海辺の雪

祟月 近衛頼忠

冬の海辺の短編ノベルゲーム

AOI

冬空の下で考える素敵なお話でした

場面ごとの綺麗な景色が印象的でした。
雪が舞う季節というのが、海辺にいた文世の存在の特異さを引き立てていて良いなぁと思いました。
それから、心に残る言葉が沢山でした。
特に文世の言葉は響きました。
辛い色々を自身の決断で終わりにしてきた文世の言葉は重い話になりそうだけど、
フレンドリーな子だからか会話のテンポも良く、
大切なことがサラリと耳に入ってくる感じがしました。
久望も文世と話せて、少しは気持ちが軽くなったかな。
囚われていた消えないものから解放されたかな。

消えないものというのは、ふと思い出した時に
すごく存在感が大きくて辟易するときがあります。
思い出さない時間を長く保つ為に気を紛らわすことに必死になったり。
でももうそれが囚われてる証拠みたいなものと思うと、
さらに落ち込んだり。
私も文世と話してみたいな。

目と耳と心に響く素敵な作品をありがとうございました。

12345
No.60191 - 2021-11-23 14:05:29
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Template: (What was fun) (What I especially like) (What was difficult) (What I recommend)

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games