パッチワーク・ドールズ
人形と共に世界を旅する、自由な放浪RPG。

スポンサードリンク
パッチワーク・ドールズ Game Screen Shot

[Catchphrase] 人形と共に世界を旅する、自由な放浪RPG。

[Details] Check details of this game

[Reviews] Write review of this game

[Categories]
#RPG games
#Participated in the 13th Freem! Game Contest
#Winning works in the 13th Freem! Game Contest

のんびりプレイさせていただいています!

No.44449 - 2018-11-09 18:24:47 - あおりんご


決まった目的がないので、のんびりと新たな土地を開拓しながら進んでいます。

個人的な注目ポイントとして、キャラクターが味方だけでなく敵もすごくかわいらしいですね。
癒されながらも泣く泣く(?)倒しています。
あと、ドットでも人と人形で瞳に光があるかないかで判別できるというのが印象的でした。

また、もう一つの注目ポイントとしてはマジックシーカーを使って見えないアイテムを探すのがとても楽しいです!何気なく探したら新たな人形がでてきてびっくりしたりもしました。


とっちらかった感想になりましたがこちらのゲームをプレイさせていただき、ありがとうございます!

自由度の高さが◎

No.44376 - 2018-11-06 21:02:20 - 雫

大抵のRPGは「〇〇を仲間にするまで、このMAPは進めない」とか「このクエストが未達成なので、先に進めない」等の制限があるけれど、そんな制限が一切なく興味の向くまま冒険出来るのがとても楽しかった。
その自由度の高さゆえ、序盤結構長く二体の人形のみで戦っていて、仲間に出来る人形の存在に気付かなかったりしたけど、二体の人形で精一杯戦略を練りつつ戦っていたのも旅の良い思い出です。

遭遇するモンスター(野良人形)も、みんな可愛い! 倒しちゃうのが可哀相になるくらい。
MAP探索でひびの入った場所を割れるというのは全く予想外で、勝手に破壊しちゃっていいのかなぁと思いつつ、秘密の部屋のような造りになっているダンジョンを発見する喜びを感じました。

主人公が人形遣いになるシーンも、とても好きです。主人公と人形の絆が素敵。
夢中にプレイ出来る楽しさを、ありがとうございました。

シナリオが優しい

No.40545 - 2018-03-21 22:22:57 - 朱鷺

物語風に進んで、一応EDまで行きました、が、イカが全く見つからない・・・

探すためにエンカウントが少なくなるのがあってよかった、というほど引っ張りまわされるマップでした。

戦闘面でも、人形で戦うため経験値は反映されないため強くなるには武器や防具のみ。
まぁ、中盤でお金で強くなることができる施設があったのは助かりましたが、強い防具や武器を装備したらHPが少なくなるというジレンマが。

アイテムを探すのに少々独特なシステムが反映されているので、まぁこれは好き好き別れるかな。
自分的にはワイルドアームズ思い出しました。

やりこみように図鑑達成率があるけど、引っ張りまわされるだけ引っ張りまわされる、という感じで
95%までは集めたけど、これ以上最後まで集めようという気にはあまりなれなかったかな。
というか、どこ探せばいいのか、サイトを見てもさっぱりなので断念です。

物語的には特に事件が起こるわけでもなく、ひたすら進んでいくゲーム。
村人たちからのクエストもちらほらあるのですが、あまり達成感というか、作業ゲーになった感じです。

でも、ゲーム内容としては良作に入ると思います。

めちゃくちゃ面白かったです!

No.40141 - 2018-03-02 01:05:01 - ninininini

戦闘で勝ってもレベルは上がりませんので、装備や術を駆使して強敵に立ち向かうのですが、
それがすごく楽しかったです。
マップも広くてやりがいがあります。
エンカウントする敵がみんな可愛いのも良かったです。
ストーリーも個人的にはとても好きでした。ネタバレになるので詳しくは言えませんが、
ところどころで感情移入してしまい、うるっときました。


もう本当にプレイして良かったです。
少しでも気になっている方、ぜひぜひプレイしてみて下さい。
めちゃくちゃ面白いです!

広大な世界をじっくりと

No.37733 - 2017-10-14 14:11:25 - テェッタ

各地を回って少しずつ戦力を整えていく、とても自由度の高いRPGといった感じですね。

最初はその自由さゆえに何をすれば良いか分からなかったり、ステータスを理解するのに戸惑いましたがプレイする内に慣れてきました。
世界観も人形がテーマとなっており可愛らしい雰囲気があり、探索の中でNPC達との会話等、細かい部分もとても楽しめるものになっていたと感じます。
特に酒場で飲み物を頼むのが好きで、新しい町につくたびに次はどんな飲み物が出てくるのかとワクワクしていました。

戦闘難易度に関しては結構シビアですね。
敵を倒しまくってレベル上げでゴリ押し! といった戦法はとれないため行き詰った場合は結構唸らされます。
序盤から中盤にかけては特に難しく、いかにして切り抜けていくかの試行錯誤を楽しむことができました。
爽快感バツグンでサクサク進行とはいかないため、時間をかけた探索して、焦らず進めていくスタイルがこのゲームには合うかと思います。
何度も全滅しながらも頑張って自力で突破口を開いていく感覚は達成感があり良かったですね。

ゲーム中に流れるBGMは全てオリジナルのものでかなりの力の入れようを感じますね。
基本的にどの曲も音色が統一されているのも良い雰囲気が出ていたかなと思います。
中盤のフィールドBGMやスタッフロール時に流れていた曲が特に印象に残りました。

やはり最初は敵の強さや目的地等に戸惑いましたが、そういった迷う時間も含めて非常に楽しめました。
クリア後も遊べる要素がありボリュームもたっぷりです。
自由度高めのRPGで、腰を据えてじっくりプレイしたいという方にオススメです。

ありがとうございます

No.36351 - 2017-07-27 00:48:12 - ただの小林

旅ができました。ありがとうございます。


いいところ
まず、マップが広い。文字通り世界(ひとつの大陸)を旅することができる。
そして無駄な戦闘はしなくて良い。人形のHP、攻撃力などは購入した人形の核(動力)と装備によるからだ。

つまり、面倒くさいところを省き、楽しい要素を多くしているので面白いということだ。時間を忘れてできるぞ。途中で一回は体力的に疲れるだろうが。

楽しめた

No.35212 - 2017-05-23 13:26:34 - アンティ

地図を持たずに知らない広大な土地を歩き回る感覚が楽しかった。戦闘バランスは少し大味で単調な気はしたが、複雑なシステムでない分遊びやすかったと思う。

一撃で七

No.35163 - 2017-05-20 05:52:37 - 沈没

序盤の難易度が高くとっつきにくいのが難。おそらく中盤を過ぎるまでにプレイを放棄した人数はかなりのものと思われる。人形が増えて装備が充実してくる中盤からはむしろ自主的に何かを縛らないと消化試合になるほどのヌルゲーと化すためマゾゲーをやり込みたいプレイヤーにも不満が残るだろう。部分的に高すぎるエンカウント率もその対策となるアイテムの入手がなぜか後半に限られていることや分かりにくい入り組んだマップも詳細な地図も後半にならなければ手に入らないことなど疑問が残るのも確か。しかし全体的にはバランスやシステムはよく練られており、かなりの高水準でまとまっている。

ポストアポカリプスを舞台に自律無人兵器という題材を扱っていながら、こういったジャンルが陥りやすいステレオタイプな世界観や要素、ゴシックやサイバーパンク、グロテスク、耽美、厭世的なファクターを排除しつつも、大人向けの童話的な世界観を形成することに成功していることがこの作品の最大の特徴として挙げられると思う。
一般的にポストアポカリプスは「人類は学ばない」「本質的に争う生き物」というようなワードで「人類に絶望する」という様式を取っていることが多い中、この作品ではそれらは既に終わった話として取り扱われているのだ。
シナリオやストーリーは薄いと説明にはあるがむしろその逆で、明確なメインクエストや一本道のお芝居というものがないだけでストーリーにはかなりの比重が置かれている。
断片的に入手できる情報を自分なりに構成しなおしていくことで世の謎や疑問が氷解していく流れは秀逸の一言。
なぜ作者がジャンルにありがちなゴス鬱グロ要素を避け、人形の造形を優しく可愛らしく温かみのあるものに拘ったのかはプレイするうちに理解できると思われる。戦うために生み出された人形たちがなぜ手触りの暖かな布と毛糸で編み込まれ、親しみある動物や無機物、朴訥な人間の形を模しているのか、その理由を知った瞬間の感動はフリゲ史に残るものと個人的に考えている。

ver1.11をプレイ(ネタバレ含?)

No.35099 - 2017-05-15 15:43:00 - nimnim

多くのレビュアーが仰ってるようにMMシリーズを意識した作品。
目安は8時間とあるが、ラスボス?は中盤の時点で戦うことが出来(港町到着くらい)その時点でも頑張れば撃破可能ですが、順を追っていくプレイだと倍くらいはかかりそう。

verによってバランスが異なるのかもしれませんが、そこまでシビアでもないかなと(少なくともwizライクゲームのようなシビアさはない)
序盤の人形が1体しかいないころに不意打ちから混乱やスタンをかけられ、手番が来る前に全滅みたいなことがあるので、序盤だけプレイだとそう感じてしまうのは仕方ないかもしれませんが後半はむしろ難易度はぬるめというか、ボスだろうと状態異常が効くので戦術次第で完封かそれに近い状態になります。
とりわけCP+1、命中↑、推進(速)↑装備(CAS含)をした”ねこぱんち”が凶悪もいいところです。ボスにずっと何もさせない(笑)(序盤の迎撃も強力だと思う)

MAPの入手が終盤で不要になったころに手に入る、ディレイ速↑意味あrのかな・・・など多少気になったところはありますが、完成度が高く総じて楽しめました。

面白かったですw

No.34976 - 2017-05-07 17:07:30 - 2424


他のレビュアー様の評判を確認してプレイさせて頂きました。

世界観は確かに某MMを意識した作品となっていますが、
個人的には導入から最後までちゃんと違和感なくでクリア出来ました。

これはちゃんと製作者様が丁寧に作られているからだと思います。

序盤に限らず、一人の時は状態攻撃で即死なので初めは「?」
っと思うでしょうけどデメリットも無いので色々試しながら
次はこちらに、次はあちらにとゆっくり楽しめましたw

私は総合的に完成度が高いと思いましたので、お勧め致します!

1 2 1 / 2 Pages
Review



Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly" "games live video report"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Login and write review Or Create Freem!ID and write review

Information

[Registered]
2017-04-08
[Updated]
2018-05-09
[Current Version]
2.14
[File name]
PatchworkDolls_ver2.14.zip

[Runtime]
RPGツクールVX Ace RTP
[Size]
66,014KB

黒い砂漠