大森久仁夫

戦国に生きる表裏比興の者と息子たちが織り成す戦国絵巻

【総評】
 戦国時代末期の真田一族をモチーフにしたと思われる
 葛籠一族が中心になって活躍する、本格派歴史SRPG。

 日本の戦国時代チックな雰囲気はもちろん、集団戦と
 忍者を意識した本作独特のシステムが光る作品でした!

 以下、難易度「軍略家」で、5種類あるエンディングのうち
 No.1「水桜記」を見た後の感想です。(※ネタバレなし。)


【長所】
・既に他の方も触れていますが、戦国時代の歴史好きには
 たまらない作品でした! 史実と大きく異なる展開を見せる
 こともあるので、いい意味で油断できずに楽しめます。

・真田昌幸的な位置づけの葛籠時政を筆頭に、腹に一物も
 二物もある戦国武将同士のやり取りが格好良かったです!

・プレイ時間は、エンディング直後のクリアデータで5時間25分。
 やり直しを含めても7時間くらいで、気軽にプレイできました。

・某人気シリーズの『天翔記』へのリスペクトを色濃く感じます。
 忍び(忍者)の古賀乱蔵が『天翔記』と『将星録』の某半蔵に
 激似だったり、足軽隊専用の一斉攻撃とか、暗殺とか……。

・城にも『天翔記』愛を感じますね。特に、三条の宝神山城は、
 風魔小太郎が籠城する小田原城を攻めて大兵があっさりと
 撃退される悪夢を想い起こすのに充分な造りでした(笑)

・実質的に意味のある分岐が多い点も、素晴らしかったです。
 討死しなかった敵将が後の章で登場したり、終盤の分岐で
 展開が大きく変わったりするなど、作り込みが半端じゃない!


【短所】
・椿鷹丸以外の足軽ユニットの存在感が薄くて、葛籠一族の
 誰と支援関係があるのかをなかなか覚えられませんでした。
 どうせモブだし、敵軍みたいに「葛籠○○隊」という名前だと
 分かりやすくていいのになあ――なんて思ってしまいました。

※いずれも、Ver 1.03 時点での話です。

12345
No.45502 - 2019-01-02 22:27:30
CaoTsao

葛籠太平記

冒頭の二人でもう察しましたね
あ、これ真田太平記がモチーフだって

というわけで、真田っぽい人達を操作する戦国SRPGです
他に、武田っぽい人 上杉っぽい人 徳川っぽい人 羽柴っぽい人 北条っぽい人(家紋は西だからか赤松)が大名として存在する水桜の国で、戦いを繰り広げて行きます
ステージも、長篠っぽいのや 川中島っぽいの(自分は最初、姉川だと思いました)などが、絶妙にアレンジを加えつつ出てきます

ファンタジーではなく戦国な世界での作品は、SRPGスタジオ作品んだと山鹿記に続いて2作品目のプレイ
戦国の戦いならではの部隊操作・運用方法がシステムとして組み込まれており、シミュレーションゲームとしても意欲作です

ところどころ、歴史のifを達成できるところが歴史ファンにはたまりません
頑張って助けた人は後半のステージまでちゃんと出番があるため
ゲームとしても自己満足に終わらないところが良い作りです

関ケ原っぽいステージは何度もやり直して当初のターゲット撃破までやりましたが、ここはどうしても変えられないんですね
逆に、後からあの人を助けられるのかと驚いた場面も
もう一方の勢力の人は助けていたため、逆も一人くらいはいるんじゃないかなと思っていましたが
これは予想外の人物でした

具体的な分岐可能ポイントはクリア後の作者ルームで確認できます
自分はついつい初回プレイでもいろいろ試してしまいましたが、いったんクリアしてみるのも良いかと思います

かなり丁寧に作られた作品で歴史好きには絶対おすすめ
英傑伝シリーズとかよりも、ゲームシステムが戦国っぽいです

12345
No.44869 - 2018-11-26 22:54:10
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly" "games live video report"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games