アクエディコラボレーション2020 ヤシーユと平和のクリアボール

新アクエディBBSオールスターズ

アクエディユーザー達による本気の結晶 シンプルかつ唯一無二の超やり込み型ACT爆誕

J-tr

ステージ数、やり込みのボリュームは圧倒的。特にACTのやり込みが好きな人向き。

Ver1.03
クリア時間 12時間27分(表クリアまで)
クリア時取得金ジェム 176個

魔界から現れた悪魔ルシファーが
アクエディ界を守っていたクリアボールを奪っていった。
勇者ヤシーユは全てのクリアボールを取り戻すべく
旅に出るジャンプACT。

全9ワールド+αのアクションエディターデフォルト仕様寄りの
アクションゲーム。各ワールド12~15ステージで構成されており
ステージ数は多いが、分岐もあり複数のステージから
クリアできそうなものをチョイスしてクリアできる箇所があり
7~8ステージほど攻略すれば
次のワールドにたどり着けるワールド構成になっている。

全11名の作者によりステージが作成されており
作者ごとにステージの長さ、構成などで個性がよく出ているため、
バラエティ豊かな印象が強い。
また、11名もいるため、150近いステージが存在し
ACTフリーゲームとしてほかのフリーゲームには実現しづらいほどの
ボリュームを誇る。

プレイヤーについて、基本的にアクションエディターの
比較的デフォルトの仕様のままであり、
基本的に攻撃範囲の短いソードと、使用回数の限られる遠距離攻撃のショットを
武器に戦い、敵の攻撃は3回まで耐えられる。
ステージによってはソードの代わりにブロックを出現させたり
空を飛んでショットが撃ち放題になるSTGになることもある。
ただ良くも悪くもデフォルト仕様であり
ブロックに押しつぶされると一撃死し
敵の攻撃を受けても原則のけぞらないが、無敵時間は短めである。
のけぞらないためごり押しも可能な、アスレチック系の面の方が簡単で
無敵時間が短くごり押ししづらいので、敵との戦闘系の面の方は難しいように
感じた。

やり込み要素について、本作には各ステージに金ジェムが最大6個まで配置されている。
スターコイン的な位置づけのアイテムだが
1つ取得するとハードモードに変わる、ステージ全体をノーダメージ等の特定の条件で
プレイして初めて出現する、など
ステージ全体を丸ごとやり直してやっと取得できるものもあり、
これも作者のさじ加減によって難易度がだいぶ変わってくる。
(易しい人だとゴール手前に3つ置いてくれる)
100個集めるとより厳しい条件でステージをやり直すクエストが出現し
それを達成することでまた金ジェムが入手できる。
そのため、①初クリア、②金ジェム集め、③クエストの
1つのステージで少なくとも3回はプレイするネタがある。
また、各ワールドにほかのステージよりも明らかに難しい
ドクロステージが存在しており、いずれも最終ワールドか
それ以上の難しさを誇る。
これに加えて、ダメージ回数、クリア時間、取得ジェム数が
ステージごと(しかもハードモードが存在する場合は別枠もある)に
記録されるため、様々なやり込みも可能であり
やり込みのボリュームという点ではこれ以上の作品は
市販でも珍しいのではないかと思う。
表ラスボス以外にも隠しワールドには多くのステージと
裏ラスボスも存在しており
隠しワールドの金ジェムの報酬を見る限りでも
まだまだ様々な隠し要素が存在しており、
このゲームはやり込みではずば抜けている。

全体的な傾向としてアクション好きな作者が揃ったためなのか
W2までは増加傾向だった残機がW3以降どんどん減っていき、
終盤に近づくにつれて、ワールドをクリアするのに
50あった残機が0になっていたことも珍しくないくらいの
死んで覚える、死にゲーになっている。
死にゲー自体はいいとしても、
残機がこのゲームなかなか増えにくい。
ジェム100個集めるか、ステージ内の1upを取ればいいのだが
このジェムや1upが思った以上に手に入らない。
残機が0になるとゲームオーバーになりタイトルに戻される。
オートセーブのため、最後にプレイしたステージを出た直後に
戻されるが、残機が0でクリアすると、ゲームオーバー後も残機が0であり
すぐにゲームオーバーになってしまう。ミスを多くした場合は
メニューでタイトルに戻ってセーブを回避する方法もあるが
普通にプレイしている限りは気づきにくく、
どうしても残機稼ぎが必要になる。
残機がいくらでも取得できる面は隠しワールドにあるが
それは表クリア後であり、そこにたどり着くまでも
意外と大変だったりする。
だから、稼ぐのにちょうど良い面が終盤までなかなかないのが
結構ネックになる。

やり込みに力を入れていることからもそういう傾向は察せられるが
本作は難しいステージを難しい条件で何度も死にながら
ようやく突破することに達成感を覚えるタイプのゲームであり
更なる難ステージが出現することにやりがいを感じる
チャレンジャーが本作に一番向いている。
ただゆるく楽しみたい初心者的な視点では
ギミック自体が動かしていて楽しいとか爽快感があるとか
そういうプレイヤーに有利になるステージも数少なく
どれもこれも難しくて窮屈に感じがちにも思った。

※作者ごとのステージの印象はここでは割愛する。

ACT作者たちが本気で難しいゲームを作ったので
プレイヤーたちも本気でどこまでも立ち向える
奥深さを持った壮大な一作。
一番おススメしたいのは細かい操作が好きでそれが難しいほど燃える
というやり込み上級者勢。
ただ、簡単なステージも表クリアまでならあるので
自分にできそうなところだけをつまむ遊び方もでき、
その点でACT中級者くらいまでなら十分クリアできるようにも思う。

12345
No.55789 - 2020-12-31 20:00:47
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Template: (What was fun) (What I especially like) (What was difficult) (What I recommend)

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games