガチ戦闘で相手を楽勝に倒せるわけでもないのなら、セーブポイント作って警告文言の後にセーブさせてくれてもよかったかなぁと・・・。
いや、装備とか考えれば楽勝だったかもしれないんですが。脳筋プレイがいけないのかもですが。



そして最後に、一言。
つるはしどこー!?

12345
No.48819 - 2019-08-16 08:51:48
ちーずぱん

時間泥棒RPG

色々寄り道をして19時間ほどでトゥルーエンドをクリアしました。
片手間でプレイするつもりが気付けば時間を忘れてハマっていました。

バトルの難易度は程よく感じました。
敵の強さに関係なく戦闘での行動毎に各能力が上昇していく成長システムなので、どのダンジョンでも育成しやすくてよかったです。
序盤、お金は戦闘では溜まりづらいですがダンジョン内に結構大金が落ちているので助かりました。
それでも武器防具を揃えてしまうとスッカラカンになりますが^^;

ダンジョンは丁寧に作り込まれており廃校や廃病院等、普通のRPGとは違いホラー風で楽しかったです。
ただ少し広めに感じました。
何度か行ったり来たりをしなければならないので少しだけ大変かも?
後でまた訪れなければならないようなポイントは忘れないようメモしておくと安心です。

ストーリーは概要にもあるように簡単ですが、キャラクターは各々個性があり魅力的です。
私的にRPGはストーリーより綺麗なマップで探索をしたりバトルの楽しさを重視しているのでぴったりな作品でした。
同じようなタイプの続編があれば是非プレイしたいです。

12345
No.48797 - 2019-08-14 13:06:04
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games