月面に君が居て

祟月 近衛頼忠

月で悠久の時を過ごす君へ 言葉と想いの短編ノベルゲーム

葛城陵

彼らの眼には…

先ず、大変美しい作品を有難うございました。
近衛さんの紡ぐ言葉は、短いセンテンスの中に多くの感情、風景、感触を想像させてくれるので大好きです。

悠久の時間に居る「主人公」
限られた時間に居た「彼」

「彼」が見た最後の「地球(故郷)」は、「彼」にはどう見えたのか…
「主人公」はこれから先、どのような「地球」を見続けるのか…

ホームの画像とBGMをループしながら、考え続けています。

12345
No.56879 - 2021-04-04 14:57:50
珈琲

詩的な海に沈む思考は何を思うのか

素敵な作品をプレイさせて頂きまして、有難う御座います。
しっとりとした切ないBGMも相まって、プレイ後もじんわりと切なさが尾を引く
また、月の冴える夜にもう一度、触れてみたくなるそんな素敵な作品でした。

月の海は小石と砂ばかりで水という存在がないけれども。
主人公が思い描く詩的な海さえも「泳ぐ」ではなく「歩く」と表現しているところが、
なんとも心地良い奇妙さで、「言葉」や「言葉の意味」をもテーマにした作品ならではだなぁと感心しました。

また、言葉と想像することを教えた「彼」が死ぬまで主人公に彼が故郷へ帰らない理由を
言葉で提示しなかったところがまた、プレイヤーに想像の余地を与えていいなぁと思いました。

主人公と彼が過ごす時がもう少し長ければ、
言葉と思考を得た主人公は「感情」も得ることが出来たかも知れない。
そんな想像をすると、感情を得るに至らなくて良かったのかな、と勝手ながらに思い抱きました。


長々と乱文、失礼いたしました。

12345
No.56745 - 2021-03-23 15:58:37
AOI

砂利の海と青い海

とても美しい作品でした。
静かで穏やかな、果てしなく長い時の流れを感じました。
素敵なBGMと画像でホーム画面はずっと見ていられます。
言葉が意味をつくり、考えを生み出す。そして想像力も生まれる…
とても素敵なことには違いないけれど、豊かが過ぎると混沌にもなりうる、と。
それをリセットしてくれるような今までの“無”の世界も必要で…それらの世界の調和が大切。
美しく雄大な雰囲気と共に、そんなメッセージも感じました。

凄く好きな雰囲気の作品です。
月を見たら、こちらの作品も思い出しそうです。

12345
No.56744 - 2021-03-23 15:31:43
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Template: (What was fun) (What I especially like) (What was difficult) (What I recommend)

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games