てしらま

いつかは来る、その幸福を

死の間際の、時が止まった世界でふたりだけになった少年達の話。
ドットのグラフィックが立ち絵もキャラチップも可愛かったです。
特に笑顔の冥くんが好きです。

物寂しい音楽の中で、止まった人々の横をふたりで歩くのは
何だか寂しいような、けれどどこか幸せのような気がしました。
それぞれに生き辛さを抱えるふたりの関係がどこまでも真っすぐでどこまでも歪で、
明るく振る舞う冥くんの姿が痛々しく苦しかったです。

※以下ネタバレを含みます


冥の夢エンドが、彼の見える世界があまりにも苦しくて、
それでも秋斗くんだけははっきりと見えたんだなあというのが印象深かったです。
あの口調になった理由や自分を殺さなきゃと思った理由がとても辛かったです。
そして、秋斗くんの前であえて飛び込んだ冥くんの心情があまりにも愛しかったです。
それぞれの夢エンドでお互い通じ合ってはいないのに、
幸せになったり恨んだりしていたのが物哀しかったです。
トゥルーエンドでは、どこまでもふたりで"幸せ"を目指す彼らの関係が
何だか羨ましくなってしまいました。
とはいえ、どうしても「生きる」という方向で
幸せになる彼らの姿が見たいと願ってしまいますね。

心の奥に沈んでいくような、印象に残る作品でした。
ありがとうございました!

12345
No.51542 - 2020-03-03 16:19:32
Marcs Art ZIN

彼岸病棟の続編みたいです

彼岸病棟をプレイして順繰りとやっていましたが、フラグ管理が厳しいのもあり攻略法を見ながら裏ENDまで行くのに苦戦しました。

この作品で初作の彼岸病棟から「ごちゃ混ぜになった冥の記憶」を詳細化し「冥に一体何があったのか?」を知るという感じでした。

どのシーンも切ない気持ちになり、冥自身の中性的な顔立ちからの虐めなど社会風刺的な面もあり、調べて行くだけの短いゲームながらも奥深さがありました。

12345
No.48246 - 2019-06-28 20:04:06
イルミネ

ただ切ないだけ

事故で同時に死んだ親友二人が止まった世界でうろうろするゲーム。
短いゲームなのに攻略がややこしくて、全部サイトに頼ってしまいました。

ハッピー、トゥルーがありましたが
彼らにとってはあれが幸せだったということですか。

一度死んだからこそ気づいたこともあったんですね。








12345
No.48072 - 2019-06-12 14:29:05
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games