WEIRD WIRED WORLD

とうがらし

余計な要素を省いたら省きすぎた疑似3DダンジョンRPG

すじにく

レベル上げを考えずに最終ボスまで行けた

実はこのゲーム、あまりレベル上げを考える必要が無い。少なくとも難易度ノーマルの場合はそう。
二度目~三度目のプレイのときだったか、最終ボス以外では、レベル上げを考えないで到達した。

なので長所として、慣れればダンジョン探索の謎解きに専念できる。
そのダンジョンの仕組みも、けっこう難しいので、一度クリアしても、数ヶ月してからプレイすると仕組みを思い出せないので、2~3周(もちろんレベル1から)くらいは仕組みの謎解きを楽しめる。

レベル上げを考えないでクリアできた事の仕組みとしては、おそらく、ダンジョンを探索してマッパー(自動作成マップ)の穴埋めをしてるうちに自然とレベルが上がっていくし、
装備品も探索中の戦闘ドロップでそこそこイイ装備が溜まっていく具合に調整されている。

なので、ボス戦は装備さえ整えればよく、資金稼ぎや装備稼ぎの手間は必要だけど、でも割と資金がたまりやすいので、特に問題ない。
ボス戦はあとは戦術さえ間違えなければ、一般ボス戦では勝てる仕組みになってる(でも初回プレイでは何度も負けましたが)。


なお、古いバージョンではダンジョン中で死亡するとゲームオーバーという仕様の厳しさだったが、
バージョン更新の仕様変更により、
死んでも金額が減って復活する仕様に変更されたので、
戦闘で獲得した経験値が無駄になる事も無くなった。

12345
No.52429 - 2020-04-30 23:04:42
ザワークラウド

プレイしてみたが

よかった点
・余計なオープニングがない
・戦闘不能になっても経験値が得られる

気になった点
・序盤から敵が強い
・序盤からマップの構造がややこしい
・MP回復アイテムが高すぎる
・そのわりにパーティーキャラのMPは低め

12345
No.50394 - 2019-12-16 19:45:55
マヤ

いしの なかにいる

ウィザードリィやったことがないのですが、これ、所謂初代ってメッチャクチャ難しかったんだろうなーというのがひしひしと伝わってきました。このゲームでは相当マイルド調整されているので、難しいモードでもシリーズ経験者はサクサク進められるのではないでしょうか。やったことのない私でも謎解きで大分苦労しましたが比較的すんなりクリアできたと思います。10階からが本番、というのも恐らく本家通りなのかなぁ…ソコから先の難易度で少し挫折しかけましたが、歯ごたえがあって遊べるゲームはこのくらいの難しさが良いなって感じました。システムもエフェクトも派手なものはなくシンプルでわかりやすいのがポイント高かったと思います。復活とか呪いとかで消失とかが起きないのも良いですね。それでいて飽きがきにくいのは、緩めのキャラ達のおかげかなぁと。
そのキャラ、頼れるお姉さん枠のアリスさんが一番魅力的でした。普段の顔と笑顔、肩書と能力方向とのギャップが一人飛び抜けていたのでそこも良かったですね!年齢最低でも4じゅ(文章はここで途切れている

12345
No.42999 - 2018-08-15 20:22:45
みず

ウイザードリー

ウイザードリーまるままのゲームシステムで、とっつきやすいです。
運なのか何なのか、開始早々、戦闘で連敗。
初期装備の購入品の選択ミスか、全滅でやり直しを、しばらく繰り返し、トホホな感じでした。
レベルが上がるまでが、地道で、とにかく辛かったですが、
その後はずっと、バランスが良い感じで、適度な難易度で、蹴散らしたり、蹴散らされたりで、進めることができました。

12345
No.40980 - 2018-04-10 02:11:22
デキタテイ

古き良きワイヤーフレーム


ウィザードリィ、女神転生などなど古来より親しまれてきた3Dダンジョンゲーム。
それが今再びここに蘇る。

いろんなものが先祖返りしたままで……。

ゲーム紹介文にもあるとおり「WIZやM&Mの超簡易版」という言葉が、
そのままズバリと端的にこのゲームを言い表している。
簡易版であるからにして、WIZなどのかなりバランスの難しい戦闘は無く。
謎解きも理不尽な難しさでは無く。
ムラサマ求めて永延とうろつくようなことも無い。

だがしかし。

雑魚との戦闘は爽快に蹴散らすことができながらも、戦い方をミスすると手痛いことになる適度な緊張感。
ボス戦は接戦となりやすいためキャラの役割を把握し、最善の手を尽くす楽しみがある。
謎解きもそれなりの難易度はあり頭を捻らされるが、理詰めとわずかな閃きで解けるためとても心地よいカタルシスが味わえる。
アイテムドロップに関しても探索していればそれなりに手元にそろっている。

そんな、お手軽に楽しめるゲームである。

ただ、視覚情報もお手軽なのであった。
戦闘エフェクトは説明にあったとおり無い。
戦闘画面も効果音もウディタ標準の簡素なもの。
ダンジョンの謎を解いたからといって特別な画面演出もなし。
そして、ダンジョンはワイヤーフレームのみ。
そんな簡素で代わり映えのない画面に陰鬱となってくるが、
メタ要素にまみれた軽いノリの会話がその重苦しさを軽くし、
メタメタな事に取り残されてしまっても主役の一人がメタを知らないためそのキャラに感情を委ねれば置いてきぼりを食らうことも無い。
逆に、いろんな事が簡素になっている分、謎解きとダンジョン探索に全力を尽くせるのだった。

さぁ、古の洞窟へと挑もう!
方眼紙とエンピツを手に!(※オートマッピングです)

あと、BGMの選曲が逸品。

12345
No.39535 - 2018-01-30 20:36:44
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games