ほげほげ

なんだか難しい(序盤のみプレイ)

よかった点
戦闘システムはすごく戦争している感じがしてとてもよかったです。

合わなかった点
名前がなじみがないのでなかなか頭に入ってこず、いきなり始まるので歴史を知っていないと楽しむのが難しいと思いました。

12345
No.48253 - 2019-06-29 09:41:43
大森久仁夫

エウメニデスと言うよりアナバシス? 古代オリエントなどを舞台にした硬派なSRPG!

【総評】
 ギリシア系傭兵団の団長である主人公になって、直参の部下や
 同胞の傭兵団と共に古代オリエントなどの動乱を生き抜くSRPG。

 プレイ時間は終章の出撃直前時点で3時間42分で、前編後編に
 分かれている映画を一気に鑑賞するかのようなプレイ感覚です。
 この作者様の他作品は未プレイですが、問題なく楽しめました!

 以下、難易度スパルタモードでクリアした後のプレイ感想です。
 (※ネタバレなし。)


【長所】
・男臭くて硬派な雰囲気が素晴らしかったです! 同じ戦役に参加
 する傭兵団でも、団長の性格や能力(パラメータに限らず知略や
 弁舌など)という持ち味が異なる点が、丁寧に描かれていました。

・他の方もご指摘していることですが、同盟軍の存在感が大きくて
 決して数合わせではない共闘感覚を味わえました! 直参でない
 同胞の傭兵団に対しては指揮権がないというシステムが面白い。

・『戦国ランス』のような集団対集団の戦闘アニメも良かったですね。

・あまり詳しく書くとネタバレになるため、抽象的になって恐縮ですが、
 「戦略レベルの失敗は戦術レベルの成功では決して取り返せない」
 といった感じの序盤最後あたりの急展開なシナリオが印象的でした。

・上記の展開以後は、本国の策源地から遠く離れた異国の地で戦う
 ハンニバルやナポレオンの遠征軍のような気分を味わえました!
 戦闘だけでなく補給や外交にも策を巡らさないと生き残れない――
 そういった悲壮感がテキスト面でもゲーム面でも良く表れています。

・勝利条件が複数ある点も、本作の魅力ですね。スパルタモードで
 ギリギリの勝利条件を追い続けてなお、普通にクリアできました!
 Ιη Παιαν!(イェ、パイアーン!)


【短所】
・直参の仲間以外の登場人物は基本的にオッサン率が高めなので、
 恋愛や萌え要素を求める方はプレイが苦痛になるかも知れません。

12345
No.40715 - 2018-03-31 07:19:37
びびんばー

完成度の高い芸術的シミュレーションゲーム!

ノーマルモードを9時間ちょっとでクリアしました。

前作エリーニュエス同様、無駄のない洗練されたテキストで、グイグイと作品世界に引き込まれていきます。
古代ギリシアについては教科書程度の知識しかありませんが、その時代を生きた人々の息遣いを感じさせるような素晴らしい作り込みに唸らされます。
英雄の死、絶望的な撤退戦、冬を越す為に奪う戦いなど、ハラハラする展開が続く硬派で大人なストーリーに先が気になり一気にプレイしてしまいました。

ゲーム部分の魅力に、サクサクと進める快適さ、テンポの良さがありました。
やり応え十分な難易度でありながら1マップ辺り10ターンくらいで終わるのでどんどん先に進めたくなります。
うっかりターン制限を忘れて深入りしすぎて1回ゲームオーバーになりましたが、それ以外は問題なくクリア、
物資も余裕があったので終盤は強力なアイテムを贅沢に使った爽快プレイも味わえました。
難易度を上げれば緻密なダメージ管理と物資の計算を求められる超本格シミュレーションになると想像出来ます。

本作の卓越している点に、同盟軍の神掛った調整があると思いました。
全編通して同盟軍と共に戦うマップが続くのですが、同盟軍が強すぎても弱すぎてもストレスになってしまうところ、毎回やり過ぎない絶妙な活躍をしてくれるのがすごく気持ちいいです。
自軍で削ってトドメは同盟軍に任せてみたり、ピンチになった自軍のところに飛んできて回復してくれたりと、『共闘している』感覚をここまで楽しめるゲームはなかなかないように思います。

自軍で動かすユニットの数は決して多くないですが、ゲームのテンポとシナリオ展開を考えるとベストな設定だと思います。一人ひとりに愛着が出ましたが、低LVで加入する小娘ことアミュサティスを頑張って育てたらグングン強くなってSRPGの醍醐味を味わえました。

一つだけ不満(?)を挙げるとしたら、もっともっとイエパイアーンしたかったです。
素晴らしい作品をありがとうございました。

12345
No.40562 - 2018-03-23 00:29:19
R・グループ

歴史系本格SRPG!

クリア時間は5時間ほど、最低難易度です。

前回に引き続き愉しませてもらいました~
歴史マニアなので世界の雰囲気はとても素晴らしく、涎を垂らしながらプレイしていました。
小キュロスとペルシア内戦、それ以降~という歴史でも非常に渋いテーマであり、ストーリーは史実に基づいているので問題ありません。

まずシステム面では海戦や個人戦が無くなったのはよいと思います。
グラフィックや音楽もなかなかよかったです。

ただし……
時折、突然仲間が入ったり、いなくなったり、なんでこいつはずっと同盟軍で、こいつは自軍なの?
という疑問符がずっとついてしました。仲間の目標がぼやけている感じです。

また、離脱ポイント、制圧ポイントもMAPにマークがないため、「ほんとにここでいいのかなぁ?」と非常に不安なプレイとなりました。

とはいえ、セリフ選びも良く、稀有な史実系戦史ゲーム作品なので、歴史系に抵抗がない方なら十分に愉しめると思います!
アイデア的には地理の解説がとても良かったので、自作品への参考にしようと考えています。

歴史系作品はゲームに限らず作る人が少ないので、
今後もとても期待しています!

12345
No.40445 - 2018-03-17 02:45:58
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games