蒼龍

生きることと死ぬこと

短編連作。同作者の「部屋」の続編のような話で、主人公も同じ。前作はやらなくても多分大丈夫かな? 「部屋」はちょっと雰囲気ものにしても雰囲気すぎる感じがしましたが、こちらはぼんやりした大筋が面白く、区切られた各エピソードも読みやすくて良かった。

冒頭の夢の中の世界観とオチが、これ単体でも成立する感じのいい掌編に仕上がってると思います。というかこの話が入ってるエピソードの中では一番好きですね。全体的に短く各エピソードはまとまっており、最後の話も前よりそれらしい結末が綴られているので前作の部屋よりオススメ出来る作品だと思います。

12345
No.33592 - 2017-02-15 23:36:06
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games