「題名は無い」

ARIS VALENTINE

掌編集なのでしょう。

タオル

感想!!

まず、13個も話を作れるって凄いことですよね〜。自分だったら上手く話作れそうもないんですけど(笑)
内容としては、設定がぶっ飛んでる感じで結構ネタ要素もあって面白いと思いましたね〜。ツッコミどころ満載の話とでも言ったら良いんでしょうか??ぶっ飛んでる話は楽しく読みやすいんですよね(笑)
楽しくプレイ出来ました!!是非、皆様も(๑•̀ㅂ•́)و✧

12345
No.51873 - 2020-03-26 09:28:48
3mm psy

「ありがとう」について

ついにこの「ありがとう」を読み砕くことに私は成功しました。
以前から一体何を言っているのかさっぱりわからなかったこの話のですが。
結論から言います。これは

「かき氷屋さん」

の話だったのです。
「黒い海のような雪夜から飽きもせず淡々と」
この「黒い海」とは氷を保管する冷凍倉庫のことです。
以前私は冷食工場でバイトしていた経験があるのですが、冷凍倉庫というところは
霜のようなものができており、それがたまにひらひら落ちてくるときがあるのです。
「雪は赤い」
これはかき氷界で最もポピュラーともいえる「氷イチゴ」のシロップが
かかった状態を言っています。
「声が聞こえる」
これは客として来た子供や家族の声です。
「懐かしい声」「優しい声」、真っ暗な冷凍倉庫で暮らしてきた氷同様
孤独に生きてきたかき氷屋さんもこのお客さん達の楽しそうな表情や声が
自分の生きてきた証となるのです。
「みんな私が殺した」
これはかき氷屋さんが、かき氷を作る際、氷を削ることを意味します。
でも氷達は喜んでいるのです。笑顔なのです。なぜならまた、氷自身も
お客さんの喜ぶ顔が自分達の生きてきた証となるからなのです。

ありがとう

ただ、最後に解せない部分が一箇所あります。それは
「もう指先も動かない」
と、いう部分です。かき氷屋はなぜ手袋をせず作業したのか。
なぜ素手で氷を扱っていたのか。こればっかりはさっぱり謎のままであります。

12345
No.49623 - 2019-10-14 21:17:13
kio

引き込まれる独自のセンス

作者独自のセンスに引き込まれ、ついつい最後までこの秀逸な短編集を読み進めてしまいました。

まずタイトル画面の時点で『おっ!』と思わされ、更に短くまとまりのある文章が一篇一篇の読み易さに拍車をかけていた気がします。
作品の内容自体は解釈がプレイヤーに委ねられていたり、逆に素直な程にストレートだったりと話によって分かれているのも楽しみの一つです。
あとメニュー画面にもユーモアが効いていて思わずクスリとしてしまいました。

お話の中では『ガラスの靴』が個人的に一番好みで、あの疾走感が何とも癖になります。

総じて短い時間で手軽に読め、作者独自のセンスを感じることのできるノベルゲームですので、興味のある方は是非ともプレイしてみてください。

12345
No.49419 - 2019-10-01 17:16:05
名前はない

ポップ怪談

劣等生は最後ハッとして面白い終わり方でした。
ARISさんワールドが存分に味わえて楽しかったです。
ポップホラー?ポップ怪談を思わせるかのようなBGMと内容ですね。
ネタバレはしたくないので、ここで感想は終わらせて頂きますが。
劣等生が最高でした。

12345
No.49054 - 2019-09-01 07:23:54
二代目ふち

「感想は有る」

おもしろかった

オチが正直よく分からなかったのもあったけど
逆にオチが解る奴は「ああーwwwwなるなるwwww」
って感じで満足感の笑みが出てきた

12345
No.45181 - 2018-12-15 04:21:23
奴隷ちゃん

「 」感想

軽度のネタバレ含みます。
少し暗めのショートストーリーがいくつも独立して書かれています。
ヒーローや悪人といった役柄はほとんど無く、ズレた世界観が「仕方がない」ものとして書かれているものがほとんどです。
それぞれのズレた世界観が面白く、オチも意外性に富む逸品揃いでした。お気に入りは「天国」です。

この作品は意外の連続と解釈の楽しさでとても引き込まれました。
絶対的な答えを示さず、自分なりに考えたと思ったら、ポロッとストーリー外から新たに思考を巡らさせられる演出がされます。そしてまた読むことになります。

考えるのが好きな方にはとても深く印象に残る作品なはずです。

12345
No.43110 - 2018-08-24 00:02:32
蒼龍

短編集

数分くらいの短編が12本入ってるノベル。どれもとんちというかオチが効いてるものばかりで面白いです。ノリは皮肉っぽくも暗め。以下ネタバレあり各話感想



【ありがとう】
それも救いなのかもしれない。

【戦争】
一人だけ正気ってのも結構怖い話だけど、戦争ってそういうものなのかもしれない。

【劣等性】
正体が意外だった。なんという擬人化。

【契約】
投げっぱなしの雰囲気楽しむ話かと思いきや、面白い死生観な話でした。発想は一番好き。

【食事】
正体的にカニバではないはず。こういう話結構好きです。

【傍観】
気づかずに通り過ぎていくのに最後の一文がなんとも皮肉でいいですね。

【当然】
こんな浦島太郎は嫌だ。

【おっちょこちょい】
軽いホラーのような気がする。発想が好き。

【ガラスの靴】
アレンジ物であんま見ない気がする、原作のトラップシーンがあったのが割と新鮮でした。オチと人をくったような省略の仕方が好き。

【葬儀屋】
全部消しちゃうから死神より怖いかもしんない。

【眼鏡と犬】
そっちかい!

【そういう事もある】
ほのぼのした。

バラバラの話にまとまりのあるオチまでついていて、良い短編集でした。

12345
No.33980 - 2017-03-07 19:36:52
ふち

(無題)の感想

12の小話と零の章、ショートショートストーリー集といった感じだろうか。

短い内容のエピソードが複数存在し、それを全部読み終えると隠された真相が現れるという流れを持つ一作、どれも文章だけが表示される極シンプルな外見で、実物のプチ小説を読むような感覚に近いといったところか。
全体的に陰険、残酷な描写が多め、作風は結構暗い趣向だが、最後は意外なオチで締めくくられるのが見所かもしれない。
自分的には浦島太郎、シンデレラ関係の悪趣味染みたアレンジ童話と、12話の諦めない話が好きだったな。

ちょっと大人向けのハードタッチな小話達を堪能したい時にお勧めしたいところだ。

12345
No.5338 - 2010-06-30 09:15:52
Full水

(無題)

文章のテンポが良く、話の内容もバラエティに富んでいて
楽しく読ませて頂きました。

右クリックで出るシステムメニューの表現が独特ですが
これも作者様の持ち味でしょうか。

12345
No.5337 - 2010-06-30 05:44:33
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games