シルバーティアラの行方Ⅱ

レリーズ(他にもゲーム公開中)

王道ファンタジーのシミュレーションRPG(※続編です)

大森久仁夫

初心者から上級者まで楽しめる正統派シミュレーションRPG!

【総評】
 タイトルに「II」(2)とある通り、前作『シルバーティアラの行方』の
 続編となる長編SRPG。プレイ感覚も前作とほぼ同じ手応えです。

 前作はエンディングが少し中途半端な終わり方だったのですが、
 今作では、重傷を負った某人物の行く末やイリス大司教の裏で
 絵を描いていた者の正体が明かされるので、スッキリしました!

 以下、難易度むずかしいの固定成長、評価Bでクリアした後の
 プレイ感想です。
 (※シナリオ上のネタバレなし。一部、進行上のネタバレあり。)


【長所】
・索敵マップが面白かったです! 特に30章は敵のウェーブが激しく、
 リチャード以外の飛兵は弓攻撃を受けてしまうと一撃で沈みます。
 章途中のセーブがなかったら心が折れていたかも知れません(笑)

・プレイ時間は、最終章の出撃直前の時点で23時間36分でした。
 但し、索敵マップでのやり直しが多かったので、実プレイ時間は
 恐らく25~26時間くらいかと思われます。

・やり応え充分でありながら、低難易度や章の途中セーブ可能が
 実装されているので、プレイの途中で理不尽さに嫌気が差して
 投げ出すなどということもないでしょう。

・王道なストーリー展開やキャラ同士の掛け合いも楽しかったです。
 母性あふれるエレーネさんや、アークル翁とメリスナのツンデレな
 やり取りが微笑ましい!

・実は本作も完結作ではありませんが、前作のように中途半端な
 ところでは終わらないため、「ここで終わるのかよ!」とは思わず、
 素直に「次回作が楽しみだな!」って思いました。


【短所】
・自軍だけでなく同盟軍も「背負う」ことができるのですが、序盤では
 そのことに気付かず、敵に突撃する同盟軍にイライラしていました。
 同盟軍も背負えることは重要事項なので、特記した方が親切です。

・難易度むずかしいにしたせいなのかも知れませんが、索敵マップ
 以外では、外伝的な位置づけの1章と2章が一番難しかったです。
 即死攻撃持ちの敵兵や、ドールが喰らうと一撃で死ぬ騎馬特効の
 武器を持っている敵兵がいるなど、アグレッシブなバランスでした。
 (※もしかしたら、高難易度だと後半の索敵マップで苦戦するので、
  早めの章で回れ右してやり直してもらう算段なのかも知れません。
  そういった何らかの意図があるのなら、妥当な設定だと思います。)

・これも難易度むずかしい以上に限った話なのかも知れませんが、
 25章と29章では同盟軍が1ターン目でやられます。「救助の杖」を
 使えば簡単に助けられますが、事実上ほかに助ける手段がない
 というのが少し残念でした。(※進行上のネタバレとは、このこと。)

※いずれも、Ver 1.30 時点での話です。

12345
No.40602 - 2018-03-24 22:18:02
  • 1


Deletion guidelines: "Includes other than game impressions and reviews" "Aggressive content to creators," "sentences that are not gentlemanly" "games live video report"
About spoiler: If you include spoiler for review, please include "spoiler attention" in the beginning of the sentence.

Recommended free games for you

Free game event list

  • Event0
  • Event1
  • Event2

Someone's recommended games