第5回ふりーむ!フリーゲームコンテスト


第5回ふりーむ!フリーゲームコンテスト
受賞ゲーム作品発表!



最優秀賞
ヴァーレントゥーガ ■作品名
ヴァーレントゥーガ

■制作者
ななあしさん

■ジャンル
戦略シミュレーション
制作者のコメント
最優秀賞を受賞させて頂きまして誠にありがとうございました。
とても嬉しくて感激しております。

一般には受け入れられ難いジャンルの当ゲームでありますが、(; ̄ー ̄A)
それをあえて評価してくださった、ふりーむ様とプレイヤーの皆様方に
心より感謝の意を申し上げます。(*⌒▽⌒*)☆
審査員のコメント
世界統一を目指す戦略シミュレーションはよく見かけるが、
このゲームはプレイのテンポ・快適さが圧倒的に良かった。

特にリアルタイムでの戦闘では、
キャラクターごとの特性やレベルが細かく設定されていて、
敵陣営や戦地に合わせて戦略を練る楽しみがある。
しかし「おおざっぱ」な戦い方や操作もできるなど、
懐の大きいシステムが快適だった。

遊び込むほどに自分の個性に合わせた戦略を奥深く考えることができて、
プレイに対する操作性も良く、じっくり楽しむことができる良作。


■優秀賞■
地形の神 ■作品名
地形の神

ダウンロードはこちら

■制作者
PEPOさん

■ジャンル
アクションパズル
制作者のコメント
寝てもあまり疲れが取れない22歳、PEPOです。 orz
優秀賞をいただけて、とても嬉しいです!

約5年前、昔ハマったゲームを真似して作ってみようと思い、
出来たのがこの「地形の神」のゲームシステムでした。
それを少し成熟させて公開したのが今回の「地形の神」になります。

小中学校の頃、地面にアリが歩いていて
道を作って遊んだりしたことはないでしょうか。
うまく誘導する面白さ、あれに近い遊びだと思います。

ぱこそん は こしが つれかる よ!きをけつて!
ふりーむ様、遊んでくれた皆様、有難うございました。
これからも面白い物を追及し、「(フリー)ゲーム」を作っていこうと思うので、
よろしくお願いいたしします。

暫く開発でサイトの更新が滞りましたことをお詫び申し上げます。
近日、アクションゲームを2作品ほど公開する予定です。
お楽しみに!
審査員のコメント
ルールがシンプルで、解けた時や失敗した時の感情の動きがあり、
試行錯誤を通して楽しめるところが良かった。

また、1プレイの時間が短く手軽に遊べることもよくて、
徐々に難易度が上がりつつ新要素が登場するなど
飽きさせない工夫も十分あり、楽しむことができた。

全体的に邪気が無く、年齢性別を問わない面白さであり、
しかもどことなく可愛らしさも漂う作品。


■アクションゲーム部門賞■
機関活劇はがね ■作品名
機関活劇はがね

■制作者
まくろじゃさん
制作者のコメント
自分が作ったゲームは難易度が高いものが多いので、
初めて本格的に比較的多くの人が楽しめるような
ゲームバランスを目指して作ったゲームなので嬉しいです。
審査員のコメント
ステージや敵キャラに合わせて特殊武器を駆使し、
ゲームを攻略していく感覚が良かった。

アクションゲームが苦手な人でも楽しめる配慮や、
ボスや特殊武器との出会いによるワクワク感、
徐々に遊び方が増え自分ならではの進め方ができて楽しかった。


■アクションゲーム部門健闘賞■
不死鳥の棲む街 四章 ■作品名
不死鳥の棲む街 四章

■制作者
晋太郎さん
制作者のコメント
各章ずつの公開で、申し訳ありません。受賞、ありがたい限りです。
ふりーむ!様にて現在5章まで公開しております。
そちらも遊んでいただけたら嬉しいです。
審査員のコメント
独特の世界観と、その物語における演出が素晴らしかった。

操作やゲーム進行がわかりにくく初心者には難しい点が残念だが、
アクション性のある内容に、
リアルタイムで進むゲーム進行やイベントが合わさり、
プレイ中はゲームに集中してしまうところもいい。


■アドベンチャー部門■
与那城探偵事務所「雨上がりの窓辺」 ■作品名
与那城探偵事務所「雨上がりの窓辺」

■制作者
来須磨 港さん
制作者のコメント
受賞の報告を頂き、驚きました。
今回のゲームは作画枚数もデザインをする場所や数も多く、
制作時には色々な苦労もありましたが
こういった形で報われ、大変嬉しく思っております。

シナリオに参加して下さった方、
デバッグに協力して下さった方、
ゲームをプレイし評価して下さった方々に感謝の気持ちで一杯です。

誠にありがとうございました!
審査員のコメント
全体を通して、非常に完成度の高い作品だった。

1本道ストーリーだけではなく選択肢によるエンド分岐もあり、
画面内の表現方法や「簡単な推理」の楽しみもあり、優等生な作品。

今後のキャラクターの描かれ方やゲームの方向性によっては、
長く愛されるシリーズになる可能性を感じた。


■アドベンチャー部門健闘賞■
ゴテとハンダ ■作品名
ゴテとハンダ

■制作者
ぱるんさん
制作者のコメント
この度は、素敵な賞を頂けました事、誠に感謝です。
今回の作品は、初めての開発ツールへの挑戦、王道への挑戦など、
自分の中ではチャレンジ続きの作品だったのですが、こうやって
賞を頂けて、報われた思いです。審査員の皆様、そしてプレイヤーの皆様、
本当にありがとうございました。これからも頑張ります!
審査員のコメント
ゲーム全体を通して、不思議な世界を表現できていた。

少しクセがあるかもしれないが、
独特のタッチによるキャラクターやネーミング、
そして物語の展開などに個性が出ていて良かった。
選択肢でなく回答型の質問により、ゲームに参加する感覚もいい。


■ホラー部門賞■
群青蝶 ■作品名
群青蝶

■制作者
小倉ハムスターさん
制作者のコメント
<文担当>
このコンテストには前々から参加したいと思っていたので、
今回参加して、それで満足してしまったので、
連絡が来るまで応募したことを忘れていました!
でも思い出しました!僕は応募したのです!
ありがとうございます!フリーゲーム万歳!!!

<絵担当>
受賞連絡が来てびっくりしました!
黒塗りで若干手抜き気味の立ち絵ですが、細かいところにこだわってます。
まだプレイしていない方はそんなところも見てもらえると嬉しいです。

ゲームをプレイしてくださった皆さん、ふりーむ!さん、
ありがとうございました!!
審査員のコメント
全体を通して「これはなんか怖いだろうな」という雰囲気があり、
そして「いよいよ」というところでの恐怖感が良く出ていた。

シナリオもテンポ良く読める上に短編で手軽。
安定的な「恐怖モノ」として楽しめる作品だった。


■ホラー部門健闘賞■
結衣子 ■作品名
結衣子

■制作者
パレットラッシュさん
制作者のコメント
ありがとうございます、受賞、大変うれしく受け止めています。
私たちはネットで集まった、互いの顔も知らない烏合の衆のチームです。
短期間で短いものを製作しよう、というのが当初の目標でした。

ゲーム製作は初めてという人間ばかりでノウハウもなく、
オリジナル素材をあまり用意できないという状況の中、
「現有戦力を最大限活かし、楽しんでもらえるノベルを作る」ということを
目指したつもりです。

素材が少ない分、作品としての魅力を生み出すための負担は
シナリオと演出に大きく依拠しています。
選評ではそのあたりの苦労を評価していただけたようで、
とてもうれしく思っています。

製作に携わったメンバーの過半は、
今はすでに広大なネットの海に散っていきましたが、
どこかでこの受賞を知り、喜んでもらえたらいいなと思っています。

「結衣子」を遊んでくださった皆様、
賞に選んでいただいた審査員の皆様、ありがとうございました。
審査員のコメント
オタク主人公でオタクっぽい展開という安心感。
そして起承転結がしっかりと守られた安定したシナリオ。
無難に思える展開だが、「恐怖」シーンの描き方が優れていた。
予測できていても「怖い」と思える、恐ろしい演出がいい。


■ノベル部門賞■
檻演人 〜オリエント〜 ■作品名
檻演人 〜オリエント〜

■制作者
StarChasersさん
制作者のコメント
他に素晴らしいノベル作品が多数ある中、
私達の作品が選ばれたということにはいまだに実感が湧きません。
賞を下さった選考委員の方々や
投票して下さった皆様に僅かなりともご恩返しができるように、
頑張って成長して
より良いフリーノベルゲームを作れるようになっていきたいです。
本当にありがとうございました。(シナリオ・原始人)

この度はノベル部門賞という栄誉を賜りまして
本当にありがとうございました。
この作品は、実は初めてStarChasersメンバーで集まったとき、
「まずは短編でも作ってみようか」という
何気ない一言から企画がスタートしました。
初作品ということでこれから、
いろんなサークルさんの作品を参考にさせていただきながら、
段階を踏んでレベルアップしていこうと思っていましたので、
今回の受賞は正直意外でした。
今回の受賞は原始人さんの文章があってのものだと思っております。
それが評価いただいたことを喜ぶ反面、
それに見合う原画・彩色・演出を目指そうと
決意を新たにするきっかけにもなりました。
本当にありがとうございました。
他にもたくさん優れた作品があると思いますので、
他サークル様と一緒にフリーゲーム界を盛り上げるのに
一役買えれば嬉しいです。(原画 製作総指揮・彩霧沙之)

初作品で部門受賞。
そのメールを見たときには驚愕でPCが一度落ちました。
とにかく驚いたのと、嬉しいのと……。未だに頭が混乱中です。
これも一重に、応援してくださった方。
審査してくださった方。プレイしてくださった方。
諸々の皆様のおかげだとしか言いようがありません。
これからも皆様の心に残るような作品を作っていきたいと思いますので、
是非とも我ら「すたちぇ」を同かよろしくお願いいたします。
本当に、ありがとうございました。(PG・櫃路)
審査員のコメント
落語というテーマ性も良かったが、
何より文章力があり「主人公の性格」が
文章ににじみ出ているところが良かった。
シナリオライターが書いたものというよりも、
主人公自らの脳内思考が表現されているように感じた。

言葉遊びが多く、知識がないと楽しめない部分もあるが、
主人公の変化が良く描けていて楽しく読み進められた。
テンポ良く進行する快適さもあり、物語に集中しやすかった。


■ノベル部門健闘賞■
檻演人 〜オリエント〜 ■作品名
いけにえのかごめ

■制作者
かくざとうさん
制作者のコメント
どうも。かくざとうです。
プレイしてくださった皆様!本当にありがとうございます!

ただいまの状態・・・。
某有名動画サイトで実況されたなぁ・・・って思ってたら
「受賞したぁ!?」って状態です。
プレイしてくれたことが嬉しく、自分の実力のなさに恥ずかしく、そして悶絶!
そして今は夢見状態・・・。
「コレは夢なの?」そう思いつつ、私はまた悶絶する・・・。
審査員のコメント
わかりやすいテーマと読みやすい文章で気軽に楽しめた。
ミステリアスな空気を漂わせていて、
その世界観を気軽に楽しめることができた。
このテーマでさらにいろいろとできそうだな、と思わせる着眼点がいい。


■萌え部門賞■
も、モンスターが!? ■作品名
も、モンスターが!?

■制作者
白玉ユキトさん
制作者のコメント
萌え部門、ということで、ありがとうございます。
短編RPGを作ろうと素材サイトを巡っている時に、
ふと見つけた女の子モンスター。
「あ、これでゲームを作ろう」と思い立ったままに作ったゲームです。

作っている時には「とにかく短編としてしっかりしたものを作ろう」
くらいにしか思ってなかったのですが、
そうか、これは擬人化萌えになるんですね。

なにはともあれ、ふりーむ!様、またプレイしてくださった皆様、
本当にありがとうございました。
審査員のコメント
モンスターがみんな「可愛い女の子」というだけでなく、
イラストが全て「柔らかい雰囲気をもった」かわいさというところが良かった。

無駄に話を広げず可愛くライトな会話を通して遊べる上に、
操作やストーリー共にテンポ良く、
辛いはずのバトルが楽しく感じるバランスが素晴らしい。


■長編RPG部門賞■
Finis Junction ■作品名
Finis Junction

■制作者
しぶんけんさん
制作者のコメント
今回、このような栄えある賞を頂くことになりまして、
スタッフ一同大変に喜んでおります。

やり応えのある戦闘バランスや、自由度の高い成長システムなど、
自分たちがRPGに求める楽しさを
なるべく詰め込みたいと思いながら作りました。
そこに共感して頂き、評価して頂ける作品を世に送り出せたのだと思うと、
誇らしい気持ちで一杯です。

投票してくださいました皆様、審査していただいた皆様、
本当にありがとうございました。
審査員のコメント
テーマの良さや、RPGとアドベンチャーゲーム風の表現方法の融合がいい。
RPGパートのレベルデザインも優れていて、
バトルも苦痛ではなく楽しみになる快適さがあった。

プレイヤーに対して考えさせられるような選択の投げかけなど、
世界観に参加している感覚の表現が良かった。


■長編RPG部門健闘賞■
夢は逆夢 ■作品名
夢は逆夢

■制作者
50¢さん
制作者のコメント
思いもよらぬ受賞で、ただただ驚きと喜びの気持ちで一杯です!
ゲーム初投稿の私にとって、受賞なんて夢のまた夢だと思っていました。
しかし、夢は正夢でした! 夢って、見てみるものですね!

最後に、拙作をプレイして下さった全ての皆さま、
そして公開の場を与えてくださったふりーむ!の皆さまに
心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!
審査員のコメント
安心感のある遊び方のできるRPGで、楽しく遊ぶことができた。
RPGとしては基本的なデザインになっていたけれど、
キャラクターのやり取りが楽しく、戦闘もテンポ良くて安定していた。
この方向性でさらに洗練された今後の作品にも期待。


■お笑い部門賞■
ノベルマンガ劇場Me ■作品名
ノベルマンガ劇場Me

■制作者
かくざとうさん
制作者のコメント
どうも。かくざとうです。
今回、私はとても驚いています。
ま・・・まさか賞を取ってしまうなど・・・。
これもプレイしていただいているプレイヤーの皆様のおかげです。
まずこの場を借りて「ありがとう」といわせていただきます。

自分はゲーム製作を始めて約3年ほどになります。
といっても大きなものは作れず、小さい話ばかり作ってます。
今回もその「小さい話」を作ったんですね。(むしろそれしか作れない?)
まさかその「小さい話」のシリーズ作品である「ノベマン」が受賞するとは・・・。
本当に驚きを隠せません・・・。「まさかこの作品が!」って・・・。
ほかの良作を差し置いてこの作品が受賞などと・・・。
そんなことを思ってしまいます。

ゲーム製作3年とか威張ってるようですが、
実際のところ私の実力はまだまだ未熟です。

プレイした皆様が、「楽しかった」といえるような作品を作れる自信はありません。
そんな未熟な私ですが、少しでも皆様が「楽しい」と思ってくださるような
作品を作れるようにがんばります!
審査員のコメント
演出による「笑い」の効果が大きく、その「ノリ」が良かった。

ちょっとしたストーリーを章立てで進める気軽さや、
その展開の「平和だなぁ」という面白さがいい。
そして章の間に挟まれる次回予告のノリが、
徐々にクセになってしまう魅力を持っていた。


■お笑い部門健闘賞■
派遣勇者ラルフ ■作品名
派遣勇者ラルフ

■制作者
さみらいさん
制作者のコメント
まず、このようなRPGと呼べない紙芝居ゲームを
していただいた方々にお礼を申し上げます。

シリアスとか長編とかにも挑戦してみたのですが
ゲーム作りはむずかしいですね。
お笑い部門で受賞したことはとてもうれしく思うのですが、
真面目なゲームも作れるようになりたいです。

ゲーム作りそのものが停滞してますが、
また機会があればよろしくお願いします。 
審査員のコメント
王道的なRPGの世界観を「ネタ」として扱っていて面白かった。

派遣という形で「働く」システムや、
RPGとしても快適に遊べるバランスもあり、
そしてマルチエンドの分岐が優れていた。


■女性向けゲーム部門賞■
ものすごくバカ〜ソノママヲネガウ〜 ■作品名
ものすごくバカ〜ソノママヲネガウ〜

■制作者
二名麻里さん
制作者のコメント
・・・。
審査員のコメント
女性主人公で男性キャラを攻略する王道の展開だけれど、
その展開の早さが面白かった。

文章全体にどことなく漂う「可愛らしさ」も魅力的で、
主人公女性キャラの心境がリアルに感じ、
ケータイ小説をベースとした少女漫画のような独特の空気が良かった。


■アイデア部門賞■
絵しりとり ■作品名
絵しりとり

■制作者
RiG++(足元注意警報発令)さん
制作者のコメント
今回,このような賞をいただけて,とてもうれしく思っています.
「絵を使ったしりとりなんて簡単」と思っている方は,
是非1回は遊んでみてください.
意外な難しさに驚きと楽しみを感じてもらえるかと思います.

また,この作品は2人で遊んでもらえると更に楽しめると思うので,
是非お友達と遊んでみてください.
とても楽しい作品に仕上がっている自身があるので,
このコメントを見てくださっている方にはぜひ1度遊んでみてください.

今後も,このような多くの方に楽しんでもらえる作品を制作していくので,
今後もよろしくお願いします.
審査員のコメント
右脳と左脳を行ったり来たりする、高度な遊び方が良かった。
絵を見ながら「ゆ、で始まる言葉・・・」と選ぶ感覚が面白く、
そしてヤケになって適当に選んでもある程度進める許容力がいい。
「あ、それがあったか」という「やられた感」が楽しい。


■アイデア部門健闘賞■
Sword Finger V2 ■作品名
Sword Finger V2

■制作者
てつさん
制作者のコメント
次回はもっと上を狙います。
審査員のコメント
ダンジョン探索にタイピングシーンを結びつけているところが新しい。
RPG要素のあるタイピングは新鮮みがあり、
1対1ではないバトルも工夫がされていた。
ダンジョン移動が単調な点が気になったけれど、
方向性に斬新さを感じる内容だった。


■短編部門賞■
終焉への序曲〜彼の軌跡〜 ■作品名
終焉への序曲〜彼の軌跡〜

■制作者
スパイスチョイスさん
制作者のコメント
こんにちは。
本作で雑用(あわわ……)シナリオ等を担当しました、一匹使者と申します。

自己紹介はこれくらいにして……
いきなりですが、私は今までに賞と言えば
幼稚園でもらった皆勤賞くらいな物でした。
つまり、賞などという物とは無縁の日々を送ってきましたわけでして。
(自慢にはなりませんね)
それがこの度、畏れ多くも拙作がふりーむ!様のゲームコンテストで
短編部門賞を頂けるとのご連絡をいただき、
まず「エイプリルフール……終わったよね。」と考え、次にいたずら説を考え、
奇跡のバグで誕生した賜物説を考え、
PCを再起動してもまだ受賞お知らせのメールが存在する事を見て、
ようやく「受賞したんだ……」としみじみ。
「実感がわかない」というのが現在の率直な感想です。
ゲーム自体の内容もまだまだ至らぬ点が多く、
こんな作品が受賞してもいいのだろうかとも思いましたが、
頂いた以上はこの賞に恥じることのない様、より一層の精進をしていく所存です。

長々と書いてしまいましたが、改めてプレイしていただいた皆様方、
並びにこのような素晴らしい賞を授けていただいたふりーむ!様、
そしてこの場を借りて、この作品に命を吹き込んでくださったメンバーさんにも
無限の感謝を捧げつつ、失礼させていただきます。
ありがとうございました。
審査員のコメント
主人公が個性的で、ついつい先が気になって遊んでしまった。
バトルはオリジナルシステムでテンポは遅いけれど、
バトル数が少ないため、バトル自体を楽しみながら進めることができた。
収集システムや爆弾解除など小さい遊びもあり、
登場人物もどことなく魅力的であり、
この先どうなるのだろうという表現力が素晴らしいと思った。


■短編部門健闘賞■
ヤシーユ伝説 ■作品名
ヤシーユ伝説

■制作者
@あっとまーくさん
制作者のコメント
まさか受賞だとは思っていませんでした。
本当にありがとうございます。
審査員のコメント
ステージ制でアクションバトルを進めながら、
武具を揃えて強くする感覚が楽しかった。
武器の強力さも「とてつもなく武器が大きくなる」など、
その思いっきりぷりがいい。
ゲームバランスもちょうど良く、最後まで楽しくプレイすることができる作品。


■ふりーむ賞■
ツバサ遊戯〜虹の向こう、並んだ雲は〜 ■作品名
ツバサ遊戯〜虹の向こう、並んだ雲は〜

■制作者
君島三夜さん
制作者のコメント
かれこれ中学時代から、ふりーむというサイトで
「プレイする側」として楽しませてもらってましたが、
時間とともに制作する側になり、
そして賞までいただけて驚きと喜びが交錯しております!
テレビゲームを禁止された中でフリーゲームと出会えて、
制作者として功績が残せたことを感謝致します。

「ツバサ遊戯」はシリーズものとして制作も考えていましたので、
なにかまた作品として続編を出せたらなぁと思います。
審査員のコメント
ゲームが好きで、とても丁寧に創られていて良かった。
安心感のあるファンタジー世界を楽しむことができて、
フルボイスによるボイスもキャラクターイメージに合っていた。
物語をどうもっていくんだろう、という、シナリオ展開が気になる作品。
ヒロインズダンジョン 〜精霊の宝物〜 ■作品名
ヒロインズダンジョン 〜精霊の宝物〜

■制作者
天駆連星さん
制作者のコメント
元々は前作の続編として制作する予定だったのですが、
「ただのマイチェンじゃつまらんから、美少女でも出しちゃえ」
ということで、今作の制作を開始しました。

実は私、普段ギャルゲーというものを全くプレイしません。
それ故に会話イベントはなかなか苦労しました。
メインであるダンジョン部分だけを取って見ると、萌え要素のかけらも……。
それはさておき。

本作品が受賞したのは、制作に協力してくださった方々、
プレイヤーの皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。
審査員のコメント
セーブによる安心感を排除したハードなダンジョン攻略が良かった。
マイナス効果アイテムの強制出現などにより
上級プレイヤーでも「あー!くやしい!」と感じるデザインが良くできていて、
少しずつ攻略する楽しみがよく出ていた。
登場キャラクターの可愛らしさや挿絵による表現もいい。


■審査員特別賞■
Monster Dungeon ■作品名
Monster Dungeon

■制作者
まくろじゃさんさん
制作者のコメント
まさか息抜きで作った作品が受賞するとは予想外でした。
でもレトロ調を強く意識して、
良くも悪くもファミコンゲームらしい作品を目指して作ったので嬉しいです。
審査員のコメント
作品を通してレトロに徹しているところが感動した。
攻撃・防御というわかりやすい遊び方と、
宝箱の「当たり・ハズレ」というドキドキ感が面白い。
モンスターの攻撃パターンやボス戦の攻略方法など、
シンプルにまとめながらも楽しめる工夫が良かった。
魔王の墓 ■作品名
魔王の墓

■制作者
Panopさん
制作者のコメント
審査員特別賞を頂いたとの事で、なにやら夢のようです。
こんな事ならもっと修正しておけばよかったと慌てておてて
関わった全ての方々に感謝です、ありがとうございました!
審査員のコメント
なんだかわからないけれど、ついつい遊び続けてしまう感覚がいい。
レベルを上げ、装備を買い、戦う。
その繰り返しだけなのに、夢中になってしまうバランスが良かった。
意味深な選択肢やマップデザインのわかりやすさも楽しい。


■大人気賞■
不死鳥の棲む街 四章 ■作品名
不死鳥の棲む街 四章

■制作者
晋太郎さん
制作者のコメント
自分一人で取れる賞ではありません。
ほんとに、応援して下さった皆様のおかげです!

ホームページでも何かやりたいと考えています。
例の大人気弾幕ゲームのイラスト等も描いておりますので、
初めての方も、ぜひ見にいらして下さい。


■健闘賞■
Draw Line ■作品名
Draw Line

■制作者
RiG++(足元注意警報発令)さん
制作者のコメント
今回,このような賞をいただけて,とてもうれしく思っています.
この作品では,私の中で初めて「ステージ自作機能」を実装した作品でもあり,
制作にとても苦労した思い出があるので,とても良かったです.

とても楽しい作品に仕上がっている自身があるので,
このコメントを見てくださっている方にはぜひ1度遊んでみてください.
今後も,このような多くの方に楽しんでもらえる作品を制作していくので,
今後もよろしくお願いします.
審査員のコメント
画面上に線を引く楽しさと、失敗した時の「悔しい」感覚がいい。
失敗してもそれほど痛手ではなく、
サクサク何度も遊べるところも良かった。
ZIST ■作品名
ZIST

■制作者
Savedtektyさん
制作者のコメント
5年という長い期間で色々な事がありましたが
結局行きつく先は、いかにユーザーが楽しめるかということであり、
どれだけ私自身が苦労しようが結果が全てだと思っていました。

今もその考えはあまり変わっていません。

賞を頂いた事で、ZISTを完成するまでに協力してくださった多くの方々に
本当の意味で「ありがとう」を言うことが出来ました。
そして、ZISTを作り終えた事によって技術や考え方も変わりました。
次回は更に上を目指しますので、よろしければまたご協力をお願い致します。
そして、更にユーザーの皆さんを楽しませることが出来ればと思います。

どうもありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
審査員のコメント
昔懐かしいような、安心感のある演出や展開が良かった。
オリジナルのシステムが多いが、そのチュートリアルの親切さなど、
ゲームが好きで丁寧に創っている愛情が伝わってくる。
もう少しテンポ良く遊べるとうれしいけれど、
キャラクターの個性もあり今後の展開が気になる作品。
アルテリンクス ■作品名
アルテリンクス

■制作者
J.S.BUFFERさん
制作者のコメント
私は任天堂の「MOTHER」シリーズのファンなので、
MOTHER風の戦闘システムを採用したRPGで、
キャラメイキングを自由に行ってプレイできたらなぁと思い、
作成したのが本ゲーム「アルテリンクス」です。

ただ、制作期間中は残業が多くストレスもたまっていたために、
某アニメのパロディー面でちょっと暴走しすぎたかな…と反省しています。
ゲームの質が低下する原因にもつながったと思うので、
今後同じような過ちを犯さないよう注意したいと思います。

結果的に中途半端さが目立つ作品になってしまったため、
受賞は逃すだろうな…と思いましたが、
「検討賞」とのことで受賞できて良かったです。
キャラクターメイキングの自由度は非常に高い
(自分で作成した顔グラ、歩行グラの画像も使える!) ので、
是非楽しんでプレイしていただけたらな、と思います。

ちなみに、上記の「残業」をネタにしたイベントについては、
案外評判が良かったです(笑)
審査員のコメント
キャラクターメイキングが非常に楽しい。
自分なりの遊び方が広がり、
後からキャラメイクに対して後悔する感覚もいい。
マップが単調なところが残念だったけれど、
全体的に個性が出ていて面白かった。
歩く辞書〜生物編〜 ■作品名
歩く辞書〜生物編〜

■制作者
やっきん(RIG++)さん
制作者のコメント
今回このような賞をいただきありがとうございました.
これからも皆さんが楽しめる作品を
作っていきますので, よろしくお願いします.
審査員のコメント
知的好奇心をそそる出題がニクい。
そして読み方がわからなくてもヒントをすぐに表示出きる潔さ。
何度も遊んでいるうちに、確実に覚えてしまう学習効果も面白いと思った。
白日夢カタストロフ ■作品名
白日夢カタストロフ

■制作者
篠笥さん
制作者のコメント
この作品を完成させて、自分はまだまだ未熟だな、と痛感しました。
けれど、改めて物を作る事の楽しさを感じたようにも思います。
今回は締め切りぎりぎりの完成となってしまった事もあって、
爽快な達成感と余韻に浸ることは出来ませんでしたが…。
幾つかの反省点を次回の作品制作までに見直し、
今度はより面白い作品をフリゲプレイヤーの皆様に届けられるように
邁進したいです。
協力して下さった方々も、ありがとうございました。
審査員のコメント
全体を通して、何故だかわからない魅力を感じてしまう作品。
「面白いような、面白くないような」不思議な感覚のまま、
何故か次々と物語を読み進めてしまう。
登場人物の性格や展開など個性的な部分もあり、
他にはマネのできない力をもっている作品だと感じた。
Human May Cry ■作品名
Human May Cry

■制作者
folceさん
制作者のコメント
まず最初に言いたいのは、正直受賞した理由が分からなかったってことです(笑)
自分で言うのもなんですが、かなり粗い作りだし、意味不明なストーリーだし、
場合によっては詰むし、不親切な難易度だし。(バグ放置だし。)

でも受賞した事を考えれば、それなりの人に楽しんでもらったんだと思います。
とても光栄です。ありがとうございました。
500円分の図書券、ありがたく頂戴します。ゴルゴ13でも買おうかしら。
審査員のコメント
ただひたすら戦闘するという単調な内容でも、
マップの使いやすさや成長がわかりやすいバランスが良かった。
なんとなく次々と戦って進めたくなってしまう、
テンポの良さもとてもいい。
クラウド救出作戦〜逆襲のGUNNER〜 ■作品名
クラウド救出作戦〜逆襲のGUNNER〜

■制作者
K曹長さん
制作者のコメント
・・・。
審査員のコメント
キャラクターや世界観など、個性が良く出ている作品。
マップ上での戦闘も強制的ではなく体当たり遭遇型で、
戦略的に冒険を進めることができるところもいい。
この世界観を保ったままゲームバランスなど快適プレイができるとうれしい。
セスタニアの迷宮 ■作品名
セスタニアの迷宮

■制作者
水鏡幻姿さん
制作者のコメント
受賞ありがとうございます。
今作はこれまで制作した作品の中で1、2を争うほど難産でしたが、
無事完成しこのような評価をいただくことができて良かったです。
このゲームをプレイしていただき、ありがとうございました。
審査員のコメント
キャラクターメイキングやダンジョン攻略が楽しかった。
バトルメインのゲームでバトルテンポが遅いところが気になったけれど、
マップデザインが良くアイテム収集の楽しさもあり、
のんびりやり込みを楽しむことができた。
プログレッサー ■作品名
プログレッサー

■制作者
摘草さん
制作者のコメント
賞を頂けて嬉しいです。制作の励みになります。
これからも作品共々よろしくお願いします。
審査員のコメント
自由度の高い攻略の楽しさが良かった。
全体的にフリーシナリオとしての楽しさがしっかりあり、
その分「不親切」である部分も面白いと思った。
戦闘もオリジナル要素があり新鮮だった。
冒険者の道(EASY版) ■作品名
冒険者の道(EASY版)

■制作者
Morさん
制作者のコメント
健闘賞を授賞させていただき、ありがとうございます。
RPGの王道風でプレイヤーに飽きさせないよう心がけて制作したゲームですが、
賛否が多く序盤でやめられる方もおり、
プレイヤーを満足させることは難しいと勉強させていただきました。
それでも最後までプレーしていただいた方には、
HPの掲示板に素敵な感想とクリア報告をいただき、
大変ありがとうございました。
審査員のコメント
コツコツと依頼をこなして成長させる感覚が楽しかった。
無意味にダンジョンを広げたりせず、
依頼自体の楽しさを押し出しているところが良かった。
倭帥記〜wasuiki〜 ■作品名
倭帥記〜wasuiki〜

■制作者
掛葉さん
制作者のコメント
健闘賞の受賞ありがとうございます。
本作はもともとゲーム好きな1人の友人のために作った
サプライズプレゼントなので、
受賞できるとは思っていませんでした。
今後は機会があれば、より良いゲーム製作に挑戦したいと思います。
プレイしていただいた方々、ふりーむ!の方々、ありがとうございました。
審査員のコメント
和風に統一している世界観が楽しく、
ミッションごとにマップで「冒険」するというシステムが面白かった。
街マップの移動がやや広大で面倒だったけれど、
ミッションマップも丁寧に作られていて、
何度も遊んで少しずつ世界を味わう楽しさがいい。


■総評■
今回は、演出に凝った作品が多く見かけられました。

ゲーム開発自体には慣れてきたことや
開発ツールも増えてきたため、
演出に力を入れる作品が増えたという可能性を感じます。

その分、演出に凝ったため「快適プレイ」さがネックになっていたり、
ゲーム本来の「面白さ」を忘れ気味になっていたりするものもありました。

応募作品全体を通して、「遊ぶに耐えない」ゲームが激減してきたため、
受賞作品を少数選ぶということが非常に難しくなってきました。

また、それぞれが「別方向」での面白さを持っていて、
コンテストの形式を見直す時期が近づいていることを感じました。
これは、良作が増えてきたことを意味し、
とても喜ばしいことだと思っています。

ある程度「創りたいゲーム」を実現できつつある中で、
次は「プレイヤーとの距離」を縮めることが大切かもしれません。
シナリオ・キャラクターデザイン・ゲームバランス・表現方法など、
クリエイターの自己満足にとどまらず、
プレイヤーの声を聞きながら微調整することによって
さらなる進化につながるのではないか、と感じました。

力が入っていても、プレイヤーに伝わっていないゲームも見かけられ、
非常にもったいないと感じます。
このゲームは「どういう面白さか?」という、
基本的なゲームデザインに関して考えてみると、
プレイヤーとの距離が近づくように思います。

受賞枠の関係上、全てのゲームを受賞にすることができないことが残念です。
全体的なクオリティが非常に高くなってきた今、
コンテストの新たな方向性を考えるきっかけとなった
今回の作品群に感謝します。


■メインページ

全作品などメインページはこちら

コンテストトップページはこちら



■リンク用バナー
リンク等にご利用ください。
第5回ふりーむ!ゲームコンテストロゴミニ 第5回ふりーむ!ゲームコンテストロゴ


■主催・お問い合わせ
ふりーむ!(お問い合わせは info@freem.ne.jp までお気軽に)

Copyright (C) 2000-3000 FREEM CO LTD. All Rights Reserved.