激烈おしりタッチ

ひよこ13

お尻を触られないように逃げ回るゲームです。

眼鏡侍

爽快感溢れるバトル鬼ごっこ

ひよこ13様の制作された、バトル鬼ごっこ風ACT、“激烈おしりタッチ”の感想を書かせて頂きますね。

まずは、早速なのだが、これを言わせて頂きたい。
ふりーむ!の所属カテゴリー内に、確かに“百合ゲーム”と言う記述があるにも関わらず、百合要素が殆どないと言うのは、一体どう言う事なんだ(笑)。
いや、まあ厳密に言えば、女の子同士の会話のやり取りはあると言えばあるんだけど、あれは百合と言うよりは友情だ。
百合ネタが★×2の弱って説明されているのは分かるんだが、そもそも百合ネタにすらなっていないような……。

……と、まるで騙されたような不愉快な気分(笑)になってしまった私なのですが、ツクール製の本作のアクションゲームとしての非常に高い完成度に、そんな怒り(笑)等、あっと言う間に吹き飛んでしまいました。
これは凄いよ、本当に凄い(下ネタもそうだけど)。
向かって来る敵キャラにお尻を触られないように、逃げ回って、時には敵をタックルで吹き飛ばして、ラリックマのぬいぐるみを集めると言うだけのアクションゲーム……、だとしか言いようがないのですが、恐ろしい程に素晴らしいゲームバランスなんですよ。
最初は新しいステージに慣れなくて、簡単に攻略する事が出来なかったとしても、何度もリトライする内に、ぬいぐるみの場所や敵の行動パターン等が段々と分かって来て、数回やり直せば、それ程苦労する事なく、何れはそのステージをクリアする事が出来ると言う訳なのです。

敵もシンボルの外見が異なっていれば、敵のタイプもそれぞれ違うので、どう対応したら良いのかと言う事を、頭の中で考えるのが、とても楽しかったりしました。
ゾンビが大量に出て来るステージも、奴等の数の多さを考慮すれば、ぬいぐるみを取る順番も良く考えなければなりません。
ステージも様々な種類が用意されていて、視界が悪い所であれば、マップ自体が狭くなっていたり、敵シンボルの数が少なめになっている等、本当にプレイヤーの立場に立ってのテストプレーをされているのではないかと思いました。
自作品のネタが余りに多過ぎて、話に付いて行く事が全く出来なかったのは残念でしたが、だからこそ過去作が気になってしまう訳で、寧ろこれはこれで宣伝効果が狙えていると言うメリットを感じる事も出来ました。

アクションゲームの場合は、幾らこんなに感想を書いたとしても、閲覧者の方には色々と伝わり辛い所が、多々あるかと思います。
ですから、百聞は一見に如かずと言う諺通り、取り敢えずはプレイしてみて下さい。
個人的にはもっとっ!もっとっ!百合ネタが欲しくて欲しくて仕方がない所ではありましたが(笑)、これだけ熱くて面白いアクションゲームに出会えたのは、奇跡と言っても良いレベルだと思うので、今回ばかりは諦める事にします。
きっと過去作を知っていれば、更に楽しむ事が出来る、ファンゲームとも言えるような作品だったのだと思います。

近い内に、作者様の過去作を、出来れば一通りプレイしてみたいですね。

それでは、これにて失礼致します。

12345
No.15327 - 2013-04-19 18:47:31
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games