trinity92o

もっと分かりやすい説明なら、ゲームシステムや仕組みが分かったけど

辻斬りを行えば、刀の能力を高めることができる。

しかし最初は「子ども・女性・老人」がターゲットだというが、

老人に関しては、必ず返り討ち。男性で挑むとダメ、女性だと何とかなった。

だけど能力を上げるにも、妖刀に血を吸わせる(相手を切る)のが条件。

ゴロツキや城下町の下っ端のような武将、これらと決闘しても返り討ちに遭う(やり直し)。


何時間利用しても無理だったので、一時的に挫折感を味わいました。

僕は誰も切らず、乗り移る(攻略動画を見て)最後まで戦い、END3で止めました。


条件付きの戦闘、切る相手が限られる。侵入するのに、子ども以外が使用できない。

千両宝箱は条件が合わないと、開封できない仕様だというのは想定外だった。

止めた理由、内容が一切理解できない、あと面白いと感じない。

周回プレイだという条件も不明なまま。 もっと分かりやすい説明が欲しかった。


今後、利用するかどうかは、このゲームが改善され次第です。

12345
No.67829 - 2024-02-27 19:51:12
ああああああああ

酷い更新かバグか知らんが...

80人斬りですが、攻略動画と全く同じようにプレイしたにも関わらず、遊郭の用心棒戦で体レベル最大でガマの油を付けても勝てない(なぜか敵の攻撃力が高い。動画では47,8程度なのに自分がやったときは76もくらった。)ためにクリアできません。ここで柿を使うと才蔵戦で詰むし。
作者さんよ、もしここの感想欄をまだ見てるんならすぐに修正してくれや。

12345
No.62903 - 2022-07-27 17:39:51
ほげほげ

短編RPGの傑作

実績コンプまでやりこみました。
非常によくできており、周回をして色々なエンディングを見ながら真相を探るのがとても面白かったです。
真相まで主人公の正体を勘違いしていたので、いい意味で裏切られ感心しました。

12345
No.47863 - 2019-05-23 21:54:06
サワハト

してやられました

END4→6→3→2→1の順に見ました。

周回するたびに発見があり、
次に試してみようと思わせるのはすごい。
そして、実際に周回してみると見えたと思っていた底の、
さらに深みがある。
周回プレイ前提の自由度の高い短編として、
とてもよいできだと思いました。
基本的にゲームは1周しかしないのですが、
周回させられてしまいました。やられました。

斬撃をモチーフにした演出、
手短で周回プレイ向きのオープニングなど、
細かいところまで行き届いた、
欠点らしい欠点のないゲームでした。

……強いて言うなら、一部先に進む方法がわかりづらく、
おまけ部屋のヒント前提かなと思われる展開があったことでしょうか。

試行錯誤して発見を楽しみたいかた、
美しいゲームデザインを感じてみたいかたにオススメします。

12345
No.42053 - 2018-06-15 00:03:40
やはり

面白いです。

面白いです(気になったら落として遊んでみることをお勧めします)。


★特徴
最初、とても簡単な説明を受け、
その通りにしてみると、あっさり他人に乗り移ることができます。

そして、特別な権限を持っている人間に乗り移って、
立ち入り禁止区域に堂々と侵入してみたり、
どんどん強い相手に乗り移って強くなってみる事も出来ます。

そのように対象に乗り移った役得として、
平素では得られない物品を得たり、隠された秘密を暴いたりしながら、
様々見聞を広めていくのですが、
やがてプレーヤーは不穏な重大事件の存在に気が付くのです。


★ゲームの終幕はいくつも用意されていて、
クリアすればするほど様々な真相が明らかになるような作りです。
気軽に遊べますので、各々方で色んなことを試して探索を楽しむとよいと思います。

12345
No.38973 - 2018-01-01 22:16:49
CaoTsao

LIVEALIVE幕末編以上のやり応え

ゲーム性にストーリー、そしてやり込み要素まで備えた奥深い作品。
全キャラクターに乗り移れるというシステムが面白い。
他キャラクターとの会話内容も皆変化したりと、作り込みが素晴らしい。
まずは街で色々と試して何ができるかを知り、段々進め方がわかってきてとりあえずクリアし、更にはストーリーの真相を探ると順を追って楽しんでいく中で、乗り移りシステムが与える会話の変化はかなり楽しめた。
多くのプレイヤーを欺いたであろうオチも良くできている。

やり込み要素も楽しいものが多い。

LIVEALIVE幕末編を知る人なら楽しめること間違いなしなのが、皆殺しルートだ。
イベントのスケジュール管理だけでなく、人を殺すとレベルが下がるといった妖刀ならではの要素もあるため更にやり応えがある。
本編では一番役に立たなかった(特にラスボス戦)才蔵が、そのシステム上手強くなるのも面白かった。

実績にもなっているタイムアタックも、程よい難易度で良かったと思う。
自分が8分でクリアした時の最終キャラクターは「平八」であった。

ここまで色々やり込んだ自分でも、実績はコンプしていない。
プレイしていた当時は攻略サイトがなく、身請けができなくて投げた記憶がある。
身請けする相手を勘違いしていたんだね(;´∀`)
今はwikiも充実しているようなので、どうしてもわからない時は調べてみるとよいだろう。
ただ、このゲームは手探りでこそ一番楽しめるものだと思う。

12345
No.33027 - 2017-01-11 13:07:42
古都宮流

非常に面白いが最後の実績だけが残念

ネタバレ一部有ります





全ENDクリア後に全実績の回収を挑みました

全実績回収となると一番最後の実績が
前作プレイ前提だったのが非常に残念でした

システムはほぼ全てのキャラクターに乗り移れるという点が
非常に面白く何度も周回できました
しかし、他のレビューにもありますが
とある条件を満たさない限り早送りは出来ないため
周回するにつれてエンディングが少しだけ長く感じてしまいました

ストーリーはラスボスに関する部分など
細かな部分は説明不足感のあるものの
周回するにつれてキャラクターの性格や謎がわかり楽しめました
特にEND1とEND5がよかったです

12345
No.31519 - 2016-10-11 07:03:58
ねむいざき

プレイヤーの好奇心をくすぐる作品

楽しませていただきました。
全てのエンディングを見たので感想を述べたいと思います。
ストーリー、システムに大雑把に分けて語っています。




(できるだけ伏せた書き方をしておりますが、ネタバレ注意です)




【ストーリー・シナリオ】
まず感心したのがOP。チュートリアルを除き、ほとんど何の説明もされないため、プレイヤーは状況を把握するために探索を始める。
しかし、この時点でプレイヤーには「誰でも切れる」「誰にでも乗り移れる」と明示されているため、プレイヤーは自然とNPC達に目を凝らすことになる。
「誰を斬るのがいいのか」「誰に乗り移るのがいいのか」
「この人を斬るとどうなるのか」「乗り移るとどうなるのか」
こういった疑問を自然とプレイヤーが持つようにされていて非常に秀逸なOPだと感じた。

END1で主人公の正体を知った時は驚嘆してしまった。
それまでのシナリオでしっかりとミスリードが敷かれており、
どんでん返しの王道をおさえた非常にスマートなエンディングだと感じた。
シナリオに関して大きな粗は見当たらない。




【システム】
「誰でも斬れる」「誰にでも乗り移れる」というシステムを生かした謎解きがちりばめられている。
戦闘は固定的で運の要素はあまり絡まない。
何度も周回することになるため、この点に関しては正解だったと感じた。

しかしながら、乗り移る人間のパターンが割と単純だったのが残念だった。
子供か大人か、男か女かなどの大雑把なものでなく、もう少し乗り移った時に他の人物から特別な反応がほしかった。
「こいつに乗り移るとどうなるんだろう?」
と感じる場面がもう少し欲しかったのが正直な意見である。





以上が私のレビューです。
長々と失礼いたしました。

12345
No.30997 - 2016-09-12 15:52:45
白ワンコ

何周やっても新鮮!

「ももとポーチとすなどけい」と一緒にDLしプレイさせてもらいました。
END3→4→6と順調にクリアしたのですが、2と1はかなり苦労して、やっと見ることができました!
何かアクションを起こすタイミング、順番、方法、そのどれか1つを間違えた時点で真実にあと一歩届かないようになっており、ノーマルエンドで終わるたび、
「あ~、どこでしくじったんだろう」
と悔しくもありましたが、次の周回への闘志にもなり、とても楽しかったです。
最難関とされるEND5ももう何度も失敗してますが、これからまた挑戦してこようと思います。





12345
No.29761 - 2016-06-20 19:05:24
サイト

短編RPGとしては傑作ですね~

受賞してるのを見かけて、なんとなくプレイしたのですが
剣がどんどん強くなるのが凄い楽しかったです。
ENDも3456は見たけど、ストーリーもいいかんじですねぇ
これからEND12もクリアしてきます。

12345
No.29695 - 2016-06-14 02:45:16


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Template: (What was fun) (What I especially like) (What was difficult) (What I recommend)

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games