ホーム > クリエイターのためのビットコイン・モナコイン講座

クリエイターのためのビットコイン・モナコイン講座

仮想通貨(ビットコイン・モナコイン等)とは

仮想通貨(ビットコイン・モナコイン等)とは

仮想通貨と呼ばれている「ビットコイン(bitcoin)」は、フリーダムな電子マネーのようなもの。 誰かが管理している電子マネーとは異なり、誰も管理していない、ネット上を漂う自由な電子マネーのイメージです。

英語では「crypto currency(暗号通貨)」と呼ばれていて、『暗号化という名の装備をした電子マネー』が、世界中のインターネット上で流通しています。

普通の電子マネーは、特定の団体が決めた場所でしか使えませんが、仮想通貨は、誰でも自由に扱うことができます。 そのため、誰もが手軽に価値(お金)のやりとりができるようになった、というところが大きな特徴です。

アルトコインとは

アルトコインとは

仮想通貨ブームの元となった「ビットコイン」とは別に、同じような『暗号化』装備を身につけたコインが次々と登場しました。これらのコインは「アルトコイン(altcoins)」と呼ばれています。

アルトコインは1000種類以上あり、カオス状態。 有名なものに「イーサリアム(Ethereum)」「ライトコイン(Litecoin)」等があり、日本発のものには「モナコイン(mona coin)」があります。 ビットコインは自由な仕組みのため、誰かが勝手に分岐(ハードフォーク)したコインも沢山あります。 「ビットコインキャッシュ」「ビットコインゴールド」「イーサリアムクラシック」など、名前の似た分岐コインがあるところも、面白さとカオスさがあります。

沢山の種類のコインがあるため、「お宝探しゲーム」感覚があり、実際にコインが値上がりして「お宝」になることもあります。 そのため、沢山のトレジャーハンターが、日々「宝石になりそうな原石」を探しています。

草コインとは

草コインとは

さらにその中には、知名度が低いコイン、よくわからないコインも沢山あります。 このような小さなコインを日本では「草コイン」と呼ぶこともあります。 ちょっと汚い言葉で「シットコイン」と呼んでいたものを、マイルドに「草ww」という意味合いから「草コイン」と呼び始めた説があります。

日本発の草コインも沢山増えています。活動が活発な例に「ビットゼニー(BitZeny)」があります。 モナコインの価格暴騰に次いで、次の暴騰しそうな日本の草コインを探して「銭(ゼニ)」にたどり着いた冒険者が、沢山「銭掘り(マイニング)」をするようになりました。 果たして、「ゼニ」が「大判小判」に『大化け』する日が来るのか興味深いところです。

企業トークン(コイン)とは

企業トークン(コイン)とは

基本的な仮想通貨は、オープンで自由度があります。 しかし、特定の団体が管理しているコインや、特定の団体が儲かるような仕組みのコインもあり、様々です。

このように誰でもコインを発行できるため、無数の草コインが増えています。 そのような中、企業などが発行する「企業トークン(企業コイン)」も増えています。 これは特定の企業が発行するコインで、特定の企業が資金調達のために販売するICOという仕組みで使われたり、 自社アプリ等で流通するマネーとして利用するなど、企業が得する仕組み(営利目的)に結びついています。

企業と同じく、個人でも「俺コイン」発行が可能。 そのため、今後は無数の草コインや、企業トークンが登場するかもしれませんが、 初心者冒険者としての基本は「スタンダードなコイン」か「敢えての草コイン」「支援がてらの企業トークン」など自分の意思を大切にして、 踊らされないように向き合いたいところです。

ビットコインの用途とは

ビットコインの用途とは

管理者がいないため、決済手数料がとても安い傾向があります。 そのため、今後は様々なサイトやアプリ、オフライン店舗などの決済として広がることが期待されています。 世界中どこにいても、誰でも、サクッと国際的に送金できることは、とても革新的な出来事なので盛り上がっています。

また、自国の通貨がインフレしたり無価値になるリスクがある国の人達は、 ビットコインを持っている方が安全なので、資産保全の用途で使われることもあります。 「金の延べ棒」のように、価格変動する「資産」として保有するため、 必要に応じて換金する「お宝アイテム」のようですね。

今後は、ビットコインで使われている『ブロックチェーン技術』が応用されるかたちで、この仕組みが斬新な進化を遂げようとしているようです。

億り人とは

億り人とは

ビットコインやモナコインなどの仮想通貨は、2017年に価格が数10倍~1000倍になるなど『爆上げ』しました。 そのため、例えば「10万円分買っていた人が1000倍になってしまい、自分の保有コインが1億円の価値になる」ような人も現れました。 このような人達は「億り人」と呼ばれています。

あまりの猛烈な『アゲ』のため、2017年末頃はテンションがアゲアゲになって、コインへ凸する人が増えて祭り状態になっていました。 普通の一般人は、これまで「億」を得ることは、普通に生きていると難しいものでした。 しかし、1万円や10万円の元手が、数千万円・数億円になるという夢のような出来事が発生し、祭り騒ぎになっていました。

今後は、このレベルの暴騰は難しいかもしれませんが、期待感や技術革新があるため、まだまだ上下することがあるかもしれません。 初心者は、大金を投じずに、負担の無い金額で「宝くじ」程度に考えることが安全です。 くれぐれも、値上がりの煽り情報で「全力買い」せず、煽りに乗るならゲーセン感覚の金額で「遊び」程度が、ゲームオーバーを避けるコツです。

ビットコインの危険性(暴落やジェットコースター価格)

ビットコインの危険性(暴落やジェットコースター価格)

日本円や米ドルと異なり、電子データが出回っているだけなので、突然価値が「ゼロ」になる可能性があります。 また、値動きがジェットコースターのように激しいため、短期間で損をする可能性もあります。

ビットコインの歴史では「爆上げ」と「暴落」を繰り返しながら、長期的に価格が上がってきているようです。 そのため、短期的には暴落することもありますが、「長期的に見て、希少な金と同じように価格がもっと上がる」と信じて、 暴落時に少しずつ買い増しながら長期ホールドする人もいます。

大切なことは「暴落しても動揺しない金額」で楽しむことです。もしくは「口座を作って、誰かからもらう」ことに徹するのも安全な楽しみ方です。

ビットコインの危険性(取引所のハッキング・保管方法等)

ビットコインの危険性(取引所のハッキング・保管方法等)

ビットコインを売買するサイトがハッキングされると、自分のコインが無くなってしまうリスクがあります。 PCやスマホの「財布ソフト(ウォレット)」に保存することもできますが、パスワードを忘れると二度と財布を開けません。 そのため「無くなるリスク」もあります。

日本では金融庁によって「コインを売買できるサイト」は許可制になりました。 ある程度の保証や盗難対策などが義務づけられているため、 値動きが激しいことには変わりありませんが、売買の場は昔より安心できるようになりつつあります。

初心者は、国の認可する取引所で売買・保存する方が、安全で便利かもしれません。 さらに安全のためには、2~3の取引所にアカウントを作り、複数の取引所に分散してコインを保管しておくと、 一気に消えてしまうリスクは軽減します。分散管理は大切です。

どうやって買うの?

どうやって買うの?

日本では、売買できる「取引所」サイトで購入・売却ができます。 銀行や、株の売買をする証券取引所のように、国が「売買」の法律を整備しています。

個人間での授受は、取引所を通さずに、メールアドレスのように相手のアドレスに直接送ることもできます。 とても便利ですね。 また、海外の取引所には「草コイン」が沢山あるため、住所や運営者もわからない謎のネット取引所に凸する戦士達も多いようです。

初心者は、身近な高級品である「スマホ端末代(6~8万円程度)」を目安に、失っても週1回単発バイトを増やせばHP回復できる程度にすることが大切です。 しかも一気に買わず、口座にある程度お金を入れてから、100円や1000円などの少額購入で様子を見て、少しずつ試すと安全性が増します。

どうやって使うの?

どうやって使うの?

ビットコインで支払い可能な店舗・ネットショップが増えています。電子マネーのようにオフラインのレジで払ったり、ネットでポチッと押すだけで支払ったりできるので、とても便利です。 基本的には「取引所」や「ウォレット」にコインを保存しておいて、支払時にそのアプリ等を通じて払います。

友達や好きなクリエイターに「頑張れよ!」と寄付したい場合は、「メールソフトからメールを送る」ようなイメージで「コインアプリ・サイトから、相手のアドレスへポチッと」送信すると、相手にコインが届きます。 そのため、ネット上やオフラインイベント、友達の割り勘などで、個人間送金が手軽にできるので便利です。

今後は、様々なサイトやアプリでビットコイン決済が導入されたり、コンビニ支払い等、身近な場所での利用が増える流れがあります。 その時に、すかさず「ビットコインで」とドヤるチャンスがあります。

クリエイターにとっての向き合い方

クリエイターにとっての向き合い方

アゲアゲになって売買する人達も多い中、価格の上下が激しいため、クリエイターにとっては別の形で仮想通貨と向き合うことがお勧めです。

1.『資産運用』 コインの値動きが激しいため、もしかすると「ゼロになる」「何倍かになる」傾向があります。そのため「宝くじを買う」「ガチャをする」程度の金額・向き合い方が無難かもしれません。

2.『寄付受付』 一般的な送金は決済手数料や法律の面で、寄付のハードルはやや高いものです。しかしコインは、メールを送るように、スタンプを送るように簡単に送ることができます。口座開設だけしておいて、支援を求めるときに送金用アドレス公開などの使い方が考えられます。

3.『送金決済』 コインが普及して個人間送金ハードルが著しく下がると、オフラインでの売買も楽ちんになります。ネットショップでも、カードを持たずに買物決済がWEBで完結できたり、送金方法の1つになる可能性があります。創作物の売買が便利そうですね。

変なコインにひっかからない、買うコインの選び方

変なコインにひっかからない、買うコインの選び方

コインは無数にあります。しばらくは、大量に種類が増え続けることが予測されます。 このような「謎コイン」「草コイン」は、クリエイターにはリスクが高いものです。草むしりよりも、創作時間確保の方に時間を割きたいところです。

そのため、始めて買うときには、スタンダードな「ビットコイン」が無難かもしれません。 他にも「イーサリアム」「モナコイン」などは、技術的にも進化して利用者も多いようです。 他のコインも含めて、それぞれ一長一短で特徴があるため、「ロトくじ」のように適当に決める人も多いようです。

ただし、ネット上には「自分の保有コインの値上がり」を目的とした、嘘の情報が飛び交っています。 購入するときは安易に踊らされず、健全な創作活動を守るためには、自分が気に入った「くじ」を自己責任で引くことが大切です。 損をしても、誰も保証はしてくれません。

初心者の購入方法

初心者の購入方法

大半の初心者の方は、日本の「仮想通貨取引所」にアカウントを作って、そこで売買をします。 日本円を入金すると、そのサイト内でコインをポチッと購入できます。売るときも同じくポチッとです。 人に送金する時も同じく使えるので、日本人は「取引所」にアカウント作成が基本となります。

下記に、金融庁に認可されている取引所をいくつか紹介します。 銀行に類似の業態のため、売買には「本人確認」が法律で義務づけられています。 多くは「免許アップロード」等ですが、なんとなく「顔出しはヤダ」というシャイボーイな方のために、 「顔出しNG」でも口座開設できるところを紹介しておきます。


1.『bitFlyer』 利用者の多い取引所。登録も早く、試したいときに便利。利用者多い。時期によっては、一度売買しておくと、毎日0時過ぎ頃にログインするとコインがもらえる先着ログインボーナスを実施しているので、無料でコインをもらえる仕組みが嬉しい。(2018/04/11時点)

2.『GMOコイン』 上場企業系列の取引所。本人確認に「佐川急便の人に免許を見せる」仕組みがあり、心理的敷居がかなり低い。こちらも無料でコインがもらえる企画がある。(2018/04/11時点)


取引所は「メールアドレスだけ」でサクッと登録できたりします。 本人確認するまでは一部の機能制限がありますが、「ちょっと取引画面を見てみる」くらいの気持ちでも試せるところが、 シャイボーイにとっても嬉しいものですね。

取引所によって「売ってるコインの種類」や「コインの価格」が異なるため、複数に口座を作る人が多いようです。 口座開設が混み合うと、なかなか本人確認が終わらず「欲しい時に買えない」ことがあります。

そのため、メールアドレスだけで試せるので、興味があれば早めに複数の取引所に口座を作っておくと便利です。

[1] bitFlyer(損害保険あり)
[2] GMOコイン(上場企業グループ)

チャレンジャーの購入方法

チャレンジャーの購入方法

日本の取引所は、ある程度選別された少数のコインを取り扱っているようです。 そのため、個人間売買ができる海外サイト(DEX)を利用して草コインを売買したり、 レベルの上がった冒険者は「伝説の草コイン(爆アゲしそうな無名コイン)」を求めて、海外取引所へ旅立つ人もいます。

海外の取引所も沢山あり、メールアドレスだけでサクッと登録・売買できるところが多々あります。 しかし、誰が運営しているか不明で、国さえ不明なことも多く、素人には危険です。 レベルの高い冒険者でも、「コインが消えた!」とご乱心シナリオに突入することもちらほらと見かけます。

効率良く経験値・ゴールドを稼ごうと、お宝モンスターがいるけど即死モンスターも出てくるダンジョンに行くなら、それなりの装備が必要です。 冒険に出たばかりの冒険者は、ある程度ルールの整っている日本のダンジョンで楽しむことが基本です。

クリエイター向けまとめ

クリエイター向けまとめ

1. 仮想通貨には「ビットコイン」を中心に「モナコイン」「イーサリアム」などのアルトコインが1000種類以上あり、カオス! モンスター図鑑埋められない!
2. 売買は「取引所」で可能。簡易登録はメアドのみ。売買は「顔出しNG」のシャイボーイも本人確認可の取引所もある。
3. 向き合い方は「宝くじ」「寄付・送受金」「物販決済」の3つ。口座開設殺到中は本人確認が長期間放置されるので、買わずとも口座だけ持っておくといいかも。


「買う」よりも「もらう」「もらったコインを換金する」目的での取引所利用なら、お金を使わないので安心感も。

細かい売買や値動きに踊らされずに、創作の合間のちょっとした楽しみ程度の「サブクエスト」として、楽しみましょう!

[1] bitFlyer(損害保険あり)
[2] GMOコイン(上場企業グループ)

ゲーム投稿・配信サイト「ふりーむ!」



多数のブラウザゲーム(スマホOK)が投稿・配信されているので、ぜひ遊んでみてください!

https://www.freem.ne.jp/

→見てみる