misa

問題提起する作品

こういった作品は好き。ただ、人を選ぶだろうし、これをつまらないと言う人がいても、それをおかしいとは思わない。

ブラック・ウルフ氏の作品は、「旅立つ子どもたちの空」しかプレイしたことがなく、それしか知らなかった。
この作品は共作とのことで、また違った味があるように思う。

「自殺」について考えるよい題材だと感じる。

12345
No.22398 - 2015-01-30 16:26:44
ととと

感想

私は死にたい側の人間なので、すごく共感できたというか、
自分の言いたいことを代弁してくれたようで気持ちよかったですw
救いようのなく、現実をさらけ出したような、名作でした

12345
No.19120 - 2014-05-08 08:42:00
かるちゃむぐ

道連れ?こえー

結局はあかの他人、
他人の人生、まして名前すらわからない同士で生き死にについて問答することが間違ってる。(問答しても結局はお前に何がわかる?で終わるから)
ちなみにこの作品が間違ってると言ってるわけじゃない
人間だし間違いは何度でも起こすだろう。


死のうとすると選択肢でキャンセルするとバカらしくなって自殺を思いとどまる
エンディングで彼がなぜあんな凶行に及んだのか?その経緯がカットされているのが残念。おそらく引きこもりすぎて
社会にフルボッコになったのであろうかと推測。
でも オレ個人としては、そこまで考えられる人は少ないと思うから
別に文字説明だけでもいいのでカットせずちゃんと描いて欲しかった。
(社会に封殺された若者として、社会風刺作品としてもっと色が濃くなると思うから。)

正直、人に頼まず自分で作って欲しかったというのが本音
ほとんどブラックウルフさん色が強い作品ですわ コレ

ネタ提供したのオレだけど



12345
No.14413 - 2012-09-29 18:27:58
ワイヤー・パンサー

人間や社会の欠陥を指摘する良作

 ズバッと直接的に、人間の欠陥を風刺されたと私には感じる良作だと思います。
 以下、だらだらした感想を失礼申し書かせて頂きます。感想と云うよりは、一人の人間が、感じた事思う事、そのまま素直に綴ったものです。

 「死にたい、死にたい」と言っている者、それも特に、やたらめったら騒ぎ立てて、「死なせてくれ!」と訴え、叫ぶ者に対しては、「本人のやりたい様、死なせりゃいい」と、思ったりする事へ、自分は心当たりがありました。

 「死にたいならさっさと死んでください」
 なんとまぁ酷い事いいなさる……。と一方で、怒りと悲しさを感じ、もう一方で、自分もまた、そのような酷いこと言う人間と、本質的にあんまり変わりはしない事も感じました。

 おまけに、インターネットだと、軽い気持ちになんのかねーと感じます。そーんな酷い事を、誰も彼も少なからずの人が書き込むの、あちこちで見かける。それが、人間の正体か……!!? と、よくよくネガティブな心境になります。

 また誰かは、こういう類の説教ゲームが嫌だ、流行してるのか、と、軽んずる発言も見かけ、残念です。私には、「人間や社会の欠陥を指摘する作品」というようなもの、まだまだ少ないと感じます。だからこそ、ここにも一つ「生きるも死ぬも」という作品があって、それが価値だと感じました。

 主人公、切羽詰まったせいか、口が悪い、性格も悪くなられてしまわれている。
 確かに向こうがそういう態度で出てこられりゃア、こっちもまた感情的に接してしまうかもしれない。
 自殺志願者には、誰でも献身的態度で接しなければいけない……とは思わない。だが「死ね」と言ってしまうまでに感情に流される……? ならば、そこまで悪化する前に、互いに関わらず、そっとして欲しい……

 この主人公(と思っております――自作志願者の事です)の、性格と口の悪さには共感せず、同情しませんが、他人の言葉を聞いても、その言葉は届かない、全て無意味に感じる事は、共感しました。
 実際、そこまで追い詰められた心境では、その「言葉だけ」と思われる、上っ面のセリフでは無意味…… 私の場合は「言葉は無意味」だと感じました。
 人間不信で、疑心暗鬼になり、もはや他人の言葉は、「言葉だけでしかない」と映ってしまう……
 「生きていたらきっといい事ある!」という、当時はいかにも浅はかだと思った、相手にもしない言葉が……今では、「その言葉については本当かもしれない」と感じます。
――逆境の中では、お先真っ暗でしかないと、いつのまにか思い込んでしまう――
 状況が変わるまで、耐え忍ぶ…… 数年後には、その時の状況を、アハハハとあっけらかんに、本人はケラケラ笑い飛ばしている…… 良くも悪くも、気持ちは、つくづくその時の状況に流されているだけかもしれない。

 タイトル画面も良いと思いました。どこが良いか――それは作品のテーマに実に合っており、パッと見(第一印象)で「そうか……」と少々うつむきました。

 両方のエンディングともに私は納得します。「自殺」、そうでなければもう一方は…………

 添付文章”本作が出来た経緯について.txt”が面白かったです。そして最初の版も見てみたくなりました。見比べてみたいなァと思いました。
 考えてみると……ファンの方々にとっては、プーレさんとブラック・ウルフさんが、ベラベラ遠慮なしに言い合っている様子、見るのも微笑ましく、楽しいかもしれないと感じます。

――何か……失礼な事を知らず知らずに申してしまったかもしれない文章ですが、お読み頂き、ありがとう。

 (私の主観では)価値ある作品を作り出して頂き、プーレさん、ブラック・ウルフさん、ありがとうございます。

12345
No.14410 - 2012-09-28 12:44:04
クロネコ

正直、今の人達皆に見て欲しい

私がこの作品を見た(やった)のは半年以上前のことだが、現在を生きる人達にやって欲しい、そして感じて欲しいと思った。これは現実に起こりうることであり、既に起きていることであることを。

大半の物語では、ハッピーエンドになるが、この作品はそうではない。
生きろというのは簡単である、が、生きることが幸福になるとは思えない。
生きる=幸福という図式は絶対に無いからだ。
生きたいからこそ生きていることに幸福を感じているのである。

幸福とはなんなのだろうか、考えさせられるゲームだと感じました。

また、他人に対してどれだけ無関心なのか、それを感じました。
作者様も感じているからこそこの作品が出来たのかもしれません。

そして、考えて欲しい。自分たちが、このゲームの主人公、モブの様な状況になった時のことを。必要無いから、そんなことにならないからと言わずに素直に考えて欲しい。

12345
No.14162 - 2012-07-02 02:52:59
エリザベス

(無題)

この手の物語では、どっちかがbad endならもう一方はhappy endとなることが多いと思うが、これは全く違う展開です。
どっちに進んでも、嫌な、決して幸せなことなんてどこにもない。

自殺エンドの方は、ネットで実際にあり得ることだって思います。
目の前にその人はいないし、自分の正体もばれない、だから「死ね」とか、相手が傷付くことも平気で言えてしまう。
そして、その結果死ぬ人が出ても、社会は「気持ち悪い」「興味ない」と自殺者を切り捨ててしまう。
醜い現実だけど、是非直視して欲しいなって思います。

12345
No.876 - 2011-10-21 09:12:56
フリゲ好き

誰の為のメッセージ

このゲームが作者からプレイヤーへのメッセージそのものだとしたら、
フォルダ名から考えて「生きるも死ぬも人次第」と解釈できる。
しかしこの場合、生きたほうが救いがあるとは決して言えない結末が描かれているため腑に落ちない。
作者の伝え方と私の読解力のどちらが欠けていたかは定かではないが、
真意が他にあるとしてもそれを読み取ることはできなかった。

漠然と、暗いニュースを第三者の視点で見ている感覚のそれと同じだった。

12345
No.877 - 2011-09-21 10:42:15
神無月サスケ

追記


2つエンディングがあるというのを知らず、
後で知りました。
もう一つのエンディングはどう見るのかな?と悩みました。
キャンセルを使うとは盲点でした。

こちらでは主人公は自殺を思いとどまるのですが、
さらに救いようがなくなっています。

しかし僕は自分の暗黒の側面を思い出し、
まざまざと現実を見せ付けられた気分でした。

自殺と他殺は表裏一体だということを心理学で言う人がいます。
まさに、そんな状況が具現化されたと言いますか……。

これは紛れも無い、起こりうる、起きてしまった現実です。
強烈な問題提起です。

12345
No.878 - 2011-08-19 02:48:16
神無月サスケ

なんですかこれは!

現代社会のどこにでもありそうな、
そう、それこそネット上のどこにでもありそうな
言葉のやりとりなんかが生々しく出てきます。
テーマは一人の人間が自殺に至るまで。
そしてそれに対する周囲の反応。
現代社会の片隅で実際にありそうな、
悪意に満ちた様は必見です。

ある意味、救いようがありません。
ただただ、現実を見せ付けられたような感じです。
ファンタジーにあるような安易な解決策は
きれいに排除されています。
現実と直視する。

ただ、不思議に嫌な感じはしません。
作者が訴えたいことが、嫌味ではなく伝わってくるからだと思います。
まさにその「現実を直視しろ」
それが作者の伝えたいことだと思いました。

12345
No.879 - 2011-08-19 02:33:17
DeepCorner

ネット越しの善悪

プレイヤーができる事は選択肢選びのみ、すぐに終わる掌編鑑賞ゲームといったところか。

現代社会の闇を綺麗事抜きで赤裸々に描いた、残酷だけど何か深いものを感じさせる作品な模様。
2つあるエンディングはどれも強烈に欝なので、そういうのが嫌な方には絶対お勧めはできないな。

人生を終えようが、誰かを傷つけようが、そこに待っているのは「絶望と虚無」という悲しい現実…。 (Vol.14)

12345
No.880 - 2011-08-18 07:03:53


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games