好きのかたち

kokoro134

高校生男女の「好き」にまつわる短篇集。

眼鏡侍

愛するって~、奥が深いんだなぁ~

kokoro134様の制作された、高校生同性恋愛ADV、“好きのかたち”の感想を書かせて頂きますね。

本作は女子高校生同士、男子高校生同士の恋愛を描いた、ちょっぴり切なさを感じられる物語。
百合話とBL話をクリア後、ヤンデレ話が楽しめると云う話でしたが、結局何処で見られるのかが分からず終いでした。
ちょっとしたバグもあって、後語りの画面に行くと、戻るをクリックしても、何故か戻れなかったりしますね。
もしかしたらヤンデレのお話も、作ってはあっても、バグで見れないだけなのだろうか……と思っています。
もしそうであれば、次回バージョンアップに期待したいと思います。

私は百合専ですけど、まあ折角だからと云う事で、遂に苦手なBLにも手を出してしまいましたよ。
この二つの物語を両方プレイした上での感想になりますが、どちらも同性愛を描いていると云うのに(いや、描いているからこそ……なのか)、凄く切なさを感じてしまうんですよね。
それでいて、相手を好きになった理由も、ただ綺麗なだけの物と云う訳ではなくて、例えば相手の事が何も分からないからとか、自分にはない物を持った相手を独占したいからとか、曖昧だったり、汚さも潜んでいたりして、各話の主人公の変わった感情を知る事が出来たのが面白かったですね。
ディープな行為に及んでしまうのは百合の方なのですが、BLの方が途中で笑ってしまいそうにはなった物の、物語自体は切なく、それでいて前向きで良い話だった気がしました。
百合の方は郁海は本当に良い娘って感じでしたが、相手の桜苗が余りに癖が有り過ぎて、結局何を考えているのか分からないまま終わってしまったので、何か凄く郁海が可哀想に思えましたね。

やっぱり話自体は残念ながらBLの方が感動出来た気がします。
一夏が新の知りたくもない感情を知って、それでも受け入れようとしてくれた辺り、本当に良い人だと思いましたし、二人の強い絆を感じましたね。
郁海と新が幼馴染で家も隣同士と云う、何とも言えない漫画等のご都合主義的な設定なのにも関わらず、お互いに同性を好きになってしまっていて、それでも通じ合っていると云う所も面白いですよね。
ヤンデレの話の方も気になりますが、もっと作者様の頭の中の百合を見てみたい、そんな風に思った作品でありました。

短いながらも、若くて感受性が豊かだからこその、様々な「好きのかたち」があると思います。
登場人物達と同世代の方は勿論の事、大人の方も若かりし頃の自分自身を思い出して、懐かしさに浸りながらプレイしてみて頂ければと思いますね。

それでは、これにて失礼致します。

12345
No.19415 - 2014-06-05 21:49:50
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games