徒花の館
殺人鬼の少女が主人公の皆殺しゲーム

スポンサードリンク
徒花の館 ゲーム画面

【ゲーム内容】 殺人鬼の少女が主人公の皆殺しゲーム

【ゲーム詳細】 →ゲームの画像・内容を詳しく見る

【ゲームレビュー】 ↓このゲームの感想・レビューを投稿する

【所属カテゴリ】
アドベンチャーゲーム
ホラーゲーム
商業化されたゲーム

正しくラ○アーゲーム!!

No.34153 - 2017-03-17 23:39:38 - sigremaru

しかも文章の通り、ライトでした。
初回の緊張感は本当に良かったです。
そして、その他のエンディングも楽に見れてしまう所がとってもお手軽。
本当に親切設計ですね。

特に私の場合、戦績が。

1戦○
2戦○
3戦×
4戦×

だったので、5戦目が落とせないというスリルある戦いでアレという状況なので、緊迫感満載のラストバトルでした。
でも、よく考えてみると、最後まで嘘を使わない事は最終とてつもない切り札になったと思えるのは作者の意図だとしたらニンマリ出来ますね。
そうでなくとも、そう思っておきますし、そんなことまで考えられる位楽しめました。

若干難しかったw

No.33107 - 2017-01-16 23:01:03 - nana

主人公が殺される側ではなく、
殺人鬼の方ということに意外だなぁと思いました。
BGMもそこそこ不気味感がありましたが、
この作品にマッチしていました。
序盤で一人殺されたっていう事に衝撃的w

強奪ゲームで警報機つける回で失敗して
悔しかったです。
あれ、私も殺人鬼の立場にいる感じになっちゃったかな?

まだ途中までしかプレイしていませんが、
ちょっと難しかったです。
頭を使うゲームですので、結構ハマりそうな気がします。

修正でクオリティが上がったが・・・

No.33043 - 2017-01-11 22:35:04 - CaoTsao

初期ver.で一回クリアしていたのですが、レビューのためにもう一回通してみました。
各キャラクターの特徴を活かしたセリフの追加と、レビュアーからも指摘されている「公平さ」に理由付けをしたため、ストーリー性が向上していました。
また、林檎ゲームでのグラフィックバグも修正されており、ゲーム全体が良くなっています。

ただ、強奪ゲームとじゃんけんゲームは更に修正の余地があるかなあと。


以下ネタバレ



海ちゃんの強奪ゲームでの行動はおかしいです。
1回目で警報機をこちらが使用しなかった場合に、2回目も3回目も金庫を開けないという選択をするのは理解できません。
海ちゃんが2回目に警報機を使用してこちらが引っかからなかった場合、同点のまま3回目では確実にこちらが金を奪うため、海ちゃんも金を奪わないと勝ち目はないはずです。
そのため、2回目に警報機が使われた可能性を信じて3回目は無理にでも開けるというのが合理的な選択となるはずです。

じゃんけんゲームでも、一回目でこちらが相手の言通りにパーを出すとおかしな展開になります。
こちらの残りはグーとチョキなのですから、相手は質問時にグーとパーを使える状況を保たなくてはならないはずです。
にもかかわらず、海ちゃんは2回目で質問もせずにパーを使い、3回目でこちらがグーを使うかどうか質問してきました。
やはり、勝てる可能性を少しでも上げようという行動になってないです。

こちらが嘘をついたパターンなど分岐の設定は難しいのでしょうが、もし更に修正されるようでしたらチェックして頂ければと思います。

ライトでサクサクでした

No.32965 - 2017-01-09 02:14:05 - 歌子

強奪もカードも同じものを順にだしていたので
笑いをこらえるのが大変でした

お手軽で楽しいゲーム

No.32891 - 2017-01-05 01:17:18 - かたりべ

少しネタバレを含みます。


「強奪ゲーム」
ある手順だと、警報装置を仕掛けなくても勝てました。

「キングスゲーム」
最初に出した物と駒が、対戦相手とおそろいだったので笑いました。

「ロッカーゲーム」
運ゲーは苦手なので、初回は大はずれでした。
ロッカーの様子を調べられるなど、もう一工夫あると良かったと思います。
それから、相手が後になって「仕掛けをしていました」というのは、後出しじゃんけんのようで、ズルいと思いました。

「じゃんけんゲーム」
「強奪ゲーム」の勝敗で相手が変わりますが、どちらの人でも同じ手順で勝てました。

「林檎ゲーム」
またもや、相手が後出しじゃんけんをしてきたのはいただけません。
幸い、このゲームまでに嘘を吐いていたものの、毒を仕込んだのが白い林檎だったので、プレイ動画を見るまで罠に気付きすらしませんでしたが。
また、いい加減にやっていても割と勝てるので、後半戦の割には簡単だなと思いました。


キャラクターの印象は、シナリオが進むにつれ、大分変わります。
最初から獲物達がなんとなく嫌いだったのですが、本性が分かって納得しました。
彼らよりも主人公の方が、素直で正々堂々としているので、好感が持てました。
悪魔も、主人公を利用していたりと、悪魔らしさがあって良いです。

ゲームとしては、お手軽かつ良作だと思います。

面白かったです!

No.32866 - 2017-01-03 17:08:44 - ゆないと

明るくほのぼのしたOP曲でライトに殺人ゲーム♪
獲物の方もなかなか仕掛けて来ますので、短いながらもスリリングな心理戦が楽しめます。
さらにこの手のゲームにしてはちゃんと複数エンディングもあり
一応ストーリー性もあるほうではないかと思います。
あまりしつこいのが好きではないので個人的にはこれくらいで丁度よかったかな。

獲物側も全員がなんらかの異常性を抱えており
不思議とサイコパスな主人公がまともに見えてきそう。
もう少し残酷描写があっても良かったくらいですw

…しかしながら空くんはとても気に入ったキャラでしたので彼を殺すのは抵抗がありました…。
たぶん空くん、ビジュアル的にも女性人気高いと思いますw
「質問しない」もとてもよかった。

No.32822 - 2017-01-01 20:47:19 - 凛音

1周目非常に楽しめました!
しかし運の要素が強く出ているなあと……。
現状が常にわかるようになっていると優しいのでは?

気軽にできるデスゲーム

No.32733 - 2016-12-28 20:11:24 - nicky

殺される側でなく、殺す側のゲームはあまりプレイしたことがなく、新鮮でした。運の要素もある心理戦で、1周目は緊張感を持ってプレイできました。
ただ、殺人鬼側のゲームなら、もう少し彼女目線で話が進むともっと面白くなったかなと思います。あと、1回戦で自分の行動がうまくいったかどうか、相手の動きがどうなってるかがわかりにくかったので、もっとわかりやすくなるといいです。
それぞれのゲーム内容はランダムではないので、2周目以降はED回収しやすかったです。

ホラー要素に関しては、一部エグい立ち絵があるくらいなので、ホラーゲームをやりたい方より、ホラー耐性が強くないけどちょっと興味がある方向けだと思います。

お手軽心理ゲーム&虐殺ゲーム。

No.32328 - 2016-12-06 20:42:09 - 原口もとや

一周目は考えながの心理ゲーム。
二週目は相手の行動が分かっている虐殺ゲーム。
良くも悪くもお手軽な感じでした。

方向性が違ってたらよかったかも

No.32293 - 2016-12-04 10:37:23 - あるく

頭脳戦というジャンルが好きなのでプレイさせて頂きました。

初回プレイは1.2.3は勝利、4.5は引き分けでの通常ENDでしたね
相手は1つのゲームにつき1回質問でき。こちらは全てのゲームを通して1回のみ嘘をつけるという縛りがあります。

正直最後のゲーム以外嘘をつく必要性を感じませんでした

第5ゲームのカラクリに気付いた時
「これは第5までに嘘ついてた方が面白かったかも」
と思いました。

私が思った良い、悪いを挙げていきます。

良かった点
・先ほど述べた第5ゲームのカラクリ。私が引っかかっていたら声を上げていたでしょう
・サクっと遊べる手軽感
・単純かつ「公平な」心理戦

悪かった点
・ゲームに関係するルールで不明な点がある(後述します)
・相手側の5人が協力してるのかしてないのか不明
・人によると思うがゲームの仕様上の穴をついた攻略はできない。(後述します)
・キャラクターの性格がゲーム内容に影響しない(気がする)

・ゲームに関係するルールで不明な点がある
これはズバリ
「ゲーム内容(試合内容)をゲーム参加者以外も見ているかどうか」
です
これは嘘をついた時、それがゲーム参加者以外にも伝わるかどうかという点に関係します
第3ゲームの言動を見るにゲーム参加者以外も見ていると捉えるのが正しいと思いますがいかんせん言及されていないので困りました。


・人によると思うがゲームの仕様上の穴をついた攻略はできない。
このゲームで行われるゲームは至って公平です。
その上でこちらが工作する余地はないので公平以上に自分が有利になることはありません。
なので最善手を指し合いつつ相手のミスを拾うといったプレイになります。
個人的にはもう少しこちらから仕掛けられる方が好きでした

| 1 | 2 | | 1 / 2 Pages
タイトル
本文
NG投稿ガイドライン:ゲームの感想以外、作者への攻撃的な内容、望ましくない表現、実況報告
ネタバレについて:ネタバレを含む場合は、文頭に「ネタバレを含みます」と記載するなど、ご配慮をお願いします

ログインして、感想レビューを投稿する または ふりーむ!IDをツクって感想を書く

インフォメーション

■更新日
2017-01-09
■登録日
2016-10-28
■バージョン
1.04
■ファイル名
adabana.zip

■必要ランタイム

■容量
41,450KB

黒い砂漠