夏祭りとおばけやしき【完成版】
ほのぼの脱出系ホラゲ・「夏祭り」でほのぼの楽しく遊びませんか?

スポンサードリンク
夏祭りとおばけやしき【完成版】 Game Screen Shot

[Catchphrase] ほのぼの脱出系ホラゲ・「夏祭り」でほのぼの楽しく遊びませんか?

[Details] Check details of this game

[Reviews] Write review of this game

[Categories]
#Adventure games
#Horror games
#Escape adventure
#Participated in the 13th Freem! Game Contest
#Winning works in the 13th Freem! Game Contest

夏祭りの賑やかさとおばけやしきの得体の知れなさの対比を体験できる一作。

No.43267 - 2018-09-01 22:46:37 - J-tr

クリア時間 1時間53分(BAD3)
      +25分(BAD2→BAD1→TRUE)
      +32分(おまけモード)
      +32分(ギャラリー100%)

家族で夏祭りに来た奏が
おばけやしきに迷い込んでしまうホラー探索ADV。

本作は夏祭りとおばけやしきの2部構成になっており
夏祭りではいろんな屋台を回ってアイテムを集めながら
夏祭りの雰囲気を楽しむパートで、
おばけやしきは夏祭りで集めたアイテムも使いながら
謎を解いて先に進んでいくパートになる。

夏祭りはいろんな屋台を回って
りんごあめ、たいやき、焼きそばなどいろんな食べ物を買ったり
射的に挑戦したり、水ヨーヨーを釣ったり、
クイズに答えて称号をもらったりできる。(お祭り好きの称号をもらった)
お金がなくなってきたら、お父さんに話しかけることで
お金をもらうことができるが、
酔っぱらってるときは気前よくたくさんくれたり
お母さんが横にいるときはあんまりくれなかったりで
状況に応じた細かい変化がある。
食べ物もアイテムで使用することでもぐもぐするドットが準備されていたり
ラムネを飲むと、ビー玉が手に入ったりと細かい部分が丁寧に作られている。
神社で妹の鈴とやるかくれんぼも、ダミーのキャラが木陰に隠れていて
ちょっとしたテキストがある遊び心もあって、
細かいところまで楽しめるようになっている。

おばけやしきは、蜘蛛に追いかけられる場面は最初と最後にあるものの、
謎解きの方がどちらかといえばメインになる。
謎解きの難度はちょっと頭をひねれば解けるものが多いので
そこまで高くはない印象で、一番悩んだのは
論理パズルのようで、メタな発想を要求されるカカシの部屋。
ただ、後半の謎解きは全てヒロインに任せてしまう救済措置があるので
どうしても苦手なら、使ってみるのも手である。
それとゲームオーバーになったとしても、即座にセーブした箇所から
やり直せるのでそこも結構親切設計。

エンド分岐は最後のイベントだけで誰を助けるかで大きく変化、
自分だけ助かろうとした場合は、その後のイベントをクリアできるかでも
変化する。主人公奏のセリフはメッセージでは一切なく
全て選択肢に表示されるので、選択肢は度々出るが
エンド分岐には影響しない。
そのため、自分だったらこういう時、どういう言葉をかけるかなという
好みで選んでよくて、奏と一体となって楽しむ、
一人称的な楽しみ方ができる一要素だと思う。

「蜘蛛」「兄妹」「迷子」あたりが本作のキーワードだと思う。
「蜘蛛」はおばけやしきといえば蜘蛛の巣が張ってる
イメージもあるけど、いろんな人間を捕まえて迷い込ませる、
というのが本作の黒幕あたりに感じた行動原理である。
「兄妹」はなかなかに出会えないのはどちらの兄妹にも共通していたし
キャラの関係性で印象に残る。
「迷子」は夏祭りの人が多い中で迷子になる怖さが
ラスト付近で描写されていることが多かった。
おばけやしきだけでなく、夏祭りの方でも
怖い部分はあるともいえるのかもしれない。

ホラーとして、最後までやったけど結局何だったのか不明確なものが
多くて、非常に雰囲気が出ている。
白い影みたいな人に襲われると、身体が半透明になって死んでいる、
原理なんてさっぱり分からないけど、捕まったら危険なことだけは
よく分かる。池にも謎の半魚人がいたけど、あれがなんなのかは
よく分からない。だからこそ、どこか不気味だ。
そういう得体のしれないものに溢れたおばけやしきから
脱出したからこそ
「今までのことが夢だったのかのように」というメッセージに
ものすごく共感する。
理解の及ばない世界から現実に戻ってきたんだなぁという気分にも
なりながら、共感しながら夏が終わっていく、そんな余韻も素敵。
別の解決方法になるが
とあるルートの縁の近い者を見つけ出して、脱出するというのも
怪談チックでこれも良い。

個人的に思ったことで少し欲を言うと、キャラ面で
もう少し灯花ちゃんのキャラは掘り下げてほしかった。
可愛らしくて、シナリオの大筋では悲劇的でヒロインしているけど
シナリオを除くとたいやきと夏が好きなくらいな印象で、もうちょっと
本件に巻き込まれる前の彼女を想像させる要素が欲しい。
奏より年上なので、ちょっとそこも触れて欲しかったように思う。

TUREEND後のおまけモードは奏の妹の鈴の視点で
兄がおばけやしきから脱出できるように、表の世界から
頑張っていくというストーリー。
お祭りの段階で可愛いからいろいろサービスしてもらえて
こんなレアアイテムもあるんだと、こっちのモードで知ったプレイヤーも
多そうな印象。おばけやしきでは神様がついてるのもあって、
比較的明るいノリでオバケたちを浄化していく。
でも明るいだけじゃなくてちょっとしんみりすることもある。

ギャラリー100%を目指すなら灯花ちゃんと出会った直後の
お化けとのかくれんぼ直前のセーブデータを残しておくと
シナリオの進行では手に入らない5、7、10、11、12、14の6枚が
手に入れやすい。あとは夏祭りの時のデータと、
倉の地下のイベントを全てクリアしたデータが
あれば、全部手に入れられると思う。
ただ、ギャラリーは共有セーブだけど自動セーブじゃないので
見つけた後にセーブを忘れないように注意。
ギャラリーの中では、かくれんぼした部屋の隣のトイレを
開けると、たまにおばけ役の人が入ってるのが
可愛らしくて好み。

夏祭りの賑わいのある動の雰囲気を味わった後で
得体のしれないホラーなおばけやしきに迷い込んでしまったような
静の感覚が存分に味わえる一作。
狐につままれたような、フワッとした不思議な感覚のホラーを味わいたい人向け。

お祭りのところがおもしろかった

No.41794 - 2018-05-28 18:48:19 - 応援屋

夏祭りでは、ついつい関係のないところでムキになってしまい、
時間をかけて遊んでしまいました。

楽しい夏祭りはこんな展開に…!

No.41660 - 2018-05-20 20:32:54 - nana

最初は夏祭りで金魚すくいや食べ物などの品物を買いながら楽しむことから始まりますが、
突如思いもよらぬ空間へ入ってしまった主人公。
そこは巨大な蜘蛛や奇形な幽霊などが襲ってきたりするアドベンチャーゲームでした。
またおばけ(?)からの頼まれごとや謎解きもあり、それらはそこそこ簡単ではありましたが、失敗すればほとんど即死です。
また灯花との出会いもあり、会話していくうちにそのキャラの個性が見えてきたり、真相などが少しずつ明らかになってくるのもまた楽しみの一つです。
ストーリーは残虐な話やゆるい内容が上手く融合されており、特にハッピーエンドは素敵な兄弟愛が非常によく描かれており、見ていてとてもほっこりしました。
ちなみにラストは3つプレイしました。
少し気になったのが、主人公の妹である鈴にもう少し出番を出してほしかったという事くらいだと思います。
ゆるやかなホラーゲームをプレイしたい方にはお勧めです。

夏祭りの雰囲気も楽しいです

No.41657 - 2018-05-20 17:24:39 - ここ

序盤の夏祭りの作り込みが凄かったです。
異世界に迷い込む序盤のステージですし、作り込む方は余り多くはないと個人的には思うのですが……よく出来て面白かったため、そこだけで一時間くらい遊んでしまいました 笑
しかし、その後お化け屋敷から広がる世界は、怖く不気味で、でも切ないストーリーが良かったです。
続きが気になってどんどんプレイしてしまいました。

あと、神に愛されし子には笑いましたw
ああいった作り込みも嬉しい要素でした。ありがとうございました!

兄はいつだって妹に支えられている

No.40668 - 2018-03-28 21:06:36 - げそーと

Ver.2.03でプレイ。

タイトル通り夏祭りとお化け屋敷を舞台にした探索アドベンチャーで、主人公が迷い込んだお化け屋敷で
出会った男女を交えての少し切ない脱出劇が楽しめました。

ゲームは夏祭りパートとお化け屋敷パートの二部構成となっていて、序盤は思う存分夏祭りを堪能でき
中盤以降は雰囲気を大きく変えてのホラー展開が続くというギャップの大きさが印象的でした。

ゲームの進行は最終局面までほぼ一本道ですが、ギャラリー回収を始めとして寄り道出来る場所も多く
特に夏祭りはかなり細かくイベントが詰め込まれているのでとても見応えがありました。
逆に言うとサブイベントや会話中の選択肢が多すぎて何がメインストーリーやルート分岐に関わっているのかが
判断しづらいという面もあり、分岐条件が判明するまで結構悩みながらのプレイになりましたが(汗)

謎解きはそれほど難易度も高くないものばかりでしたが、選択や行動を間違えるとあっさり殺される場面も多いので
セーブはこまめにしておくのが安全でしょう。
ただ、何度も失敗するとかなり親切なヒントを教えてくれるのでクリアまでのハードルはそれほど高くないと思います。

ストーリーはお化け屋敷に入ってからが本番で、そこで出会った二人の少年少女の謎やお化け屋敷の真実等
ホラーとミステリーがバランスよく展開して程よい緊張感と恐怖・考察が堪能できました。

Ver.2.00以降に実装されたおまけゲームは、本編とはかなり雰囲気が違うシーンが多く、若干戸惑いも
ありましたが、演出面の拘りが本編以上に際立っていて本編の謎や世界観を補完してくれるので、旧バージョンを
プレイ済みの人も必見と言えるでしょう。

総じてゲームとしての完成度が高く、映像や演出面でも見どころが多いので幅広い層にお薦めできる良作です。


※余談
神に愛された存在のチート&愛されっぷりやダンス演出が凄すぎでした(笑)

ステキなひと夏の思い出を ありがとうございました!

No.37543 - 2017-10-03 23:22:40 - 蓮賀まさとき

私は、いわゆるホラーものが苦手です。しかし困ったことに、“怖いもの見たさ”と言う厄介な好奇心も持っています。
でもやっぱり ガチなホラーは・・・と言うワケで、ちょっと緩やかそうな(キャラ絵もカワイイ♪)本作を
ver1.05、06でプレイさせていただきました。

本題のお化け屋敷パートは、想像していたより ずっとしっかりしたホラー演出だったと思います。
しかし幸いなことに、もうムリ!! とまでは行かず、適度なドキドキゾクゾク感でラストまで楽しめました♪
ギャラリーのイラストコレクションも、実に楽しみな要素でした(初プレイでは 8枚観れました)。

お祭りパートも、とても良く雰囲気を再現していたと思います。私は買い食いをメインに楽しみましたが、
持ち物画面に食べ物のアイコンが並ぶのが妙に嬉しくて(笑)。主人公の食べる仕草もとても可愛いので、
焼そばやかき氷などのバージョンも 是非見たかったですね!


※以下の文章には、エンディングに関するネタバレが含まれていますm(_ _)m





終盤からエンディングの演出は特に力を入れられたようで、効果音やエフェクト、BGMの使い方が、
切なさやじわじわ来る怖さなどを上手く盛り上げてくれていて大変印象的でした(BAD END2、3の親探しの
イベントはマジで焦った・・・)。
あと、妹の鈴の役回りが意外性があって面白かったなあ♪

それだけに、「霧を助ける」を選んだ時点でBAD ENDが確定してしまうのは、三人があまりに不憫!
その後にもう一選択(またはアクション)を追加して、間違い(失敗)だったらBAD END、
正解(成功)したらNORMAL END(TRUEのようには行かなくても、ちょっぴり救いは残る終わり方)
な~んて展開でも良かったんじゃないかと。そこが非常に残念でした。


とまあ色々書きましたが、夏祭りに潜む影の一面、楽しませていただきましたヨ♪
ステキなひと夏の思い出を、ありがとうございました!

クリアしました

No.37399 - 2017-09-25 08:52:28 - コロ@ころり

ホラーが超苦手なくせに、何だか不思議な縁を感じて
プレイさせていただきました。

祭りばやしの音に「ひゃっほー祭りだー!遊ぶぜー!」と
テンション上がって屋台を練り歩き
ホラー要素を含んでいる事も忘れ、しばらくの間
お父さんからお小遣いをせびり食べ物を片っ端から買って
食べまくる暴挙に出ました。主人公太りそう…。


それだけではなく、食べ物を食べる時のキャラの動きや
細かい演出も、とても綺麗で良く動きます。
選択肢も小ネタも多く、ホラーなのにどこかほっこりしました。
(だがしかし、たぬ吉だけはほっこりしなかった)

ギャラリーモードもあり、キャラクターの立ち絵を始めとして
イベントシーンの一枚絵等もあり
やりこみ要素も含まれています。

そういった背景もあって、そこまで怖くはなかった印象です。
むしろ終盤は 怖いよりもストーリー、会話に集中してしまって
怖さを気にせず進めてしまいました。
可哀そうではありますが、最後には救われて良かった。

ほんと、屋台巡りだけで凄く楽しいので
お面を買ったり金魚すくいをしたり。
ホラーが苦手な方でも雰囲気を楽しむだけでも
是非一度プレイして頂きたい作品です。


※後半ネタバレ※

No.37319 - 2017-09-20 14:12:31 - コロ

大概こういうホラーものって日常部分が単なるプロローグで終わってしまうのだけれどこのゲームはどちらも凝りに凝っている。作者さん自身が言うようにお祭りのみでも十分楽しめるレベル。



ただ一つだけ不満だったのが、兄は妹(鈴じゃない方)を心配している。大事にしている。
それはいいけど、とあるエンディングで妹が死ぬと「何で助けなかった!?(要約)」と詰め寄ってくるが恐らく小学生か中学生になりたてであろう子供の主人公に何を求めてるのか。兄は「主人公君、妹を連れて逃げろ!」で妹は「お兄ちゃんを助けて!」と、どちらも自身の身内ばかりで主人公を心配する素振りすら見せない。
いっそこちらの妹である鈴を助ける(まあ彼女の場合必要ないけどww)とか兄が操作キャラで良かったんじゃないかってぐらい主人公が不憫でした。

やりこみ要素もあって素敵でした

No.36589 - 2017-08-11 04:52:38 - かばやき

ホラーゲームしたさにダウンロードさせて頂いたのですが、本編に移る前のお祭りで丸一日使ってしまいました。称号の変更や夜店のラインナップの多さが個人的に心躍るポイントでした。
おばけやしきパートでは本編も然ることながらお祭りで手に入れたアイテムでの小ネタであったり寄り道した時に発生するサブイベント?も良かったです。
続編、新作も楽しみです。

素晴らしい作品でした!

No.36241 - 2017-07-21 23:13:11 - sh

ホラー感が強いのは苦手なので、ほのぼの脱出ホラゲの本作を選びました、
怖いだけかと思いきや、最後に感動的な展開もあり楽しめました!
何やら次回作もあるらしく、期待しています!

1 2 1 / 2 Pages
Review



Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly" "games live video report"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.
Login and write review Or Create Freem!ID and write review

Information

[Registered]
2017-07-11
[Updated]
2018-09-19
[Current Version]
2.09
[File name]
natsuoba.Ver.2.09.zip

[Runtime]
RPGツクールVX Ace RTP
[Size]
187,322KB

少女とドラゴン -幻獣契約クリプトラクト-