東方悠久闇Ace

RISE

東方二次創作長編RPG

エルジェ

戦闘テンポの良いストーリー主導の東方RPG

バージョン1.00~1.05で本編だけプレイ。

ストーリーはシリアス寄り。

戦闘システムは独特。交代や待機による気力(MP)の管理や、バトルスタイルを予め設定しておくことでキャラの性能を攻撃寄りにしたり防御寄りにしたり等任意に変更できる。

世界観はファンタジー。(東方シリーズの幻想郷)

難易度は易しい。ただし、やや複雑な戦闘システムを理解する必要がある。そのためRPG中級者以上向け。戦闘はバフや交代に忙しいが、敵の攻撃力は全的的に低く、本編の全てのボスを初見で十分撃破可能。個別の対策はほぼいらない。ダンジョンは非常に高いランダムエンカウント率だが、8割5分の雑魚戦をエンカウントキャンセルしてもレベルは足りる。

お気に入りのポイントはテンポとキャラ絵と戦闘アニメ。戦闘アニメがカッコよくてSEも気持ち良く且つ早い。キャラ絵はスクリーンショットを見れば分かる通り東方キャラを可愛く描いている。

気になったポイントは、特定のバトルスタイルが強すぎる気がした。それ一つで最初から最後まで事足りる。

12345
No.55079 - 2020-10-31 01:18:21
梅雨

戦闘が面白い

プレイ時間はおまけ込みで約30時間
1.01で最後までクリアしました

東方は昔よくやっていたので世界観にはすんなり入れました
オリジナルキャラは賛否両論あると思いますが私は好きなタイプでした
主人公は格好いいし敵の女性も強さの理由付けがしっかりしてたのが良かったと思います
二次創作のオリジナルキャラが理由なく無駄に強いと批判的な意見がでやすいですしね
ストーリーもわかりやすく、行き先に迷うこともなく最後まで足留めされる事なく進めました

戦闘はボスが結構強いですが、冒頭の説明通り防御スタイルにしてじわじわ削れば
大体なんとかなる感じです
さっさと倒したい場合は攻撃特化やカウンター型にしてうまいことコンボを繋げればすぐ終わります
ただコンボをうまく繋げるのが難しいのでその辺はRPGが苦手な人は辛いかと思います

エンカウントはランダムとシンボルの両方ですが、ランダムはキャンセルできるので楽
他レビューにランダム発生が多いと書かれていますが、シンボルがいるマップは
ランダムオンリーのマップに比べて発生率がかなり低いのでそこまで気にならないかと
シンボルがいるマップだと体感40歩くらい進まないとランダムはでてきません
雑魚戦は基本的にバーサークスタイルにしておけば勝手に攻撃してくれて楽に終わります
通常攻撃がスキル欄にありますが、そもそもボス戦は通常攻撃しないのであんまり関係ないかと
コンボの微調整する時くらいしか使いません

戦闘中にできる選択肢が通常のツクールRPGに比べて多いため、ひたすら強スキルを連打して
力押しでクリアしていくタイプの人は面倒だと感じるかもしれません
じっくり腰を据えて敵に合わせた対策や立ち回りを考えるのが好き人向けの作品だと感じました

あとゲーム内容とあまり関係ありませんが、キャラクターの絵がすごく可愛いです

作者様の次回作があるならまたプレイさせていただきたいと思える作品でした


12345
No.54997 - 2020-10-22 13:16:32
ken

戦闘が面倒

通常攻撃すらスキル覧からいちいち選ぶ必要がある、ランダムエンカウントがカットできるのは良いが頻繁に発生するのが鬱陶しい、明らかにこちらの方が強いのに雑魚的に高確率で先制される(不意打ちではない)。難しいというより面倒な戦闘システムのせいで申し訳ないですが、序盤からやる気が失せました。

12345
No.54989 - 2020-10-21 19:02:48

相変わらずのクオリティ

東方は名前くらいしか知らないのですが、作者様の前作品の魔剣少女の物語が面白かったのでプレイしました
おまけダンジョン含めすべてクリアしたので感想を
プレイ時間は25時間でした

良かった点▽
・前作からそうでしたが、キャラクターのグラフィックがとても可愛い
主人公の男性も格好良く、私は東方を知らないのでオリジナルキャラ云々は気になりませんでした
・メニューや戦闘リザルト等のUIが前作より更にパワーアップされている
特に戦闘リザルトは滅茶苦茶かっこよく、今までプレイしたフリゲの中でも一番好きです
・二次創作ということもあってか最終的に10名近くのメンバーが加入しますが、どのキャラにも個性があり弱いキャラがいません
むしろ全員に違った強みがありメンバー選びが大変でした
戦闘中の入れ替えも可能で、控えキャラは徐々に回復する仕様も良かったです
・戦闘バランスが良い感じに難しく手応えがある一方で、メンバー構成やバトルスタイル変更といった色々な戦略で戦える
私は最終的に攻撃スタイルにした妖夢を主軸に防御スタイルの霊夢と藍で補助しつつ戦う戦法に落ち着きましたが
文や咲夜の敏捷補助や早苗の多様なスキルなどもっと強い戦法がまだまだありそう
相手によってはカウンタースタイルも面白かった
・イベント中にちょこちょこキャラのドット絵が地味に動くのが良かった。見てて飽きないです
・話の流れが王道RPGのソレで、主人公の正体に関する伏線のはりかたが上手く終盤で「なるほどな~」っとなりました
・戦闘のテンポが良く、演出も格好いい
・少しネタバレになりますがEDが2つあり、片方の最後の霊夢が滅茶苦茶可愛くて霊夢が一番好きになりました
・おまけダンジョンの仕様が面白く、ボスと何度も戦えるのが良かった

気になった点▽
・二次創作なので仕方ありませんが、東方を知ってる事前提なので知らないとよくわからない専門用語的なものがちょいちょいあります
・紹介文にも書かれていますが戦闘難易度が高めで、単純に威力の高い技を連発するような戦い方ではまず勝てません(レベルが高い場合は別ですが)
レベルも上がりずらいので、ボス戦は基本的にキャラの強みを生かした立ち回りが要求されます
ただ上にも記載しましたが、こちらのキャラも全員強いのでうまく戦えばレベルあげは一切必要ないです
・長編作品なこともあり、主要メンバーがよく入れ替わります
抜けたメンバーの装備を自動で外してくれたりは優しいのですが、二次創作なのもあり好きなキャラが長期離脱するとがっかりするプレイヤーも出てきそう
・個人的には良い点なのですが、おまけダンジョンの下層ボスが滅茶苦茶強いです
なんとかクリアしましたが、最後のボスはRPGが苦手なプレイヤーだとかなりレベルをあげないと勝てないと思います(私は50前後で倒せました)

以上、長々と書きましたがRPGとしてのクオリティはとても高くボリュームも十分あります
東方を知らなくても普通に楽しめたので、気になった方には是非ともオススメしたい作品です

12345
No.54985 - 2020-10-20 17:36:37
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games