剣閃神姫誅伐伝

anubis@Hollow_Perception

その一太刀で運命を斬り伏せる、万象切断和風ファンタジーRPG。

losspass

戦闘が特徴的な、中編の和風ファンタジーノンフィールドRPG

多少経験値稼ぎした上で、ノベルパートをゆっくり目に読んで、クリア時間は11時間でした。

舞台設定やキャラクターは和風な雰囲気です。
シナリオはしっかりしており、文章量はそれなりにあります。
しかし堅苦しい雰囲気はなく、カジュアルに読むことができました。

戦闘システムが特徴的なので、通常のRPGに慣れている人は、少し戸惑うかもしれません。
しかし、仕組みに気付いて戦っていけば、それほど難しくはありません。
もし難しいと感じても、経験値稼ぎをしてレベルアップ上げするのは容易ですし、強敵でも一撃で倒してしまえる切り札も用意されています。

色々な攻略スタイルが可能なので、ライト層〜やり込み勢まで、幅広い層が楽しめる作品だと思います。

12345
No.52853 - 2020-05-25 17:14:35
ぽぽろん

しっかりと作り込まれた世界観、ノベル寄りのノンフィールドRPG

伝奇モノの中編RPGですね。
テキスト量がかなり多めで、RPGパートとノベルパートのボリューム比で言うと3対7ぐらいでしょうか。しっかりとストーリーを読みたい方に特にオススメですが、戦闘もしっかりとしているので一般的なRPGがお好きな方も十分に楽しめるかと思います。

ストーリーは陰陽道をモチーフとしているように見受けられますが、そのまんま陰陽道というわけではなく、陰陽道に含まれる神道のエッセンスをより色濃くした感じです。この辺りのワードに興味のある方ならばドンピシャでしょう。
世界観の構築&説明は上手に行われており、自然な流れで必要な情報が不足なく解説される流れはなかなか気持ちの良いものとなっています。一方でキャラの心理描写や、心の動きについてはモヤっとする部分も多々あり、納得の行かない方もおられるかと思います。この辺りはネタバレになるので後述。

また、ストーリーそのものとは関係無いのですが、難読文字が頻出します。それらの文字は日頃から伝奇モノのゲームや書籍を楽しまれる方ならば目にする機会も多いかと思いますが、そうでない方は生まれて初めて目にするような文字も登場するのではなかろうかと。「悍しい」とか「諂う」とかですね。

戦闘の難易度はやや高めです。敵は雑魚であっても基本的に超火力なので、特に序盤は雑魚戦でも全滅しかねないバランスとなっています。しかしアイテムやお金は豊富に入手できるため、じゃぶじゃぶ使っていきましょう。戦闘終了時に死亡していても経験値は入るので、ガンガン死んでOKです。
なお、ある程度ゲーム慣れした方であれば、レベリング無し&ヒロインの超必殺無し&コンティニュー無し&消費アイテム無しでもクリア可能です。腕に覚えのある方は是非に。

グラフィックは全キャラにオリジナル立ち絵が用意されており、必殺技使用時にはカットインの演出も入ります。温泉イベントもあります。そして全員特盛りです。せっかくなのでギャラリーモードのようなものか、ギャラリーを兼ねたキャラ辞典なんかがあると良かったですね。TRUE ENDの特典とかでいかがでしょうか。

サウンドのセレクトも良く、いずれの曲も場面にマッチしています。しっかりと作り込まれた世界観が、BGMによって更に鮮やかに彩られていますね。

さて、お待たせしました。ここからネタバレを含む内容です。



まず戦闘について。
BAD ENDのボスは倒せます。倒しても運命は変えられませんけれども。他の負けイベボスもしっかりとレベリングすれば倒せるのかもしれませんが、試していないのでわかりません。

戦闘の中身の話をしますと、本作の特徴的な要素である「チェイン」は超強力なシステムとなっており、1HITあたり3%ぐらい攻撃力が上昇するようです。このため、魂4で1倍5HITの技を使用するよりも魂1で0.75倍2HITの技を4回使った方が強いです。例えばMAX育成の零亞、影時、烈華で最終盤の強雑魚に対して全員が魂4+通常攻撃を行った場合は6HITで計3万程度のダメージですが、全員が魂1+通常攻撃を行った場合は27HITで計4.7万程度のダメージになります。高消費技は特殊効果もあるのですが、ダメージがあまりにも違い過ぎるため使う機会は無く。60HITまで行くと12万を超えてくるのでラスボスも即死です。
そういうわけで魂を貯めることが勝利に繋がるため、通常の神言は不要です。終盤で魂10増加の神言が手に入るので、ソレ→コンボを狙いましょう。

次にストーリーについて。
物凄く端折って言いますと「準ヒロインの婚約者が正ヒロインに(悪意は無いが)NTRされる」というアレな展開があるため、そういうのが苦手な方は注意が必要かもしれません。そうなる事情もありますし、文字面ほどえげつない展開ではないのですが、結果としてはそうなります。「君のいる町」というマンガ or アニメをご存知の方ならば、青大&柚希と明日香の関係と言えばピンと来るでしょう。

そして、ヒーロー&正ヒロインは準ヒロインを含めた全員から祝福されるという展開になるため、私はどうしてもヒーロー&正ヒロインを好きになる事ができず、必須の場面以外はずっとベンチウォーマーをさせていました。百歩譲って準ヒロインが命の恩人である正ヒロインを祝福するのはわかるとして、せめて他のメンバーは準ヒロインに同情してあげて欲しかったですね。いや、そういうメンバーでもないのですが。
当人たちの事情やこの世界(時代)の婚姻事情あたりを考えればこれが真っ当な結果なのでしょうが、それにしても準ヒロインが報われなさ過ぎる…これなら登場しない方が幸せだったのではなかろうかと。

といった感じで私はモヤっと感の残る結果となりましたが、そのような気持ちを抱くということはつまり、よく出来ているということだと思います。果たしてあなたは。

12345
No.52824 - 2020-05-23 15:32:31
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games