• Genecelln arcade Game Screen Shot1
  • Genecelln arcade Game Screen Shots
  • Genecelln arcade Game Screen Shot2
  • Genecelln arcade Game Screen Shot3

Genecelln arcade

  • Genecelln arcade Game Screen Shot1
  • Genecelln arcade Game Screen Shots
  • Genecelln arcade Game Screen Shot2
  • Genecelln arcade Game Screen Shot3

レトロライクな「環境を維持させる」STG

 ※本ソフトにおきまして、Windows8、Windows10でプログラムを実行すると
WindowsSmartScreenによって「WindowsによってPCが保護されました」と表示され
実行できない場合があるようです。
その際はウィンドウに表示されている「詳細情報」クリックし、本ソフトを実行してください。
本ソフトは定期的にウィルススキャンを実行しており、明確なウィルス、
および悪意のあるプログラムに感染していないことを確認済みです。

Genecellnは隔絶された空間を舞台にしたゲームです。
自機を操り、周りの四辺から発生する敵を倒すことができます。
画面右側の「LIFE」「POWER」「DOE」の意味は以下のようになります。
LIFE  … 自機の生命力です。0になるとGAMEOVERです。
POWER … 自機のスタミナを表し、弾を打つ事で消費されます。一定以上回復しないと弾が撃てません。
DOE … 敵の進化の度合を表します。これが増えていくと、より強い敵が生成されるようになります。
発生する敵の能力は毎回ランダムで生成されるので、前回と見た目が同じだからと言って油断してはいけません。

敵を倒すと輪郭(外殻)だけの状態でその場に残ることがあります。
それに接触(捕食)することによって、体力の回復や、その生命体が持っていた特質を受け継ぐことができます。
内容は最大生命力、スタミナ、弾のスピードなど多岐にわたります。見た目で判断できるものから内部的なものまで様々です。

本作のスコアは敵同士が攻撃、捕食などをすることによっても加点されていきます。
つまり「この環境の中で如何に長く生き残り、活発な生存競争を維持できたか」により、スコアを競います。

またGenecellnが成長・進化を繰り返し、結果空間のほとんどを占めるほど大きく成長してしまうと過成長(Overgrowth)となり、ゲームが終了します。
さらに時間が進むと周辺から発生するGenecellnも大きくなり、自機が活動できる範囲が徐々に狭まっていきます。

限られた時間の中で、どれだけスコアを伸ばせるか、いろいろ試してみてください。

※Ver1.2でタイトルを「Genecelln arcade」に変更し、よりゲーム性を重視した変更を行っています。

[File name] genecelln_arcade1.2.zip
[Current Version] 1.2
[Size] 4,248 KByte
[Runtime]
[OS] Win XP/VISTA 32bit/VISTA 64bit/7 32bit/7 64bit/8 32bit/8 64bit/10 32bit/10 64bit
[Registered] 2017-06-15
[File Updated] 2018-06-16
[Updated] 2018-06-16

Reviews of this freegame(100)

Add your review
げそーと 2017-06-15 20:19:35

Ver.1.0でプレイ。

捕食というルールで生物の進化と淘汰をシミュレートしたようなSTGで
緑色のシンプルなグラフィックがどことなくマイコンブーム時代の
ゲームを彷彿とさせますね。

敵を捕食して...(More)

Fanart of this freegamePost a fun art on this free game? >>

Fan art has not been posted to this game yet. Why do not you draw illustrations first?
Post a fun art on this free game? >>

Similar free games

Download

Recommended free game for those who like this free game

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2