Melancholic Radical Illusion

アマタ

自分を取り戻すために記憶を巡るクリック探索型BLゲーム

いつき

とある作品からのアマタさんのファンです。

初めてのレビューゆえ、お見苦しい箇所や
ネタバレに配慮し切れていない部分もあるかと思いますが、
どうしても、この作品の素晴らしさをお伝えしたく、筆を執らせて頂きました。



アマタさんのBLゲーム作品…!ということでプレイさせて頂きました。
ウディタでこういうシステムが組めるんだと感動しつつ、
トキワさんからRMPのお話をされた時は正直、大丈夫だろうか…
きちんとこのお話を進めることが出来るのだろうかと心配になりました。

ですが、そんな心配は杞憂に終わり、主人公ユキナリ君の記憶を辿りつつ、
お隣の優しいマサヒロお兄ちゃんとのやりとりを
さくさくプレイでほっこりと眺められました。
もちろん、時には不穏な場面もいくつかあり、そういうことか…!
と、プレイの手を止め、唸ったりもしました。
しかしそれは、それぞれの登場人物の細かな設定までもが、
ゲームをプレイしているだけできちんと理解出来るほどに
作り込まれているからこその感情移入だと思うのです。
個人的には、ただ道端で談笑しているナカムラさんとタナベさんの
家庭環境まで見えて来て、凄いな~とただただ感動しました。
そして、欲しい場面に出て来る一枚絵の破壊力…!
個人的に雨宿りでの一枚絵が本当に色んな意味でドキドキしました。

ゲームシステムに関しては私、あまりノベルゲームをプレイしないので、
あまり比べようもないのですが、お話が進行してしまう場所には、
何かしらの表示があったら便利だったかもしれないな…などとは思いました。
ですが、ウディタの機能上、F12キーを押せば再起動は容易ですし、
セーブ自体もいつでもどこでも出来るように配慮されているので、
あ!と思ったら、即座にその行動を取ればいいだけのことですね。
そんなことより、セーブデータなどに表示されるラディちゃんのドット絵が可愛いです。

それと、とあるEDの見方が分からず、しばらく1人もだもだ考えておりましたが、
ふと立ち寄った公式サイトに全攻略情報がきちんと用意されており、
無事にそのEDを見ることが出来ました…本当にありがとうございます!
そして、その攻略情報を見て、この作品がどれほどより細かく、
丁寧に作り込まれているのかも再確認致しました…
白状致しますと、お花や猫などのイベントも自力ではクリア出来ませんでした…!

そして、これは本当にあくまで個人的に惜しいと感じたことなのですが、
これだけの作り込みゆえにマサヒロお兄ちゃんがそこへ至ってしまうまでの
葛藤や心情の変化なども一場面として見てみたかったと思いましたし、
とあるEDにて、ユキナリ君がその結論を出すまでにどのように考え、
どのように過ごしていたのか…という部分も、今までユキナリ君の視点で
物語を追って来たからこそ、彼の視点でそれらを見たかったなと思ってしまいました。

けれど、そこに至るまでの2人のやりとりは本当にもう素晴らしくて、
終始顔がニヤけっぱなしでございました…本当に素敵な作品をありがとうございます…!
お一人ですべての素材を作り上げ、ゲームを完成させた
制作者のアマタさん、本当にお疲れ様でした。
重ねて、本当に本当に素敵な作品をありがとうございました!

12345
No.46122 - 2019-02-17 14:18:53
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games