遊戯牢

御清水

物理エンジン×ブロック崩し

G-tea

気がついたらクリアまで一直線

細かいところは別のかたがレビューしているので、
ツボだったところを。

なんだろう、世界観はやっぱ抜群ですね。
「鬼の慈悲の心」はなぜだか笑いがこみ上げてくるという(笑)
また、キャラのやられボイスがクセになります。ええあああ!

一方で、ボス戦はなかなかに熱いものがあり、
特にラストバトルは楽しかったです!
攻撃パターンが変わったり、理不尽ではないが歯ごたえのある難易度だったりと、
個人的にはたまらないものがありました。

オールクリアまでそこまでかかりませんし、
クリア済のところまで面セレクトが可能なので、
少しずつ進めることもできます。
ちゃんとしたゲームを気軽に味わいたい人にはオススメですね。

12345
No.22127 - 2015-01-12 20:51:15
J-tr

斬新で多彩で そして味のあるブロック崩し。

クリア時間 1時間ほど
重力の影響を受けるボールを弾ませて
ブロックを崩すブロック崩しゲーム。

【○:豊富なギミック】
ブロック崩しといえば
「1回で壊れる」「何回かで壊れる」「壊れない」ブロックで
構成されるゲームが多いが、このゲームでは
真下に攻撃してくる砲台、ぶつけると落ちてくる岩、
ボールを矢印の方向にはじく地形など
3ステージに1つくらいのペースで新しいギミックが登場し
様々なステージ構成で 楽しめるつくりになっている。

【○:ボールの制御可能・システムによる難易度緩和】
このゲームの特徴であるボールは
基本的に上に飛び、左や右からぶつかると
向きが少し変わるというもので
操作性に関しては毬つきに近いものを感じる。
どのタイミングでボールを動かすかは
プレイヤーによるものになっている。
また、ミスしてもライフがあるならステージの途中からで
ライフがなくなってもステージの最初からになるだけで
そこまでミスが恐ろしくなくなっている、
加えて、一定時間落としてもセーフになるバリアやライフ自体が
アイテムとして登場するため、ギミックの難しさを
緩和して面白い仕上がりになっている。

【○:独特な世界観】
2のボス戦で突如現れる「鬼の慈悲の心」
敵の攻撃を受けてミスしたときに自機があげる
「イェエアアアア!」みたいな悲鳴など
印象に残りやすく、味わい深い場面が
プレイ中に多かった。

【×:ミス後のバリアと無敵時間のズレ】
強いて気になる部分をあげるとするなら
ミスした後にバリアが張られ、自機も無敵になるのだが
自機の無敵時間のほうが短く、
バリアの張られている間、無敵だと思って
敵の攻撃を受けてしまうとミスになってしまう点。
ラスボスのステージでボールに気を取られて
こういうミスになることがあった。
ちょっとこの点に関しては初見では戸惑うかもしれない。

【総評】
毬つきのような感覚でブロック崩しができるのは
新しく、また、ギミックも多い。
難易度が高めに思われる部分もあれど
システムでプレイヤーに配慮している感があり
なかなか楽しめる一作だった。

12345
No.21096 - 2014-10-22 21:48:56
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games