第9回 ふりーむ!ゲームコンテスト

第9回ふりーむ!フリーゲームコンテスト


Wizarien Hearts-THE LOST TRUE MEMORIA-

[制作者]
和み夢さん

[ジャンル]
RPGゲーム

▼制作者のコメント▼
この知らせが来た時は目が点になりました。
まさか入賞、しかも最優秀賞だなんて・・
そうか・・これは・・夢だな!!と思うほどです。

数多くある作品の中から最優秀賞に選出して頂き、
ありがとうございます。
今回の作品が初作品なだけに本当に嬉しいです。
ふりーむ様、プレイして下さった皆様、
本当にありがとうございました。
▼審査員のコメント▼
全体を通して各要素の世界観が統一されており、自らがその世界にいるような感覚を体験できた。システム面や各動作スピードも快適で、マップデザインも良い。戦闘や成長システム等、全てが目的の世界観を表すための要素となっていて、しっかりと統合できている作品。
★優秀賞★

前向き勇者
前向き勇者

[制作者]
ポルゼンヌ小林さん

[ジャンル]
RPGゲーム

▼制作者のコメント▼
私めの作品のようなものがこんな大層な賞に釣り合っているのかどうか不安ではありますが、それだけ評価して頂いたことは本当に嬉しい限りです。
元々は数分程度で終わる予定で作り始めた思い付きネタでしたが、自分が入れたいシステムを考えなしに追加していった結果このようになってしまいました。
製作や公開にあたってお世話になった方やご迷惑をお掛けした方、プレイして頂いた方全員に感謝しています。本当にありがとうございました。
▼審査員のコメント▼
一方向しか向けないアイデアを、アクションRPGとして楽しく実装できている。成長システムやアクション性も遊び甲斐があり、フィールドを冒険する楽しさに溢れている。各セリフもウィットに富んでおり、なおかつ無駄も無い。発想と実力を兼ね備えた作品。
長編RPG部門

金賞

オヴェルスの翼

オヴェルスの翼

[制作者]
若羽さん

▼制作者のコメント▼
まさか初めて作ったこの作品で賞をもらえるなんて感激です。それもふりーむコンテストの中で一番欲しかった長編RPG部門、更にその中で一番素晴らしい金賞という名誉ある賞をいただけたことは大変大変大変光栄です。まずは審査員の方やこの作品に投票してくださった方々に心より厚く御礼を申し上げます。
さて一番最初に「この作品は初めて作った」と言ったんですが、初めて作ったと言っても構想やらを含めるとかなり長きに渡って作ってきた作品でもあります(7~8年以上前から)。なので、自分の持てる力を全て注いだ作品でもあり、恐らく最初で最後の作品になるかと思います。この作品を完成させるにあたり、無償でマップを提供してくれた方や動作グラを提供してくれた方、スクリプト関連を見てくれた方、楽曲を提供してくれた方、絵師様、そしてこの作品を応援し続けてくれた方、様々な人の支えがあって、私の描きたかった物語を形に出来た事、この作品が今こうしてここにあるこ事をこの場をお借りして御礼申し上げます。そして今一度、このような素晴らしい賞に私の作品を選んでくれた事、心から感謝したいと思います。

舞台設定・キャラクターもしっかり描かれており、物語の展開も徐々に盛り上がる流れが良かった。戦闘やダンジョン攻略等ゲーム進行でも、こまめに凝ったイベント演出が挟まれるため楽しく進めることができる。ストーリーが丁寧なだけではなく、BGMも含めた演出で、ゲームならではの楽しさが詰まっていた。

銀賞

9th Existence ver2.02

9th Existence ver2.02

[制作者]
ローグさん

▼制作者のコメント▼
作り始めた当初はただ趣味で作っていただけものだったのですが、思い切って公開したところ多くの方に遊んで頂けているようで、私自身大変嬉しく感じております。

このような賞を頂くことが出来たのは、ひとえにプレイヤーの皆様方のお力添えがあったからだと私は思います。
「この部分は良かった」「こうした方がもっと良くなるのでは」「楽しかった」といった率直な意見や感想を頂いたお陰で、制作意欲を駆り立てられるとともに、制作者目線では気付きえなかったプレイヤー目線での考え方を9th Existenceに反映させる事が出来ました。

今後も皆様の意見を参考に、より良いものを作っていければと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。
この度はどうもありがとうございました。

戦闘・成長等のシステム面や、安心感のある物語の展開等、総合的にRPGとして長時間遊びたくなる要素がたっぷりと詰め込まれていた。マップレイアウトやウェイト等の気になる部分があるものの、それぞれのシステムを丁寧に実装し、JRPGの楽しさ溢れる良作。

銅賞

First Fantasy

First Fantasy

[制作者]
KANOTOSOFTさん

▼制作者のコメント▼
受賞ありがとうございます。
自分のやりたいものを詰め込んだだけの作品が評価されたこと、ただただ嬉しい限りです。私と同じものを求めている人に喜んでもらえれば良いと始めた制作でしたが、思った以上に多くの人に認めてもらえたようで、制作者としても驚いています。
本作は私の甘い制作態度が災いし、12月の公開直後は山のような不具合が報告されました。審査対象となったver1.18は、貴重なお時間を割いて私にメールを送ってくれた多くのプレイヤーの皆様無くしては作り上げられませんでした。この場をお借りして、感謝を申し上げたいと思います。

今後も、私の制作は「自分のやりたいもの」を中心に行っていくつもりです。
私と嗜好が似ている方ならば、きっと楽しんでいただけるはず。ふんわりと期待してください。

素材集めや成長システム等、全体を通して様々な要素を楽しい形で導入できている。移動速度やマップデザインも配慮されており、キャラの個性もあり、JRPGとしてしっかり楽しめる良作。

短編RPG部門

金賞

▼制作者のコメント▼
大変素晴らしい賞をいただきありがとうございます!

このゲームは職場の仲間たちがやっていた「共通のプロットでRPGをツクールで作ってみる」という、お遊び企画の参加で開発がスタートしました。

 ・勇者が魔王を倒す。
 ・ラスボスは魔王。
 ・グラフィックは既存の素材をなるべく使う。

といった、何のヒネりも面白味もない規定を守りながら
自分の作品の個性を出すことに注力しました。「ソサペド」にはRPGとして、個性的なシステムも美しいオリジナルグラフィックもありません。その代わりに、以下3点にこだわりました。

 ・作者の四半世紀にわたるRPG愛
 ・ネタ/ベタ/メタの3要素を融合させたシナリオ展開
 ・「面倒くさい/難しすぎ/簡単すぎ」と思わせないバランス

シナリオやイベントに最も力を入れましたが、初心者もゲーマーも楽しめるバランスとテンポを意識し、せっかくの個人製作なので個人的趣味で数々のRPGネタも仕込みました。

幼い頃の私は、ゲームが苦手な子供でしたが、RPGというジャンルに出会い、その魅力にのめり込みました。大事なこともRPGに教わったし、思い出もたくさんあるし、結果として、RPGに導かれてゲーム業界の道へと進みました。私にとってRPGとは、人生の友であり、師であり、伴侶です。RPGに捧ぐ、愛と感謝を「ソサペド」に全力で込めました。恋文を読まれるような感じで、少し恥ずかしいですが少しでも多くの方が「ソサペド」を楽しんでプレイしてくださると嬉しいです。

いやぁ、RPGって本当にいいもんですね~

※現在は外伝を制作中です。続編もいずれやりたいです。

進行やイベント演出・セリフ量・マップデザイン等、全体を通して快適に遊べる完成度だった。戦闘スピードが遅い点と、ネタ内容の好みが分かれる点が気になるものの、負担無く遊べる展開や演出がされていて、冒険を進める楽しさに溢れていた。

銀賞

幻影のビブリオ

幻影のビブリオ

[制作者]
宮波笹さん

▼制作者のコメント▼
初のふりーむ!フリーゲームコンテストで賞をいただけるとは思いもよりませんでした。選んでくれた方々ありがとうございます!

今思うとここがもう少しなーとか、いろいろ思うことはありますがキャラクターの個性とか、イベントの動きとか前作よりもいいものを!とがんばった作品でもあります。

この短編作品だけで終わるつもりだったのに、何故か伏線を張るだけ張って未回収でEDを迎えたため、続編を希望される声もありうれしいやら申し訳ないやらでいっぱいです。

その辺は首を絞めるのでここでは言えませんが、今後もゲーム制作は続けていく!と宣言させていただきます。

このたびは本当にありがとうございました

短い物語の中で主要キャラクターがしっかり活きていることや、演出や戦闘・成長システム等が統一されているため、最後まで楽しく遊ぶことができた。セリフ枠が読みづらい点は気になるものの、短編として無駄なくまとめた良作。

銅賞

▼制作者のコメント▼
今まで実験的な作品が続いたので、初心に帰って正統派?RPGを作ってみました。その代わり、変則的なフロントビューの戦闘や、イベントなど、演出面には新しい手法を取り入れました。特に気に入っているのは秋覇吐が占拠される場面の、ビルの窓に飛行機が映りこむシーンです。企画段階ではもっと暗く、リアルな話にする案もありましたが、この路線にして正解だったかと思います。

少年漫画のような展開や勢いがユニーク。登場人物が多くテンポが速いため、物語の展開が早すぎてわかりづらい点はあるものの、システム面は快適で画面演出、個性的なノリが楽しい作品。

アクションゲーム部門

金賞

▼制作者のコメント▼
 今作は8年間積み上げてきたゲーム制作ノウハウを詰め込んだ集大成であり、
”こんな演出ができたらきっと面白い”という要素を自分なりに突き詰めたものでした。
その分、攻撃と回避の両立ができないシビアなゲーム性や、慣れている人なら直感でわかる部分の説明を省くなど、流行に逆行するひとりよがりな面もあります。
それが今回のような華々しい成果を挙げられた事に関しては体が震えるほどの強い達成感を感じています。

 しかしながら、完全に個人でゲームが作れたわけではなく、
私のできない分野である音楽や効果音といった素材を配布している人、
ゲーム制作ツールを開発している人がいたからこそ作れたものです。
作品という手段を使い、『世の中にはこんなにもすばらしい素材があるんだ、こんなにも便利なツールがあるんだ』という事を
多くの人に伝えられることが(道楽でやっているものではありますが)クリエイターに与えられた恵みだと思っています。

 ありがとうございました。

難易度の高い横スクロールアクションとして、ステージデザインがしっかり練られていて楽しかった。2キャラの使い分けや攻撃方法・敵キャラの種類など、全体的に無駄なくまとまっていて完成度が高い。

銀賞

▼制作者のコメント▼
賞に選んでいただきありがとうございます。
短いけど何回でも遊べるゲームを目指して作りました。
これを機にもっと多くの人にプレイしていただけたらと思います。

必死で敵を倒しながらアイテムを集め、瞬間的にどの五線譜上に移動するか判断しながら遊ぶスタイルが面白い。徐々に増える敵の種類もバリエーションに富み楽しく、絶妙なバランスで攻略し甲斐がある。

銅賞

▼制作者のコメント▼

一見普通のRPGマップに見えて、重力が下に向いているところがユニーク。操作がやや難しいものの、一見、平面マップのように見えるステージ攻略は新鮮で、アイテム集めやセーブシステム等も個性があり、楽しく遊ぶことができた。

シューティングゲーム部門

金賞

モンストバスター1.5

モンストバスター1.5

[制作者]
御清水さん

▼制作者のコメント▼

ショットとボム、得点アイテムのみというシューティングの基本的な要素に絞り、ステージ構成や敵の特徴をバランス良くすることで白熱したシュートが体験できた。基礎的な要素のみで面白くなることを示す良作。

銀賞

EasyShoot!

EasyShoot!

[制作者]
W.Wingさん

▼制作者のコメント▼
まさか、DLの伸び数的にも考えてこのような賞が頂けるとは思っても見ませんでした!
シューティングゲーム自体は苦手なジャンルですが勉強の為にシンプルに短い期間で作ることを目標としました。
作るのもとても楽しかったです!!

まだ遊んでいない方も是非遊んでいただければと思います!

選択中の弾のみレベルアップする仕組みが面白く、戦略的な遊び方ができる。連打で緊急回避のシステムもユニークで、HPやEPによりゲーム性もある。BGMも快適で、長時間延々と遊びたくなるゲーム。

銅賞

メタルレオタード

メタルレオタード

[制作者]
HIOSさん

▼制作者のコメント▼

ボムでHPが減るシステムがユニーク。敵種類の豊富さや登場バランスは良いものの、弾の識別が難しい点や、ステージ上の盛り上がりにやや欠ける点、効果音類が少なく全体的に寂しく感じる点が残念。

アイデア部門

金賞

▼制作者のコメント▼
「フゴォッ金賞じゃと」

奇抜なシステムを抑えて万人受けするように作った作品でしたので、これでアイデア賞ということはもう金輪際アイデア賞以外の部門賞はもらえない気がします。次回こそは優秀賞の反応に困るものを狙います。

プレイしてくださったみなさん、ありがとうございました。

砂時計で時間を止める・戻すシステムや、道具をぶちまける等の遊び方に個性がある。マップがやや寂しい点や、何をすべきか不明な点が気になるものの、各所を調べたコメントも含め子どもらしさや可愛さ、そして展開が楽しみになる作品。

銀賞

▼制作者のコメント▼
素敵な賞をありがとうございます!
昨年に引き続き、未熟な私たちがこうして評価していただけたことに大変驚き、そして嬉しく思っております。これからも皆様に楽しんでいただけるようなゲームを、私たちも楽しみながら作っていけたらと思っております。
審査員の方々、ゲームを制作するにあたりお世話になった方々、ゲームをプレイしてくださった・感想を送ってくださった方々、本当にありがとうございました。

主人公がうつむいているため、キャラクターが鼻から下しか表示されないという設定がユニーク。設定とヤンデレ展開もブレていない。最終的に相手の顔が見えてしまう点に好みが分かれそうなものの、うつむきの設定が新鮮で良かった。

銅賞

SElementAct

SElementAct

[制作者]
雨夜曲切さん

▼制作者のコメント▼
受賞ありがとうございます。

本作は作っていて楽しいゲームでした。
カードゲームゆえに、組み合わせでバグが量産されたのもいい思い出です。

カードゲームのルール考案と、クエスト等を通して遊ぶRPG要素の融合が良かった。クセのあるカードが中心で、慣れるまで初心者には難しい点が残念なものの、操作性等ゲームとしての完成度は高い。

お笑い部門

金賞

▼制作者のコメント▼
受賞ありがとうございます。プレイしてくれた方々に心から感謝致します。

かなり濃い目のキャラクターばかりではあるものの、その個性を活かしきった乙女ゲームの世界観がすごい。恋愛ゲームのあるあるネタが豊富で、良い意味でそれを裏切る展開も面白かった。下ネタが含まれている点が気になるものの、男女共に楽しめる作品。

銀賞

▼制作者のコメント▼
 このたびは素敵な賞をいただくことができ、とても嬉しく思います。
 自分でつくったものというのは、他人様の目から見て果たしておもしろいのかどうか、判断できないものですが……こうしてひとつの評価をいただいたことは、目安のひとつにしてもいいのかな。
 少しでも多くの人にプレイしていただき、少しでも多くの人になにかしら感想をもっていただければ、これ以上の喜びはありません。

テンションとノリが個性的で面白い。システム面では使い勝手が良くないものの、画面や音楽などの演出も笑えるものが多く、コメディノベルとして楽しむことができた。

銅賞

番外 奥の細道

番外 奥の細道

[制作者]
Torezuさん

▼制作者のコメント▼
まさか入賞するとは思わず、メールを何度も見返してしまいました。コンテストの為に、ふりーむ!様へのリンクだけを貼っておいて、良かったと思いました。一応自分でも芭蕉と曽良の掛け合いを、ギャグタッチで作ったつもりだったので、今回お笑い部門で賞をいただけて、本当に嬉しかったです。バグが多かったので、そこを指摘していただけたコメントも、プレイしてくれてるのだと嬉しかったです。本当に今回の入賞は嬉しかったです。ありがとうございました!

奥の細道をベースに、旅路を楽しめる発想がユニーク。戦闘や道中が単調な作業になるものの、各地で俳句を詠みそこから魔法として使えるアイデアや、主人公達のやり取りもウィットに飛んでいて楽しく進めることができた。

女性向けゲーム部門

金賞

夢堕ちのインキュバス

夢堕ちのインキュバス

[制作者]
さん

▼制作者のコメント▼
この度は、このような賞をいただけたこと、大変光栄に思います!
一人で試行錯誤の末に一生懸命作ったゲームだったので
喜びもひとしおですが、驚きのあまりに信じられない気持ちも大きく
まだ動揺しております…(>_<;)
ゲームをプレイしてくださった方への感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!

ミニゲームが豊富にあり、プレイヤーとして物語に参加できる楽しさが良かった。悪夢の解決方法も選択したキャラクターによって異なっているので、周回プレイをしたくなる欲求をかきたてられる。恋愛イベントもスチルも豊富に用意され、楽しんで制作されたことが伝わってくる作品。

銀賞

二酸化テルル

二酸化テルル

[制作者]
伽那ノ光さん

▼制作者のコメント▼
シナリオ:伽那ノ光
コドモからオトナになったと思うときはいつでしょう。成人式でしょうか。お酒がおいしいと思えたときでしょうか。もらったお給料で親にプレゼントを買ったときでしょうか。それとも、初めて本気で人を好きになったときでしょうか。

「二酸化テルル」は15歳の少女が学校の先生に恋して、ちょっぴり大人に成長するお話です。中道エンドのあとに、きゃりーぱみゅぱみゅ様の「おとななこども」を聞くと、印象がより深くなると思います。ぜひ聞いてください。

イラスト:椎屋緒紅
セレンちゃんのどきどきワクワクした1日が皆様に伝わっているでしょうか? 私は今回イラストのお話を頂いてから、ゲームが完成するまで、ずっとどきどきワクワクしっぱなしでした! イラストは何度も何度もシナリオを読み、今ふたりはどんな気持ちで、どんな顔をしているんだろうと考えながら、二人になりきって描きました。今ではシナリオを見なくても余裕で一人二役できます。

この度は、このような素晴らしい賞をありがとうございます。たくさんの遊んで下さった方たちのおかげです。また、これをきっかけに遊んで下さる方が増えれば嬉しいです。

教師と生徒の特別授業というシチュエーションが、乙女ゲームらしく物語に入りやすい。科学の専門用語や知識も作中に登場するものの、分かりやすく説明され万人向けになっている点も良かった。「科学する」か「空想する」かの選択肢、酸素を集めるという授業内容もユニークで面白い。

銅賞

▼制作者のコメント▼
初めましての方もこんにちは!闇黒天使の如月燎椰と申します。
今回、初めてフリーゲームコンテストに参加させていただきましたが、乙女ゲームを作り始めたのは9年前。
受賞メールを頂いた時は、本気で涙が出ました。
嬉しいです、ありがとうございます!

私の作るゲームは長編が多く、攻略対象キャラも多いですが、逆ハーレムのルートとエンディングがあるというのが一番の売りです(笑)
もしよければぜひ一度遊んでみてくださいね。
容量とか引くぐらいの大きさですが、この頂いた賞がきっかけで遊んでくださる方が増えたら……と思います。

最後に選んでくださった審査員の皆様、数作前から私のゲーム音楽を制作してくださっているSASASANN様、タイトルロゴを制作してくださったリバモリウム様、声で生命を吹き込んでくださったキャスト様、ゲームを遊んでくださった皆様、応援してくれた家族、友人……またこちらを読んでくださっている方、誠にありがとうございました!
全ての皆様に心よりの感謝を。

これからも制作頑張るぞー!

ファンタジーな世界観と、キャラクター達の個性が丁寧に描写されている点が良かった。違和感のないボイスや各章ごとの恋愛イベント等の要素がしっかりしていて、先へ進めたくなる楽しさに溢れていた。逆ハーレム気味なシチュエーションに好みが分かれそうではあるものの、OPやスチルの豊富さなど意欲的に作られたことが伺える作品。

探索アドベンチャー部門

金賞

物念世界

物念世界

[制作者]
リリティーさん

▼制作者のコメント▼
金賞の受賞、ありがとうございます!

探索ゲームなので
マップの雰囲気作りはとくに力を入れました。
未プレイの方も物の念が作り出した世界を
歩き回ってみてください!

素敵な音楽を提供してくださった素材サイト様
ゲームを遊んでくださった皆様、
審査員の皆様、ありがとうございました~。

それぞれのアイテムに繋がった世界を行き来するという内容が面白い。アイテムの特徴に世界観が沿っていて、さらにグラフィックで巧みに表現できている。物語の展開とマップ進行のバランスが良いので、繋がった世界に長く滞在せずにすむのも良かった。

銀賞

狐面さん

狐面さん

[制作者]
ぜむねこさん

▼制作者のコメント▼
この度は数ある作品の中から私の作品を選んでいただき誠にありがとうございます。
受賞連絡を頂いた際には驚きと嬉しさのあまり、何度も見返してしまったほどでした。

本作を完成させるにあたり幾度となく試行錯誤を繰り返し、ストーリーや設定の再構築をせざるを得ないこともありました。
それでも、「何が何でも完成させる」という気持ちで製作を続けてきた結果がこの受賞だと思います。

現在製作中の次回作ではさらに面白い作品を皆さんにお届けできるようにしていく所存です。
最後になりますが、本作をプレイしてくださった全てのプレイヤーさんへの感謝の言葉で締めさせていただきます。

プレイしていただき、本当にありがとうございました。

調べられる箇所にはアイコン表示、マップ移動は選択制にしているなど、余計な操作が省かれ作業感を感じない点が良い。人物にアイテムを提示して情報を得るなど、システム面がプレイしやすく且つ楽しめるようになっているのが特徴的。探索のしやすさだけでなく、狐面さんの設定や世界観なども魅力的な良作。

銅賞

▼制作者のコメント▼
この度は、誠にありがとうございます。
作りたい物を作るスタンスで、これといって派手さも萌えも無い拙い作品ではありましたが、数多くの作品の中から受賞出来た事をとても光栄に思います。
皆さまのご愛顧と各素材サイトさまに感謝すると共に、今後も精進していきたい所存です。

村特有の言い伝えや儀式などをテーマにしており、設定も細かく練られた古き良きホラーゲームの楽しさがある。自作のグラフィックも、和風の雰囲気にマッチしていて不気味さがにじみ出ている。アイテム探索が少しわかりにくいのが残念。

脱出アドベンチャー部門

金賞

囚体 - HeadLess

囚体 - HeadLess

[制作者]
tachiさん

▼制作者のコメント▼
思えば、2013年バレンタインデーの日に購入した『RPGツクールVX Ace』
買ったからには、何か作ろうと生まれたのがこの『囚体』でした。
ただ、制作が楽しくて没頭するあまり、彼女に振られたり、体重が増えたりと、良い事ばかりじゃなかったんですよ。
ほんと、時間を忘れるほど作るのが楽しい『RPGツクール』には、困っちゃいますね。

追う者から逃げる恐怖や驚かせ要素、そして画面上の演出など、脱出ホラーとして安定した楽しさが詰まっていた。途中からゲームの雰囲気が一気に変わるところが面白くもあり、その逆にこれまでの怖さや雰囲気が消える点が残念にも感じる。この点も含めて、物語や設定にもう一押し深みと統一性が欲しい。

銀賞

閉鎖区域とガスマスク

閉鎖区域とガスマスク

[制作者]
NKKKさん

▼制作者のコメント▼
私が使用しているフリーツール「Arco」は
ADV、RPG、SLGと何でも作れますので
興味のある方は一度お試しください。

じわじわくる怖さと、驚かせる怖さ、そして襲われる恐怖などが程よく備わっている上に、仕掛けやオチなどマンネリ化しない工夫もある。マップが広いため詰まると調査が面倒になる点は気になるものの、おつかい形式の遊び方でも、お化け屋敷を探索するような心地よい恐怖感と探求心が最後まで持続する良バランスゲーム。

銅賞

デビゲー

デビゲー

[制作者]
真空トラップさん

▼制作者のコメント▼
はじめて作ったゲームで賞をいただけること、大変うれしく思っています。
そしてびっくりしています。

このゲームは、昔描いた漫画のネタが何かに使えないかな、ということでゲーム制作をはじめ、制作ではツクールのシステムを理解するのに時間がかかったり、アニメーションがうまく描けなかったり悪戦苦闘してなんとか完成させることができたものです。(1年ほどかかってしまいました)

今回賞をいただけたのは、素材を提供して下さったサイト様、プレイして下さった方々、コメントやバグ報告を下さった皆様、たくさんの人にゲームをプレイしていただける場を作って下さったふりーむ!の皆様のおかげです。

また、たくさんの人に楽しんでいただけるようなゲームを作ってきたいと思います。ありがとうございました。

何故恐怖物から逃げ、そして脱出するのかがわかりやすく、「魂のアイテム課金制」により明確で面白い。展開や謎解き、難易度、そして怖さも不気味・驚かせ共にバランス良く、コンセプトから全体的に完成度が高い。

短編部門

金賞

31日の彼

31日の彼

[制作者]
黒時さん

▼制作者のコメント▼
入賞ってどういうことなんです、と目を白黒させて色々と述べたいことはあるけれども、ひとまず皆様にお礼をば。
当作品をプレイしていただいた方々、感想をくださった方々、ありがとうございました。
「ゲーム内でこんなことができればいいのになあ」と、自らの反応欲求を満たしたいがために作り始めたようなものですが、何か皆様の心に残ったのであれば幸いです。

無駄な凝り大好きです。扉の開閉が自由にできるゲームがたくさん増えればいいと思う。
今後も反応欲求や探究心を刺激させるべく、小ネタに溢れたゲームを作ってまいります。

不思議で独特な世界観のゲームではあるものの、アイテムや村人達との会話で少しずつ世界観を知ることができて、その世界へ没頭することができた。魔女をテーマに進める物語が魅力的であり、真相に近づく緊張感を上手く表現している。グラフィックや物語の設定、マップ内のギミックなど、全体を通して丁寧につくられた良作。

銀賞

Triangularworld

Triangularworld

[制作者]
Blue Line Gamesさん

▼制作者のコメント▼
受賞ありがとうございます。プレイしてくれた方々に心から感謝致します。

シナリオ担当、グラフィック担当のおかげで完成でき、その時私が出来る技術を込めた乙女ゲームなので、このような賞を頂けるに至り大変嬉しく思います。

今後もゲーム製作を頑張りたいと思います。

美麗なグラフィックや世界観の設定がとても魅力的で、丁寧さを感じる作品。黒幕の正体など、恋愛イベント以外にも楽しめる要素が良かった。元は石像という主人公の設定のためか、状況説明や感情が読み取り辛い点が気になる。

銅賞

▼制作者のコメント▼
え、本当ですか?ありがとうございます。

これも偏にみなさまのご協力のたまものと、とても感謝しています。

この作品はまだまだ手を加える部分が残っていると思うので、皆様の意見を参考に更新と新作に向けて気合を入れようと思っています。

そのときはまた、厳しい意見がいっぱいいただけると嬉しく思います。

あくまで戦闘を楽しむことをベースとして、無駄を排除したまま冒険要素を取り入れている点が良かった。ゲーム初心者には高難易度な点や、上級者でも進行がスローペースになる点は気になるものの、ひとつの遊び方の確立といえる。

ノベル部門

金賞

動脈と静脈

動脈と静脈

[制作者]
オザキショウゴさん

▼制作者のコメント▼
始めまして。オザキショウゴです。
初作品が『ノベル部門 金賞』と言う、大変素晴らしい賞を頂いて嬉しい限りです。

こういう場は少し不慣れで、何を書けば良いのか分からないのですが……
記憶では記念的にコンテスト応募してたような気がするんですけども、結果的に応募してみて良かったと思っております。

この賞のおかげで、よりいっそ思い入れの深い作品となりました。

制作当時はまだまだ不出来な部分が多かったので、もっともっとスキルアップした作品を制作できるよう精進していきます。


プレイしてくださった皆さん、ふりーむの審査員皆さん、本当にありがとうございました!

物語の構成がしっかりしていて、様々な伏線と共に物語が急速な展開を見せ、そしてしっかりと収まる安定感があった。文字表示やウェイト・効果音選択などやや荒い面があるため、破綻させずまとめる構成力を活かしきれていない惜しさがあった。もう一息深みも欲しい。

銀賞

エルフの迷い子

エルフの迷い子

[制作者]
EIN-CHEREさん

▼制作者のコメント▼
▼MACHA(統括・スクリプト)
この度は賞を賜り光栄です。
自分にとって、今作はとても思い出深いものとなりました。
〆切間近での発狂ぶりは恐らく忘れられません(笑)。
これからも活動してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

▼ありっちょ(キャラデザイン・イラスト)
受賞おめでとうございます!
制作に関わった身として、大変嬉しく思います。
今回、グラフィックを担当しましたが、かなり自由にやらせていただいて、素直に楽しかったなあという印象が強いです。
お声をかけてくださったMACHAさんに感謝しております。
そして最後になりますが、評価して頂いた皆様ありがとうございました。

▼野菊(チャート・補佐)
まさか銀賞を戴けるとは思いませんでした。
知らせを聞いて思わずガッツポーズ。
草案はもっと鬱々したストーリーになるはずでしたが、削って良かったかなあとホッとしています。

優しい雰囲気で展開する演出やキャラクター達が良かった。各所のウェイトが全体的に遅い点や深刻さの描写はもう一息と感じるものの、全体を通してまとまりがあり、世界観に没頭できる。

銅賞

Good days

Good days

[制作者]
森野いづみさん

▼制作者のコメント▼
 自分の作品が選ばれるとは夢にも思いませんでしたので、コメントを書いてと言われてもこれがまた実に浮かばないものだったりします。今でも「夢なんじゃないか」と思いながらこのコメントを打っています。
 さて今回選ばれました私の作品「Good days」ですが、短編~中編シナリオを詰め合わせた福袋的ノベルゲームです。お得です。
 タイトルを冠する中編を一本と、随時増えていく短編が四本。それぞれ違う舞台、違うテーマで作られた物語が計五つ展開していきます。
 一つはお気に召さなくても、中には気にいるものもあるやもしれません。
 一つでも、私の物語が貴方の心に届くなら、なんと喜ばしいことでしょうか。
 もしもこれで私の物語、私の世界を好きになってくださったなら、それ以上に嬉しいことはありません。
 そのまま前作となる私唯一の長編作品、硝子の月も楽しんでくださったなら以下略。
 最後となりますが、私の作品を選んでくださった審査員の方々。並びに私の作品を面白いと思ってくださったプレイヤーの方々。
 もしかしたらこれから遊んでみようかなと思う方々。
 そして、このコメントを読んでくださっている全ての方の、明日が良い日でありますように。

             森野いづみ/2014年4月23日(次回作の制作に追われながら)

舞台やキャラクター、そして主題が絞り込まれた展開は、無駄が無くまとまりがあった。演出面でも統一性があり、アートのような良さがある。本編がまとまりきっている分、短編集は別に分けて単体で勝負して欲しい作品。

アドベンチャーゲーム部門

金賞

▼制作者のコメント▼
アドベンチャーゲーム部門で金賞をいただけたこと、心より感謝いたします。
ゲーム制作に手を染めてから、随分と時が流れました。こうしてまた一つの形として残す事ができたこと、大変喜ばしく思っております。
制作作業時のことを、思い起こしてみたならば……
原作と原画の分担作業。当然生まれる、確執をはらんだつば競り合い。吹っ飛ばされて這いつくばる、私め。
意思の疎通もままならず、喧々囂々と意見の衝突を繰り返す、曇天はりこめる日々。
そんな制作も、気が付けば10年以上を経験し、そんな私めから一つ言えること。それは──
「何だかんだで、ゲーム制作はたっのしぃぞぉー!」
ええそうです。とにかく出来上がってしまえば、それまでの何もかもが美化されるのです。不思議です。
勝手な物言い、大変失礼いたしまして。
世間にて、ソーシャルが猛威を振るう昨今。このようにフリーゲームを評価していただける場を提供していただいている「ふりーむ!」様。応援していただいた皆様。そして、ゲームを遊んでくださいました皆々様。この度は本当に、ありがとうございました。
推理ゲームとしての醍醐味を、少しでも楽しんでいただければ幸いです。

ストーリー・グラフィック・推理要素など、あらゆる要素のレベルが高い良作。捜査が実質的に全てのものをクリックする単調な作業になるものの、行動やアイテムによって台詞が変更されることや、よく動くアニメーションもあり、飽きることなくプレイできた。長編にも期待が寄せられる完成度の高い作品。

銀賞

▼制作者のコメント▼
コメントが遅れて大変申し訳ありません。

この度はアドベンチャー部門銀賞受賞ということで製作チームを代表してお礼申し上げます。

私自身、代表としては役不足でチームメンバーには大いに助けられました。照れくさいのでここで感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います。

ありがとうございましたっ!

個性的なキャラクターをベースに、万引きGメンをテーマにしたミステリーがユニークで面白い。豊富な1枚絵も世界観を盛り上げていた。捜査パートとディスカッションパートがしっかりと分けられており、今何をするべきかという目的が明確な点も良かった。移動時やイベント時にタイトルが表示されることが多く、テンポが悪くなっているところが惜しかった。

銅賞

▼制作者のコメント▼
システム周りも含め、キャラ設定やその他、色々とタブーをおかしつつ。あえて「そういう風にするの!?」という部分も多々あるゲームですが、それでも、かなりの数をDLして貰えたのが嬉しかったです。
受賞については俺個人の力などサッパリ意味がなくて、開発メンバーの皆さん……特に、本職のグラフィッカさん達による部分が大きいと実感しています。
無料ですので、皆さんに気軽に楽しんでもらえれば幸いです。

キャラ設定のバランス、展開、演出など総合的な完成度が高い。力の入り具合とそれに見合った楽しさがある。イケメンモテキャラの好みが分かれそうな点や、細切れの時間で遊べないなど全体的にシステム面で不便な点が非常に多い点が惜しい。

経営シミュレーション部門

金賞

▼制作者のコメント▼
やったー、本当に嬉しいです!
遊んでくれた皆さん、ありがとー!!

これからも、ちょっとずつ更新していきますので
ペルチェットと仲間たちを、末永くよろしくお願いしますm(_ _)m

素材集めから鍛冶・喫茶宣伝等、経営シミュレーションの楽しさが良い形で混合している。温泉や手紙等のユニークな仕組みもあり、動作も軽快で不用な会話も省かれていて好感。必要最小限のイベント発生にも関わらず、その世界観へ徐々に入り込み満喫することができる、全体を考えてよく練られたバランスの良い作品。

銀賞

武器に願いを+

武器に願いを+

[制作者]
世途紫都さん

▼制作者のコメント▼
「武器に願いを」を遊んでくださった皆様、武器ドット等を作製いただいた墨cm様、コンテストの主催者でありますふりーむ様に、この場を借りてお礼申し上げます。

10年以上前に「REAL LOVE OVER LIE」というゲームを作製し、最近になってまた創作意欲が湧きましたが、最近のフリーゲームの完成度に驚き、作っても恥をさらすことになると躊躇いながらも、物作りを楽しみたい一心でこのゲームを作りました。

「武器に願いを」について改めて思うことは以下のとおりです。

1.同じことの繰り返しで作業感が強いゲームでありながら、エンディングまでのゲーム時間が長いこと(プレー時間を考慮した手軽さの追究が足りなかった)

2.シナリオを深いところまで掘り下げることができなかった

3.グラフィックが乏しい。墨cm様のお力がなければ、武器ドットが槍と剣の2種類しかなかった(タイトルに「武器」という文字があるにもかかわらず!)。

冒険者が魔王を攻撃する場面も、当初アニメーションで表現しようと思いましたが、絵が全く描けない私には難しく、文字に頼らざるを得ませんでした。

心残りはありますが、自分が遊びたいゲームを作ることができ満足しています。

昔に比べフリーソフトは供給過多で、プレイヤーの一つのフリーソフトにかけるプレー時間は減り、隙間産業的な側面もあって、厳しい時代だと感じますが、物作りの楽しさを味わいながら製作に励んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

仕入れ・鍛冶・販売と全て自らお金で解決する、リアルな経営感覚が面白い。販売も自らが清掃・補充を行ない、また魔王討伐などメインストーリーもあり、ゲームの各所が全て無駄なく用意されているため非常に完成度が高い。リメイクのため、今後の新作に期待感が高まる。

銅賞

▼制作者のコメント▼
この度はこのような賞をいただけてありがとうございます。
身に余る光栄です。

魔王様のお話は魔王が勇者を金の力で倒すというコンセプトを元に制作しました。ぜひプレイしていただけると幸いです。

魔王軍側から、勇者へトラップを仕掛けたり敵を送り込んだりするアイデアが面白い。策を実行するための資金を増やすために、税金や福引きなどの要素があり悪の世界の経営を体験できる点が良かった。短編だがボリュームのある1作。

戦略シミュレーション部門

金賞

▼制作者のコメント▼

軍同士の戦略的な戦いや、ゲームバランスが絶妙で、よく考えて攻略する楽しさがある。キャラ名が多いため初プレイでは馴染みづらいものの、無駄なストーリー描写も少なく遊びやすく、それでいて舞台設定や物語が攻略欲を盛り上げていた。

銀賞

ブリッツクリーグ

ブリッツクリーグ

[制作者]
K曹長さん

▼制作者のコメント▼
この度は、この作品を賞に選んでいただき誠にありがとうございます。また、関係してくださった全ての方々に今一度感謝を申し上げます。
長年趣味としてやっている製作ですが、今回は自分の本当にやりたかった戦略シミュレーションの製作が実現し、またそれを認めてもらえた事は大変嬉しく思います。
SLGの原点回帰を目標に…無駄を一切省き、戦略バランス的に理想であったSLGシステムを実現できたことが今作の達成点であり、売りでもあります。が…反面、戦略のみというシンプルな作りが、懐古的且つ物語性の稀薄という物足りなさを含んでしまったことは反省点であり、今後生かすべき点であると思います。
次回作は今回の反省を踏まえ、更に面白いと思ってもらえるようなそんなSLGを実現できたら良いと思っております。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

軍事系の戦略シミュレーションとして、ユニットの種類等のゲームバランスが良くて楽しむことができた。各ユニットの区別が識別し辛い点や物語が淡々としている点が惜しいものの、戦略ゲームとしての完成度は高い。

銅賞

SAVAGE

SAVAGE

[制作者]
3Dポーズ集さん

▼制作者のコメント▼
戦略シミュレーション部門の銅賞ありがとうございます。何かひとつでも賞に引っかかればいいなと思っていましたので、とてもうれしく思います。

カス子ゲーというと、まぁしょっちゅう地雷ゲー扱いされることが多く、それだけでハードルがあがってしまう昨今ですので、ちゃんと使えば、それなりの評価をもらえるという証明のひとつになれたと……思いたいです。

コンテストは終了しましたがゲームの更新は今後も継続予定です。イベントの追加などゆっくりやっていこうと考えていますので、時々チェックしてもらえるとうれしいです。

ありがとうございました。

攻めと守りを配分しながら街を奪還する遊びが良かった。ルール説明が少ない点は気になるものの、調整次第で面白さが飛躍しそうな作品。

ホラー部門

金賞

Leave

Leave

[制作者]
Astralさん

▼制作者のコメント▼
このような評価をもらっていただいて嬉しいです。また他の好きな作品とも肩を並べたようで光栄です。賞ありがとうございます。

実写を使ったグラフィックとホラー演出が上手くマッチしていて、短編ながらもレベルの高いホラーを十分に楽しむことができる。マップは家の中だけと探索しやすく、ホラー演出が良タイミングで発生するため、飽きずに最後まで遊ぶことができた。プレイヤーに想像させる物語も不気味な雰囲気に合っていて良かった。

銀賞

ツキの記憶

ツキの記憶

[制作者]
サラさん

▼制作者のコメント▼
こんな作品を、ホラー部門の銀賞などという素晴らしいポジションに置かせて頂いて、本当に感激です!
未だに信じられません! そして、私が作らせて頂いてるゲームをホラーだと認識して頂けたことが何より嬉しいです! 乙女ゲーじゃないよっ!

「最高の吊り橋効果をあなたへ」という私のコンセプトを、少しでもたくさんの方に味わって頂けていたらと思います。

本当に皆様、ありがとうございます!

主人公の設定や北の館で起こる演出が、ホラーの王道として世界に入り込みやすかった。キャラクターを切り替えて、ストーリーをそれぞれの視点から見ることができる点もいい。物語が進むにつれて館で何が行われていたのかを想起させ、不気味さが増す感覚を上手く表現できている良作。

銅賞

La;яme

La;яme

[制作者]
るしとさん

▼制作者のコメント▼
初めてのゲームコンテストでこのように受賞頂きまして、
本当にありがとうございます!
皆様のおかげで受賞することができて、とても嬉しく思います!
1週間という超短期間で作ったホラゲーだったので、あまり自信が無かったのですが、意外とDL数あってびっくりしました。

機会があれば、そのうちアップデートも…(

本当に感謝感謝でいっぱいです!
まだ、遊ばれてない方いましたら 是非やってみてくださいね!

本当にありがとうございました!!

ツールというシステムで、装備したアイテムにより様々なアクションを起こす遊びが楽しい。冒頭にあるホラー要素が少しずつ弱くなる点、倒すだけの敵が多い点が惜しい。

萌え部門

金賞

▼制作者のコメント▼
私たちはもとは大学で同じ音楽サークルの
バンドメンバーであり、デジタル塗りも文章も
プログラムも製作作業全てが初体験でした。

製作途中はお互いの家で寝泊りして作業したり
参考のためにゲームしたり
目を覚ますためにゲームしたりと気分転換のため…
と、終始ゲームしてばかりでしたが
学生時代の本当に良い思い出になったと思います。

今作は時間もあまりなく、出来には
満足いってない節がまだまだあるので
次回作では全員がスキルアップして
更に良い作品を作っていきたいと思います!

この度はこのような素晴らしい賞をいただき、
誠にありがとうございました!

ゲームの中で繰り広げられるストーリーと現実のストーリーの区別がはっきりしており、そのギャップがリアルに描写されている。前半はギャグテイストではあるものの、後半はストーリーの真実を知ることができ、登場人物達との関係性が深まっていく様子がしっかりと伝わってくる。グラフィックも可愛らしく、王道の恋愛ゲームとして楽しめる良作。

銀賞

▼制作者のコメント▼
この度の受賞、誠にうれしく思っております。

萌え銀をいただくのは今回で三回目になります。
同じタイトルの賞が三回というのは良くも悪くも珍しいことをしたに違いないと、自分たちの活動の記録に刻むことができます。
本当にありがとうございました。

いや~、それにしても最初に萌え銀をもらった「J」はすごいな~。
次の「Twilight港町」を準備するための習作(そして処女作)だったのに、インパクトが強かったのかな~、当時はRPGにユルを取り入れるだなんて珍しかったもんな~。
今回の「Candy Blade!」なんてシステムをヒーヒー言いながら作ったのに、「J」は本気デフォだもんな~、当時はウディタがブレイクする若干前だったもんな~。
若さの勢いに勝るものは無し。すごいな~、すごいな~、「J」。

(そろっとユルからは離れるかもしれません。)

物語や戦闘も含め、全体的にゆるく可愛い雰囲気が漂っているところが個性的で、気張らずに遊べるアクションRPGだった。ただ、気軽に楽しめるもののあっさりしている点や、戦闘スピードが速いので、瞬発力が必要になりある程度技量が必要になる点が気になった。

銅賞

▼制作者のコメント▼
今回このような賞を頂けてとても嬉しいです。
かなり短いゲームなんですが、その短い間にプレイヤーの皆さんがちょっとでも笑ったり癒されたりしてくれればと思っています。
この受賞を活力にしてこれからもがんばります。
ゲームをプレイしてくれた方、投票してくれた方、ふりーむスタッフさん、本当にありがとうございました。

ルームメイトの付かず離れずな、微妙な距離を上手く表現できている。対照的な2人から攻略キャラを選択できる点がユニークで、それぞれの特徴を短い時間で味わうことができる。主人公の性別選択で、異なった視点からストーリーを楽しむことができる点も個性的。

ふりーむ賞
えんどうさん

えんどうさん

[制作者]
山根コヲさん

▼制作者のコメント▼
とても光栄です。ありがとうございます。
ツクールを購入して、使い方を覚えながら細々と作った初めてのゲームなのですが、たくさんの方から暖かい言葉をいただけて、とても嬉しかったです。
これからも、いろいろ作っていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

ゲームの世界観がやや切ない雰囲気となっているものの、進めるにつれてキャラクター達の掛け合いが明るくなっていく様に、物語の展開を最後まで見届けたくなる魅力があった。謎解きの難易度はほどよく、世界観に合った内容が特徴的。プレイすればするほどキャラクター達に愛着が湧いてくる、心温まる良作。

▼制作者のコメント▼
受賞ありがとうございます。
初めて完成した作品で賞を頂くことができて、大変光栄です。
プレイしてくださった皆さんと、
場を提供してくださっている「ふりーむ!」様には感謝の気持ちでいっぱいです。
少しでも楽しんで頂けたのなら、心から嬉しいです。
…また、この作品に温かな感想をたくさん頂くことができて、
それが本当に本当に嬉しかったです!
この作品を作ることができて、本当に良かったなと思いました。
これからも、のんびりと楽しく自分のペースでやっていけたらいいなと思います。
本当にありがとうございました!

赤ずきんの世界観を崩さず、オリジナル要素を上手く盛り込んでいる点が良い。絵本のようなゆるい雰囲気の中で、濃い目のギャグが入る異色さが特徴的。可愛らしいイラストと物語の展開で、優しい気持ちになれる作品。

▼制作者のコメント▼
フランドールの勇者がふりーむ賞を受賞したことをとても嬉しく思います。

至らぬ点が多々ある作品ではございますが、長い年月をかけて
丁寧に制作してきました。

複雑なシステムや美麗な映像が特徴的な現代のRPGも楽しいですが、
シンプルなシステムで2Dのドット絵がちょこまか動くRPGもまた
趣があっていいなあと思います。

一人でも多くの方に、このゲームを遊んでよかった、面白かったと
思って頂ければ感無量です。

ありがとうございました。

個性的なキャラやノリをベースとして、王道RPGを楽しめるところが良かった。文字送りのテンポが悪い点や各シーンで台詞がやや長い点が気になるものの、マップデザイン・戦闘・場面演出と様々な工夫があり、またキャラ設定や用語のユニークさも相まって飽きずに楽しめる良作。

審査員特別賞
Baelberith

Baelberith

[制作者]
DarkAtelierさん

▼制作者のコメント▼
自己表現を目的として個人製作しました。
絵、プログラム、文章、難易度。
それら全て、己の生様を表しています。

プログラミング、ドットや音楽素材、演出も含めて非常に完成度が高い。戦闘難易度が高い点が気になるものの、オリジナルの戦闘ルールやシステムの導入、そして英語シナリオ等チャレンジ精神が溢れている。英語力が低くても、なんとなくわかるような演出や展開も良い。日本語と英語が初期から選択可能・序盤バグ修正・戦闘難易度の緩和・64bit正式対応等の調整でさらなる可能性を大きく秘めている才能溢れる作品。

Planet

Planet

[制作者]
さん

▼制作者のコメント▼
コメントが非常に遅れてしまいましたが、このゲームをプレイしてくださった方、審査員の皆様のおかげでこのような賞をいただくことができました。ゲーム内容は少し雑なところもありますがコメントでアドバイスをしてくださったりしていただきました。これから作るゲームにいかしていきたいと思います。

細かい動きまで実現した戦闘が、可愛く、そして楽しい。物語の流れや画面演出のセンスが光るものの、システム面やマップデザイン・セリフ等に荒いところが目立つ点が大変惜しい。

SENTINEL  OUTER FRAME MEMORIES

SENTINEL OUTER FRAME MEMORIES

[制作者]
RIKさん

▼制作者のコメント▼
ふりーむ!の皆様、プレイし応援して下さった皆様、本当にありがとうございます!

アクションゲームを作ったのは今作が始めてだったので様々な困難がありましたが、多くの方々に支えられ、最後まで完成させる事ができました。
製作に協力してくださった方々にも心から感謝しております!

本作は単にロボットによる戦闘だけでなく、人間ドラマを描いた要素も多く盛り込んであります。ちょっとした小説を読むくらいの気持ちで気軽にプレイしてみてください。

今作での経験を活かし、今後もがんばっていきたいと思います!

成長要素のあるロボアクションとして、世界観から戦闘シーンまでこだわりがあり、とても楽しかった。各ミッションが短いことや物語をもう少し挟んで欲しい等の希望が次々と湧くほど、ワクワク感や爽快感がある。今後の活動に期待。

RPG特別賞
Grade Of Destiny

Grade Of Destiny

[制作者]
AT_アットさん

▼制作者のコメント▼
このような賞が頂けるなんて、とても嬉しいです。
はじめての作品だったので、ゲーム登録時は不出来な点が多かったと思いますが、沢山の方からのアドバイスをもとに、修正を重ねてどんどん良くする事ができました。 
アドバイスをしてくださった方々には感謝の思いで一杯です。

また今回の作品は、自分なりに反省点も多かったので、それを教訓に次の作品に生かせればと思います。

物語を表現する演出技法が秀逸。展開や設定は良いものの、キャラの関係性やセリフも含めてやや描き足りない点が惜しい。システム面も良く、ゲームとして快適に楽しむことができた。

Ralf-un-Real

Ralf-un-Real

[制作者]
くりちほさん

▼制作者のコメント▼
こんなふざけた作品に賞を頂き、本当にありがとうございます。
2013年春、某美少女いっぱいダンジョンRPGに影響を受けて突発的に作った作品ですが、キャラビルドやハクスラ的なところは力を入れたつもりです。
もちろん、今見返すと粗削りで満足していない部分はたくさんあります。
今回の賞を糧にして、これからも面白いものを作っていけたらと思います。

3Dダンジョン探索ゲームとして、動作速度やアイテム探索等の楽しさがしっかりしている。各所に散りばめられたネタは好みが分かれるものの、ネーミングのユニークさは独特の良さがある。

お嬢様物語・花

お嬢様物語・花

[制作者]
みつなりさん

▼制作者のコメント▼
初めての大作でしたし、色々と苦労の多かった作品でしたが、
このような賞が貰えて凄く嬉しい気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

キャラクターや物語、ゲームシステムがしっかりしていて、主人公達の関係性に個性があり良かった。戦闘テンポやメッセージ表示テンポが遅い点、マップが広すぎる点等の軽快プレイでの部分が非常に気になるものの、成長システムや戦闘等遊び甲斐のあるシステムや、キャラ絵の可愛さもあり楽しむことができた。

健闘賞
Black Chocolate

Black Chocolate

[制作者]
Pinkloverさん

▼制作者のコメント▼
1ヶ月弱で作った、ターゲット層もジャンルも定まらない作品です。該当部門は無いと思っていたので、今年も受賞出来て嬉しいです!

遊んでくれた方はもちろん、ご自身の制作もある中、快く絵師を引き受けてくれたCyanさんに感謝しています。

昨年の繰り返しになりますが、制作を通じて沢山の出逢いに恵まれ、周囲からやる気をいただいています。

これからも愛着を持って、楽しく作り続けたいと思います。
この度は素敵な賞をありがとうございました!

短編としてキャラクターや物語がしっかりまとまっているところが良かった。文字が読みづらく表示が遅い点や、発話者がわかりづらい点は気になるものの、戦闘システムや戦闘に選択肢を持ち込むなどユニークな試みが良い。

Doll House

Doll House

[制作者]
Rymey*Dreamさん

▼制作者のコメント▼

「人間になりたい人形」と「ホラー」という設定が、ゲームの雰囲気に合っていて良かった。ホラーとしての演出には物足りなさがあるものの、ストーリーやキャラクターが魅力的。即死系が多くセーブする箇所が限られているため、世界観をじっくり味わえない点が惜しい。

ごめんください

ごめんください

[制作者]
Had2Appsさん

▼制作者のコメント▼
いやー、受賞しちゃいましたねー。
なんだか左隣の方のような神ゲーと同じ席に座らせていただいていいのかどうか、すごく恐縮ですが・・・。

ありがとうございます!本当にありがとうございます!

このゲーム、ぶっちゃけちゃうとハッピーエンドのネタがやりたかっただけみたいな所があるんですが、
プレイされた皆さん、ハッピーエンディング、観ましたかね?

洋館に入るとか、お化け屋敷に入るとか、そういう危険を冒すよりも、こうするのが一番ハッピーエンドなんだっていう持論。それを形にしたらこうなっちゃいました。

他にも自分なりのホラーに対する考えを、このゲームにいろいろ詰め込んであったりします。

この度は素晴らしい賞を有難うございます。
今回に満足せず、今後も高みを目指しますよ!

隣の部屋に苦情を言いに行くのみという、シンプルなコンセプトが良かった。ボイス等の音声のみで進行する演出も作品内容に合っていて、アイデアを見事かたちにした作品。

ぼくわたぬき。

ぼくわたぬき。

[制作者]
ugshelterさん

▼制作者のコメント▼

タイトルとゲーム画面からは想像もできないストーリーが隠されており、そのギャップに驚かされた作品。主人公であるたぬきの特徴を活かした「ばける」というシステムがあるのもユニーク。ホラー作品ではあるものの、サバイバルゲームとしての特徴が強く、ストーリーの伏線が分かりづらいことが非常に残念。

▼制作者のコメント▼
「もも」のゲームで賞が貰えるなんて、とても嬉しいです!
このゲームの特徴は、なんといっても「もも」が画面を駆け回る必殺技ですが、その他にも、昔ながらのRPGの良さを楽しめるように製作しました。
この機会に、ぜひたくさんの方にプレイしていただきたいと思います。
ありがとうございました!

ゆるいキャラクターやテンポの良い展開が良かった。マップやアイテムに無駄が無く仲間のバランスも良いため安定して楽しめるものの、その分全体的に驚きが少ない点が惜しい。

▼制作者のコメント▼
受賞させていただきありがとうございます。
いろいろととっつきにくい作品ですが、アングラな世界をちょっとでも堪能できたなら幸いです。
プレイしてくださった方々、フリームのスタッフ様、ありがとうございます。

くじ引き型の戦闘システムや物語がユニーク。演出やセリフも良く楽しめるものの、テンポが遅い点と、ゲームとしては単調な作業になりがちな点が惜しい。

光と闇の魔剣

光と闇の魔剣

[制作者]
朋美さん

▼制作者のコメント▼
短編RPGばかり作り続けていたので、評価されるかどうか不安でしたが、入賞できて良かったです。
今後はさらにパワーアップしたシステムとキャラクターを実現します。
受賞したことが励みになりました。

男パーティと女パーティを入れ替えて冒険するシステムがユニーク。全体的に説明不足感があるものの、男女を変えて攻略する仕掛けや冒険等、発想をバランス良くゲームに落とし込んでいて面白い。

▼制作者のコメント▼
一生懸命に創った作品が入賞できて嬉しいです! みんなありがとう。

キャラ設定・イラスト・世界観が可愛く統一されていて、個性的な世界が展開されている点が良かった。大筋の物語や登場人物・一枚絵での演出等は良いものの、各エピソードがやや冗長気味な点や発話者がわかりづらい点が惜しい。

勇者ゴルセフ

勇者ゴルセフ

[制作者]
ヲシダさん

▼制作者のコメント▼
入賞ありがとうございます!
パワーを溜めて大ダメージを与える「気持ちよさ」に気を使って作りました。
楽しんでいただければ幸いです。

連打攻撃ではなく、溜めて攻撃するだけのシンプルな遊びに絞られているところがいい。やや物足りなさがあるものの、ステージデザインもしっかりしていて安定した楽しさがあった。

▼制作者のコメント▼

どうして少女がつきまとわれることになったのか、その理由もしっかり考えられており少し斜め上の乙女ゲームとして楽しめる。ギャグとシリアスのバランスが良く、手軽に楽しめる作品。選択肢ミスでバッドエンドな急展開があるものの、1周が短いためストレスなくプレイできて良かった。

記憶少女THE END

記憶少女THE END

[制作者]
Higashidoraさん

▼制作者のコメント▼
多くの方の応援や協力を得て、
完成することができた作品でしたので、
入賞できて本当によかったです。
皆様どうもありがとうございました!

音やグラフィック、オープニングの入りなどホラー演出のレベルが高い。各章によって操作するキャラが切り替わるのも面白く、それぞれの視点から展開を見ることができ良かった。ストーリーや操作にやや癖があるため、好みが分かれそうな作品。

▼制作者のコメント▼

乙女ゲームとしては珍しい腹黒主人公という設定ではあるものの、召喚した悪魔とのなんとも不思議な関係を楽しむことができ良かった。立ち絵も背景も綺麗で、キャラクターの個性が光る作品。

大人気賞
物念世界

物念世界

[制作者]
リリティーさん

▼制作者のコメント▼
大人気賞、とても嬉しいです!
まさか選ばれるとは思ってもいませんでした。
沢山の人に気に入ってもらえる
ゲームが作れて良かったです。
今後もプレイヤーの心に残るようなゲームを
作れるよう努力していきます。
投票してくださり、ありがとうございました~。

(同上)

その他の参加作品一覧
  • *ちゅるりんぽよの自宅大捜査線*  [制作者] 白黒モノローグさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 1/4  [制作者] さん
    <審査員のコメント>
    独特の雰囲気があり、先がどんどん気になる魅力があった。キャラクターやストーリーの設定に、作者のセンスが垣間見える作品。選択肢が多く冗長気味な点と、探索できる場所が少し分かりづらく運要素が強いのが残念。
  • 3分バトル  [制作者] トーフさん
    <審査員のコメント>
    王様がレベルを上げてくれるアイデアや魔法の種類は○。実質的に淡々とレベル上げするだけなので、少し物足りない感がある。
  • AIAIAIAI  [制作者] kijiさん
    <審査員のコメント>
    実際に人工知能と会話体験を通して物語を進める発想がユニーク。序盤のノリや繰り返しは好みが分かれそうなものの、自ら物語に介入する感覚は新鮮。
  • AIAIAIAI2  [制作者] kijiさん
    <審査員のコメント>
    人工知能と過ごす日々を、選択肢や入力を通して体感できる点は○。前作に比べて遊びやすい反面、一般的なノベルに近い展開のため、やや中途半端な立ち位置になっている点が惜しい。
  • Albtraum  [制作者] isakaさん
    <審査員のコメント>
    童話の世界をテーマとしたホラーで、謎解きも童話に由来した内容になっている統一感が良かった。マップ構成が上手く、探索に作業感を感じず楽しめる。グロテスクなシーンが多めだったので、遊ぶ人を選びそうな点が惜しい。
  • An Adventurers Log - Fort To the Abyss  [制作者] リンクスさん
    <審査員のコメント>
    マップデザインやイベント演出は○。キャラクターや雰囲気は良いものの、やるべきことの不明や説明不足感が残念。
  • Be Alive  [制作者] 高橋輝充さん
    <審査員のコメント>
    物語の内容や演出は○。ストーリーを辿ることが中心の楽しみ方のため、メッセージのテンポが悪い点が非常に残念。
  • Blood School  [制作者] スタジオルミナスさん
    <審査員のコメント>
    廃校とホラーという王道の設定で、すんなり世界観に入り込めて○。オマージュということで既視感があるものの、ストーリーや探索のバランスなどは良かったので、今後の活動に期待がもてる作品。
  • Cat in the Box ~怪盗屋敷を脱出せよ?~  [制作者] H2さん
    <審査員のコメント>
    ドタバタ系のノリや、ノベルベースでの脱出遊びは○。ノベルゲームのため、フォントの読みづらさや操作性の悪さが惜しい。
  • Cave Diving  [制作者] 朋美さん
    <審査員のコメント>
    地図表示や弱点表示等の快適プレイや、キャラクター個性は○。やや単調な作業になるところや、移動中心のため移動テンポが遅いことやエンカウントが高い点が残念。
  • Clown's Story  [制作者] Nesiaさん
    <審査員のコメント>
    テンポの良い展開や物語の進み方は○。軽快な展開ではあるものの、エンカウントが高いことや状態異常が多い、マップデザインが広すぎる等の全体難易度が惜しい。
  • Coin Castle  [制作者] 茶ねずみさん
    <審査員のコメント>
    ワサワサと盛られるコインの感触が楽しい。途中からは山盛りコインをひたすら落としながら眺めるだけになるので、コレクションアイテム等の楽しさ拡充に期待。
  • Color Heart  [制作者] とーちかさん
    <審査員のコメント>
    舞台設定や物語の流れは○。筆や色という設定や展開は面白いものの、台詞が多くイベントシーンが長い点や戦闘が遅い点等が、物語へ没頭しづらくなっていて残念。
  • Crested Guilty ~天使たちの饗宴~  [制作者] かるまさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • CRYSTALDestiny1.35  [制作者] なかぱーさん
    <審査員のコメント>
    物語やゲームシステム、選曲等は○。ワクワク感のある展開なものの、高エンカウント・高状態異常・遅い戦闘テンポ等が楽しさをスローダウンさせていて惜しい。
  • DaintyQuest  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    ほのぼのとした雰囲気と、行動制限ありでだらけずにプレイできる点が○。キャラクターのいろんな反応を楽しめるのが良かったものの、調べられる箇所が多いため単調気味になるのが惜しい。
  • Dear Families  [制作者] めぐろさん
    <審査員のコメント>
    気になる展開が続くストーリーで、先を見たくなる魅力があった。謎解きもほどよくストーリー展開のタイミングも良いものの、所々にあるギャグ要素が目立ち、好みが分かれそうな点が惜しい。
  • DISCOVERY  [制作者] 彷徨さん
    <審査員のコメント>
    キャラクター・物語や台詞回し・展開は○。カード型バトルもユニークなものの、戦闘などテンポの悪さが非常に惜しい。
  • DISORDER  [制作者] Astralさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • Diva -2つの魔剣ー  [制作者] すがのさん
    <審査員のコメント>
    舞台設定・物語や台詞は○。おつかい的な要素で作業的になりがちな点が気になるものの、ファンタジーRPGとして展開や各要素は楽しい。
  • Efframai -エフレメイ-  [制作者] 夜雨ドッド(Yosame Dodd)さん
    <審査員のコメント>
    お化け屋敷を進むというコンセプトがユニーク。お化け屋敷にあるようなドッキリを、作中で上手く演出していて良かった。もっと長く楽しみたいと思える作品。
  • Eleleth01 ~序奏あるいは間奏、王様の遁走曲~  [制作者] いさら座さん
    <審査員のコメント>
    綺麗なグラフィックとストーリーで、世界観に惹き込まれてしまう魅力がある。文章量にボリュームがあるものの、シリアスとギャグがバランス良く入っているため飽きずに読み進められる。続編にも期待。
  • Espresso  [制作者] Green Pochetteさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • FairyRondo~妖精王と勇者の証~  [制作者] LelielMoonさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • False Elysion Chapter0  [制作者] トウモロコシ汁さん
    <審査員のコメント>
    可愛いマップデザインやシステム面、舞台設定は○。キャラクターや展開は面白く、気の利いたシステムは良いものの、セリフが全体的に長い点や、マップでできる作業量が多すぎる点が惜しい。
  • forked road  [制作者] 江戸川さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • Frigidus Symmetria  [制作者] 刹多楡希さん
    <審査員のコメント>
    潜水艦から生還するという内容を、科学的なキーワードや思考モデルをベースに展開する内容は○。楽しめるプレイヤーを選ぶものの、他の人にはマネできない個性があり、遊ばない状態ではこれらの事実が真であるかどうかの解は得られない。
  • Human error  [制作者] Doubtさん
    <審査員のコメント>
    クローン兵士の変化や、その戦闘感覚の演出は○。世界観や雰囲気、主人公のキャラクターは良いものの、操作する内容が単調な点が気になった。イベントがあっさりしているため、もう少し物語に深みが欲しいところ。
  • IADWAD  [制作者] Pinkgoatさん
    <審査員のコメント>
    霧の深い村と不思議な雰囲気が、絶妙にマッチしていて○。冒頭の入りがストーリーを気にさせ良かったものの、背景描写が少なく理解できないまま終わってしまったのが非常に惜しい。
  • Innate Connections  [制作者] tsukinowaさん
    <審査員のコメント>
    物語の内容や展開は○。設定はユニークなものの、戦闘が遅く単調な点や、物語の説明不足感が惜しい。
  • Issyun Quest 外伝 ~クリスマスのおつかい~  [制作者] ゲームぽぴぺぷさん
    <審査員のコメント>
    短い時間でハートフルな気持ちになる点が○。絵本のような世界観を丁寧に表現している。ミニゲーム要素もありちょっとした合間にプレイしたくなる作品。
  • Knight×Festa 第1幕  [制作者] プラトニックF.Fさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • KuSo Game  [制作者] ゲームぽぴぺぷさん
    <審査員のコメント>
    意図的にクソゲー感を出している点は○。面倒ではない範囲で遊べる点や小ネタは楽しいものの、ネタ感よりも攻略に頭を使ってしまう点が残念。
  • Last adventure with you VX  [制作者] 朋美さん
    <審査員のコメント>
    個性的な用語・展開は○。初期ダンジョンの高難易度が気になるものの、その後はゲームバランスも良くユニークなRPGを楽しむことができた。
  • Legend of the arena  [制作者] トーフさん
    <審査員のコメント>
    戦闘を繰り返すコンセプトや小さくまとめている点は○。戦闘メインなため、戦闘テンポを速くすることや経験値の稼ぎやすさ等の快適プレイに関して改善を期待。
  • Leichte Liebe  [制作者] 桜野さん
    <審査員のコメント>
    不気味な雰囲気漂うステージと、謎解きの内容がマッチしていて良かった。始めのマップが広すぎる点、フラグの立て方が分かりづらく迷ってしまうのが惜しい。
  • Lilia Col=GressⅠ  [制作者] くすのきさんたまにあさん
    <審査員のコメント>
    舞台設定や世界観、戦闘システムは○。戦闘等ウェイトが多い点や、文章が全体的に長い点が気になるものの、ゲームの進め方やシステムはユニークで、設定も面白い。
  • M.R.P.G  [制作者] mobcharacter57さん
    <審査員のコメント>
    個性的なノリや戦闘システムは○。マップが広すぎることや戦闘テンポが遅い点などが、会話の楽しさや物語を進めるモチベーションを下げるところが残念。
  • MagicPanic  [制作者] Evieさん
    <審査員のコメント>
    やるべきことがわかりやすい点や、スチル演出等の表現方法は○。小説風の文章のため各テキストが長い点や、RPGとしてのゲームバランスが気になるものの、ノベルとRPGの融合のような遊び方の提案が良かった。
  • Mary-メリー-  [制作者] DeepWhiteさん
    <審査員のコメント>
    謎解きの難易度もほどよく、最小限のマップ構成になっているので探索がさくさく進んだ。メリーさんというオーソドックスなホラーは良いものの、追いかけてくる以外のホラー要素が少なめだったのが物足りなく感じ惜しい。
  • Merry  [制作者] DeepWhiteさん
    <審査員のコメント>
    一緒にいるキャラクターと行動を共にするだけでなく、ヒントを教えてくる掛け合いで探索を楽しめるシステムが良かった。マップ構成が良く、探索もスムーズに行えて○。同じ内容のバッドエンドに味気なさを感じてしまう点が惜しい。
  • mobius loop-メビウスの輪-  [制作者] イケプロ!!さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • MURPHY'S BLUES  [制作者] STUDIO 310さん
    <審査員のコメント>
    普段通りの日常から非日常を体験するという、オーソドックスさが話に入り込めやすく○。キャラクターが個性的で、一般的な設定の主人公とのギャップがあり面白い。プレイヤーも参加できる形で楽しめるのは良いものの、移動時の選択肢が多く分かりづらかったのが惜しい。
  • MYTHOS 染まる世界のエルタージュ 第一部  [制作者] なすびあんさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • Nの倍数とNが付く数字のときにスペースキーを押せ!!  [制作者] sk-2.softさん
    <審査員のコメント>
    タイトル通り、目的の数字の時にスペースキーを押すというシンプルさが良い。脳トレとしても楽しめるミニゲームらしさも○。
  • OJO-SAMA MAKER  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    短期間・シンプルな選択肢に絞って、手軽に育成を楽しめる点がいい。ウェイトが遅い点や残り何ターンか等わかりづらい点があるものの、この短い中でキャラ立ちさせてゲームとしてもまとめているところは高評価。
  • Panic! Space!  [制作者] sk-2.softさん
    <審査員のコメント>
    数値の合計を0にするという目的と、目押しをつかったシステムがユニーク。操作も画面も全てシンプルだが、ハマってしまうミニゲームだった。
  • Pianissimo  [制作者] ねじまきクロニクルさん
    <審査員のコメント>
    地文がベースの小説文とBGM等の演出が合っていてまとまりがある。文章構成や展開はしっかりしているものの、各人物の心情変化や感情移入できるだけのエピソードがもう少し欲しい。
  • RE PLAY  [制作者] 戒斗さん
    <審査員のコメント>
    BGMや効果音、マップ構成などで不気味さが上手く表現されている。追いかけられる要素は緊迫感があり、こなした時の達成感もあって良かった。探索のシステムがユニークではあるものの、何度も調べなくてはいけない手間がかかるのが惜しい。
  • Re:Halloween  [制作者] プラトニックF.Fさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • Rerererebirth  [制作者] 今夜宵樹さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • Sister in Wonder R  [制作者] エス岡(ユズハ)さん
    <審査員のコメント>
    システムや物語の設定は○。ユニークな試みではあるものの、ステータス確認等のRPGとしての操作がし辛い点と、文字類の視認性が悪い点が残念。
  • solitaire-ソリティア-  [制作者] EIN-CHEREさん
    <審査員のコメント>
    読みやすい文章や、廃墟を探索するスリル感は○。全体を通してまとまってはいるものの、人物の描写など描ききれていない面が惜しい。
  • Super!!キャラクターFight!! こんふゅーじょん  [制作者] 絵小豆さん
    <審査員のコメント>
    キャラの数やストーリー等の各モードが数多く揃っていて、充実度が大変高い。技が簡略化されていることや特殊なシステムもあり、ユニークさもある。その反面、画面内が識別し辛いことや当たり判定がわかりづらい等、戦い辛い面が残念なものの、楽しく制作されたことが伝わってきた。
  • SuperSimpleFighter  [制作者] 茶ねずみさん
    <審査員のコメント>
    1マスずつ動く移動や戦い方がユニーク。音楽やデザイン等のスタイリッシュさも新鮮で、格闘ゲームの新しいかたちの提案がいい。CPU対戦が無いことが非常に惜しまれる。
  • Teufel Teich~嗟嘆の湖~ 研修篇 完全版  [制作者] マジェスティさん
    <審査員のコメント>
    キャラクターの設定・イラストは魅力的。ウェイトが多い点や文章に無駄な描写が多い点、そしてバグで進めなくなる点が残念。
  • THE BATTLESHIP WAR  [制作者] イリヤさん
    <審査員のコメント>
    遊び方や操作がシンプルでわかりやすい点は○。ゲームとして楽しく遊べるものの、達成感や戦略的なステージ攻略デザインなど、もう少し踏み込んで欲しい。
  • Trip RPG  [制作者] KaZさん
    <審査員のコメント>
    レベルを上げて攻略する感覚は○。戦闘中心のため戦闘スピードが遅い点や、マップが広すぎる点・次進むべきことが不明な点等が残念。
  • Uniq-ユニク-  [制作者] Shadowm_ さん
    <審査員のコメント>
    世界観や設定、物語の展開は○。突然場面が変わることや誰の視点の文章かわかりづらい等の説明不足感はあるものの、選択肢内容や人間攻撃NG等ユニークなシステムが面白い。
  • white  [制作者] 近大情報リテラシー研究会さん
    <審査員のコメント>
    舞台設定やキャラクター個性は○。設定上キャラが区別しづらい点や、物語がやや淡々と進む点、そしてBGMや効果音が無い点が惜しい。
  • Whodunit  [制作者] Daythestarさん
    <審査員のコメント>
    探偵として聞き込みや調査をする楽しさは○。遊びやすさはあるものの、単調な作業になってしまう点が惜しい。
  • Will's road Story.  [制作者] アストン=路端さん
    <審査員のコメント>
    ちょっとした依頼をこなす日常感は○。依頼内容はユニークなものの、依頼をサクサクこなす遊びのため、全体的に説明不足感や戦闘速度が遅い・セーブできない等の操作面が良くない点が残念。
  • wish!  [制作者] アストン=路端さん
    <審査員のコメント>
    携帯電話を中心に散策する遊びは○。マップ移動や文字を読むことが中心の楽しみ方のため、歩行速度が遅い点や文字を中心にウェイトが長い点が残念。
  • WizColor  [制作者] tachiさん
    <審査員のコメント>
    十字キーで色を混ぜて闘うアイデアが面白い。動作や演出も含め全体的に完成度が高いものの、色の組み合わせという難しさや、対戦難易度のゲームバランス調整などさらなるブラッシュアップに期待。
  • World Cross Story 改  [制作者] manトリュフさん
    <審査員のコメント>
    イベントシーンの演出・選曲は○。物語の展開や遊び方としては安定しているものの、説明不足感がある点、戦闘やセリフ強制スピードが遅いためテンポが悪い点が惜しい。
  • Youda's dream  [制作者] 雨毛さん
    <審査員のコメント>
    内容が主題のみに絞られていて、台詞も読みやすくテンポも良かった。終盤にこれまでの優しい雰囲気とは異なる台詞や展開が増える点が気になるものの、全体を通してよくまとまっている作品。
  • 「恋と友情の境界線-体験版-」  [制作者] びぃえる宣言!さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(有料ゲームの体験版)
  • あたしはおトイレちゃんの水を流す部分にデコをぶつけて死にかけたのっ!~萌えバージョン~  [制作者] 口谷亜夜さん
    <審査員のコメント>
    タイトル通り、萌えイラストに萌えボイスで萌える内容は○。体験したことを短いゲームとして公開するかたちに、選択肢などゲーム要素が加わっている点がユニーク。
  • おれわたぬき。  [制作者] ugshelterさん
    <審査員のコメント>
    サバイバルゲームらしい緊張感もあり、やりこみながら楽しめる点が○。不要に感じるコマンドがある点や、乗組員達との掛け合いが少なく関係性が見えづらい点が残念。
  • お嬢様はやっぱり勉強がキライ  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    勉強を嫌がるお嬢様の脱出劇が面白い。見つけたヒントによって脱出する方法も異なり、攻略を探し出す楽しさがある作品。制限時間のシステムに好みが分かれそうではあるものの、ほのぼのとした雰囲気で手軽に楽しめて○。
  • かみかくし  [制作者] カプピーさん
    <審査員のコメント>
    かみかくしのテーマとストーリーが上手く沿っており、進めるごとに展開が気になる作品。アイテム装備で進んでいくイベントもユニークで面白い。緊張感があまりなかったためか、物足りなさを感じてしまう点が残念。
  • きみのうしろにきみはいる(体験版)  [制作者]    さん
    <審査員のコメント>
    アクション要素をカバーするアイテムが新鮮で良かった。セーブ箇所が限られており、即死後のやり直しが少し作業に感じてしまう。途中までということで今後に期待。
  • くちさけおかま  [制作者] 麦酒會(潤野 凌央)さん
    <審査員のコメント>
    題材がユニークで、タイトルに負けないインパクトを持つキャラクターのグラフィックも○。くちさけおかまとの攻防だけでなく、他キャラクターとの掛け合いもありいろいろな視点で楽しめる。複数のエンドが用意されているものの、消化不良なものもあり物足りさなを感じてしまうところが惜しい。
  • さよならだけが人生、じゃない  [制作者] Tears Lab.さん
    <審査員のコメント>
    ありふれた日常のワンシーンの描写は、とても心地よい読後感がある。各短編それぞれはシーンとして完成しているものの、連作形式として総合的にはもう一歩調整が欲しい。
  • ずっと床を見てる  [制作者] Tears Lab.さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • そして愚者たちは孤島に集う  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    孤島で起きる事件というオーソドックスな設定ではあるものの、キャラクター切り替えで進めるという発想がユニークで○。捜査によって犯人も変わるので、いろんなエンドを探してみたくなる作品。
  • そのヒグラシ  [制作者] Torezuさん
    <審査員のコメント>
    暗いテーマを扱いながら、オシャレな雰囲気で読み進めるスタイルがユニーク。展開自体は面白いものの、もう少し蝉との結びつきや結論がしっかりと描かれていてもいいかなと感じた。
  • たむけの花に塔の祈りを  [制作者] 弐人さん
    <審査員のコメント>
    花をたむける、という表現で物語を進めるコンセプトがユニーク。物語の展開が終盤急展開な面が気になるものの、イラストも含め全体的な雰囲気が可愛くまとまっている。
  • はねはねははは  [制作者] NaT_Aさん
    <審査員のコメント>
    利用可能な動作や、仲間の特殊能力を駆使して謎解きするシステムが楽しかった。全てにおいて個性的な世界観のため好みは分かれる可能性があるものの、物語や遊び方・展開も安定した楽しさがある。
  • はるさ~うみんちゅⅢ  [制作者] themasachanさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • ぱくぱくパニック  [制作者] Hail to you!さん
    <審査員のコメント>
    ドットイート形式のゲームとして、迷路のようなマップを取り入れているところがユニーク。ただ、逆にそのマップが広大で作業感もあり、もう少し調整が欲しいところ。
  • ひとりいろおに  [制作者] カプピーさん
    <審査員のコメント>
    脱出ホラーに「いろおに」という遊び方を混ぜた点がユニーク。やや単調になるものの、ただ逃げるだけではない、ひとひねりがゲーム性を増していて良かった。
  • ひなの×クローズ!  [制作者] aiGameさん
    <審査員のコメント>
    自作のキャラクターが可愛らしく操作も簡単なのが○。まだ洋服の種類がないので、組み合わせが少ないのが残念。
  • へんたいサーガ  [制作者] ケリーさん
    <審査員のコメント>
    個性的なノリやネーミング、展開は○。物語はユニークなものの、個性を楽しむ内容のため、戦闘や会話テンポの良くない点が残念。
  • ぺいんと?  [制作者] kumasan!さん
    <審査員のコメント>
    ウディタで絵を描けるというのは斬新。消しゴムツールがなく、色も少ないのでボリュームに欠けるのが惜しい。
  • ぺいんと?2  [制作者] kumasan!さん
    <審査員のコメント>
    キャンパスの色を選択できるので、白で描くのとはまた違った楽しみ方ができる。色が少なく、ミニゲームの内容も短いので物足りなさがあるのが残念。
  • ぺんでぃ  [制作者] ヲシダさん
    <審査員のコメント>
    攻撃とジャンプに絞った遊び方がシンプルでいい。もったいぶらず各ステージごとにテンポ良く新しい攻略要素をもってきているところも、飽きずに楽しめる。アクションゲームの純粋な楽しさがある。
  • めちゃ安スカウト  [制作者] ヒールさん
    <審査員のコメント>
    キャラ選択や装備システム等、戦略的に遊べる要素は○。各キャラを識別し辛い点や、各ステージの敵配置に戦略性が低い点が惜しい。
  • もしも死ねぇ  [制作者] tachiさん
    <審査員のコメント>
    1マップのみの狭い空間にホラー要素が詰め込まれており、短編ながらも十分に楽しむことができた。オーソドックスなホラー演出を味わえるだけでなく、ストーリーが気になるようにできていて○。
  • もっこりハンターライフ  [制作者] 朋美さん
    <審査員のコメント>
    ゲームバランスや探索の楽しさは○。戦闘中心のため単調にならない工夫はあるものの、徐々に作業的になるため、ゲーム進行のモチベーションとなるようなもうひと工夫が欲しかった。
  • ゆうぎりの夢  [制作者] 真裕さん
    <審査員のコメント>
    キャラクターによってできるアクションが違うというシステムがユニーク。強制的に別キャラクターで同じステージをもう1度プレイする必要があるため、ストーリーや雰囲気が良い分先に進めないもどかしさがあり残念。
  • ゆめのひ。  [制作者] プラトニックF.Fさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • わくわく生放送  [制作者] わくわくソフトさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • わたしとあいつとめがねと  [制作者] pastelcatsさん
    <審査員のコメント>
    探索がわかりやすく、さくっと楽しめる短さが○。本編中の伏線をおまけで回収しているのも楽しさがありよかった。キャラクター同士の掛け合いが少なく、関係性が薄く見えてしまうのが惜しい。
  • わたしのゆめはいじょうです  [制作者] カプピーさん
    <審査員のコメント>
    サイコパス診断が取り入れられた各ステージがユニークで面白い。最後にはプレイヤーのサイコパス度も表示され、遊びながら楽しめるシステムが良かった。選択肢があからさますぎる点があったので、狙いながら進められてしまう点が非常に惜しい。
  • アクマとオカマとワタシ  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    キャラクターに悪魔とオカマが登場するのがユニーク。ヒントから探索場所を特定しづらく、探索に作業感が出てしまう点が惜しい。
  • アンズちゃんの冒険。~変態が彷徨う学校から脱出せよ~  [制作者] チョコきちさん
    <審査員のコメント>
    ギャグかと思わせるタイトルだったが、謎解きや探索などしっかりと練りこまれていて良かった。要塞のようになった学校のトラップや、教室内で起こる変化など、多彩なネタが楽しみになってくる作品。下ネタ要素多いため、好みが大きく分かれそうな点が惜しい。
  • イタイ人たち  [制作者] kumasan!さん
    <審査員のコメント>
    独特のテンションがユニークで、ボイスの挿入演出も面白い。やや荒い面があるものの、展開が個性的。
  • カルけん!!  [制作者] アストン=路端さん
    <審査員のコメント>
    漫画とゲームの中間のような演出方法がユニーク。個性的なノリや雰囲気を持つ内容や登場人物名が覚え辛いため、自然な形で伝えるような工夫が欲しい。
  • カルけん!!~じんぎなもちがたり~  [制作者] アストン=路端さん
    <審査員のコメント>
    日常の一コマと、部員たちとのやりとりで楽しめるクイズの組み合わせがほのぼのとして○。短く楽しめるのは良かったものの、キャラクターの掛け合いが少なく内容をつかみにくかったのが惜しい。
  • カルけん!!~はれ どっと もえっど~  [制作者] アストン=路端さん
    <審査員のコメント>
    ちょっとした豆知識やクイズのような楽しさを、漫画に付加しているところがユニーク。せっかくのクイズシーンのため、もう少し「記憶」して「答える」ようなゲーム感が欲しい。
  • カルけん!!~パンやにおつかい~  [制作者] アストン=路端さん
    <審査員のコメント>
    豆知識クイズと戦闘が組み合わさり、シリーズを通して遊ぶと楽しくなってくる。予備知識がないとクイズも含めて楽しみづらいところや、内容量に比べてファイル容量が大きいため、今後の改善に期待。
  • キスメイト,ジェラシイ;スタラグル  [制作者] ムノニアJさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • ギャルゲリバース  [制作者] aiGameさん
    <審査員のコメント>
    学園モノギャルゲーの雰囲気や設定をしっかり表現できていて○。展開が早いものの、デートやプレゼントに悩み、初恋に奮闘する主人公の気持ちがよく伝わる作品。
  • ギャンブルクエスト 完全版  [制作者] tinさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • クリスマス・ゾンビ  [制作者] Hail to you!さん
    <審査員のコメント>
    選択肢を選びながらサバイバルする遊びは○。ジョークで笑うことベースで展開するものの、ゾンビがグロテスクな点が笑いづらくなっている。選択ミスのゲームオーバー理由が面白い。
  • クープランのアルマンド  [制作者] サークル置か岡さん
    <審査員のコメント>
    ユニークなキャラクターと世界観が印象的。操作やルールが簡単なので単調になってしまうのが惜しいものの、その単調さに没頭してしまうミニゲームらしさのある作品。
  • グルメサーチャー  [制作者] ツリーマウンテンさん
    <審査員のコメント>
    グルメ探しというわかりやすい内容で、ストーリーを把握しやすい。選択肢も少なくプレイしやすいものの、やや物足りない感もある。グルメリポーターらしいコメント等、もう一歩深みが欲しいところ。
  • グルメレース  [制作者] ヨルメさん
    <審査員のコメント>
    ステージ上を駆け抜けるシンプルな遊び方や、タイムアタック等のゲーム性もあり楽しめる。ただ、シンプルすぎて物足りない点も多々あるため、今後の展開に期待。
  • サンタ討伐隊  [制作者] ヨルメさん
    <審査員のコメント>
    物語やテーマは○。ボスを倒して進める遊びは良いものの、戦闘が単調な作業になっているため、次へと進めるモチベーションなど工夫が欲しい。
  • シガイタチ  [制作者] さん
    <審査員のコメント>
    独特のキャラクターやストーリーなど、全体を通して作者のセンスがあふれる作品。気になるストーリー展開が魅力的ではあるものの、探索の難易度が高く人を選びそうな点が惜しい。
  • スペースジョブ  [制作者] ツリーマウンテンさん
    <審査員のコメント>
    緊迫な艦内の状況を、BGMで上手く演出できている点が○。登場人物達の関係性や特徴が分かりづらいため、短編なのが惜しい作品。
  • セラとウタノのゆく年くる年  [制作者] Tears Lab.さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • センター試験対策型ノベルゲーム『あかほん!』ベクトル編①  [制作者] Chloro (クロロ)さん
    <審査員のコメント>
    キャラクターと一緒に勉強をできる楽しさが○。ベクトルについてだけなので、根を詰めずにできるまとまりが良い。掛け合いも楽しめるので、ちょっとした息抜きに読みたくなる作品。
  • ゼルダクエスト体験版  [制作者] harutowiiさん
    <審査員のコメント>
    無駄な説明が少なく気軽に始まる点は良いものの、まだ遊べる内容が無いところが残念。
  • ゼルダクエスト体験版  [制作者] harutowiiさん
    <審査員のコメント>
    マップはコンパクトに作られていて好感なものの、まだゲームとして遊べる段階ではない点が残念。
  • ゾナクエスト  [制作者] 銀のナイフさん
    <審査員のコメント>
    各所のセリフや展開などユニークで○。意味不明具合は面白いものの、作りがやや荒い点や楽しみ方がわかりづらい点が残念。
  • ダストボックス  [制作者] こたつの上にドリアンさん
    <審査員のコメント>
    記憶喪失の男と、ゴミ山の世界という設定がマッチしていて○。記憶を取り戻す場面で回想が入り、プレイヤーにもストーリーを想像しやすい点が良かった。手に入れたアイテムでエンディングが分岐するのは面白いものの、思い出さない場合のエンドがあっさりしすぎていて惜しい。
  • ダッシュツゲエム  [制作者] 腐菓子さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • チーちゃんの課題試験  [制作者] chieさん
    <審査員のコメント>
    子どもでもわかりやすい表現や遊びやすさは○。戦闘をこなす作業的な遊び方になりがちなので、課題クリアを別のかたちにして遊ぶなどもう一工夫欲しい。
  • テレフォン 第1話  [制作者] HickeyNeetPartyさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • デュエルキングダム(通常版)  [制作者] 8787&クラウさん
    <審査員のコメント>
    戦略的な戦闘を楽しめるところに絞っている点が○。余計な要素を削って、如何に戦闘に勝利し続けるかに絞っているところが面白い。戦闘中も頭を使って闘えるため、ゲームバランスも絶妙。
  • ドラゴソDX  [制作者] take_3さん
    <審査員のコメント>
    ギャグベースでの展開や、小さなネタの豊富さは○。キャラ選びの楽しさもありテンポ良くノリを楽しむタイプのため、戦闘など全体的にスピードが遅い点が残念。
  • ドラゴンの宝物  [制作者] あほちゃんさん
    <審査員のコメント>
    テーマに沿って短く無駄なくまとめられているところが○。ドラゴン等のファンタジー生物が当たり前のように存在している描写や、懐かれ系の展開に秀でた作品。
  • ネコ巫女ACT  [制作者] mdkさん
    <審査員のコメント>
    ステージ上に火を灯す遊び方や、動作やコンセプト面では非常に安定していて良かった。可愛さとは反面、放物線を描く攻撃や敵の動きなど難易度や遊びづらさが気になった。
  • ネームテイカー  [制作者] がっかり亭さん
    <審査員のコメント>
    名前にこだわった設定や展開や服のデザインは○。この世界観を文章でうまく伝えきれていない感が惜しい。
  • ハルハヤテ-2008&2011-  [制作者] 青野零奈さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • ヒーローズ  [制作者] ヨルメさん
    <審査員のコメント>
    小さな島を中心に、ジョーク展開は○。ゲームオーバー画面など面白いシーンがあるものの、説明不足感や遊ぶネタが少ない点が残念。
  • ヒーローズ2~矢沢の館からの脱出~  [制作者] ヨルメさん
    <審査員のコメント>
    前へ進みながら逃げる遊び方は○。メインであるステージのマップがもう少し工夫や遊びが欲しいところ。矢沢の台詞は意表を突かれた。
  • ピクシーの野望  [制作者] バーニスさん
    <審査員のコメント>
    物語の内容や、装備システムは○。成長システムやアイテム価格など独特な要素が楽しいものの、単調な戦闘作業になるところや、戦闘スピードが遅い点が残念。
  • フレアの冒険  [制作者] KOMI-さん
    <審査員のコメント>
    主人公のゆるいキャラ設定や爽快バトルは○。戦闘を繰り返すことや無駄な移動が多いマップデザイン等気になる点があるものの、調整やコンセプト次第でさらに楽しめる余地がある。
  • フレンズ・クリスマス  [制作者] とまつリケさん
    <審査員のコメント>
    キャラクターとの会話やイベントで、クリスマスの雰囲気をしっかり表現できていて良かった。アニメーションも使われており、臨場感のあるプレイを楽しめる。キャラクター達の会話に和む癒し系作品。
  • ベーコンレタス列伝  [制作者] 武蔵野モーツァルトさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • ペイントレッド記念館  [制作者] Pinkgoatさん
    <審査員のコメント>
    文章量が多いため読み進めることが大変に感じるものの、それ以上にF氏の日記の続きが気になる魅力があった。ストーリーの展開に好みが分かれそうではあるが、作者にしか出せないセンスが光る1作。
  • ホワイト・オブ・ザ・デッド  [制作者] ノラさん
    <審査員のコメント>
    狭いマップの中にいくつものイベントがあり、短時間でもどこか心に残る独創性が良い。可愛らしい絵もほのぼのとしたゲームの雰囲気にあっていて○。イベントを探す楽しさを教えてくれる作品。
  • ポックリが鳴った夏  [制作者] ヒビキソラさん
    <審査員のコメント>
    社会人が、田舎や幼い頃の恋愛などを懐かしむ感覚に浸れる雰囲気や演出は○。全体的に無駄はなくまとまっているものの、ヒロインに対する冒頭のテンションと、クライマックスの盛り上がりの関係性が薄く、もうひと押し描き込みが欲しい。
  • ミミカカア2  [制作者] バーニスさん
    <審査員のコメント>
    物語の内容や謎解き中心な点は○。ダンジョンが広すぎる点や、謎解きの順の関係でただ走り回って戦闘を連打するだけになる点が残念。
  • ミミカカア3  [制作者] バーニスさん
    <審査員のコメント>
    小さなマップ、成長システムやレベルデザインが整っていて○。レベルを上げる楽しさがあるものの、戦闘中心のゲームのため戦闘テンポが悪い点が惜しい。
  • ムシノイザナイ  [制作者] Raven Knightさん
    <審査員のコメント>
    虫に誘われる、そして虫たちとのやりとりなど設定や世界観がユニーク。ウェイトが遅いこと等テンポの悪さが気になるものの、覚えゲーなアクションや会話は楽しく、今後が楽しみな作品。
  • メモリーズ・ルーム  [制作者] アストン=路端さん
    <審査員のコメント>
    舞台設定や物語の流れは○。流れとしては面白いものの、全体的に説明不足感やテンポが悪い点が残念。
  • メリット・オブ・フィッシャー  [制作者] 熊子さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • メリーさん  [制作者] せんべゑさん
    <審査員のコメント>
    ゲームオーバーになってもやり直しがきき、フラグを立てたまま再開できるのが○。展開が唐突な点とマップの広さ、メリーさんが追いかけてくるホラー要素しかなかった点が単調気味になり惜しく感じる。
  • モノクローム・ドリーマー  [制作者] 早見さらりさん
    <審査員のコメント>
    キャラクター個性やその性格の描き方は○。物語や展開、マップ上の遊びなど楽しい要素が多いものの、戦闘テンポが遅い点やダンジョン等マップ構造が複雑な点が、物語への没頭度を下げていて惜しい。
  • ヤスデ性脳症  [制作者] Pinkgoatさん
    <審査員のコメント>
    ヤスデを中心に展開する物語は、古典文学のような面白さがある。演出や文体等も、テーマに沿って統一されているため、ひとつの表現としてしっかりまとまっていた。
  • ユグドラ伝説Ⅲ 創造神の申し子  [制作者] ゆきるどさん
    <審査員のコメント>
    物語やサクサク進むゲームバランスは○。各セリフ等の個性的なセンスを楽しむことや、無駄なく物語が高速展開するため、これらとは関係のない作業的になる戦闘のスピードが遅い点が惜しい。
  • ラーセゲーム  [制作者] ブラインドさん
    <審査員のコメント>
    敵の動きと攻撃を、レースゲームの枠組みに持ち込んだところがユニーク。ゴールを目指して競争する遊びとして、可能性が秘められているアイデア。
  • リア充◇爆発しろⅢ  [制作者] syazunaさん
    <審査員のコメント>
    リア充を駆逐するミッションというテーマや、雰囲気は○。コンボやノリ・マップデザインは楽しいものの、リア充を倒すより避けて徘徊中心でクリアできるため、マップ探索の楽しさやリア充倒しの楽しさがもう少し欲しかった。
  • リオのふくしゅう!  [制作者] カルさん
    <審査員のコメント>
    マップデザインとBGMの選曲が良く、世界観を表現できている。あちこち回るおつかいが中心で作業させられている感はあるものの、この街を堪能したい良さがあった。
  • リクール乙の体験版  [制作者] 新Gooさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • レベル上げる。  [制作者] 神堂三つ葉さん
    <審査員のコメント>
    戦闘中の応援システムやほのぼのした雰囲気は○。システム面では面白い点があるものの、レベル上げ中心のためもう少しレベルを上げる快感が欲しい。
  • ロマソス・ファンタジア  [制作者] 水と空の詩声さん
    <審査員のコメント>
    分岐が分かりやすく、短時間で甘いイベントを楽しめる手軽さが○。展開が早いため、キャラクター達との関係性が深く感じられなかったのが残念。恋愛イベントの数やスチルは豊富だったので、今後の作品に期待。
  • ワタシノホネ ナラベ  [制作者] 新Gooさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • ワタシノホネ露  [制作者] 新Gooさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 七月が耳につく  [制作者] Tears Lab.さん
    <審査員のコメント>
    ショートショートとして非常によくまとまっていて楽しめた。ほんの少しの時間で、俺、今ちょっと幸せかもしんない、と感じることができる良作。
  • 与えられた冒険  [制作者] 418shiroさん
    <審査員のコメント>
    キャラ設定や物語の展開は○。ウェイト等テンポの悪い点やセリフをもう少し絞れそうな点が気になるものの、キャラ描画を中心にしているところが良かった。
  • 中二病と妖精とフラグ  [制作者] 応援屋さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 人喰いさん  [制作者] ぬーんさん
    <審査員のコメント>
    立ち絵が可愛らしくキャラクターも個性的、どんな結末になるのかと思わせる伏線が○。セーブ箇所や猫の登場人物など所々ユニークな点があり、ホラーの雰囲気が薄れてしまっている点が残念。
  • 修行者の生活  [制作者] ふーみんさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 優子の憂鬱4  [制作者] 朋美さん
    <審査員のコメント>
    装備品による成長システムや服装システムがユニーク。キャラ常時表示等、全体的にシステム面でチャレンジングなものの、ゲームとしては戦闘の繰り返しが中心なため、続けるための要素が欲しい。
  • 八月が目にしみる  [制作者] Tears Lab.さん
    <審査員のコメント>
    主題とその関連性を物語に提示する流れが秀逸。何気ないワンシーンを描くこと、その内容をミニゲーム化することに無駄が無くひとつの表現方法の完成形といえる。
  • 初見殺しの島  [制作者] Kentariさん
    <審査員のコメント>
    タイトル通りのゲーム内容で、いろんなパターンが用意されているのが面白い。様々なアクションを試しながら、クリアまで進めるやりこみ要素が良かった。初見殺し特有の理不尽さで人を選びそうではあるものの、それを回避する楽しさも兼ね備えている作品。
  • 勇者と魔王  [制作者] KOMI-さん
    <審査員のコメント>
    物語の展開はユニークで、特徴的。設定は面白いものの、進行がわかりづらい点や、単純作業の戦闘も完全高速化ではなく一部連打が必要な点が残念。
  • 勇者のお話。~旅立ちと魔王~  [制作者] その辺の若者さん
    <審査員のコメント>
    物語の流れや、効果音等の選曲は○。冒頭の展開が唐突なものが多い点が気になるものの、進めるにつれてキャラの魅力が高まり、また適度にイベントがあるため楽しくなる作品。
  • 勇者アルシェスのクリスマス!  [制作者] kaikaiさん
    <審査員のコメント>
    ギャグタッチな物語の展開は○。目的や流れは面白いものの、戦闘や強化等の要素がお笑い中心ではなくなっている点が残念。
  • 勇者アルシェスの冒険  [制作者] kaikaiさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 単位を稼げ!!  [制作者] CITソフトメディアさん
    <審査員のコメント>
    敵を倒して「単位」を稼ぎ、ダメージを受けると「5秒間停学」などのコンセプトがユニーク。遊び方が単調な点や盛り上がりに欠ける点があるものの、面白くなりそうなアイデア。
  • 君が降らせた雪  [制作者] pastelcatsさん
    <審査員のコメント>
    画面が変わらず、選択肢も最小限にまとめられたシンプルな作品。5分もかからずに終わるものの、物足りなさを感じさせないストーリーと雰囲気が良かった。
  • 唸れ!神極拳!!  [制作者] KOMI-さん
    <審査員のコメント>
    サクサク進む戦闘や途中に入る物語は○。ほぼ単調な戦闘のみの遊びになるため、進めるべきモチベーションとなる要素が少ない点が残念。
  • 喋る鳥の秘密  [制作者] ちっぱい国家さん
    <審査員のコメント>
    世界観やゲームの展開は○。テーマや遊び方は楽しいものの、移動・戦闘中心のため歩行等スピードが遅い点が非常に残念。
  • 囁くは9月の甘い嘘  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    連れて行くキャラクターによって難易度が異なり、ストーリーにも変化が出る点がユニークで○。謎解きのヒントがアイテム欄に入らないため、確認ができない点が惜しい。
  • 地雷街  [制作者] るなはいさん
    <審査員のコメント>
    地雷を避けて進むパズルゲーム的な遊び方は○。何度も失敗を繰り返すタイプの遊びのため、やり直しまでの時間短縮や何度もマップを見る楽しさが欲しい。
  • 城での小さな冒険  [制作者] Hail to you!さん
    <審査員のコメント>
    探索時の不安さや怖さは○。説明不足感やマップに無駄が多い点が気になるものの、怖い雰囲気は醸し出されていた。
  • 夏祭りの夜には  [制作者] 小夜プロジェクトさん
    <審査員のコメント>
    ヒロインの設定上、主人公以外の人にも見えている点がユニークで印象的。キャラクター達の日常的な会話や、ヒロインが場に馴染んでいく雰囲気が良いものの、物語が冗長気味になっている点が惜しい。
  • 多元宇宙論  [制作者] ぷらすはうすさん
    <審査員のコメント>
    現代の街が舞台となっているため、主人公やマップ内の建物に親近感があり、ほのぼのとした雰囲気で楽しめる。集めるアイテムが明言されず、自分でそれらしいものを見つけていくスタイルが面白い。ストーリー進行と関係のない戦闘が多く、探索しづらいのが惜しい。
  • 夢幻影  [制作者] 影~ombre~さん
    <審査員のコメント>
    冒頭からオチまで綺麗につながっており、分岐によるエンドもストーリーに沿った内容で良かった。主人公が淡々としており、恐怖や緊迫感があまり伝わってこないのが惜しく感じるものの、ストーリー構成に作者のセンスを感じる。今後に期待がもてる作品。
  • 好き。のお話  [制作者] Tears Lab.さん
    <審査員のコメント>
    同じ内容でオチを変えるアイデアはユニーク。遊びとしては面白いものの、もう少し「好き」感が伝わって欲しい点が惜しい。
  • 孤独者のワルツ  [制作者] さと@くさん
    <審査員のコメント>
    探索とノベルが合わさったようになっているので、ストーリーをじっくり楽しみながら探索のゲーム性も楽しめた。いろんなミニゲーム要素があり退屈しないものの、作業感があったのが惜しい。
  • 寄生霊var.1.7  [制作者] pizzemanさん
    <審査員のコメント>
    物語の雰囲気やテンポの良さは○。全体的に説明不足感が否めない点と、セリフがはみ出る等の荒さが気になった。
  • 少女奇談  [制作者] lol_rustさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 幻界ファントム  [制作者] あるくさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 廃屋と共に散れ  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    謎解きのレベルもちょうどよく、脱出する方法がいくつも用意されているのが面白い。ミニゲーム要素もあり、いろんな楽しみ方ができてよかった。
  • 彼のこの世教室ver.1.02  [制作者] 白黒モノローグさん
    <審査員のコメント>
    自作のドット絵が可愛らしく、ほのぼのとした雰囲気にマッチしており○。マップが広く探索要素もあるが、満腹度というシステムがあるので探索しづらいのが惜しい。
  • 彼女  [制作者] 影~ombre~さん
    <審査員のコメント>
    ホラー演出が上手く、不気味な雰囲気を上手く出せている点が○。ストーリーとオチが綺麗に繋がっており、短編ながらも十分な満足感が得られ良かった。人によってはエンディングの描写に好みが分かれそうな作品。
  • 彼女と出会った時のこと  [制作者] まつこさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 彼女は、くちなし  [制作者] Giggle Gameさん
    <審査員のコメント>
    謎解きにオリジナリティがありレベルが高い。夜の学校から始まるホラーな雰囲気も良く、キャラクターも魅力的な作品。アイテムを見る際、同じ場所を調べなくてはいけないのが残念。
  • 後輩と先輩と時々殺人鬼  [制作者] 春紫さん
    <審査員のコメント>
    可愛らしいグラフィックとホラーの雰囲気にギャップがあり、良い意味で裏切られる作品。複数エンディングがあり、限られたマップと選択肢でその条件を探していく楽しさがある。ギャグと下ネタが目立ってしまっているため、人を選びそうな点が惜しい。
  • 思い出の記憶  [制作者] サラさん
    <審査員のコメント>
    冒頭からストーリーが気になる入りになっており、ゲームを進める楽しさがあって○。キャラクターが切り替わり、いろんな視点で楽しむことができるのも良かった。アクション要素に理不尽さがあり、作業感を感じてしまう点が惜しい。
  • 性格診断室  [制作者] grayfさん
    <審査員のコメント>
    さくっと試せる気軽さが、性格診断らしく○。ただ選択肢を選んでいくのではなく、会話をしながら進めていく臨場感が良かった。
  • 怪奇探偵団-開かれた禁書-  [制作者] SilverSoilさん
    <審査員のコメント>
    オープニングと本編で違った雰囲気を楽しめる点がユニーク。マップ構成もよく、探索とやりこみ要素のバランスも良かった。全体的にほのぼのとした雰囲気で、ホラーらしさをあまり感じられなかったのが惜しい。
  • 怪奇瘴忌譚  [制作者] HashimotoRSTさん
    <審査員のコメント>
    ダンジョン探索の楽しさや物語は○。戦闘や探索、そしてゲームオーバーを恐れながら遊ぶ楽しさのため、戦闘スピードが遅い点や即死が混在しすぎて徒労感が多い点が惜しい。
  • 恋はある朝、悪魔ちゃんが!  [制作者] プラトニックF.Fさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 恐怖の館   [制作者] T.Tさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 恒久のファミリア  [制作者] ナーラさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 悪魔彼氏!  [制作者] 蒼月華さん
    <審査員のコメント>
    スチルが多く、ボイスつきで物語を楽しめる点が臨場感があり良かった。恋愛イベントはバランスよくあるものの展開が早いため、キャラクターとの関係性が深まる部分がもう少し欲しいところ。
  • 意味不明な短編集  [制作者] kumasan!さん
    <審査員のコメント>
    いい感じに意味不明なノリや展開で面白い。ボイスがアクセントに使われいる等のアイデアもいい。
  • 招待状と嘘つきお嬢様  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    選択肢は少ないが思うようにイベントが進まないので、やきもきした主人公の心情を味わえる。エンドも豊富で攻略のしがいがあるものの、期間が短いためか物足りなさを感じてしまう点が惜しい。
  • 拾われた夏のエデン  [制作者] LRさん
    <審査員のコメント>
    主人公とヒロインの設定がユニークで、その展開も面白い。淡々と続く不思議な空気感は楽しいものの、逆にその淡々さが下界の雰囲気を描写するにはやや物足りない感覚もあった。
  • 推理短編集序  [制作者] 黒粉鈴さん
    <審査員のコメント>
    謎解きにオリジナリティがあり、読み応えのある設定で面白い。主人公の推理力や洞察力が圧倒的だったので、もう少しプレイヤーが推理できるヒントや状況説明があると良かったかも。
  • 新・3分バトル  [制作者] トーフさん
    <審査員のコメント>
    物語や設定の点ではユニークで○。ボス戦など、戦闘が単調になりがちなため、戦略性や闘う面白さの加味などが欲しい。
  • 早人戦国  [制作者] どんちゃんさん
    <審査員のコメント>
    特徴の異なる敵と、避けつつ闘う遊びは○。敵の登場がランダム的で、単調な作業になりがちなため、ステージ毎に特徴のある遊びをもう少しテンポ良く楽しみたい。
  • 明日、弾く。  [制作者] Tears Lab.さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 明治政府の優雅なひととき  [制作者] 口谷亜夜さん
    <審査員のコメント>
    選択肢が分かりやすく、様々なキャラクターとの掛け合いを短時間で楽しめる点が○。世界観とキャラクターの設定がユニークで好みが分かれそうなものの、ギャグテイストで男女共に楽しめる内容が良かった。
  • 時の鳴る道  [制作者] DEVECさん
    <審査員のコメント>
    マップデザインや移動等、無駄のないゲームデザインは○。淡々と進むため徐々にモチベーションが下がる点が気になるものの、設定や展開・ネーミング等にセンスを感じる。
  • 時計の針が止まる前に  [制作者] Satorさん
    <審査員のコメント>
    登場人物を絞ってその関係性を中心に描いている点は○。キャラ絵が可愛いのでもう少し挿絵が欲しい点や、改行がやや読みづらい点が惜しい。
  • 暮ヶ丘学園  [制作者] モノさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 村の仮面ヒーロー  [制作者] するメイカさん
    <審査員のコメント>
    小さなマップ上で遊ぶ感覚や物語は○。いろいろマップ上を遊ぶ楽しさはあるものの、実質的に単純戦闘を繰り返す単調な作業中心になる点が残念。
  • 板前名探偵すしおか  [制作者] 味噌谷屋さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 柳太郎伝記~古宮村編~  [制作者] 鯉心(こいごころ)さん
    <審査員のコメント>
    1つの世界に閉じ込められることなく、2つの世界を行き来しながら進めるスタイルが面白い。ホラー演出も凝っているので見所があるものの、探索に作業感があり非常に惜しい。
  • 死にたがりと魔物  [制作者] Qoltoresさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 死亡フラグ  [制作者] ツリーマウンテンさん
    <審査員のコメント>
    登場人物が絞られていて、ほのぼのした雰囲気は○。タイトルやタイトル画面から彷彿とさせる展開と雰囲気が全く異なることが気になった。
  • 殺人メルヘン  [制作者] ブニャンニャン黒さん
    <審査員のコメント>
    動物たちの世界をベースにしたサスペンス展開は○。読み物としては面白いものの、もう一歩推理し甲斐のあるミステリ感や、奥の深さなどもうひと押し欲しかった。
  • 殺虫クエスト(仮)  [制作者] さん
    <審査員のコメント>
    コンセプトがユニークで○。戦闘難易度が高いところは気になるものの、選曲や戦闘コマンド等のアイデアが面白かった。
  • 沈む夕日の向こう側  [制作者] DEVECさん
    <審査員のコメント>
    広いマップを簡単な移動システムでカバーしており、探索をさくさく進められる点が○。オープニングが作業に感じてしまう点や、展開の早さについていけないプレイヤーもいそうな点が非常に惜しい。
  • 津軽雪月花  [制作者] Y-F's Officeさん
    <審査員のコメント>
    ご当地ノベルという地域をベースに物語が展開する点やほのぼのした雰囲気は○。ご当地の良さだけでなく、人間関係についてのテーマもあるため、主題が分散して物語がやや冗長になっている点が惜しい。
  • 浅葱妖怪相談所。  [制作者] あまてる。さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 温かく、暖かい冬、なのか  [制作者] あほちゃんさん
    <審査員のコメント>
    その世界が、当たり前のように存在しているかのような描写や、人間味溢れるキャラクター達が良かった。心情の変化が急速で描ききれていない感があるものの、楽しく読み進めることができた。
  • 激ムズアクション  [制作者] ヒールさん
    <審査員のコメント>
    タイトルの通り、激ムズだった。ただ難しいだけでなく、プレイヤーの行動を誘導しそこに罠を置くような難しさのため、ステージは練られている。ボリュームが物足りないのが残念。
  • 灼夏幻夜  [制作者] STARVAN!!さん
    <審査員のコメント>
    主人公の設定や戦闘シーンの描写は○。個性のある世界観をうまく文章で伝えてきれていない感が惜しい。
  • 片目の勇者2~勇者と記憶の塔~  [制作者] ダイコンさん
    <審査員のコメント>
    次々と展開する物語は○。早い展開は続きが気になってしまうものの、小さなバグが多く、興が削がれる点が残念。
  • 狐の日記  [制作者] 伊佐さん
    <審査員のコメント>
    物語やキャラクターの設定がしっかりしており、全体的にバランスよくまとまっている作品。プレイヤー次第で誰に協力するか選べるのも楽しさの1つ。攻撃してくる動物の見分けが分かりづらい点、犬を探すという目的が物語中であやふやになっているのが残念。
  • 猫座敷  [制作者] わっちさん
    <審査員のコメント>
    キャラクター達が個性的、ギャグテイストなホラーとしていろんな人に楽しめる点が○。調べる箇所のほとんどに違ったコメントが表示されるので、探索に楽しさが付加されていて良かった。キャラクターの掛け合いが冗長気味になっているのが残念。
  • 王女と精霊達  [制作者] KOMI-さん
    <審査員のコメント>
    無駄な会話やシステムを省いてテンポの良いところは○。高速展開する点は楽しいものの、実質的に特に意味もなく似たダンジョンを攻略する作業的になるところが残念。
  • 現在タイトルなし 試作品 ver.1.00  [制作者] しずきさん
    <審査員のコメント>
    立ち絵が個性的で可愛らしいものの、冒頭で終わってしまうためキャラクターを把握しきれなかったのが残念。冒頭部分に何かしら続きが気になるひきが欲しいところ。
  • 生徒舞う学校ver1.6安定版  [制作者] イメージさん
    <審査員のコメント>
    アイテムに説明ついているので、広い学校内の探索がしやすく○。BGMにあまり変化が見られず、幽霊に追いかけられていることに気づきづらいのが非常に惜しい。主人公もノーリアクションだったため、ホラーの怖さが弱くなっているのが残念。
  • 白黒~モノクロ~の記憶  [制作者] サラさん
    <審査員のコメント>
    恋愛とホラー要素のバランスが良く、ストーリーに惹き込まれる魅力があった。謎解きは難しすぎず、それぞれにエピソードのあるもので解いていくのが楽しくなる。ホラーではあるものの、心が温かくなる作品。
  • 真実探し  [制作者] Point Gameさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 砂之時計  [制作者] ふしぎの国ねこ横町さん番地さん
    <審査員のコメント>
    テーマとなっている家族内での葛藤や問題を、リアルな台詞や声優さんの演技で上手く表現しており、感情移入しながら進められる。周回プレイに作業感がありオチが弱めな点、砂時計に関する描写が少ない点が惜しい。
  • 祈り  [制作者] 文芸研究会さん
    <審査員のコメント>
    世界観や舞台設定は○。物語が淡々としているため抑揚が欲しいことや、ページ送りが1クリック多いことや、無音などのゲームとしての体裁をもう少ししっかり整えたいところ。
  • 私と私と私と私  [制作者] 紗雛那さん
    <審査員のコメント>
    個性的な世界観と、快適な戦闘速度や装備システムは○。よくわからないまま進むため離脱者が多そうな点が気になるものの、ゲームを通してのアート表現や不用な説明類を排除している点が割り切っていて良かった。
  • 竜神の屋敷ver.1.02  [制作者] 白黒モノローグさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 約束の檻  [制作者] 二三さん
    <審査員のコメント>
    選曲や探索は恐怖感があり、○。やや説明不足感があるものの、大筋での物語の流れや探索の楽しさがあった。
  • 素人地球防衛  [制作者] 深眠少女さん
    <審査員のコメント>
    キャラクターの表情が豊かで見ていて飽きない。展開が早く関係性が読み取りづらい部分があるものの、恋愛イベントも豊富で短編ながらもボリュームのある内容だった。ギャグテイストな部分もあり男性にも楽しめる作品。
  • 終わり、終わる。  [制作者] 紗雛那さん
    <審査員のコメント>
    世界観やゲームの雰囲気が特徴的、BGMの選曲も独特で印象に残る。プレイヤーによって解釈が異なりそうな内容とゲーム進行が人を選びそうなものの、作者のセンスに可能性を感じる作品。
  • 終・3分バトル  [制作者] トーフさん
    <審査員のコメント>
    セリフや展開はユニークで○。キャラ設定や舞台は面白いものの、肝心の戦闘が単調な点が惜しい。
  • 終園のゲヘナ  [制作者] kokoro134さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 結婚物語  [制作者] KOMI-さん
    <審査員のコメント>
    物語の設定やサクサク進む戦闘は○。仕組みや内容は面白いものの、全体的に大味になっているところが残念。
  • 結婚記念日  [制作者] ふしぎの国ねこ横町さん番地さん
    <審査員のコメント>
    描きたいシーンのみに絞っている点、蛇足をつけず短くまとめている点が○。終わり方の面白さや、クリア後に別視点で描く表現も無駄のない展開のため楽しむことができた。
  • 続・3分バトル  [制作者] トーフさん
    <審査員のコメント>
    主人公の特異さ等コンセプトは○。戦闘中心なため、全体的な速度向上や、戦闘を続けるモチベーションを高める要素が欲しい。
  • 罪人-変えられぬ過去と裏切りの代償-  [制作者] SilverSoilさん
    <審査員のコメント>
    ホラーの内容だけでなく、キャラクターの背景も気になっていくストーリー構成が良かった。ゲーム画面がかなり暗く、明かりの範囲が狭いため探索か少々しづらい。セーブも常時できるわけではないので、テンポが悪くなってしまうのが残念。
  • 育成01  [制作者] 神堂三つ葉さん
    <審査員のコメント>
    14回の選択で終わるという、短いプレイスタイルを育成に持ち込んだ点は○。システム面でバグが多い点が残念。
  • 脱出だヌードル!まいメタの迷宮  [制作者] ザ・まいメタワールド!さん
    <審査員のコメント>
    脱出ゲームにネタ要素を持ち込んだところは○。発話者が識別し辛い点や作業的な点が気になるものの、各所に遊び心があるため、ネタメインとさらに割り切って余分なものを削ぐような思い切りに期待。
  • 自分殺し  [制作者] 二重時間さん
    <審査員のコメント>
    物語の内容や不気味な展開は○。主題は面白いものの、ウェイト等読みづらさや面白くなる前の序盤がやや冗長な点が惜しい。
  • 英雄候補者たち  [制作者] 饗庭淵さん
    <審査員のコメント>
    装備やアイテムを駆使して冒険する感覚は○。開始直後がややわかりにくいものの、各セリフが個性的で戦闘等のテンポも良く、スリリングな探索を楽しむことができた。
  • 蒼の屋敷  [制作者] サムさん
    <審査員のコメント>
    可愛らしいイラストとは裏腹に、じっとりとくる恐怖演出が冴え渡る作品。1周が短く分岐もわかりやすいため、作業感を感じずに楽しめて○。キャラクター達の背景も作中で知ることができ、ストーリーにどんどん惹きこまれる魅力ある作品。
  • 記憶  [制作者] Shiroさん
    <審査員のコメント>
    幽霊を撃退するアクションがマウス操作となっており、アクションが苦手な人にもプレイしやすいシステムなのが○。キャラクターやストーリーが魅力的ではあるものの、どこかほのぼのとした雰囲気があり、ホラーらしさがあまり感じられなかったのが惜しい。
  • 護衛任務  [制作者] ともさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 豊穣の巫女  [制作者] マキさん
    <審査員のコメント>
    舞台・キャラ設定や物語の展開は○。文章をもう少しコンパクトにできそうなものの、選択肢によって全く異なったエンドに分岐する点が面白かった。
  • 負荷価値  [制作者] ArkRiotさん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 超簡単な脱出ゲーム  [制作者] りんごの刺身。さん
    <審査員のコメント>
    タイトル通り、本当に簡単に脱出できてしまうところが逆に斬新。脱出できそうになると選択肢が強制になるのも面白い。オチも用意されていて良い味を出しているゲーム。
  • 転校生と不運な俺(第一話)  [制作者] abokado2000さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(公開制限違反)
  • 迷徒-MAZE- レマリア遺跡探索記  [制作者] 紅しょうがさん
    <審査員のコメント>
    自由度の高いシステムや世界観は○。ダンジョン探索としての準備された要素は良いものの、ダンジョンがわかりづらい点や、その複雑な要素や説明が多すぎて慣れるまでに相当な時間がかかる点が残念。
  • 部屋  [制作者] Pinkgoatさん
    <審査員のコメント>
    物語の内容、一人語りによる展開は○。徐々に盛り上がり不気味さが増すところは面白いものの、起承転結での「転結」が弱く惜しい。
  • 鍛冶屋物語  [制作者] themasachanさん
    <審査員のコメント>
    アイテムや戦闘等全て鍛冶屋をベースに展開している点は○。歩行・戦闘スピードが遅い点や、それぞれの行為をする必要性が薄い点が気になるものの、鍛冶屋設定や戦闘・アイテム類は楽しい。
  • 開かずの間  [制作者] ばうらんさん
    <審査員のコメント>
    安定感のある謎解きや物語が○。マップがやや寂しいものの、良い雰囲気も相まって次へと進めたくなる作品。
  • 霊クリ  [制作者] ジン作さん
    <審査員のコメント>
    グラフィックや遊び方としては可愛くて○。もう少し達成感ややりがいがあると、さらに楽しくなりそう。
  • 騒がしのお化け屋敷ver1.00   [制作者] 白黒モノローグさん
    <審査員のコメント>
    マップ上を調べる楽しさや様々なマップ要素に満ちているところは○。その反面、マップが広すぎて無駄な探索が多くなるところや、小さなバグが多い点が残念。
  • 鬼やしき  [制作者] するメイカさん
    <審査員のコメント>
    研究所を舞台としたホラーの雰囲気や展開は面白い。あちこちを回るおつかいスタイルやホラーの雰囲気を壊すノリが気になる部分もあったが、調整次第でブラッシュアップできそう。
  • 魔王、クビになりました。  [制作者] 奏でる音さん
    <審査員のコメント>
    ※審査対象外(コンテスト重複応募)
  • 魔王様は本気です  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    魔王と対峙前というシチュエーションに絞り、その短い間にキャラ立ちさせている点が○。ほんの短いやり取りをループさせることで個性を生み出す演出が良かった。エンド別にスチルやコンプリストが欲しくなる。
  • 鳥巣逃走館  [制作者] 実況者@京介さん
    <審査員のコメント>
    迷路のようなステージで逃げるアクション性や、謎解きのバランスが良く○。理不尽さもあるがその分達成感もある作品。展開が早過ぎるのが惜しい。
  • 黒猫と放課後と薬品棚の鍵  [制作者] Electric Prophet さん
    <審査員のコメント>
    猫になってしまった友人を元に戻すという設定がユニーク。理科室の鍵を探すだけでなく、他のイベントも並行して楽しめるのが良かった。キャラクター達の関係性描写が少なく、ストーリーに入り込めない部分が惜しい。
  • -Recapture-  [制作者] るなはいさん
    <審査員のコメント>
    特性のある仲間選びや連続ボスバトルのスピード感は○。戦略的で面白いものの、説明不足や序盤からの高難易度な点が惜しい。
  • 3分間だけ待ってやる!  [制作者] CAPRICEさん
    <審査員のコメント>
    全体的にギャグテイストでまとめられており、攻略のヒントも出てプレイしやすい点が○。展開が唐突な部分があるものの、制限時間は3分と短いのでだれることなく遊べて良かった。

総評

今回は、昨年よりも参加作品が増え、競争の激しいコンテストになった。

例年競争率の高い「RPG」部門は、今年も参加作品が多く、クオリティの高い作品が集まった。 特に「長編RPG」に力の入った作品が多く、また一定のクオリティを越えているものが増えていた。

ブームの影響もあり「脱出・探索ホラー」系統のゲームも競争率が高くなっていた。 ある程度「かたち」が完成しているジャンルのため、完成度と共に個性や新しい驚きの入っているものを評価した。

今年はさらに「アドベンチャーゲーム形式」のものも競争率が高く、男性向け・女性向け共に完成度の高い作品が増えていた。 この形式のゲームも「かたち」が完成されているジャンルのため、 基本的な快適プレイやシナリオクオリティは最低限おさえておきたいポイントになった。

参加作品の数が増え、作品レベルも高まっているため、「面白い」だけでは入賞が難しくなっていた。 システム面で無駄なウェイトや作業等を無くし、快適に楽しめる状態になった上でようやく作品内容の勝負が始まります。 または、作品としては荒削りであってもエッジのある内容や個性的な演出が取り入れられているなど、特徴が必要かもしれません。

同時に、適度にまとまった完成度の高い小規模作品も多く、 これらの作品はコンテスト上では入賞を逃していても、個性があり良作であることには違いありません。 ぜひ、その個性を大切にしながら、いろいろとチャレンジして欲しいと思います。

入賞を逃した方や、希望の賞に入賞しなかった方も、ぜひ他の入賞作品や審査員のコメントを参考にしてみてください。 そして、楽しみながら新たな創作活動を開始されることを期待しています。



コンテストについて


第9回メインページはこちら

コンテスト総合トップページはこちら



リンクについて

リンク等にご利用ください。
第9回ふりーむ!ゲームコンテストロゴミニ 第9回ふりーむ!ゲームコンテストロゴ



主催・お問い合わせ

ふりーむ!(お問い合わせは info@freem.ne.jp までお気軽に)