• 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot1
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shots
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot2
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot3
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot4
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot5

「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序

  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot1
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shots
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot2
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot3
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot4
  • 「怪奇幻想夢物語 怪獣綺譚 桜蛇伝」序 Game Screen Shot5

散ってしまうのなら、出会わなければよかった。人と人ならざるもの、惹かれ合う二人の運命は……。

 ※環境によりタイトル画面表示まで僅かに時間がかかる事があります。
 データ読み込み後は快適プレイとなるのでお待ちください。


□紹介ページ
 http://tokiteto.chu.jp/ouzyaden_index.htm


■あらすじ

 幼い頃落ちた古井戸の底で、アキヒコは白い大蛇と出会った。
 恐怖のあまり傍に落ちていた釘でその右目を抉ると、裂けた肉が桜色に咲く。
 それからアキヒコは桜が怖い。
 
 秋の終わりに母が死に、山の屋敷で一人ひっそりと暮らすアキヒコのもとに、ツユクサと名乗る女が訪ねてくる。
 はじめは幽霊めいた印象の奇妙な女と思うが、その健気さにほだされてゆく。
 惹かれ合う二人。
 しかし、女には秘密があった……。


■概要

 天地明宵、四つの幻獣に護られたイタルの国を舞台とする「怪獣綺譚」シリーズ。
 切なくも優しい物語をグラフィックとムービーで演出!
 win・mac両対応

■こちらのお手軽ブラウザ体験版では物語の導入をプレイする事が出来ます。
 ※一部環境により製品と挙動が異なる場合があります。
 製品動作確認には 「DL体験版」 をご利用ください(紹介ページ参照

ReadMe(Instructions & Credit notation etc.)

[File name] ouzyaden_taikenban_spb_v100.zip
[Current Version] 体験版
[Size] 413,362 KByte
[Runtime]
[OS] Win Browser
[Registered] 2018-08-09
[File Updated] 2018-08-09
[Updated] 2018-08-09

Reviews of this freegame(100)

Add your review
Waiting for your review...

Reviews have not been posted yet in this game. Why do not you write at the very beginning?
Review will be a power for next game for free game creators!

Fanart of this freegamePost a fun art on this free game? >>

Fan art has not been posted to this game yet. Why do not you draw illustrations first?
Post a fun art on this free game? >>

Similar free games

Play this free game now with the browser!

  • * If the operation gets heavier during playing, there is a possibility that the memory of the PC is insufficient. Improve it by closing unnecessary software and tabs.

Recommended free game for those who like this free game

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2