Fanastasis (Verβ)

もさもさ

再誕を求め記憶を探す、長編マップ探索RPG【Ver0.989】

とうがらし

プレイ時間40時間(うち半分は探し物が見つからずウロウロしてただけ)

とりあえずクリアしたのでレビュー(※ちょっと書き換え+書き加え)
ver0.988、平均レベル46ほど、仲間17人、逃走0回、初見で全エンドコンプ。
メインで使った仲間はダリア、アイーシャ、ルピ。
他に使ったのも海賊、ヴァン、セラくらい(※理由は後述)

様々なダンジョンを好きなように歩き回って、好きなように攻略していくRPG.
隠し部屋や隠し通路がやたらと多いのですが、大半は『分かる』形で隠されているので
『あ、これ隠し通路だろう』と思って調べたら隠し通路だった、
という部分にパッション感じる人なら間違いなく楽しめるのではないかと。
また、全てのダンジョンがオープンワールドのごとく複雑かつ有機的に絡み合っており、
正規ルートだけでなく『隠し通路を利用した裏口攻略』まで自由に出来るのが魅力。
湿地帯を制覇したあとに錬金術会オーブ見つけたのは自分だけじゃないはず……

敵シンボルも、強敵の多くはルート巡回型でじっくり観察すれば抜けられたり、
固定の超強敵は9割がた迂回路もしくはギミックによる処理が可能だったりと、
『戦わずに探索を進めることも出来る』のもポイント。
『処理』した敵からはこっそりソウル(経験値)を回収出来るのもオイシイ。
柩のわんことか焼き払った跡地を調べてみませう。

と、中身は十分に面白いのですが、残念なのはゲーム性が追いついてない部分があること。

・仲間がたくさんいるのに、控えには経験値が入らないからPT入れ替えが機能しない
(※LVを引き上げる救済措置も使えるようになるが、コスト的に頻繁な交代は出来ない)
・会話も全然無いから仲間は殆ど空気
(最低限の会話はあるし、余計なイベントで水増しされてないから良い部分でもある)
・属性や状態異常がたくさんあるが、仲間の耐性は装備で賄う系なので、
 特定エリアに特定の仲間をぶつけるという戦略が存在せず、結局編成が固定化されがち
・回復にSP(いわゆるTP)が必要なので移動中にヒール出来ない

まぁ気にし過ぎレベルではありますが、システム周りは相当作り込まれてるので
こんな程度でも気になってしまい、なおさら勿体ない感が強い。
そして何より、高すぎる自由度の代償『行ってない場所が把握しきれない』
各ダンジョンには特定のカギでしか開かない扉などもたくさんあるのですが、
MAPには階段や扉が表示されないので、それはもう記憶力が試されます。
前述の『固定敵は9割がた迂回可能』の副作用もあり、
『絶対に倒さなければならない固定敵』を後回しにしたまま忘れる、なんて事も。
バリーバリーお前だお前。

とまぁ、気になる部分もあったものの完成度は十分に高いのし、
実際やってれば気にならなくなるレベルなので、プレイして損は無いかと思いマス。
シナリオに関しては、言われてるほど衝撃的では無かったけど裏まで見て本編だな、と。
魂復活+本体撃破EDの、プレイヤーの心情を代弁したような一撃が実に爽快。
一見バッドEDだけど因果応報というか、ノーマルEDの方がずっとバッドだよなぁとか。

長くなりましたが最後に重要な注意点を一つ。
説明文にも明記されてますが、本作、スプラッター表現が一部(過剰に)存在します。
生命倫理なにそれおいしいの的な要素も絡む話なので、お食事時にはあまり向きません。
地下墓地で『ウッ……』となるようでは柩や錬金術会施設でAUTOしかねないので、
気分が悪くなったら吐き気止めを併用しましょう(あくまでプレイを強要する柩スタイル)
たぶんクリア出来た人間は異種の素質アリなんじゃないかな……

12345
No.50638 - 2020-01-05 12:48:21
ジン

ネフェイスト好きならしゃぶりつくせる探索ゲーム

最近はゲームをがっつりやることが無かったけど、久しぶりに寝る間を割いてまで遊んでしまったゲームです。内容について書き連ねると、せっかくの大作ゲームにネタバレしちゃいそうなのでこういう人にオススメしますということだけお伝えします。

ネフェやイストを楽しめた人なら間違いなく楽しめますので絶対やって欲しい。

隠し道を探して正規ルート以外からの探索や隠し宝箱を拾ってニヤニヤ出来るタイプの人にもオススメします。

会話やイベントから世界観に仲間と仲間や敵との関係性を考察したり特定のキャラに愛着を持つようなタイプの人にもオススメします。

※初見でコンプしたい、全てを網羅したいと思っている方は初見だと7割方達成できないと思うので1週目は真エンドを目指して2週目から本気出すでいいかもしれません。

12345
No.50354 - 2019-12-13 11:56:46
you

マップ探索の楽しさが詰まった一品

本作をプレイしましたが、まずは製作者様に感謝です。
とても楽しませてもらえました。
End1種、仲間1人見つけられなかったのが残念です。

とにかく探索が楽しい。
多種のマップ素材を上手く使いこなせれ、1マップそれぞれの特徴や風景が感じられて探索への興奮が止まりませんでした。
加えて豊富な隠し部屋と多様なギミックの数々。
こういうのを探すのは得意ではないのですが、様々な方法でヒントをくれる優しい配慮がたくさん感じられました。
段々と「ここにも隠してんでしょ?」と変なテンションになっていましたね。

シナリオに関してですが、
時代の説明が少なくてモヤモヤするし、人からの得られる情報は一方通行で断片的でバラバラで...「何の話?」ってまたモヤモヤするけど、だからこそ理解できた分かる方向に進むから作品の流れとしてはすごく合ってる。
製作者様に上手いこと主人公にさせられたと思います。

戦闘面のバランスも調整もおおむね良かったです。
探索が楽しすぎて雑魚敵はわりかしスルーしたのに程よい難しさで嬉しい。
ただ、物理組が優秀すぎて魔法組が可哀そう..自分が有用さを知っていないだけかもですが。
探索して集めた装備の合成も地味に嬉しい。防具とアーティにも来て欲しいです。

未開発の部分が完成されるのを楽しみにしています。
無理のないよう頑張ってください。改めてありがとうございました。

12345
No.50324 - 2019-12-10 16:22:54
ゆー子

探索RPGトップクラスの完成度

多くのフリーゲームをしてきましたが、その中でもトップクラスに楽しめました。
この完成度ならばもっと知名度があってもよいと思うのですが、ベータ版の定めなのでしょうか…。

〇物語
トゥルーエンドまで見ましたが想像以上にしっかりしている。
進むにつれて様々な見方が変わっていき、とても面白いです。
探索して記憶を取り戻したり、メモなどで補完していくスタイルなので偶に分からなくなる時も。
最終盤でよいので人物名鑑があれば助かるなと思いました。

〇キャラクター
それぞれ個性と物語があって良い。
彼らとつながりが深いマップがあったりするのも素晴らしい。
対峙したキャラクターも名前がよく出てきたり、メモや記憶で何があったか垣間見れるのが〇。
バリーバリーが好きです。

〇マップ
このゲームを語るうえで外せない。膨大なマップ量にも関わらず全て緻密に作られている。
この辺り怪しいなあと思えば大抵何かあるので探索に飽きが来ない。
重要な隠し部屋やギミックはヒントがどこかにあるので詰むことは基本的にない。
マップも実装されてるので迷子にもなりにくいです。

探索好きの方も物語好きの方も満足できるゲームだと思います。個人的にはダークな世界観に大満足でした。
完成版や次回作なども楽しみにしています。

12345
No.50210 - 2019-11-29 16:42:19
qwerty

ストーリーとか仲間とか道とかアイテムとかを探し出すゲーム

エンディング5つ見て龍3体倒しました。細かい所はいくつか見逃してますが一様クリアしたので

・自由度は極めて高い方。好きな所から進めばいい。一直線進行に向いてる人にはやや面倒かも?
・マップがすごく丁寧に作られている。無駄がない。
・隠れ要素が多い。道とかアイテムとか。ヒントは用意されてるけど、それでも多すぎる。やり込みでアイテム100%なんか目指す人にはかなり骨が折れそう。
・戦闘は簡単だけど、決して優しくはない。体力はバンバン削られるのに回復手段は限られている。強い敵からはなるべく逃げた方がいいかもしれない。
・パーティーは好きに組んでもクリアは出来ると思うけど、楽にプレイしたいなら強いアタッカとボス戦に状態異常を掛ける1人は揃うべき。


希望
・装備を外すボタンとか、もっと簡単に外せる機能あったらいいと思う。
パーティーメンバーの入れ替えプレイの時、装備を外すのが不便。
・何を見逃したかわからないとこがあって、簡単な攻略なんかがあったらいいと思う。


12345
No.49743 - 2019-10-21 23:53:56
rei

教えてほしい

ネタバレを含みます






















どこがβか教えてほしい 聖堂の大穴の隣の転送陣 放魔の塔高層以外の一列の転送陣 抜け道の上側の転送陣

12345
No.49482 - 2019-10-05 14:15:09
aria

バグ報告

Fanastasis 楽しく遊ばせていただいております。
いくつかバグと思われる箇所がありましたのでご報告させていただきます。

・以前のバージョンでは大丈夫でしたが、バージョンを上げたら 魔法:足元防御 が足元ダメージ無効になっておらず、
 溶岩地帯で死にそうになりました。
 (余談ですが、前バージョンでも仲間が死んでいる場合、足元防御中でもダメージエフェクトが発生していました(ダメージはなし)

・理知の間で 戦略的撤退2 を何度でも習得できてしまう(何度習得しても効果は変わらず、ジェムだけ持っていかれる・・・ (気づかず相当数持っていかれました・・・)

以上です。
未実装の部分も楽しみにしていますが、お身体の方も御自愛下さい。

12345
No.49337 - 2019-09-25 18:31:10
Asuka

ダークな世界観と綿密なマップ、シナリオ構成のゲーム

先ほど(真ルートらしき?)エンドをクリアしたので、感想を書かせていただきます。ベータ版ということで、改善点も上げてみました。(最後の方、少しだけネタバレしています。)

良い点:
マップのギミックが地域別に凝っており、解決方法が分かった時には爽快!
ストーリーも練ってあり、次が気になる
ダークな世界観


改善点:
鍵が多すぎる。必須の鍵、そして一度しか使わない鍵が混在しているため、使い方が分からない鍵が多数残りました。
最後の方で分岐が多すぎる為、何をすればいいのか分からなくなる
仲間の耐性をいちいち召喚しないとみることが出来ない
某フリーゲームのように、隠し通路が分かる技能がほしい。

面白いゲームを本当にありがとうございました。


*この先ネタバレ注意*













バグらしきもの:
使用人〇ー〇〇と戦闘中、分身よりも本体を先に倒すとフリーズする。



質問(攻略情報、気長に待ちます!)
1)最初からサポートしてくれる女性、助けられますか。
2)学院の鍵のありか
3)ムラサキの方の、4つ目の主人公の記憶オーブのありか

12345
No.49308 - 2019-09-23 16:07:03
ふれでりく

バグ報告

フリーゲームの中でもかなりボリュームがあり、なおかつストーリーもよく練られており
とても楽しく遊ばせて頂いています。

バグと思われる個所を見つけたので報告させて頂きます。

古代の遺跡の聖人の間にいるボスですが、初戦時逃走したところマップのグラフィックが蜘蛛に変わり、
それ以降何度倒しても消失せず先に進めません。

何らかの手順を踏まないと先に進めないという仕様でないのであれば、
修正して頂けましたら幸いです。

12345
No.49300 - 2019-09-22 21:10:52
鰹のたたき

圧倒的ボリューム

ややネタバレ含みます。



とりあえずクリアして2種類エンド見ました。
でもまだ開いてない鍵とかはあるのでトゥルーもあるだろうし続けます。
最初のクリアまでは約24時間、レベルは40前半ぐらいでした。

いわゆる探索系のRPGで主人公の失われた記憶を探すというのがストーリーですが、特筆すべきはやはりダンジョンのボリュームです。
こういうゲームをやったことがある人は、今までの2~3倍はあると思って覚悟して下さい。
種類もダンジョン一つ一つの広さも圧倒的に多いです。
なのにちゃんとギミックなどあり全て個性的で驚きました。

あと直接的な回復役は主人公しかいないというのも珍しいですね。

□良い点
・レベルはあえてレベル上げしなくても道中の雑魚やアイテムで十分。
・雑魚戦は強敵相手でなければ1~2ターンでたいてい終わる。
・ボスにも状態異常が効きやすいのであまり困ることはない。
・強敵が通路を塞いでいてもよく探せば通り抜けられる隠し道が大体ある。
・段々と自分の素性や世界観の背景が明らかになっていくダークなお話。
・所持量以上のアイテムを拾った場合は自動的に倉庫に保管される。

■悪い点
・あまりにボリューミー過ぎるのと鍵が実装されていなくて開かない扉などもあり、次どこへ行けるのか、本当にここ行けるのかが分かりづらい。後回しにしてそのまま忘れてしまうことも。
・仲間が多いですが、あまりパーティーメンバーを変える必要性が無いので増えていってもそんなに嬉しくなかった。
・SP100の奥義はたいてい溜まるか溜まらないかぐらいのタイミングでボスが死ぬのであんまり使ってない。
・せっかくレベルでスキルを覚えていっても半分以上は使わないスキルばかり。MPだけじゃなくSPも使うせいなのと、敵の状態異常も激しいので無駄なことしてられない。3発撃つ魔法なんて初期魔法と威力ほとんど変わらない上にSPまで消費して使う意味がありませんでした。
・装備品を隠し部屋から見つけても途中から団栗の背比べであまり変わらない物が多くてがっかりが多い。
・お金をほとんど使わない。悪魔取引で買える装備はレベルを上げてもそんなに大したことがないので開放するのは勿体ないし序盤に消耗品を買ったぐらいでたぶん5000も使っていないし、宝箱からたいてい取れる(良い点でもある)
・敵が素材を落とすも使いみちは合成の回復アイテムのみだし、レベル上がっても影響力少なく必要性も薄いので、強敵相手など2ターン以上掛かりそうな場合はたいてい逃げ一択になり戦闘をする意味が希薄になりがち。特に赤シンボルの強敵なんて戦うメリットが経験値が多いぐらいしかない上に下手すると全滅の危険性アリでわざわざ挑む気になれない。

パーティーは、ヴァン、アイーシャ、リーサ。溶岩あたりからアイーシャをクレストに変更。
ほぼリーサの睡眠に助けられパーティーです。

顔グラがツクールデフォルトなのとベータ版ということでぱっと見ただけで手を付けていない人が多そうな感じがしています。
完成して顔グラがオリジナルになったら(無茶振り)もっと流行りそうだと思いました。

あと氷の滑るマップですが斜め押ししたら強引に1マスズラせました。
バグか仕様か分かりませんが楽させてもらいました。

探索系RPGとしては非常に力が入っていると思います。
ストーリーもしっかりしていて魂の話を聞いて人物や歴史などを繋げていく楽しさもありました。
探索RPG好きな人にはオススメ出来る作品で完成が待ち遠しいです。

12345
No.49279 - 2019-09-21 13:10:54


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games