UTOPIACHE

路地の浦

目を覚ますと、世界は壊れていた。

foegk

推理ゲーム風のデスゲームが避けられない壁

2つのEDを見れた後に書いたレビューでしたが、新ルートのアプデが公開されたため、それもクリアした上で感想を投稿させていただきます。
ネタバレ込みの感想です。


このゲームは、デスゲームの中ではプレイヤーが5人という少ない人数で行われていますが、その分キャラクターの情報に対する記憶や理解がし易かったので助かりました。

肝心のストーリーについてですが…これ、デスゲームでありがちな罠に引っ掛かってますね。
この手のデスゲーム物にありがちなのが、「最初は裁判みたいな特殊なイベントが1章に1回あって、そこでプレイヤー同士が争い合い、結果プレイヤーの誰かが死んでしまうので、非常に面白い」のです。

実際、1章で罪人を推理するシーンや、2章におけるまさかの視点の話の展開には常に楽しまさせていただきました。

ですが…終盤になると、このゲームは方向性が変わってしまうのです。
デスゲームでありがちな「終盤ではデスゲームの運営者を追い詰めるだとか、デスゲームの真相を確かめるために、デスゲームそのものをぶっ壊す!」みたいな展開になって、売りである裁判みたいな特殊イベントが無くなっちゃったんですね。それも両方のルートで。

交渉や罪人の告発会議がゲームの前半と中盤にしかなく、後半に無かったのは残念でした。


システムについてですが、1章ではチケットが何の役にも立たない、2章以降はチケットを使って交流をしていく……のですが、1章で入手したチケットを1章の中で使っても、ストーリー上全くの無意味である!
というトンデモナイ理不尽すぎる罠を、攻略サイトで知りました。

正直、キツイです。
チケットの数が足りない場合、好感度も稼げなくなるので、BADENDの確率が上がります。
そのため1週目はほぼBAD確定です。

1章からストーリーをやり直して、良いエンドのために交流もした状態で4章まで持っていくのに最低1時間はかかりますよ?
まぁ主人公が死ぬ展開は面白かったですが…これは某RPGの種返せ問題と似た物を感じます。

これが原因で2回もゲームをやり直し、3回目のプレイでようやく2つ目のEDを見れたという状況には若干精神に来ました。


↓ここから新ルートについて


正規のEDを見た時は、「あれ、展開が変わってる?」と驚きました。
そしてそのまま続く物語、変わっていく展開…
新ルートが「アナザー」と呼称されていますが、この手法が、プレイヤーにとっても一番良い展開だったのではないかと思います。

誰かが無残に死んでいくシナリオしかないタイプのデスゲームというものは、その後の展開で、参加者達全員が生還できるルートが登場すると、非常に荒れます。
あの時のデスゲームの緊迫感や絶望感を返せ!みたいな感じですね。
某デスゲームアニメも、続編で死んだキャラクターがデウス・エクス・マキナのように生き返ったので、荒れたらしいです。
しかし、本作は若干のご都合主義展開に支えられながらも、「絶対に死んだ人は生き返らない」という前提の元で、主人公に希望を見せました。
存在するハズもない、アナザールートを。

これを、主人公の自己満足と捉えるか、最善の行動と捉えるかは、プレイヤー次第なのかもしれません。
そして、これぐらいの裁量とストーリーが、デスゲームのオチとしては適切だったと思います。


ゲームそのものに対しても、様々な感情が思い浮かびますが…とにかく、面白いゲームをありがとうございました!

12345
No.53986 - 2020-08-20 13:16:40
hi

失ったものは、元には戻せない。理想はそこに在らず。

追加ルートをクリアしたので再度投稿します。
ネタバレ含みます。


ゲームのシステムとしては基本的に選択式なので難しい操作はありません。
ただ、適切な選択肢を選べるかは重要な点だと思います。
また、1プレイが長く分岐要素が序盤からあるため、
全ルートを見るにはそれなりの時間と覚悟が必要かも。
キャラ操作によるマップの移動+フラグの不明確さのせいか、
探索パートには若干の退屈さ・煩わしさを感じました。
ストーリーそのものは十分に楽しめます。

ルートY→Xという順で回収しましたが、どちらも中々衝撃的。
追加されたルートZでは、アップデート前では解明されなかった疑問点が
いくつか明らかになります。完全なるハッピーエンドとは言い難いですが、
主人公も言っていた通り、「恐らくこれが最善」なのでしょう。
好みは分かれると思いますが、個人的にはTrueにあたるルートXが好きです。


UTOPIA(理想郷)+ACHE(痛みあるいは切望)
捉え方を変えれば「ディストピア」でしょうか。
壊れた世界というのは、災害によって荒れ果てた世界、
そして、社会として崩壊した世界どちらとも考えられます。
罪とは何か、正義とは何か、ゲームを如何とするか、
人を信じる愛するとは、今世界はどのような姿をしているのか。
情報量は非常に多いです。それ故全てを語ることはできません。

「 この世の神とは、この世界そのものである。
また運命とは、創られたシナリオをなぞってゆくもの。
そして世界と運命を破壊するは、神が我々に与えし断罪の種の、紛い物。
失ったものを元には戻せぬ。
君にできることは、新たに何かを生み出すこと 」(本編より)
…もうこれが全てではないでしょうか。
世界もこの物語も、d.gによって狂い壊された。
しかし、失ってしまったものは元通りにはならず。
それでも残された者は生きていくしかない。

…以上のような点も含めこの作品は"UTOPIACHE"なのでしょう。
事の発端だけでなく、物語そのものを解明していく、
そんなゲームだったのかもしれません。
長時間のプレイを終えて、自分の中に何が残ったでしょうか。
それが答え(真相)だと思います。

制作お疲れさまでした。

12345
No.50129 - 2019-11-21 22:13:43
F

良ゲーだが・・・

フリーゲーとはおもえないほど難易度が高い・・・。

周回フォローがないのに何度もやり直した。

デスゲじゃなくなるからダメみたいなことをいわれそうだがデスゲってそういうもんだとおもう。

絵はキレー。話もオモシロイ

ゲームバランスを修正したらスゴイ良ゲーになりそうな悪寒

ムズゲーすぎて投げ出しちゃう人が多そう

12345
No.49394 - 2019-09-29 17:04:44
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games