ザワークラウド

クリアしたが

よかった点
・前作では分からなかった、主人公の人となりなどが明らかになる
・マップの背景が独特の雰囲気を醸し出している
・レベルがサクサク上がる
・回復ポイントが随所にある

気になった点
・長さのわりに容量が多い

12345
No.47142 - 2019-04-03 17:20:22
ku.

一瞬で世界に吸い込まれた

RPGがあまり得意ではないのですが、親切な説明、回復機能、アイテムなどなどのおかげで、ストレスなく楽しくプレイできました。ボス戦では戦闘前にヒントや目安レベルなどが分かるので、レベル上げの楽しさもありました。また、ストーリーも(前作はまだプレイしてませんが……)グロでしたが楽しく読むことができました。ハオスがめちゃくちゃ可愛くて……。マップも幻想的で神秘的でどことなく不気味ですごくきれいで、ずっと歩き回ってましたw文句なしの最高のゲームでした。後日、前作もプレイします。ありがとうございました!

12345
No.39171 - 2018-01-09 00:51:08
かるは

永遠に遊べる神ゲー

フリゲの中で一番好きです!!!!!!!!キャラクターも最高だしグラも最高だしバトルも最高だし最高づくしです!!!いろんな人に1度はプレイしてほしいゲームです!!ずっとずっとプレイさせていただいています!!エグリマティアス大好き!!!!

12345
No.39124 - 2018-01-07 19:23:01
串井

拷問の内容は一通り知っていたけれど少し怖かった

前作同様、ストレスを全く感じさせない非常に親切な設計で
EDまできっちり見られるのがあまりゲーム上手でない私にも嬉しいところです。

拷問日記というからには当然なのですが、詳しい描写はそこまでないにしろ中々エグい内容なので
耐性のない方には厳しそうなところです(ちょっとだけ怖かった)
しかし前作が非常に面白かったのでこちらも楽しめました。
赤い相棒くんの顔芸が素敵すぎて。言ってることはエグいのに顔グラで楽しい気持ちになってしまいそうでした。
普通の笑顔は普通に可愛いのに、舌出したゲス笑顔はもう色んな意味で最高でした。表現力の高さに脱帽です。

クリア後のおまけがもう…可愛くて切なくて。幸せにしてやりたかった…!

12345
No.36240 - 2017-07-21 22:35:24
ぞんたぐ

この世界詰んでる……

前作『エグリマティアス』の前日談的内容の脱出RPG。

Parallax Mappingで描かれたマップは本当に綺麗で、
BGMなど演出も怪しい世界観を描くのに一役買っている。

ゲームとしては、ごく短いスパンで回復ポイントが用意されていたり、
雑魚的からは必ず逃げられたりと、とても親切でテンポも良い。
あまりRPGは得意でないという人も労せずエンディングを迎えられるだろう。

人を選ぶのはその内容だろう。
ボスを倒す度、とある殺人鬼がどうのように凶行を重ねていったかが、
無駄に豊富な拷問の知識と共に仔細に語られる。
手記の文体自体は淡々としたものだが、コメントしてくる赤髪の相方が
やたらテンション高く拷問の楽しさについて語ってくれる。
個人的にあまり共感はできないかな……
目的のある拷問と拷問殺人の違いについては納得できたけど。
彼が こういう性癖に目覚めた原因とかは特に語られないので
生まれつきそういう人間だったと思うしかない。
筆者には、その素質がなかったのであろう。

しかし、これをプレイした後だと、前作のOPがとても怖い内容になるな。
ファンタジー世界に猟奇ホラーの主人公を放り込んだような設定だったのか……。

12345
No.36225 - 2017-07-20 22:04:54
蒼龍

ゲームは親切、内容はろくでもない(失礼)

※若干のネタバレあり



同作者の「エグリマティアス」の前日譚みたいな話。どっちからやっても大丈夫な内容だと思う。エグリマティアス単体だと謎だった部分がいくつかわかる内容。前作も外道過ぎて笑いましたが今作は掘り下げがあったぶんよりえげつないです。

というか敵の名前が全部アウト―! 顔芸が素敵な謎の相棒のマメ知識を含めたコメントが素敵です。雄牛の拷問器具は初めて聞いた。

戦闘は敵プレイヤーどちらもえげつないスキルまみれで、色々試したくなるというか、使わないスキルやアイテムは比較的少ない感じで面白かったです。前作同様エグリマティアスは使いにくい特技なんですがカッコいいのでアマルティアと合わせて使いたくなりますね。ラスボスのBGMもカッコいいのでノリ的に。

ハオスくんやっぱデザも性格も好きなんですけど、本編(家族のあ辺りとか特に)+おまけシナリオ見るとあ、ゴメン……ってなっちゃうあたり私にはSな心が足りないようです。

12345
No.36058 - 2017-07-12 14:07:28
一郎

タイトルと内容に惹かれてプレイしました。
一本道、戦闘が親切で、ストレスなくクリアできました。
使わない魔法が多かったです。
一人の人物を掘り下げていくお話で、犠牲者に無駄に感情移入することなく、個人の残虐性を純粋に楽しむことができました。

続きが気になる!というところで終わってしまいますが、作者様の過去作「エグリマティアス」が公開されていることを知って、すぐにプレイしました。
今作と過去作、どちらから遊び始めても、ハオス君にハマってしまう自分が想像できました。
面白かったです。

12345
No.36017 - 2017-07-09 15:49:22
ろくへびあくた

美麗マップと顔芸を楽しむRPG(!?)

ドクサレ超外道ハオス君ファンにはたまらない、「エグリマティアス」前日譚。
単品としても完成度が高いですが、片方気に入ったなら両方やるべきでしょう。
順番は恐らく問いませんので、是非。

前作のレトロテイストとはうって変わって、とても綺麗で不気味なマップにまず惹き込まれます。
マップ探索の要素はほぼ無いのですが、ついつい無意味に歩き回ってみてしまう事でしょう。

それと、敵キャラのグラフィックが個人的にツボでした。
特に雑魚。罪人らしい名前と人型のシルエットでありながら、背景を切り抜いただけのようなモチーフ。
ハオス君の目に「他人」がどう映っているのかがよくわかる気がして、非常に良い。

赤髪顔芸君は完全にとととさんの十八番って感じですね(笑)
彼との会話中は、どうしても左下が気になって仕方ありませんでした(褒めてる)


戦闘バランスは易しめであるものの、レベルを上げて通常攻撃連打で済むわけでもないので、
ぎりぎり作業ゲーにはなっていない感じがいいですね。
ボスはヒントをあえて無視するとなかなか強いのでマゾな人にオススメ。
雑魚戦がどうしても面倒な人はコマンド記憶をONにすると幸せになれるかもしれない。



最後に。この流れであのオマケはずるい……。

12345
No.36016 - 2017-07-09 15:46:01
灰色

最後のおまけが……

ネタバレ注意ですよ。












前作をやっている方にはお馴染み無表情鬼畜クソ野郎ハオス君(褒め言葉です)。最初からフルスロットルで始まる拷問祭。日記の内容が全てにおいて楽しそうで「あー…拷問してる間は微笑んでるんだろうなー…」とぼんやり想像出来るのがまた素晴らしく胸糞悪いです(褒めています)。罪の意識とか全く無いので、寧ろ爽やかさすら感じます。アマルティアが突き抜けているだけの事は有る……。途中の敵も良い感じに不気味で、にやにやしながらプレイしていたのですが……最後の……おまけが……辛かった……幸せな光景だからこその辛さ……拷問描写より、こっちの方がしんどかったです……。前作をやっていない方は、ぜひクリアした後おまけをみて、本編をやりましょう。商人になったスキア兄様に会えますよ!そして2つのエンディングを見ましょうね!(笑顔)

12345
No.36001 - 2017-07-08 22:42:20
ヴィズ

拷問好き(色々誤解を含む表現)にはとてもたまらないシナリオでした!
残虐行為が書かれた日記を読んで進んでいくと言うゲームでしたが、日記を読む前に出て来る中ボスの名は勿論なのですが、途中で出て来る雑魚敵の名前にも意味があって「もしかして…」と匂わせて来るのも雰囲気があって良いですね!
色々な拷問処刑の知識があるお方は勿論、ない方でグロ耐性があるお方にオススメな作品だと思います。
文字だけで中々グロくエグい表現も、ゲームの内容的に良いと思いました!
乱文ですが、これにて!

12345
No.35999 - 2017-07-08 22:21:31
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games