医者と悪魔の蘇生術

moko

クトゥルフ神話の世界を舞台にした現代RPG⑥

Eine

ずっとやってたい

シリーズ全作プレイしてます、今回も面白かった

探索が好きなので、アイテムを拾うのが楽しい。謎解きの難易度も程よく、パーティーのメンツと覚えたスキルのバランスが良かったのか、戦闘でも苦戦することなく攻略できました。

会話の選択肢が多く、いちいち反応が面白いのでもう一回やろうと思います。

過去作のキャラの登場もありましたが、シュゼル先輩がとてもかわいかったので、今後の作品でもちょっとでもいいので見られればと思います。

12345
No.59608 - 2021-10-07 20:07:36
大麒麟

ストーリーがちょっと・・・・・・

クトゥルフという特殊な題材を扱っているらしいが、それを全く知らなくても楽しめる、怪異系RPGの新作、先日ようやくクリアしました。
レベルアップも自由回復もないシステムのないなか、どのようにスキル回復と攻撃を選択して、戦闘を潜り抜けるのか、これまで通りに楽しい作品でしたが。ただ今作はストーリーと設定が・・・・・・



ここから盛大なネタバレ注意。



これまで、魚人・宇宙人・食人鬼・怪談妖怪と、様々な題材の敵が登場したシリーズ。今作はゾンビが主な敵として出てきます。
これはシリーズとして、妥当ではあるんですが。ですが探っていく内に、一つの元凶に辿り着くこれまでの話とは違い、今回はややこしいことに、元凶も出自も異なる、三種類のゾンビが出てきます。
ようは死者蘇生に絡んだ、三つの元凶の騒動が、一つの町で立て続けに起こったと言うことで、御都合主義的で違和感が凄い。
異なる元凶が交わったというと「三人娘と宇宙の使者」もそうですが、あちらは故意に二つの元凶を接触させた犯人がいると言うことで、違和感がありませんでした。ですが今作のこれは、完全に偶然のようです。

それとこれは私の個人的な感性の問題でしょうが、双子の不幸話が生々しすぎて、きつくてゲームを続けるのがつらかったです。

そういうわけで戦闘はともかく、こういった強引なストーリー面で、今作はいまいちのれませんでした。



ちなみに今作は、ある登場人物から、これまでの作品とはパラレルであることが、はっきりされていますが。一作目からの大敵の、ウォルターズ社との決着は、もうつけない方針なのでしょうか?

12345
No.59394 - 2021-09-20 12:43:10
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Template: (What was fun) (What I especially like) (What was difficult) (What I recommend)

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games