GrandSeal Chronicles-グランシール・クロニクル
王道タイプのファンタジーSRPG

スポンサードリンク
GrandSeal Chronicles-グランシール・クロニクル Game Screen Shot

[Catchphrase] 王道タイプのファンタジーSRPG

[Details] Check details of this game

[Reviews] Write review of this game

[Categories]
#Simulation games
#Strategic simulation
#Participated in the 14th Freem! Game Contest

重厚で練り込まれた世界観が魅力の王道長編SRPG

No.45878 - 2019-01-27 22:12:55 - 大森久仁夫

【総評】
 世界観やキャラが魅力的な長編シミュレーションRPG!

 シナリオ、戦闘バランス、キャラの個性などが高水準で
 まとまっており、万人にオススメできるタイプの作品です。

 以下、難易度ハードでクリアした後のプレイ感想です。
 (※ネタバレなし。)


【長所】
・本家FEに全く引けを取らない重厚で練り込まれた世界観、
 キャラの因縁、硬派さと明るさを兼ね備えたテキストなど、
 とにかくストーリーとキャラクター面が秀逸な作品でした!

・戦闘アニメにも力が入っていて、魔法エフェクトの多彩さや
 クリティカル時のモーションなど、とにかく見ていて飽きない。

・支援会話が豊富で面白かったです。暑苦しい漢バインと、
 軽そうでも根は真面目なデュランが特に良かったですね。

・それと、親子会話が多めなところも印象に残っています。
 ホーメル-カッツ父子とグラディウス-オルフェウス父子は
 他の親子以上に外見が似ているので、思わずニヤリ。

・戦闘バランスも非常に練り込まれており、難易度ハードの
 初見プレイでも理不尽さはなく、プレイしやすかったです!

・役立たずになりがちな重騎士ですが、本作では必殺、特効、
 魔法(特に必殺率が高めな水魔法)あたりに気を付ければ、
 運用の妙を味わえます。特に、中盤では大活躍しました。


【短所】
・拠点だけではなく、出撃準備の画面でも買い物ができると
 便利なんじゃないかなと思いました。「あ、城内戦だった!」
 と気付いてから鍵を買い直す、という流れが多かったので。

・終盤、出撃人数を減らすことが最適解のマップがいくつか
 ありました。(※仕様であれば、問題ないかと思います。)

※いずれも、Ver 1.14 時点での話です。

FEライクの秀逸なSRPGです

No.43033 - 2018-08-17 18:06:15 - シルバー

※ネタバレを含む恐れがあります。


分岐の別ルート回収のため2周しました。
参考までに1周目のプレイ時間はノーマルで17時間弱でした。


ファイアーエムブレム(FE)ライクのSRPGです。
キャッチに打たれてある通り、ストーリーはシリアスな戦記風でまさに王道。
あまり真新しさは感じませんが世界観がしっかりしていて、テキストも読み応えがあります。
展開されるメインストーリーにはおふざけ要素はほとんどなく(砂漠の二人組ぐらい?)
没入感を削がれるようなことがなかったのも個人的には好印象でした。
SRPG経験の浅い人にも配慮してか丁寧なチュートリアルが付いていますが、
逆にこれはFE経験者にはちょっと説明過多かなとも思いました。
ただし会話のスキップ機能も付いていますから飛ばせばそれほど問題ではありません。


分岐で少し面子が違ってきますが仲間になるキャラクターは45人ぐらい?
その一人一人にしっかりした背景が作られており支援会話でそれが補完されます。
これによりメインには深く関わらない脇役にも見せ場が与えられ、
それまで適当に使っていたキャラに急に愛着が湧いたりすることもしばしば。
またこの支援会話が結構な数で真面目一本のメインストーリーとは異なり、
ギャグテイストな会話があったり一見関係なさそうな人達に意外な繋がりがあったりと
バリエーションも豊富で思わず感心しました。
余談ですがイテハとアビス、ゲオルグとディアスルの会話が好き。


戦闘バランスについては私にはノーマルでちょうどいい難易度でした。
ただ中盤あたりから自軍に上級クラスが増えてくるため、
14・15章くらいをピークに緩やかに簡単になっていく感じになっています。
ただし私は2周目はエリートでサクッと終わらせ、ハードには手を付けていませんので
高難易度だとどういうバランスになっているかはわかりませんが…


総合的に見て高い完成度を誇る作品で、大変楽しめました。
あらゆる面で丁寧に作られた、FEライクSRPGの中でもかなり秀逸な作品だと思います。
FE系が好きな方や興味がある方には是非プレイして頂きたい作品です。

支援会話コンプ記念にレビューさせていただきます

No.42640 - 2018-07-20 10:21:04 - aryou

間接攻撃や三竦みの説明から始まって、強敵相手には撃破のヒントが貰える等、まったくの初心者にも配慮した丁寧な作りが特徴です。

敵はそこまで強くありませんが、三竦みや地形を考えない単騎突貫のような舐めプこいてると普通に死にます。また油断していると不意の増援や特効で殺されたり、場違いな強さの敵をしのぐ羽目になったりと、初見では難易度ノーマル以下でも気が抜けない緊張感を楽しめます。中盤あたりは自軍もしっかり強くなってくるため若干物足りなさを感じます(一部除く)が、終盤からは厄介な地形を活かした敵の配置に加えて厄介な武器を持った敵が増えてくるほか、難易度ハードになると敵のウザい攻撃がほぼ直撃するために脳死プレイの通じない場面が多くなるため、いかにこれらを捌くかを考えさせられる辺りはSRPG特有の面白さが出ていると感じました。

(お助けマンのホーメル以外は)いずれのユニットも概ね初期値と成長率が良く、初期組も終盤組も最後まで問題なく使えます。どのユニットも兵種や個人スキルを活かして登場章や難易度に応じた活躍ができるため、一概に劣化や下位互換といったものが存在しないのは大きなポイントです。分岐選択式の上級職もバリエーションに富み好みやマップに応じた様々な運用が可能ですが、これについては移動数やクラススキルの関係で若干差がついている感が否めません。

ストーリーは掘り下げの甘い部分や展開的に無理のある部分もありますが、風呂敷を広げすぎない王道なストーリー。名将のぶつかり合い、王侯貴族の身内争い、戦争の悲惨さといった戦記物のえぐさを押し出すものではなく、より万人向けにオーソドックスに仕上げられた世界観ながらも「らしさ」は伝わってくる堅実さがうかがえます。

支援会話は氏のこだわりが感じられるものとなっています。本編では分からないキャラ達の過去や愛憎悲喜溢れる掛け合い、時には思わず見入ってしまう見識あるもの、コアなFEファンならニヤリとさせられるフレーズまで、物語を彩るキャラたちの掘り下げとしてネタに媚びすぎないレベルで十分に機能しています。戦闘会話も豊富で内容も濃く、意外なキャラと敵将とで戦闘会話が用意されていたりもするので、色々試してみると面白いかもしれません。

金欠や疲労システムのような要素もないのでストレスなく進められ、スキップ機能も完備なので時間がなく片手間にやりたいという人にもお勧めです。闘技場のような要素はない代わりに「BP交換」なるものがあり、そこで手に入るアイテムでレベルがホイホイ上がりパラメータ吟味もやり放題なためヌルg…詰み対策も万全です。

総じて良い意味で初級者・ライト勢向けでありながらも、経験者でも楽しめる非常によく練られた完成度で、最後まで楽しませていただきました。SRPGやFEに興味あるけどお金出してまでやりたくない、そんな人に是非勧めてみたい作品。あと私の好きなキャラはオルフェウス公子とアビス殿です!

※以下ネタバレを含みます




【気になった点】
・中盤~終盤から加入するユニットがやけに強く(特に騎兵と魔導士)、たたき上げのオリビアハンティア組が後半上級組にボロ負けしていることもしばしば。赤緑はもう少しだけ成長率をバランスよくしてほしい。
・「敵に攻撃or敵を撃破した時の経験値」よりも「敵の攻撃を無反撃で受けたor回避した時の経験値」の方が高く設定されすぎている。耐久回避に自信のあるキャラを丸腰で敵陣に放り込めばボスチクが馬鹿らしくなる勢いでレベルがホイホイ上がる。この獲得経験値は少しずつ減るが、クラスチェンジ時にリセットされるらしい。13章断章は通路が細く回復・支援・救出を行いやすい、細い通路が数本あり増援が大量に湧いてくるため複数人同時に回避作業を行える、時期的にCCしたての自軍キャラが多い等の点からこの方法での経験値稼ぎに適しており、各種指輪も合わせればこの時点で上級LV20の英雄が5、6人生まれるほどのバランスブレイカーと化している。
(難易度ハードでは敵の命中率が高く、スキルや支援込みでも回避できずリンチされて死ぬためノーマル以下での話。また当然ながら武器レベルは上がらない)
・鍵が拠点で普通に売られているため、鍵開け要員としての盗賊二人を使う旨味に欠ける。後半はピックやローグまで手に入るため尚更。奥義の捕獲は仕様がイマイチ分からない。
・最終盤のマップはいずれも制圧ポイントが近い位置にあるためトランスファーやコールで速攻クリアできてしまう。経験値や宝箱回収を気にしない人や周回的にはありがたいが、もう少しバランスを練ってほしい感はある。
・某敵キャラは初登場時点でも必殺武器や宝剣の猛攻であっさり沈むためガ○ネフやユ○ウスのような絶望感がない。というかぶっちゃけ素で弱いのでHP80にしても問題ないだろう。
・奥義発動時のモーションが通常攻撃と変わらないのが少し残念。サイアスだけでも変えてほしかった。

【(既出かもしれないが)修正点】
・エクストラの人物紹介欄にアビスの頁がない。
・初登場章で向かってくるオルフェウスを仲間にせず殺した場合でもエンダイン登場時にしれっと自軍にいる。あんた誰?

王道SRPG

No.42364 - 2018-07-04 10:34:36 - もっさん

ネタバレを含みます。

ハードでプレイ、クリアしました。



ストーリーや会話の作り込みが凄まじいです。これだけ丁寧に作られてるのは中々ないので驚きながら進めていました。

戦闘バランスはかなりカジュアルに感じました。
初見殺しは皆無に近く、イベントの絡まない増援のパターンも非常に読みやすいのでマップセーブなしでもサクサクノーリセできる調整になっています。
自分は某中盤の章で思わぬイベント増援があり、大ボスを倒したかったので一度リセットしましたが、クラスチェンジの噛み合いもあってそれ以外はノーリセでした。
マップも手軽に遊べるサイズで、もう1マップくらいなら……と自然に続けられてしまいます。次の章を見たくなって。
ハードの敵全体命中+30は良い調整だなと思いました。ごり押し攻略がやりにくくなるものの裏目のない立ち回りをすれば全く問題ないことから幾分プレイを濾過できるので。
ただ裏を返せば最高難易度でも無難に落ち着き過ぎかなとは思いました。完全に勝手な意見になってはしまいますがもう少しビビるデザインがあっても良かったかなと。


総じて非常に安定した作品なのでFE系SRPGがプレイしたいという方の期待を裏切ることはまずありません。
次何やろうかなと迷ってる方は是非。

素晴らしい作品をありがとうございました。

王道でバランスのいいSRPG(若干のネタバレあり)

No.42332 - 2018-07-01 23:20:24 - トイ

ストーリーのネタバレは詳細はありませんが、戦闘バランスなどのネタバレはあり、ご注意を



ゲームを今先程Ver.1.02でクリアしました。キャラは誰も死なせずに。
難易度は「ノーマル」でゲームのプレイ時間はセーブデータによると15時間30分とちょっと……しかしキャラ達のクラスチェンジ前の中盤あたりでよくキャラが死んだので、リセットをした時間も多めに見積もってプラス5時間して、約20時間30分がこのゲームを遊んだ時間だと思います。章数は序章を含め27章。ちなみにルート分岐あり(計2回)で、断章(外伝、計5回のはず)もあります。エンディング分岐はおそらくないはずです。(キャラの生存で変わる? 支援会話の達成で細かくは変わってはいるはずです)
ちなみにクリア後の引き継ぎ要素ありです。内容はプレイして確かめてみてください。2周目をするならそれなりに便利な内容。



ストーリーは王道でした。よくある大国の権力者を邪悪な者がそそのかして(洗脳)の宣戦布告、まあお約束ですね。押さえるところは押さえられていて丁寧なストーリーだったと思います。



支援会話システムがFEに近くとても力の入っていたのが最大の特徴でした。
正直、良かったです。この作品の一番褒められるべき特徴でしょう。
ちなみに各キャラ5つまでしか支援会話を見られないという縛りは無いです。ただし、必ず支援できるキャラ同士でいっしょにマップに出撃をさせないと支援会話が見られないシステムみたいです。(ただ、出撃していないペアもときどき会話が発生したので例外はあるみたいですが。)
こういった支援会話システムがあると脇役なキャラでもキャラの掘り下げができるし、多くのプレイヤーも満足できてキャラへの愛着が持てるので正直とても嬉しいです。



戦闘バランスですが、これは自分にはちょうどいいバランスでしたね。難しすぎでもなく、簡単でもない、適度にキャラが死亡したらリセットをしてマップを繰り返して相手の手の内がわかっているので次で確実にクリアする、といった形の連続でした。
キャラがクラスチェンジする前の中盤が一番キツくて、クラスチェンジしきった後は楽になり力押しでも通せるようになって、リセットはほとんどしない感じでしたね。ノーマルはマップ途中でセーブができないのでリセットを繰り返してマップ始めから繰り返すことになりましたが、ライト、カジュアル、エリート(超易しい)の3つの難易度ならマップ途中でセーブポイントが設置されているらしいので楽でしょう。


キャラについてですが、たぶんですが、どれも成長を調整すればほとんどのキャラが(老兵ポジション含め)最後まで使えるでしょう、良いバランスです。
要はキャラ愛です。愛にすべてを。支援会話のおかげでどんなキャラにも愛着が持てるようになっています。
能力のカンスト(限界値)も上がっても30まで(ちなみに、一番低いカンスト値は24)なので、キャラによっては下位のクラスをLV20まで育てた上でのクラスチェンジ後のLV10ぐらいでカンストしているはずです。
レベルを上げづらい回復のみのヒーラーも敵を倒せば倒すほど増えていくBPポイントで交換できる「英雄の魂」というアイテムでレベルを上げられるので問題なしです。
自分はBPポイントのほとんどを「英雄の魂」に使用しました。これでヒーラーの成長を調整して強化キャラを作るのはとても気持ち良かったですね。おかげさまでアンリエッタが筋力と守備と移動以外カンストの最強キャラに(幸運も30がカンスト)。



それとかなり前に作者様の前作品の「グランシール・サーガ」のほうもプレイしたことがあって、もしかしたら記憶違いかもしれませんが、今作はその前作より時系列が過去であるはずです。何故なら、サーガに出てくる書物で今回の戦いの顛末をまとめたものがあったからです。たしかにサイアス王子と書かれていましたので。レニ教や契印者や精霊、国名などのワードも共通して出てきますので、このゲームをクリアして気になる方はプレイされるのもいいかもしれませんね。世界地図そのままのワールドマップでした。ただ、何世代も時間が経っているはずです。




とても楽しませていただきありがとうございました。かなり完成度が高い作品と言えるでしょう。
レビューが長文になり失礼しました。

SRPG studio作品ではかなりの傑作

No.42259 - 2018-06-28 22:18:51 - スフィルナ

・カジュアルでのクリア

ストーリーとしては王道。
隣国の侵略があったので、脱出して祖国奪還、そして戦争の謎に迫っていく。
王道らしくわかりやすい、人物は少し薄味だが十分個性を引っ張り出せている。
とにかくテキスト文量もかなり多く、こだわった作品と言える。

重点を置いてるのは宮廷内部、貴族同士の内部事情が多くそういった部分に魅力を感じる人はお勧め。
軍事的側面よりは宮廷、戦時下の日常とかそういう雰囲気がよく出ている。
とはいえ過去作品FEから抑えるべき部分はしっかり押さえておいる。
モーションも程よくブラッシュアップされており、難易度は少し慣れた人向けだが最近の作品に多い「高難易度=理不尽さ」という者のは少ない。
オーソドックスにやりごたえがある作品と言える。
クラスは槍歩兵がいるので最大限に満足。他もかなり楽しめる。
武器レベル制度を採用しているが、だいぶ優しく設定されておりちょっと意識して使い続ければすぐにたまる。
調整などはかなり念入りにしている印象を受けた。
そして時々混じるFEネタで笑うことも。

難点はいくつか。
・BGMがチャプターごと、5章とか連続で聞くものが多く少し飽きやすい。
・断章条件が不明瞭なのが多く、数多く取りこぼしたものが。
・第9章
敵将ロレンツォの火力が高すぎるために一撃死するレベル、
それこそ普通に育てる面子がこのありさまなのは……
・クラスにばらつきが多く斧使い、闇魔法使いがやや少ない。また伝説武器系統も剣多めだが使い手以上にあり、多くなりがちな槍が少し足りない印象
・砂漠マップがとにかく歩兵が使い物にならなかった。


傑作であり、本当に誰でもプレイして楽しめる作品。
少し難易度は高いが、非常に面白くオーソドックスながらFE好きなら一度は楽しむべき作品だろう。

もう一度はっきりと言いたい。
この作品は最高に楽しい。とても。

クリアメンバー(以下主力)

サイアス Lv19
こいつとんでもなくかたい。守備23まで届くなかなかのつわもの。壁として使いやすい。

ファナリエ Lv19 rニアリオス
我が意都市の槍歩兵。弱気だがとてもかわいい。素早いが力もか強く育てる価値がある。
 
エリス Lv18 ネヴァン
闇魔法使いいなかったので闇魔法使いまくって鍛えた子。さすがにSには届かなかったが、回復訳として活躍。

ケイ Lv20 グリフォンナイト
対弓スキルを付けるともうアーチどころか弓兵すらよけまくるアタッカー。力は武器で補えばいい。

アンリエッタ Lv19
まさかの6属性全部使用可能ヒロイン、しかもむっちゃよける上に強い。
クラスチェンジは遅いがクラスチェンジしてからが本番。

アイレーユ Lv18 フェダイーン
連続スキルを付けてから化けた子。恐ろしい勢いで敵を駆逐していく。

ヴァマ Lv12 勇者
加入してからどころかそのまま終章にぶち込んでも活躍できるとんでもない人。結構背景もいい。

アシュレイ Lv17 勇者
十分すぎるほど主力を張れる。ストーリーにではフェードアウトしてしまったがなかなかいい。

セレス Lv12 勇者
素早く火力はそれなり。キルソ剣士位置。

シャロン Lv12 センチュリオン
槍騎兵がちょっとjほしいと思ったので育てたら結構使いやすい。途中加入だがが赤緑より使いやすい印象。

フィレーヌ アンジュール Lv14
杖使いがメインのグリフォン。攻撃は削りとして割り切ると使いやすい。加護を持たせるなら彼女がおすすめ。

ユーリア Lv15 賢者
カジュアルで能力が落ちるというシステムを見落とした結果耐久度が飛散なことになってた子。
気を付ければかなり強くなりそう。というより十分すぎるほど強い。

レラ Lv18 セイント
杖使いは私の中では重要な役目なのでかなり強くなったかも。武器レベル上げがつらいけど……

リムy Lv15 スナイパー
命中精度がかなり頼れる子。削りに対空に大活躍した印象。

イチハ Lv12 サムライ
説得のために鍛えたが気が付けば主力に。結構使い勝手はいい。

デュラン Lv14 エスビオン
ダガーはとにかく削りに便利。盗みも杖をどんどん盗めたのでかなり活躍。

トバイアス Lx11 エクスデス
本当に足りないのは技量よりも早さな印象。間を埋める感じには使えたが……

シエン lv12 サムライ
使い勝手はそこまで悪くないが、武器レベルがSじゃないのでちょっと即戦力には半端化も……

ロゼリー Lv16 ジェネラル
とにかく強い。よけるし追撃までかます。ちょっともろいのが玉に瑕だが強い。

アルバート Lv10 エクスデス
緑。剣騎士だが微妙に速さが低め。イラナイツかもしれない……

主に使ったメンツはこんなところです。

1 / 1 Pages
Review



Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly" "games live video report"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Login and write review Or Create Freem!ID and write review

Information

[Registered]
2018-06-24
[Updated]
2018-09-08
[Current Version]
1.14
[File name]
Grandseal_Chronicles_v114.zip

[Runtime]

[Size]
376,841KB

少女とドラゴン -幻獣契約クリプトラクト-