バトル戦士

Masatake

短いゲームですが楽しんでください。

ペンフェン@感想まとめ公開中

いざ、毎日が夏休み…?

 新作群の中で、スクリーンショット・説明文に惹かれて思わずDL・プレイ。クリアまでの時間は30分程度でした。

 …だって「主人公のバトル戦士がブラック軍と戦うゲーム」で、「小学三年生が、夏休みの研究テーマとして、ゲーム作りにちょうせんしてみました」ですよ?この手書き感満載の背景、ドット絵ですよ?
 小学三年生というお年頃ならば、誰もが、こうした血沸き肉踊る全世界的・宇宙的バトルを夢想するでしょう。衝動的にキャラをノートに書いたりもするでしょう。ゲーム作りたい、とすら思うじゃないですか。今の子が、それがウェブ上で具体化しているわけです。私が触れるのです。素晴らしいことです。
 …いえ、誰もがってのは大げさでしたね。とりあえず、私はそんな感じでした。
 このゲームに、失われて久しい郷愁の気配を感じたのです。


 プレイしてみると、思いの外しっかりしていて。
 冒頭のロケット発射演出に「へえ」となり、絶望的すぎず、簡単すぎずの難易度に「なるほど~」と思い、終盤で突如シューティング面が入るに至っては「いやいや、ゲームエリートすぎるだろう!」とか。心中でツッコミを入れてしまった箇所もしばしばで。
 最後まで楽しませていただきました。爽やかなエンディングも○。

 テキトーな性格してるので、readmeも読まずにゲームを始めてしまったりもする私なのですが、クリア後、親御さんとの合作だったということを知り、割と納得。
 流石にこれを小学三年生が一から作っていたら、ちょっと天才的とすら言えますから。

 …となると、今度はどの辺りまでが親御さんの関与だったのかが気になります。
 セリフ、ステージ構成の詳細、某クローントルーパーのようなザコ敵(ブラック軍、黒い敵が少ない)。敵の動作・攻撃パターンは親御さんによるものだそうですが、「ディレクター」さんからのその辺りの指示は、どれくらいあったのでしょうか、とか。


 単なる「夏休みの探究課題」で終わらせないで、本作を機会として、アクションゲーム個人制作の世界に踏み込んでみるのもアリかもしれません。
 時間的にも経験的にも、早くから作り始めた方が絶対的に有利だと思います。ブラック軍の報復戦も、伏線は張られていますよ。
 いざ、毎日が夏休み。

 …いえ、やっぱり、決しておすすめはいたしません。あるいはゲーム制作は、他のすべてを蹂躙する、茨の道になるのかもしれませんから。
 ゲームを作るか、否か。人生を揺るがすようなその選択は(まったく大げさじゃないです)、まだ十二分に若い作者さんが、より多くのことを学んで、知って、理解して、その後に待っていた方が、きっと後悔がないでしょうから。


 (私のふりーむ!内フリーゲーム感想のまとめページ:http://goo.gl/LkiLiK)

12345
No.25301 - 2015-08-30 20:04:21
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games