ふりーむ!(コンテンツガイドライン)

ゲーム審査ガイドライン(遵守必須事項)

  1. ダウンロードゲームは「Windows」で動作するもの。ブラウザゲームは「Webブラウザ(HTML5対応ブラウザ)」で動作するもの。共にメーカー公式サポート期間内のバージョンの動作環境での動作が必須。
  2. 次の条件で遊ぶことができるもの。「会員登録が不用」「オフラインで遊べる(ゲーム以外と通信をせずに遊べる)」「有効期限無く遊べる」「無料で遊べる」。
  3. 説明書等(ReadMe.txt等)の著者情報を記したファイルが同梱されている。この情報はゲーム起動前に閲覧できる。「制作者名(ニックネーム等、著作者を示す名)」「ゲーム名」が明記されている。
  4. 第三者の著作物(自分が制作したもの以外)を素材として利用している場合、利用許可を得ている記載。または、素材サイトなどの利用規約に沿った記載。
  5. 二次創作作品の場合は、元作品の著作者が「二次創作を許可していることを示す」「二次創作活動のガイドラインを提示しているURL」のどちらかの記載。記載ガイドラインの遵守。
  6. 「ゲームタイトル」「キャッチコピー」「ゲーム紹介文」等の文言に、18禁用語・差別用語・人を不快にする可能性のある用語が含まれていないこと。
  7. アフィリエイトなどの商業広告が掲載されていないこと。
  8. プレイヤーが予期しないかたちで「WEBサイトへ誘導する」「別ソフトをインストールする」など、プレイヤーを欺く内容が含まれていないこと。

ゲーム審査ガイドライン(禁止事項)

  1. 公式サポート期間の終了したOS・ブラウザでしか動作しないもの。 → 現行の公式サポートOS・ブラウザでの動作が必要。
  2. 「利用のためにインストール等のOS再起動が必要」「管理者権限が必要」なもの。 → プレイヤーの端末セキュリティリスク軽減のため、高い権限利用NG。
  3. メールアドレスなど個人情報を収集するもの。 → ランキングや簡易WEBセーブなどの機能では、ランダムなID発行などで代替可能。通信オフでもゲームプレイ可能なことは必須。
  4. 光過敏性発作を誘発する可能性のある次の表現。「強い点滅」「激しい点滅」「激しい画面変化」「縞模様・渦巻きの過度な利用」。 → 表現のガイドライン。「点滅」「画面変化」は「1/3秒に1回まで」。「縞模様・渦巻き」は「目で追える程度」「長時間見せない」。共に「このような表現が含まれている」と事前告知の実施が望ましい。
  5. 「18歳未満にふさわしくないゲーム」「プレイに登録が必要なゲーム」「オンライン接続が必須のゲーム」「ゲーム内で課金要素のあるもの」「広告が掲載される・広告へジャンプするもの」「WEBサイトへジャンプするもの」「ゲーム以外の広告ソフト等が同時にインストールされるもの」は掲載されません。 → 公式サイトへのリンク等の軽微なものは、テスト的に掲載を行う場合があります。
  6. [Browser] 外部との通信(外部ライブラリ読み込み含む)。 → プレイヤー端末セキュリティリスク軽減のためNG。

ゲーム審査ガイドライン(配慮が必要なもの)

  1. [Download] ソフトから情報をサーバーなどに送信する機能がある場合、「送信される情報内容」「取り扱い目的」をプレイヤーに明示的に告知する必要があります。「個人の特定につながる情報」の送信はできません。
  2. 「有料ゲームの体験版」「後編が有料になるゲームの前編」(全て遊ぶためには有料版が必要など)の場合は、「有料ゲームの体験版です。」など、体験版であることを記載する必要があります。有料ゲームと分離した告知用の短編ゲームの場合は、体験版扱いではありません。

性表現・暴力表現に対するガイドライン

  1. 18歳未満に不適切と考えられる内容は含めることができません。ただし、創作性を優先するため、創作上必要な表現は認められることがあります。
  2. 一般的な「18禁セクシー作品」と「セクシーなシーンのある一般作品」の違いは「性的興奮を目的とする過激な内容」と「何らかの物語の中にセクシーな描写が含まれている」こととします。
  3. 一般的な「18禁バイオレンス作品」と「バイオレンスなシーンのある一般作品」の違いは「残酷描写を中心とする過激な内容」と「何らかの物語の中にバイオレンスな描写が含まれている」こととします。
  4. 物語の中で性行為や性的なシーンが描写されている場合、物語に必要性がある場合は創作性が優先されます。その際、該当部分の描写が性的興奮を喚起させるような内容や長さの場合は、一般向け創作ではなくポルノ表現に近いと判断されます。
  5. 暴力・残酷な表現は、特にビジュアル面でのグロテスクな描写は制限される可能性があります。
  6. ビジュアル面で必要性があるものの描写は創作性が優先されますが、ビジュアルは特に刺激が強いため、裸体などは卑猥な目的と判断されやすくなります。ただし、物語の特性上、裸体の登場人物を描く必要がある場合、ある程度まで創作性が優先されます。
  7. 日本での一般的な全年齢向け漫画雑誌程度の描写は、基本的に問題ありません。少年漫画雑誌や青年漫画雑誌が安全なラインです。ただし、性行為やグロテスクな描写は刺激が強いため、ある程度自主規制した表現をお願いしています。
  8. 見る人によって卑猥・暴力・残酷に関する基準が異なるため、望まぬ方の手元に届かないように、これらの表現は自主規制を行ないモラルのある創作活動が必要です。

禁止表現に対するガイドライン

  1. 実写によるグロテスク・残酷な表現。
  2. 写真・イラスト(キャラドット絵などリアリティの低い画像を除く)などビジュアル面での「臓器」「生体解剖」「生物の切断」「身体の過度な欠損・貫通・虐待・拷問・リストカット・自傷行為・つぎはぎ」「汚物」「過度な残酷・グロテスク・猟奇的・鮮血・ゴア・スプラッター」描写。
  3. 写真・イラスト(キャラドット絵などリアリティの低い画像を除く)などビジュアル面での「性行為を想起させる」描写。
  4. 「自殺を肯定・推奨する」「犯罪を肯定・推奨する」「近代のテロ・事件を題材とする」など、犯罪を助長する・模倣を招く・公序良俗に反する内容の描写。
  5. 病人・身体的な悩みを持つものに対して、不快にさせる・冒涜する・差別的な表現。
  6. 人種・宗教・国家・地域・団体・職業・著名人・時事問題・他者などに対して、差別的な表現や、著しく思想的な表現・ヘイトスピーチ。
  7. 政治的・思想的など、強い思想的な主張の含まれる表現。
  8. 権利関係の不明瞭な素材・公序良俗に反する写真(例:動物の死骸や死体・事件事故)など、またその素材を元に加工した素材の利用。
  9. 許可を得ていない実在の人物写真・近代の故人写真の利用。
  10. 近代の戦争(第二次世界大戦以降の戦争で、被害者や遺族が生存するもの)や、その関係者などを題材としたもので、関係者を著しく不快にさせる恐れがあるもの。
  11. 実在の著名人や、他者の創作キャラクターに「酷似」、または「誤認」する可能性のあるもので「他者の知名度に便乗する」「他者の名誉・印象を落とす」もの。

表現に対するガイドライン(補足)

  1. 表現の自由により、創作表現が優先されます。
  2. 禁止項目に当てはまる場合でも、これらの表現を目的・主題・主体としておらず、創作上必要な表現であれば掲載する場合があります。
  3. 残虐やグロテスク・不快感などを強く喚起させるもの、その目的や度合いが強いものは、いたずらに不快感を刺激させるものとして掲載が難しくなります。
  4. 風刺やパロディなど、明らかな法令違反と判断できるものではなく、表現の自由の範囲内でマナーの守られたものは、創作作品として判断します。
  5. 直接的な表現ではなく「メタファー」によるものは、基本的に創作表現として判断します。

キャプチャ画像に対するガイドライン

  1. WEB上に掲載されるキャプチャ画像は、様々な方が意図せず閲覧する可能性があります。そのため、キャプチャ画像はよりマイルドなものに限定されます。
  2. 「サムネイル」「アイコン」画像は、ゲーム紹介ページ以外での表示がメインとなります。そのため、刺激の強い表現・配色、不快なデザイン・配色などができません。

Q&Aコーナー

QNG事例を教えてください。
A「殺人を肯定・推奨する内容」「自殺を肯定・推奨する内容」「リストカット画像」「人体の断面イラスト」「グロテスクな画像」「メンタルヘルスが良好で無い方の事件模倣につながるもの」「快楽のための違法行為を目的としたもの」「性器または性器に酷似した画像」「権利関係の不明な素材利用」
Q作品内で違法行為や自殺をテーマとすると掲載NGになりますか?
A端的に説明すると、NG表現を「目的としている」「主題として肯定している」「事件の模倣を招く」ものはNGです。作品内で違法行為を行うキャラクターが存在することは問題ありません。創作では一般的なことです。NGな表現は、自殺をテーマとした場合、「主人公が自殺をすることを目的としている・肯定している」ものは、「模倣を招く」「自殺を肯定する」ため掲載NG対象となります。しかし「プレイヤーへ何かを伝えようとする過程で、自殺を目的として行動する」「主人公の日々を描写する中、何らかの理由で自害する結末となった」などは、創作表現と判断しています。ただし、自殺を肯定・推奨するものは、望ましくありません。

また「不適切な行為を目的としたゲーム」と「何らかの創作表現の中やその過程で、不適切な行為を行うゲーム」は異なります。「不適切な行為を目的」としたゲームは、例えば「虐待や拷問など残虐行為を楽しむ目的のゲーム」は、これらの行為を主題・目的・主要部分となっている場合は、いたずらに刺激を目的とした内容で掲載が難しくなります。特に生死に関わる違法・残酷表現で、リアリティの高いものはNGです。あくまで「空想世界のゲーム」である必要があります。ただし、何らかの伝えたい主題があり、その過程で必要なため描写される表現は、創作性を優先する可能性があります。

「人を殺すことを仕事とする主人公の物語(OK)」と「人を殺すことを仕事とする主人公を操作して殺害行為をする(NG)」ゲームは異なります。空想上の物語を描くことと、プレイヤーが過激な違法行為を楽しむことのような違いがあります。もちろん、物語の演出上このようなシーンが含まれることは必要性があるかもしれません。また一枚絵などのイラストで残酷なシーンが表示されると、残酷描写が目的の内容となり、掲載が難しくなります。ビジュアル面は特に、刺激が過度に強くなるためです。そのため、基本的に「イラストで過度な表現は控える」自主規制をお願いいたします。

ビジュアル面以外の内容としては、リアリティが高く残酷すぎる描写は難しいことがありますが、基本的に問題になるケースは限りなく少数です。
Q宗教的な表現NGは、どういう意味ですか?
Aゲームの中で、宗教的な表現(十字架・お墓・天使など)が登場することは一般的で問題ありません。NG表現は「宗教的な主張・アピール」「特定の宗教を批判・侮辱」などのものです。創作はあくまで空想世界の出来事であり、現実の世界の団体を意識した主張は、創作表現として判断していません。気になる表現がある場合は、該当する宗教の方が不快にならないように、フィクションである旨の表示や、失礼に当たらないようにするなどの配慮が望ましいかもしれません。
Qキャラの損傷などの表現はどこまで大丈夫ですか?
A何事にも限度があります。特にイラストに関しては配慮が必要です。戦闘の中で損傷することが発生しても、その様子をグロテスクなイラストで表現することは、過度な表現と考えられます。各自のイメージに委ねる文章表現とは異なり、イラストは強い表現力があるためご配慮ください。
Qセクシー表現・バイオレンス表現の可否を詳しく知りたい。
Aイラストをあなたのご家族に見せて、安全な表現か確認してみてください。
QNG表現が含まれるかもしれないのですが、どうしたらいいですか?
A「イラスト(一枚絵など)をマイルドにする」「レーティング・自主規制表現を設定する」「ゲーム紹介文、ゲーム起動後に表現の注意表記を行う」などで、望まぬ方の手元に届くことの防止活動をお願いします。表現が問題でNGになる作品はごく少数です。特に生死や生命に関する過激表現が中心です。あまりに過激になると掲載が難しいため、過激行為を目的とする路線の場合は表現への配慮が必要かもしれません。
Q禁止表現や禁止内容のゲームが掲載されています。
A法律に違反するものは掲載できませんが、表現に関するガイドラインに関しては指針となっているため、ケースバイケースで判断しています。テスト的に掲載を実施してプレイヤーの反応を確認しているものもあります。またガイドラインの改定前に掲載されていた作品に対して、過去へさかのぼってガイドラインを厳密に適用しないことがあります。素材に問題があるなど法的な問題が含まれている可能性がある場合は、まずは直接クリエイターへ連絡してみてください。他にも問題があれば「ふりーむ」までお問い合わせ、または情報提供のかたちでご連絡ください。
Q今制作中のゲーム内に、過激かもしれないシーンがあります。禁止表現になるのか気になります。
A主に「日本のコンビニで販売されている、全年齢向けの漫画雑誌」「日本のコンシューマゲーム機のレーティング」を参考にしてみてください。過激な表現を、直接的に描写したものは年齢制限の判断材料になります。掲載NGになるものの多くは、イラストでの過激シーンが原因です。そのため、イラストが懸念点の場合は、イラストをマイルドなものへ差し替える準備があると安全度は高まります。
Qどう見ても18禁内容に見える作品があります。
A18禁の線引きは明確ではありませんが「性行為を快楽的に描く」「性行為そのものを直接的に描く」「過度に煽情的な表現」「グロテスク・残酷な画像」は禁止しています。「お色気シーン」「お色気キャラ・服装」「多少露出度が高い」ものは、ケースバイケースになりますが基本的には問題ありません。「自主規制表現へのチェック」「レーティングを上げる」など、望まぬ方への手元に届くことの自主的な防止をお願いしています。
Qドット絵や文章なら、エログロもOKですか?
A何事にも限度があります。文章は基本的にNGになることはほとんどありませんが、官能小説のようなものは厳しくなります。ドット絵も同様に、性行為を行うアニメーションは「性行為そのものを描く」もののため、基本的には18禁と判断します。しかし、物語の演出上どうしても必要性がある場合など、ケースバイケースです。文章も画像も共に「直接的にその部分を描く」ことは、いたずらな刺激を行っているように判断されます。これらは「きわどい部分を表示しないアングルで、その行為を示唆する」「メタファーにより状況を表現する」など、創作性の高い手法で代替が可能なことが多々あります。判断に悩んだ場合は、これらの手法も検討してみてください。
Qこのページの内容について。
Aガイドラインは、あくまでガイドです。掲載可否の保証はありません。基本的にこのガイドラインをベースに判断していますが、ギリギリのラインを攻めているように見えてコースアウトしているレーサーもいます。そのため最終的にはケースバイケースです。また状況や時代背景に合わせて、ガイドラインは追加・調整を重ねています。

まとめ

NG「18禁」 「イラストは『バイオレンス』『グロテスク』『性的』の点で過激」 「他者が不快に感じる」 「公序良俗に反する」 「不幸な模倣につながる」 「激しい点滅や画面変化」 「現実世界へ影響が出る・トラブルになる可能性がある」
OK「文章や小さなキャラチップでの強い表現で、それらの行為を目的・主体としておらず、創作の中で必要なもの」 「望まぬ方のプレイ防止要素」
ひらたく言うと表現:グロすぎ、エロすぎ、過激画像NG。ほどほどの自主規制と、好まぬ人のプレイ防止を。
最終更新日:2017/06/28