AlchemyQuest ~リノンの錬金工房~
ほのぼの錬金RPG

スポンサードリンク
AlchemyQuest ~リノンの錬金工房~ Game Screen Shot

[Catchphrase] ほのぼの錬金RPG

[Details] Check details of this game

[Reviews] Write review of this game

[Categories]
#RPG games

素晴らしい出来

No.45114 - 2018-12-09 15:29:38 - 鷹木のお兄

(作成者が外国人のため、日本語使いが変かも知れません、大目に見てくださると助かります。)


2.02Verで遊んでいただきました。
(ネタバレ含みます。)


☆見所

まず最大の特徴としては、絵ですね。
絵がとても綺麗で、特に主人公であるリノンのあの笑顔には本当惚れ惚れです。
ぶっちゃけ今すぐ嫁にしちゃいたいくらいです。

リノンだけじゃなくて他のキャラもかわいく、プレイアブルキャラ以外でも魅力的なキャラ(スフレさんとか、エシリアさんとか、ユウナさんとか)がいっぱいいてずっとにやけながらプレイしてました。
特に「本当丁寧に作られてるな」と感動したところは、たった1シーンだったエシリアさんの髪型差分までちゃんと絵が入ってるところでした。

マップもとても丁寧に作られてて、特にディアブール樹海のマップの雰囲気やBGMはもう自分の足りない日本語実力では「美しい」としか言えないレベルでした。

あと敵までかわいいです、はい。
特にたわーとか可愛すぎてもう... グッズとかほしいレベルです。

戦闘の難易度バランスも丁度いい感じで、なによりオートモードの性能がよかったです。
まぁオートモードあまり使わない主義なので実際このオートモード使ったのはカカシ殴った時くらいですけど...(笑)


あとは隠し要素が多いのも個人的にプラス要素ですね。
宝探しみたいな感覚で色々隠されてたり、隠れん坊みたいなやつもあったりして、本編以外でも楽しめるコンテンツが多くて嬉しいです。


☆気になる所


やっぱり移動ですかね。
まずリノンの移動速度が遅すぎる感じがしました。
制作社さんもそれを意識したのか、エシリアさんとの会話で「早歩き」とか言及してましたけどね。(笑)
移動速度も遅いけど、その上マップ数も結構あっていちいち歩いていくのが大変でした。
一応後半井戸で遠いマップまでは一気にいけるようにはなりますけど、それでも井戸の下まで降りて穴まで行かないといけないし、どんな穴がどこに繋がるのかについての説明が穴を利用できるようになる最初の1回だけで、それ以降は確認できないのでどの穴がどこに繋がるのかいちいち確認しないといけない状況とかもありました。
それでディアブール樹海に移動したルリの商店を利用する度結構大変でした。

次はやっぱり錬金術のヒントですかね。
ヒントが無さすぎてレシピ解放されないやつが結構ありました。
たとえば「冷却湿布薬」とかは結局最後までレシピ解放されなくてクエストクリアできなかったし、「面倒な移動をお手軽に!」クエストは3段階で詰んでしまいました。
もちろんヒントがないからこそみつけた時の達成感はすごくてそれもそれで楽しめたんですけど、せっかく移動が楽になりそうなクエストだったのに結局最後までクリアできず終わったのはどうかなーと...

最後にMP関連。
MP上限が100に固定されててスキルが好きに使えないのがちょっときつかったかなーと思います。
MP回復アイテムもポーションじゃなくて料理だったので、料理するのが面倒だった自分は結局ラミア戦とボス戦では秘薬頼りでした、はい。
(一応増やす方法もありますけど自分は水着を捨てられませんでした...! リノンスキル強化アイテムと水着を買ったら残りのジュエルは1個... もっと取れるところありそうだけどみつけられませんでした。)


☆総評


グラフィック: ★★★★★
キャラクター: ★★★★☆
シナリオ  : ★★☆☆☆
BGM/音声  : ★★★★☆ (声はありませんので評価対象外)
ゲーム性  : ★★★★☆


総合評価   : A
総プレイ時間 : 11時間45分
一言     : ボリューム増やして有料版に出しても購買意向があるくらいの素晴らしい出来。



素晴らしいゲームありがとうございました。

楽しかったです! ありがとうございます!

No.43098 - 2018-08-22 20:49:47 - 七つみ

ネタバレを含みます




















・アトリエ好きの人には大いに楽しめたんじゃないかと思う作品。

・他の人がレビューで触れているノーヒント感は、黎明期のアトリエと同じで、それに慣れている身としては、「見つけてやったぜ!」という感情が沸き上がってきて個人的には楽しかった。
 コンセプトとして「ゲーム的な不自然な要素を取り除き、現実の等身大な手探り感」を目指しているのなら、このノーヒント感についてはいいと思う。

・敵シンボルについても、おそらくイリス~マナケミアのオマージュである「同じシルエットの敵を色分けすることによって判別する」方式が取られておりシンプルでよかった。(完全な主観であるけれども、RPGツクール作品でよく見る、種族ごとに見た目を変える方式は、別にそれを気にした事は無いので、むしろこのシンプルさの方が分かり易くて好き)

・ストーリーは終始ほのぼのとした調子で進んで行く、アトリエ的王道の物語に見えた。
 個人的にはハッピーエンドが好きだし、このほのぼの感が好きなのでいいのだけれど、ただ一点、終盤のルフィアのおばあちゃんが亡くなった辺りからのシリアスな展開は、テキストの表示速度とかの兼ね合いとかから少し軽く見えたように思う。テキスト自体にはそんなに問題を感じなかったので、見せ方(行間や音楽、天気等)の問題なのかな?
 あの辺りからリノンとルフィアの橋での会話までの場面は、プレイヤーの感情を揺さぶる見せ場であると思うので惜しいなぁと思った。(あんまりゲーム作りには詳しくないので、代案が出せなくってすみません)

・全体的に音楽やマップの綺麗さがすごかった。
 特にディア―ブル森林については全てのマップの雰囲気(見た目、音楽)が素晴らしかった。
  ・マップに入った瞬間の景色と、その場面に見事にマッチした小鳥のさえずりと川のせせらぎ。
  ・鬱蒼としているマップへ移動した瞬間に空を横切っていく白い鳥たち。
  ・月が見える花畑の幻想的な雰囲気と音楽。素晴しい!

・移動システムの改善提案。
 錬金系のゲームは、採取場所や特定のアイテムをドロップする敵がいる場所が限られていることが多いので、その辺りの「移動」に関する配慮が欲しかったと感じた。
 
 例えば、序盤以外でショートカット機能(モグ族)や瞬間移動アイテムが手に入ってもあんまり意味がないように感じた。
 というのも、もう終盤じゃ大体の物は作っている為、アイテム集めの苦労の比重としては序盤から中盤の方が作る物が多い気がするため。

 この点に対する提案として、世界観として瞬間移動が認められているのならば、母親が偉大なアルケミストである設定を利用して、最初から「家に瞬間移動できるアイテムがある」としても良かった気がする。
 ここで反論として「序盤の展開でそれを使ってドラゴンから逃げればよかったのでは?」という疑問があがると思うが、それはこのゲーム冒頭で説明されている通り「ドラゴンをそこで食い止めなければならなかったから逃げるという選択肢は無かった」という説得力もあるので、その矛盾も特に起こらないとおもう。

 また、ショートカットについては、自宅に瞬間移動できるのであれば、ダンジョンは難しくとも、他人の家などを地点登録できてもおかしくないはずなので、イベントが起こる為によく訪れるであろう主要人物たちの家に行ける設定が欲しかった。(瞬間移動は各家、モグ族はダンジョン、みたいな住み分けでもいいかも)

 マップについて。
 例えば、ディア―ブル森林にて、雷晶石がある洞窟が見えているのに、そこに行くのには毎回遠回りしなきゃいけないという点がちょっときつかった。あんな感じで隣接しているのであれば、一度洞窟側にたどり着いたのであれば、次回以降はそのショートカットできるような形にできたらストレスも減るのではないかなーと思った。
 
・なんか色々グダグダと言ってきましたが、各人物同士のほのぼのとする掛け合いや、霊視辺りのしんみりした雰囲気、マップの綺麗さなど、諸々を含めてゲームとして満足したという気持ちは本当です。
 上から目線で申し訳ないですが、ゲームの端々から尖ったものを持っていると感じたので、これからその尖りを残したままゲーム性が洗練されていく思うととても楽しみです。
 素晴らしい作品をありがとうございます! 
 これからも応援しています!

綺麗なマップと絵、女の子らしくはしゃぐキャラ達

No.42099 - 2018-06-17 17:01:45 - トイ

レビューにはネタバレありです、ご注意を



Ver.1.39で今先程クリア……といってもこのVerから始めたわけでなく、おそらく初期のほうのVerから
正直初期Verのほうはいろいろと遊びにくかったので
少しプレイ→しばらく放置→Ver更新→少しプレイ→放置……の繰り返しをしてようやく現Verでクリアをしました。
プレイ時間は最後のラスボス前のセーブを見ると12時間10分、ラスボス戦+エンディングで約12時間半といったところです。たぶん10時間くらいでゲームクリアはできたと思うんですが、隠しボスを倒してからラスボスに挑もうと思ってレベル上げをしていたらクリア遅くなりました。隠しボスつよい、ステータス下げ続けて倒しました。


商業作品のアトリエ?シリーズ的なののオマージュ・リスペクト作品だったみたいですが、初めて、しかもフリーゲームで触れたんですがアイテム作成を自分でいちいちやらないといけないんですね。
同じアイテムを作り続けたり、身近な物から開発するアイテムのアイディアを閃くのは良かったです。現実の開発者になったみたいで。


戦闘バランスは……通常攻撃は敵を倒すのに適していないですね。4~5回も攻撃して倒せるというのはお手軽レベリングにはちょっと向いていないですね。結局は魔法かスキルを使用することになる。ただ、オートバトルは快適でした。カフェクエストもあるのでレベリングはそちらがオススメといったところでしょうか。
隠しボス以外はたいして苦戦しませんでした。リノンで秘伝調合+ボム&ときどきバニッシュブロウスタン、ソーマで三牙魔法低下+岩斬撃遅延で何とか隠しボスを撃破。リノンLV30、ソーマLV20でした。
隠しボスまほうつよい。あとなかなかたおれない。


マップは綺麗です。このゲームの最大の特徴といって良いでしょう。ただ、森林と樹海は何度行っても木に引っかかる。できれば、進める木の間に入ると道が透けて見えるようになっていればグッドでした。


ストーリー部分は何だろ…主人公のリノンが怠けててカフェラティ禁止、解禁しようから始まっていつの間にか外界?と島を繋ぐゲートを封鎖しているラスボスと戦うことになっていたのでビックリ!
たぶんアイテム開発とキャラ同士のおしゃべりを重点に楽しむべきものなのかな?
メインシナリオは味付け程度という風に感じました。


エンディングで世界が広がって次回作へ?といった感じなんですかね。もし続編ができればぜひやってみたいなという出来でした。
作者様、楽しい時間をありがとうございました。
長文失礼しました。

とっても可愛いアトリエ系RPG

No.41680 - 2018-05-22 12:48:15 - 凪子

とにかくいろんなものが可愛い。
個人的にはシャーリィが着ている衣装のデザインが好みです。清楚に見せかけたセクシー。
キャラはモグが好き。


【良いところ】
・マップが美しい。特に月光花が取れるディアーブル樹海・花畑が幻想的で美麗で一見の価値あり。

・カフェクエストで経験値が入りやすい。結構な経験値が入るのでレベルあげがしやすいのがいい。たまに貰える経験値アップアイテムがgood。

・オート戦闘のしやすさ。めっちゃ早くて助かる。

・隠し要素が多彩。樹海には隠れたところに宝箱があり、洞窟に見えない道がありその先に宝箱があり…と隠し要素がいっぱいで見つけるのが楽しい。

・HP回復アイテムが多い。錬金術で作るポーションから料理アイテムととっても可愛くて多い。


【気になったところ】
・マップが入り乱れすぎて迷路状態。マップが美しいがゆえに見にくいという長短がシビアでちょっと目が辛い。

・金策が厳しい。余った素材を売っても微々たるもので、作ったアイテムを売っても微々たるもの。売却しようにも売却できる場所がルリの店くらいしか無く、イベントが進むにつれてルリがいるのはディアーブル樹海・花畑くらいなのでストーリーが進むに連れて売却しずらい。
錬金術工房なので、依頼で売るだけで無く自分や友人の店で売るシステムが欲しいところ。


・MP回復アイテムが料理しか無い。料理アイテムは戦闘中で使えないので戦闘が長引く強敵との戦いでは苦しいものになる。戦闘中でも使えるMP回復アイテムも作れるようになりたい。

・フラグたてが不鮮明。ヒントが不親切。









○○工房?

No.41668 - 2018-05-21 15:32:45 - shin1980

キャライラストが「胸」を強調しすぎて下品に感じる。
このゲームがネット界隈で何と呼ばれているかご存知でしょうか?
…答えは「リノンのおっぱい工房」です。これが全てを表している。

胸の大きいイラストを描いてDL数を稼ぐの、もう止めませんか?

あっゲーム自体は面白かったです。

自由ゲームにありがちな不自由さ

No.41576 - 2018-05-13 11:17:28 - キック

端的に感想を書きます。全体の完成度は十分すぎるほど高い作品だと思います。


・フラグを建てないままに先のマップに進めるので、軸のストーリを見失う。最低限これをしなくちゃすすまないというシナリオに関してはもう少しヒントを入れていいと思う。

・マップが美麗すぎてどこがマップの継ぎ目か分かりにくいので探索しそこねてしまう。マーカーに頼ってしまうメタ感がもったいない。

・特にソーマとの出会いがわかりにくい。ゲーム内でメルフィアの森というヒントは出るが、入り口・東・南・洞窟・滝と別れているため序盤イベントとしては難解

・ファンタジーベース作品にありがちなラ行混じりネーミングが多く、キャラクターのあだ名よびなども入ってしまい固有名詞が覚えにくい

・キャラクターに感情移入しないままアクのつよいミニイベントがどんどん始まるため、置いてけぼり感が。

・とはいえ全体の完成度は高いので、あとは全体を俯瞰で見てプレイヤー視点での部分を意識すれば次回作は一気に良作になる気配を感じます。制作お疲れ様でした。






とりあえずルフィア

No.41324 - 2018-04-30 19:48:22 - とうがらし

素晴らしいグラフィックと軽快な戦闘、そして数々の隠し要素が魅力の錬金RPG。
棚やタル、怪しい突き当りや木陰なんかを調べ周るのが好きな方には特にオススメです。
もちろん、必須要素ではないのでメインイベントだけ追っかけても問題ありません。
キャライベントも豊富なので、とりあえず見た目に惹かれたって方もウェルカム(自分のことです)

既存レビューのとおり、初期バージョンこそ様々なめんどくさい要素がありましたが、
凄まじいスピードで修正・調整が行われ、現バージョンでは多くの欠点が緩和されています。
これからプレイする方はもちろん、以前プレイして諦めた方も再挑戦してみてはいかがでしょうカ。

難点は、描き込まれすぎた環境エフェクトが重いこと……
水とか森林の表現とかすごい凝ってるんですが、それゆえ重い。
動作に支障が出るレベルではありませんが、冷却ファンが言ってるんですよ。
こいつぁすごいぜと。

素材集めて作るのが好きな人にオススメ

No.41320 - 2018-04-30 17:41:54 - 鰹のたたき

大体言いたいことは先に書かれていますので、賑やかし目的で書きます。

美麗なグラフィック、可愛いイラスト、素材を集めて錬金してアイテムや装備を作って、依頼を解決。
システム的にはオーソドックスですが、メインストーリーとは全く関係のないイベントが多く散りばめられています。

一番すごいな、と思ったのはオート戦闘の速さでした。
敵自体はそんなに強くなく、こっちも勝手に技など使ってくれるようで雑魚敵は3秒で終わります。
テンポ良く戦闘やフィールドの素材集めが捗っていくので、やってみると時間を忘れて熱中できるのではないでしょうか。

ただ肝の錬金部分への導線がノーヒントが多すぎて辛かった。
素材があってもレシピが無く、レシピがあっても素材は今はいけない場所、入手条件が予想がつかないものが多く探すために走り回ってばかりでした。
最初からやっているせいでクリアまで18時間掛かりましたが、半分以上は無意味に彷徨ってただけでした。
現在はだいぶヒントもあり、条件も緩和されているのでそう詰まることはないと思います。
それでもやり続けられたのは本ゲームに魅力があったからだと思います。

今も毎日バージョンが更新されていますので、非常に遊びやすくなっててオススメです。

大きなプラス要素と大きなマイナス要素

No.41260 - 2018-04-27 19:31:01 - 例のアレ

可愛らしいイラストグラとテンポのいい操作性、作りこまれたマップとイベや背景にマッチした適正なBGM
序盤こそ一切文句のつけどろこの無い近年まれに見る最高のフリゲだと思えた。錬金術師シリーズやってる人ならそのままプレイ方法が通用するだろう。フリル好きにも奨められる。
しかし中盤以降物語が進むにつれ、色々と理不尽な点が多く浮き出て来て、知人にも途中で飽きてしまった人が多い気がする。ループバグ・進行不能バグに関してはもう無いので大丈夫だと思う。
自分がそう感じているだけともいえるので少しでも気になった方は是非やってみるといい。どっちに転ぶかは知らないし作者様の対応が迅速で現在進行中で改善されていっている。



ーーーーーーーーーーーーーー以下ネタバレ含む色々とうーんな点

・調合レシピ関係
○○の強化版はそれの原型を作りまくる事で閃く、というのはわかるが、ストーリーに一切必要ない個数を要求されると辛い。1個目調合した時点で続きのレシピが出てくる場合「もう少し改良できるかな?」とか付け足して欲しかった。完全手探りで本当に強化版なんてあるのかわからない物を作り続けるのは嫌すぎた。
またイベント入手系レシピの一部がとにかく理不尽すぎた。特定イベント後、、特定の仲間、特定の場所往復・・・人によってはここでめんどくさくなる人も居るでしょう。
またレシピ入手のタイミングだけが一方的に早すぎて素材が全く聞いた事もない物だらけになる。とくに装備品系は顕著。2個以上作る必要ないので装備品だけ調合レベル上げ辛い+素材コスト高すぎ。クリア時点でレベル2だしね。

・戦闘関係
今でこそかなり改善されたが序盤の敵は経験値が1匹20固定で全くゲーム進んでる気にならず妙な感覚に陥った。レベル上昇によるステータスアップが1~2であまりにも微々たるものすぎるのも考えもの。レベルキャップや最大レベルが20という事もありRPG下手夫には厳しいかもしれない(というよりRPGにおけるレベルはゲーム下手でも上げてなんとかするためにあるはずなのにこんなにも上限が早すぎるのは個人的にはそもそもおかしい気がする)
道具を使う事による大与ダメージこそあるもののコア装備を駆使してもパーティ全体にぼうぎょりょくが圧倒的に足りないというのも手間を感じた。回復魔法を絶対に出さないのは作者様のスタンス?だとしたら口を挟む権利は無いが。

・マップ関係
美麗。町とかすごい綺麗。でも作りこまれすぎて逆に見辛い。森ダンジョンが多いのもあるが。隠しキャラ・隠し要素を盛り込むのはいいがやりすぎたり必須要素にすると「面倒。こんな要素いらない」になります。
キャラ通過時マップ透過・霊視のネックレスみたいなイベント表示装備等あったらよかった。幽霊さんもコンプした人は全体の何%なのだろう。


悪い点ばかり言ってるようだが中身は帰宅してこれを起動するのが待ち遠しくなるほどのめり込んだパワーのある作品なので別にこれ以上バージョンアップされなくても充分楽しめると思う。実際楽しかった。作者様の作品はこれが初めてだが違うのもやりたくなった。ほんとに今のままでも素敵な作品なんです。自分の文句を真に受ける必要は無いです。
楽しい時間をありがとうございました!

1 / 1 Pages
Review



Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly" "games live video report"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Login and write review Or Create Freem!ID and write review

Information

[Registered]
2018-04-23
[Updated]
2018-12-26
[Current Version]
2.06
[File name]
AlchemyQuest.zip

[Runtime]
RPGツクールVXace RTP
[Size]
285,891KB

コズミックブレイク