クラスメイズ

かげろう

迷宮化した夜の学校に挑むRPG

エルジェ

ホラー風

ノーマルエンド(?)までプレイしました。
実績でいうと上から3つ目です。
気になった点が2点あります。

1.時限式イベントの期限設定がシビア
ネタバレ防止のために主語をぼかしますが、
一部のイベントは、一度プレイしてマップをあらかじめ覚えておき、
同じ学校名で最初から初めて、
必要な場所へ一直線に進んでギリ間に合うぐらいの期限設定でした。
これだけシビアだと学校名を固定せざるをえなかったです。
時間のあそびが少なすぎる印象でした。
自分なりに攻略ルートを作っていくのは楽しかったです。

2.中学生達がメンタルのおばけ
怪異に巻き込まれた学校が舞台。
廊下を魔物が徘徊しているような非日常的状況で、
家に帰れる保証は無いためパニックになってもよさそうなものですが
平然と冗談を言い合ったり恋の話をする中学生達が精神的に強すぎて異様でした。
本格的にビビッてるキャラは多分一人も居なかったと思います。
また度々メタ発言をするためゲームに入り込みづらかったです。
会話内容自体は笑えるネタが多くて面白かったです。
特に影西信人のオタク話が面白かったです。
階段の上り下りや壁の貼り紙を調べた時に
仲間同士のちょっとした面白会話が発生するため
ホラー的雰囲気はだいぶ薄れています。
ホラーが苦手な人でもプレイしやすいと思います。
ジャンルに書いてあるとおり、ホラー風です。

12345
No.50610 - 2020-01-03 06:54:31
RYO

学校名が全ての始まり

ネタバレを含みます
 
ホラー要素はそこまできつくなく、自分のようにホラーが苦手な人間でも楽しめた。
選択したキャラにもよるが戦闘の難易度も高くない。
個人的に気になったのは制限時間のきつさ(特に0:00の第一リミット)。
「同じ学校名を入力すると同じマップになる」というシステムと
お助けアイテムのコンパス(重要ポイントが表示される)を一周目で活用し、
二周目ではタイムアタック染みた動きが求められるだろう。
更に武器のアップグレードまで考えれば5:00の第二リミットまでカツカツだ。
ヒント部屋の活用もしっかり考えないといけない。
 
個人的お薦めは『アスタ中学校』の高杉千絵スタート。
理科室の戦闘をスルーでき、外に出てすぐ右に行けば大和と出会えるし、
そこから左斜め上の体育館で日比野に会えばダッシュが解禁される。
後は適当に仲間を集めてバトルして千絵の『塩酸ガス』を解禁すれば美術室の蜘蛛戦も楽勝だ。
それでも時間制限はきついが。
 
そうやって走り回らされる中で、少しずつキャラクターの抱えた闇が浮き出てくる。
頼れる爆弾魔でキツイ性格の千絵も、とあるバトル後に闇を噴き出させる(すぐに浄化されるが)。
そして終盤でペアを組む気弱で逃げ回るばかりの男に現実を突きつけられ……
 
このゲームは周回を前提としているが、これだけ魅力的なキャラが多いとそれも苦にならない。
OPはそれぞれ違うし、EDでは最初に選ばなかったキャラが何を抱えていたかもチラリと見えてくる。
「他のキャラはどうしてこの学校に迷い込んだのだろうか」と気になってまたすぐに始めたくなる。
 
そして否が応なく何度も追体験させられる、この中学校で起きた悲しい事件。
現実感のない学校のなかで見せられる、とても現実味のあるやるせなさ。
学校名が否定され、その物語は本当に呆気なく幕を閉じる。
 
その学校名を肯定できるのは、プレイヤーである自分だけだ。
ただの「何度も補充可能な消費アイテム」と思っていたアレが、途端に意味を帯びてくる。
見方によっては全ての黒幕であり元凶であった彼女の背中を押してあげよう。
ずっと一人で戦い続けていた彼女の。

12345
No.50599 - 2020-01-02 05:32:03
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games