Precious Melody
音楽家姉弟が酒場をめぐり演奏旅行をする、アドベンチャー風RPG

スポンサードリンク
Precious Melody Game Screen Shot

[Catchphrase] 音楽家姉弟が酒場をめぐり演奏旅行をする、アドベンチャー風RPG

[Details] Check details of this game

[Reviews] Write review of this game

[Categories]
#RPG games
#Participated in the 13th Freem! Game Contest
#Winning works in the 13th Freem! Game Contest

うーむ

No.40425 - 2018-03-16 17:01:03 - のたのた

※ネタバレを含みます

各街の一軒一軒の家屋の建築とその中身が特徴があって面白くてそれだけで素晴らしいゲームでした。
演奏も良かったです。

キャラクターに女性と子供らしさが出ていてその点も好感が持てました。

故郷に帰るまでの展開は楽しめました。

ところが、故郷を再び出発すると海賊をなぎ倒し、
怪しい斧を装備して世界の危機と戦うとか・・・
12歳の子供に何させるんですか!?みたいな怪しさがあったのですが、
寸前の所で何とか収まったのは良かったのかもしれません・・・。

お姉さんがお酒に酔いすぎを猛アピールした結果だったのでしょうか…。
最後に父親にイベントが起こるのは無かった方が良かったと思いました。
もう少し故郷を大事にしてほしかったです。

これは少年と少女が成長する話

No.40317 - 2018-03-09 22:17:12 - ケストナー

ver1.30をプレイさせていただきました。タイトルにも書きましたが、この作品は主人公たちが村や町、果ては大都会に行き、経験を得、彼女ら独自の価値観を得、世界に巣立っていく話だと感じました。

この作品では村→演奏→イベントのサイクルで動きますが、イベントに関しては、ファンタジー特有の”理想の話”ようなものが無く、主人公たちは世間に酷評されたり、評価されたりして、世界を旅していきます。また、村や町などのコミュニティに関しても、ただ長が理想だけを追い続けていても、他の一方が酷評されたり、またコミュニティ同士が衝突して別れて行ったりなど、そこの場所にしかないリアル感を感じました。まるで、そこで本当にコミュニティが成り立ち生活しているかのようにです。

時々入るネタを笑いながら、私はこの作品を楽しくプレイすることが出来ました。作者さんの次回作に期待しています。頑張ってください。

旅系RPG

No.39162 - 2018-01-08 20:56:08 - nana

音楽家の姉弟が所々の酒場で音楽を演奏し、宿屋へ泊るといった
あまり見ない変わったシステムの作品です。
酒場で姉弟が演奏しているところを聞くことができ、
またそれを飛ばすこともできる親切設計もなされている点も評価できます。
基本的にこのような流れでプレイを進めていく作品でありますが、
目的が一体何なのか見えてこないというのが残念でした。

戦闘はボイス付きでオーソドックスなシステム。
表情が変わるのも面白く、バランスもそこそこよかったのではないかと。

キャラの設定もしっかりされており、
お笑い要素も入ってきたりしていて面白い部分もあるので、
プレイしてそこまで損のあるような作品ではありませんでした。

確かに旅するRPGではあるが…

No.39073 - 2018-01-05 19:34:49 - shimesaba

2時間くらいプレイしたが、ひたすら平坦で盛り上がりに欠けることから断念。
可愛い姉弟が、訪れる町々で起こるトラブルを解決し、途中で会うちょっと変な仲間たちとワイワイするのが楽しいという人には向いていると思うが、ストーリー性や独特の世界観、やり込み要素を求める人には合わないと思う。

基本の流れは、お金を稼ぐために旅する姉弟が、
町に着く→何かトラブル→仲間が入る→解決してお金もらう→解散
を繰り返す。
姉弟の旅の目的は特に明かされることはなく、途中から何で先に進んでいるんだろう、お金を稼ぐだけなら、もう一つの町に留まればいいのではと気づく。そうなると、これ以上ゲームを続けようとする意義が見出せなくなる。

各町で起こる出来事やトラブルも基本的に小さなもので、これがフリーシナリオだったら印象はかなり違ったが、完全な一本道。依頼を受けると、他の町にすら入れなくなるほどの制約を受ける。

システムも属性を自由に変化させる等、一見面白いシステムを採用しているが、結局特定のダンジョンでは特定の決まった属性でのプレイを強いるもので(属性が外れると全くダメージを与えられないこともしばしば)、戦略性というより、プレイに制約をかけているだけのように感じる。

ファンタジーの世界で毘沙門天等の和風ネーミングの多用、店員のボイス等、若干カオスな要素もあって、突っ込みたくもなる。

商用ゲームでは味わえない作品であることは間違いなく、その意味でフリーゲームらしい良さがある。

旅をしている感覚

No.39006 - 2018-01-03 11:51:52 - ソファラ=マックス

このゲームにはたくさんの町が登場するのですが、それぞれの町に個性があり、プレイヤーも旅をしている気分で遊ぶことができます。宿に泊まる際のアイキャッチも様々で、とても雰囲気が出ていました。建物や町に入る前に場所の名前が表示されるなど、プレイヤーへの些細な気遣いがあり、迷わずにプレイできました。

戦闘も、戦略性があり楽しめました。敵の属性に合わせ戦闘前に準備をしておくのが楽しかったです。また、そのための情報収集が必要になるのも面白いところでした。あとは、これは私のプレイングの問題でもあるのですが、戦闘にかかる時間が長く感じることがありました。敵の防御(回復)や味方のミスが少なくなるとより爽快さが増すのかな、と思いました。プレイヤーの方は、属性を考えつつ、しっかりレベルを上げながら進むと楽しめると思います。戦闘が長期化しても、マナブースト(覚醒状態)等の単調にならない戦闘システムで、スリルのあるボス戦を楽しめました。

酒場で演奏をしてから宿泊するという個性的なシステムも、丁寧に説明があり困らずに遊べました。次第にプレイヤーが慣れてくる部分は、イベントを簡略化するのもよいかもしれないな、と思いました。(クリスタルの回復や街の出入りなど)それでも、酒場の演奏をスキップできるなど、配慮されている部分が多々あり、全体的にとても楽しく遊べました。気になった点としては、カーソルの選択枠がウィンドウ色と同化して見づらかったところがあったので、自分の選択しているカーソル位置がわかりやすいと、操作もしやすいかな、と思いました。

何より、キャラクターの設定や背景がよく考えられていて、人と人とのつながりを考えさせられるストーリーに、満足感を得られる作品でした。ありがとうございました。

1 / 1 Pages
Review



Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly" "games live video report"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Login and write review Or Create Freem!ID and write review

Information

[Registered]
2017-12-01
[Updated]
2019-01-31
[Current Version]
1.45
[File name]
PreciousMelody1.45.zip

[Runtime]
RPGツクールVXAceRTP
[Size]
343,723KB

黒い砂漠