怪異事件ファイルIF

akihito

運命の歯車が狂ったもう一つの物語

もずく

もう1つの怪異事件ファイル

エンディング1、2ともにクリアしました!
プレイ時間は説明にあるとおり1週で約20時間ほどです



本作は怪異事件ファイルTHE LASTでから続く本編とは別のif世界の物語ということで
本編世界では最後まで登場しなかった多くのキャラクターも登場し、先の読めないストーリー展開になっています
もちろん完全独立した1つの作品としても楽しめるのですが、本編世界との関わりを匂わせるような描写も
多くみられるので、やはり一連の過去作をプレイしてからの方がより楽しめると思います。
また、本作では冒険の途中でキャラクター同士の会話が見られるシステムが新たに追加されていて
一緒に旅をしているような気分を味わうことも出来ます。
巴が会話の中心だと女同士のドロドロした戦いがより激化するのが面白いですね笑
本作は今まで以上にネタバレ要素を多く含んでいるので、細かい感想などは後に取っておきますが
真・怪異事件ファイルとはまた違った意味でシリーズファンならプレイして
絶対に損のない作品だと思います!


以下、個人的な戦闘を進める上でのコツのようなものを記しておきます、参考になれば幸いです。
まず戦闘難易度は全体的にかなりシビアですが、そのぶん回復手段が多く用意されているので
回復アイテムなどは惜しみなく使った方がいいと思います。
資金は潤沢にあるので、特にライフ回復アイテムや装備品などは一式整えておくと楽に進められます。
特に状態異常を2つ以上使ってくる相手には、キャラの技との兼ね合いなども考えながら装備する必要があります。
(千枝1戦目が1番キツかったです笑)
また、ボスは一定ターンごとや一定ライフ以下になると行動パターンに法則性があるので
強敵だと感じたらメモを取りながらプレイするのも良いかも知れません。僕はそれで乗り切りました笑
また、特定のキャラをパーティに入れていないと絶対に勝てないボスも存在するので、考えて配置する必要があります。
味方キャラはルートによって誰が仲間になるのか変化しますが、個人的に才蔵さんとルナには本当に助けられました。
才蔵さんは高火力、ライフ回復、TP回復までこなすイケおじっぷりで
ルナは高火力、ライフ回復&状態異常回復、TP全回復、更にボス戦で必須の敵ステータス弱体化までもっており
その強さはまさに○リ○ュアそのものです笑
相手がステータス下降を使ってくるならジャスティスをメンバーに入れておくと良いと思います。


エンディングに関してですが、出来ればエンディング1、エンディング2
そしてエンディング2のルートで特定の条件を満たした状態、の順番で見ることを強くお勧めします。
理由はプレイして頂ければ分かると思います
シリーズがこれで本当に完結という事なので寂しい思いはありますが
最初の怪異事件ファイルの時から、立ち向かうというメッセージ性が一貫していて本当に熱い作品でした!













以下、ネタバレを多く含んでいるので未プレイの方は注意して下さい











本作で驚いた部分は色々とあるのですが、やはり一番驚いたのはジャスティスの正体でした。
あまりにネタバレなのでここでも名前は書きませんが、「嘘やろ」って素で声が出ました、それくらい意外です笑 
今までのシリーズをプレイしてきた人で、あの男が楽しそうに蛇料理を作っているところなんて
恐らく誰も想像できないでしょう……。
デモルトもそうですが、完全な闇の存在だと思っていたのですが、ルートによっては善の心が存在するんですね。
(良心が完全に0なのは虚くらい、とも思いましたが、彼もまた救済しようとしてもいたので
良心といえば良心だったのかも知れないですね)
本来彼はif世界においても1人しか存在していなかったと思うので、魔界に落ちて博士に拾われるかどうかで
運命が分岐したのでしょうか。
また、かつての主人公が敵として登場するという展開はやっぱり良いですね!
本編世界の正統派ヒーローの拓郎も良いですが、本作でのダークナイト的な立ち位置も決まっています
戦闘においても何の状態異常も使ってこないのに素で強いのは流石です……。
巴たちvs拓郎戦とエンディング1のラスボス戦の曲は哀愁が漂っていて個人的に特に良かったです。
(本編世界の)才蔵さんと九龍の関係が、そのまま今作の拓郎と悠斗に重なっていたり
ロベリアの花言葉が悪意だったり、細かい部分も作り込まれています。
そして何より、本作でも悠斗はひたすら裏工作に回る狡猾さが徹底していますね……。
THE LASTでも0課に潜入したり分断したり色々やっていましたが、こういったやり方の悪役は
真正面からやっても拓郎には勝てないと分かっている悠斗にしか務まらないのかも知れませんね。
「楽には殺さない」という言葉が最後の最後であんな伏線になっているとは思いませんでした。
そういえば神の社の正体が最後まで明かされませんでしたが、あれはもしかすると創造主の力なのでしょうか笑


PS 第1作から今作までで拓郎が落とした(?)女性の数をあらためてカウントしてみたのですが
   なんと総勢11名にも達しました! 


12345
No.53945 - 2020-08-16 23:45:04
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games